【寝取られ】妻と市会議員【体験実話】

ある中核都市に住む私と妻、子供二人と離れに同居の親。
今年4月に起こった妻ユリの衝撃的なお話です。ほぼ実話ですが登場人物は仮名にしてあります。現在私は45歳、ユリは41歳、157㎝、43㌔、Cカップのスレンダーな体型をいまでも維持しています。私が言うのもおかしいですが、お尻から足首にかけての引き締まった脚線美は毎日見ても飽きません。私好みのスリットの入ったタイトスカートにガーターを着ければエロ丸出しです。普段は堅い職業の為、あまり化粧せず長い黒髪を結んで出かけますが、夜、お出かけの時はバチッと化粧し洋服にも気を使い昼の顔とは別人になります。 これは私が「結婚しても子供産んでも女を忘れてはいけない」と口癖のように言い続けたこともありますが、ユリ自身が持っていた資質が大きいように思います。
ユリは飲み会ではお酒が好きで社交家だからか、人妻にもかかわらず必ずと言っていい程アフターを誘われます。たまには火遊びもいいよ!って後押ししますが、貴方が一緒だから安心して楽しめるのよ!と言うばかり。
何かエッチな事でも起こらないかな~と余裕で待つことも出来た訳です。今年1月の新年会から帰ったユリが珍しく高揚してべッドに入って来ました。
「うふっ! また誘われたわよ!」
「本当か! 誰に! ユリはしたいのか?」
「そんなに慌てないの! 前にも言ったでしょう! 議員の権藤さん!」権藤・・思い出した。40代初めの市議会議員で私自身会ったことはないが、ユリが2次会へ何回か誘われたことは聞いていた。その時は何とも思ってはいなかったが今回は様子が少し違う。
「どんな風に誘われたんだ?」
「なんか今日は強引だった! 私が曖昧な応対をしていたら私の隣に座ってちょっとだけ太股を触られたの! ガーター着けてるのばれたみたい!」
「それから・・・」
「私のこと!凄く褒め契って手まで握られたわ! 貴方!いつも言ってたでしょう! 口説かれて抱かれてみろ!と   私、あの大きな身体に犯されているところ! 想像しちゃった!」知り合いが周りにいたため無事帰って来たが、その夜激しいものになったのはいうまでもない。
私は知人に頼んでそれとなく権藤のことを調べてもらった。 柔道の国体にまで出た経験があり、とにかく身体がでかく強面の反面、支持者には面倒見のよく仕事も出来るらしい。
知人は声を潜めて「しかし、女遊びが派手らしい! 愛人もいるようだ! それとアソコが凄いらしい!奥さんにも何度かバレたようだが、奥さんもアソコから離れられないとの噂だ!」聞きながら、どす黒い渦が私の下半身から沸き起こるのを覚えていた。逞しく噂までになるイチモツを持つ男!権藤と白く透けるような肌を持つスレンダーなユリとの絡みを妄想しては実際は何事もなく2ヶ月過ぎた頃、ユリからの一言が大きく状況を変えることとなった。「ねぇ~ あなた! 来月の移動の謝恩会に権藤さんも来るみたいよ!」
「うっ! ご 権藤が・・・」
私は以前の妄想が一気に甦ってきた。ユリに気ずかれないように冷静に

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2017年12月26日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】知らない男と妻【体験実話】

