【人妻】寝取られに興奮・・・【体験実話】

2人の子持ちで47歳になる妻の話です。
妻が、ある日突然、夜のバイトをしたいと言い出しました。
話を聞いてみると、週末限定でスナックで勤めてみたいとの事でした。
週末だけなら、まぁ取り合えず行ってみたら?と軽い気持ちでOKしました。
結婚前は、証券会社に勤める普通のOLで、夜の仕事とは全く縁遠かったのですが、持ち前の明るさで、面接もクリアし、早速勤め出しました。
勤めてみると、非常に楽しいようで、毎週末を楽しみにしていました。
客層は悪くなく、サラリーマンや自営業者が多いとの事で、私も安心していました。
3ヶ月くらいたった頃、「どう?相変わらず楽しい?」と聞くと、妻は、「むちゃくちゃ楽しい!!」と。
「お客に誘われたりするの?」
「何人かに食事に誘われてるけど、断ってる」
「なんで?」
「だって、あなた、そういうのO.K.しないでしょ?」
「・・・・・」
以前から、妻が他の男とHする場面を想像すると、興奮するようになっていた私は、
「好きなタイプの男がいたら、アフターOKだよ。」と言ってしまいました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 【体験実話】

結婚8年目、菜穂と智明の夫婦生活は2年前までは順調だった。

2人の子供に恵まれ、一戸建ての家もローンを組んで購入。

智明も、さぁこれからバリバリ働いていこうと意気込んでいた矢先の事だった。

2年前の猛烈な不況の煽りによって、智明が勤めていた会社が傾き始めたのだ。

それでも真面目な智明は必死に働いた。

家族のため、そして会社のためにも。

智明は、お金のためだけに働いていた訳じゃない。高い志を持って就職した会社だ。

上司も、社長も、若い頃からお世話になった人達ばかり。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2015年5月30日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】従姉と暮らした日々を淡々と語る【体験実話】

<>1:名も無き被検体774号+:2011/10/21(金)22:40:00.10ID:TSFSWWVI0<>
初スレ立てだから拙い部分もあるけど許してな#160;
最近の自分語りスレのように#160;
虐待やら貧乏生活やら過酷な人生ではないし、山もないオチもないだらだらとした話になるから、暇つぶしに読んでくれ。#160;

<>2:いちじ◆.RK0SmlnEImq:2011/10/21(金)22:43:47.25ID:TSFSWWVI0<>
スペック#160;
都合上、仮のフルネームつけとく#160;

俺山下一次現在17才高2#160;
従姉山下みよ現在28歳事務員#160;

幼心がついた時から、俺は従姉と二人で暮らしてた#160;
とりあえず、俺の記憶を辿って書いていく#160;

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年1月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】俺の実の姉、瑞樹ちゃん 1【体験実話】

姉がいる人はだいたい姉の事お姉ちゃんと言いますよね
でも僕は姉の事を瑞樹ちゃんと呼んでましたそんな僕の姉、瑞樹との話です
僕は姉が大好きです。もちろん理由はいくつかあります
まず見た目が可愛いと言う事が一番です。自分でいうのもあれですが、かなり可愛いです
小西真奈美とほしのあきを混ぜて猫系にした感じのルックスです
そして姉はモテます。姉が勤めていた(姉はよく仕事をかえる 笑)
ある会社では面接の時一目惚れされ告白されてその男と付き合ってました
また、姉が車を買いに行くとき車屋の上の方の人?にも口説かれていました
その人とは見た目がかっこよかったと言う事もあり、姉も好きで付き合ってたん
ですけどね結局別れましたけど
めちゃ男を乗り換えていました。決まって姉から振るんですが
なぜ僕がこんなに姉の恋愛事情を知ってるかと言うと姉は恋の悩みなどよく母に
相談してましたからね。まぁ僕は横で興味なさそうに聞いていて実は
姉のエロい姿で抜いていたんですけどね(笑)
とにかくめちゃ可愛い姉何です。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年12月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉が復縁マニュアル買うとか言い出した【体験実話】

<>1名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/08/24(月)14:25:01.72ID:09ZOV0we0<>
1年前に振られた彼氏のことをいまだに引きずってて
ネットで見つけた2万円相当の復縁本を買うことにしたってメールが来たんだが
どう対応したらいい?

<>7名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/08/24(月)14:36:57.69ID:J6SpVr+PO<>
1が彼氏の事なんて忘れさせればいいだろ。
<>3名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/08/24(月)14:29:50.73ID:09ZOV0we0<>
ちなみにここのマニュアルらしい
ご丁寧にURL教えてくれた

<>4名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/08/24(月)14:34:17.32ID:09