結婚して 10数年たつと妻っていう 存在が空気のような 存在になっているものです。 私たち夫婦もそんな どこにでもある 普通の夫婦でした。
そんな 私たち夫婦にと いうよりも 普通の主婦であったはずの妻が 変貌し始めたのは、我が家にパソコンがやってきた日からでした。
なんにでも凝り性な妻は、私にチャットというものを 教わって以来 毎晩のようにチャットに励んでいました。そのうち何人かのメル友もでき チャットにメールにと盛んな毎日でした。
そんな ある日メル友の中の一人から 男性自信の写った画像が添付されている メールを 私は見つけてしまいました。
男心として このメールの差出人に 妻は なんと返事をしているのか? また もう会ったりしているのか?など いろんなことを頭の中を駆け巡りました。 
このサイトにおられる いろいろ 経験されてる方々から 比べれば ほんと なんでもない 小さなことなのかもしれませんが、 その時の私自信のなんとも言えない 気持ちは、初めて経験しました。
それから しばらくした日に 相変わらず 夜遅くまで チャットに励む妻に 「おやすみ・・」と告げ 一人でベットに入りました。 どれくらい時間がたったのか わかりませんが暑さで寝苦しいのと なんとも切ない妻の押し殺したような かすかな声で、私は、ふと 目を覚ましました。
寝室とパソコンの置いてある部屋とは 別の部屋の為 はっきりとした声は聞こえてきませんが、 確かに妻はSEXの時に発するような あえぎ声をたてています。 私は凄い衝撃に襲われました。
どうにかして 今 妻がどんな 格好でどんな風に あんな声を出してるのかを見たくってしかたなくなりました。
寝室のドアを静かに開け 妻のいる部屋に足音をたてずに こっそりと近づきました。うまい具合に部屋のドアは、開けっ放しになっています。 おそるおそる 部屋の中を覗いてみると 妻は携帯片手にTELエッチの真っ最中でした。頭が真っ白になってしまう自分がそこにいました。と 同時に凄く興奮する自分に気づいたのも 事実でした。
妻は、薄いブルーのレースのパンティー1枚を片足にぶらさげたまま 「凄く感じるの! ○○さんのが欲しいの! お願い!! 」そんな言葉を叫びながら 自分のいやらしい部分を 凄い勢いでこすっているでは ありませんか。部屋は明るいせいで 妻のいやらしい部分がはっきりと見えています。 電気に照らせれて凄く濡れているのが わかるくらいでした。 私は勿論 妻のオナニーなんて見たことが なかった為 凄い興奮を覚えました。 自分のひとさし指と中指とで クリトリスを凄い勢いでこすったかと 思えば その2本の指を熱くドロドロとした愛液を垂れ流している その部分に出し入れしています。
いつもの私とのSEXでは 発しない凄い喘ぎ声が部屋中を共鳴していました。
そうのうち 妻は 「出して!お願い いっぱい出して 私も いきそうなの」「あぁ~ ほんとに気持ちいい いっちゃうよ!」といいながら 2本の指を自分の奥深くに挿入し 自分でGスポットを激しく刺激していました。 「ダメ出ちゃう! イクわ いっちゃうの あぁ~ いくぅ~!! ほんとに出ちゃうぅ~~!!」と叫びながら 妻のその部分から1本の噴出する体液が 床中に飛び散りました。そうです 妻は潮を噴いてしまったのです。 それと同時に私自信の白い体液も固くなった一物から おびただしく噴射したのです。そのあと 妻は 「ほんと 凄く感じたよ こんなの初めて」そんな会話をしていました。 私は知らぬふりをして というより 声も掛けられないまま その場を立ち去りました。その後の会話は私には聞く勇気がありませんでした。
 これが 私の愛する妻が知らない男に変えていかれる はじまりでした。これから どんどん変えられていく 妻を書いていきたいと 思います。
妻がメル友である男とTELエッチをしているところを目撃してから

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【近親相姦】親父と妹5【体験実話】

お断り)
この投稿は「近親相姦/禁断の木の実」に投稿された連作を再編集し、
まとめて移動したものです。
***********
親父と妹  投稿者:兄  投稿日:8月12日(土) 16時10分14秒 削除昨日親父も妹もいなかったので何か面白いものないかな~と内緒で親父と妹の寝室に忍び込んだ。
したら、PCがつけっぱになってたからちょっと覗いてみた。すると、あるわあるわエロ画像と動画が。
愛液が垂れる娘のまんこのどアップ、射精した直後のザーメンが伝うちんぽのどアップ、顔射された娘の顔などなど。
エロいアングルで激写された交尾場面、ハメ撮りなどの動画もあり。
一番興奮だったのは、どこか分かんないけど林みたいな野外で2人とも素っ裸(!)でヤりまくってる動画。
木の幹にしがみついた娘を親父がバックでハメまくるのがスゴかった。
微かに遠くでざわざわ人の声が聞こえてたから見つかる可能性もあるだろうになんとも大胆な…。
最後、娘の尻をがっしり掴んで腰を振り猛ピストンで中出し!
放心状態の娘のまんこに指を突っ込み飛び切り濃厚なザーメンを掻き出す。
まだ親父の白い種子を糸を引きながら垂らす娘の淫口に、衰える事のないちんぽを再び突っ込み引き抜き、突っ込み引き抜く。
グチュぐちゅと淫音を立てながら娘の子宮に放出した自分の液がちんぽにからみつくと満足そうな表情を浮かべていた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】俺の実の姉、瑞樹ちゃん 1【体験実話】

姉がいる人はだいたい姉の事お姉ちゃんと言いますよね
でも僕は姉の事を瑞樹ちゃんと呼んでましたそんな僕の姉、瑞樹との話です
僕は姉が大好きです。もちろん理由はいくつかあります
まず見た目が可愛いと言う事が一番です。自分でいうのもあれですが、かなり可愛いです
小西真奈美とほしのあきを混ぜて猫系にした感じのルックスです
そして姉はモテます。姉が勤めていた(姉はよく仕事をかえる 笑)
ある会社では面接の時一目惚れされ告白されてその男と付き合ってました
また、姉が車を買いに行くとき車屋の上の方の人?にも口説かれていました
その人とは見た目がかっこよかったと言う事もあり、姉も好きで付き合ってたん
ですけどね結局別れましたけど
めちゃ男を乗り換えていました。決まって姉から振るんですが
なぜ僕がこんなに姉の恋愛事情を知ってるかと言うと姉は恋の悩みなどよく母に
相談してましたからね。まぁ僕は横で興味なさそうに聞いていて実は
姉のエロい姿で抜いていたんですけどね(笑)
とにかくめちゃ可愛い姉何です。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年12月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】お姉ちゃんのブルマーをもう一度【体験実話】

俺にはブルマーフェチ&姉萌えの性癖がある。
実は姉のブルマーを隠し持っていた。
姉が中学生時代のものだ。
姉は今はもう19歳の大学生だ。
俺は今でも、姉のブルマー姿を思い出して
そして姉のブルマーを穿いて、オナニーをしているのだ。
その日も、オナニーをしようと思ってタンスからブルマーを取り出し
ズボンを脱ごうとした、まさにその時だった。
姉がノックもなしに部屋に入って来たのだ!
俺が手にしていたブルマーが見つかってしまった。
「ちょっとォ、○○、何?それェ?」
「な、何でもないよっ」
慌てて隠したが間に合わなかった。
「ヤダッ、それってブルマーじゃないッ。
どうしたのよ!○○、そんなもの。よく見せなさい」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年11月15日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】私の性癖【体験実話】

私は男性38歳既婚者です。
私の性癖…趣味…それは妻を始め、今までお付き合いした多くの女性、
体だけの関係を持った女性達、人妻達、ほぼ全ての女性が身に付けていた
パンティを頂きコレクションにしている事です。通常の男性ならば女性の体が目当てで口説いたりすると思うのですが
私の場合は女性の体(SEX )が目的で口説いたりお付き合いするのでは無く
その女性が身に付けているパンティをモノにする目的で近づきます。
私はいつもSEX をする前に、まずその女性がどんなパンティを穿いているのかを必ずチェックします。何故チェックするのかと言えば、私好みの下着
(紐パン.極小パンティ.極小Tバック.サイド部分が1㎝以下の細いパンティ.)
を穿いているかどうかを確認したいが為にチェックしているのですが
女性が自ら衣服を脱ぎ自動的に下着姿を確認ができる場合と
衣服を着たまま抱き合ってキスをしたりという状態の時に
お尻を何気なく撫でてパンティの形を確認したりしています。確認の結果その女性がどんなに美人であろうと、おばさんパンツ
少しでも大きいパンツを穿いていた場合はモノにはしません。
只淡々とSEXをして終了…即サヨナラします。しかしその女性が私好みのパンティを身に付けていた場合には
前戯で女性と絡み合っている最中でも、私の頭の中では

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年9月6日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】妻について【体験実話】

現在34歳。小学6年生の男の子の母親。結婚して10年。身長163cm、バスト86cm、ヒップ90cm
短大栄養科卒。好きな色黄色。
現在穿いているパンテイー(パープル、ブラック、ホワイト、イエロー、ビェーズ、のナイロンの透け透けのビキニパンテイー、ブラック、ホワイトのTバック)。
男性遍歴(これは妻から聞いたことなので本当はわからない)
社会人になって2年目、会社の先輩と10か月の付き合いで、知り合って3か月した頃、バージン喪失、場所はラブホテル。初めて関係を持ってから、その後多い時で月に2回位セックスしていた)
そのころからフェラもするようになり、ホテルでは正常位、よつんば、69体位)一回のホテルで2時間位いた)
カーセックスの経験もあり。
その後私と付き合い始める3か月前までは妻帯者の上司と関係を持っていた。その上司は変態的なところがあり、剃毛されたこともある。
好きな服装
Tシャツにローライズジーンズ(股上13cm、)しゃがんだり、腰を曲げるとお尻の割れ目は必ず見える。
本人は別に気にしていない。
お風呂から上がると朝までブラとパンテイーは履かない。
夫婦の性生活
まず、フェラ、おっぱいへの愛撫、その後69体位でお互いの秘部の舐め合い。
バイブは2本。私の前で自分でオナニーをする時使用。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月1日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】僕のもと嫁1【体験実話】

ある夏の暑い日、友達を家に招いて食事会?をした時の話です。嫁の手料理をつつきながら、酒を飲み、三人でワイワイ、くだらない話で盛り上がっていました。嫁のその日の格好は、黒のキャミソール、茶色のミニスカ(B87.W59.H80)色白で、僕の言うことなら何でも聞いてくれる、かわいい嫁でした。その日の格好も、友達が来る前に、僕の指示で好みの格好にさせました。ちなみに、ノーブラ、ピンクのTバックです。友達がきた時、最初は、落ち着きのない嫁でしたが、酒がすすむにつれ、だんだんリラックスしてきました。友達のほうも、最初、目のやり場に困っていたようですが、さすが、僕の見込んだ男です、股間を膨らまし、それを嫁にきずかれない様に、隠しながら酒をのんでます。話は、今から盛り上がるとこですが、今日はここまで。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年8月16日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】モモとノンタン 目の前で交換 おまけ 【体験実話】

翌日の朝、モモとノンタンが朝食のパンを買いに出かけた。
結果ユウさんと二人になったんだけど、その時に、
先っぽだけちょっと入れちゃったって報告された。

まあ、自分もこっそり知ってたし、
俺とノンタンだって、正直きわどいとこまでいってたりしたこともあるので。
「まあ、盛り上がりすぎるとそうなることもありますよね。」って返しておいた。

ユウさんは、ノンタンとエッチ中に俺とのプレイを話させるんだけど、
ノンタンから、「ちょっと太郎くんの入っちゃったかも」とか煽られて、興奮するらしい。

とはいえこれが当たり前になっちゃうのはダメだねって話になって、
ちょっとそのラインは自粛しようか。って方向になった。

ただ、モモの初めてをユウさんが、ノンタンの初めてを俺がもらう、

体験実話集関連タグ

||||||

2014年8月5日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】仲良し組と新年会【体験実話】

今年の1月、私の家で新年会が開かれた。
毎年恒例で、同じ職場の仲良し組(5人)で、交代で自宅新年会を開催していました。
今年は、私の番だったんです。
私は入社10年目の33歳、妻(志穂)30歳、子供4歳
仲良し組は、35歳(伸二)の先輩を筆頭に34歳(武)、31歳(人也)、30歳(徹)+私の5人です。
みんなは、同じ職場で7年位の付き合いになり、趣味や性格が合っているメンバーでもありました。
恒例の新年会もちょっと変わっていました。それぞれ、持ち回りも意味があったんです。
それは、場所提供者の妻も必ず参加し、しかも服装もちょっとエッチな感じ…まぁコンパニオン代わり
みたいな感じです。だから、妻に服を着せるのも結構大変なんです。
元々は7年前に徹が入社して仲良し会の歓迎会と言う事で始まったんですが、5年位前にみんな結婚
すると、先輩の伸二さんが俺の家でやろうと言いだし、その時に奥さんがミニスカートだったのが始まり
でした。もちろん全員エッチ大好き!妻が他人に…なんてシュツエーションも好きでした。
そんな事から、毎年エスカレートして行ったんです。
私は、数日前から妻に話をして準備を進めていました。普段からスカート姿で、ミニも履くので交渉には
時間はかかりませんでした。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月25日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話
1 / 1012345...10...最後 »

このページの先頭へ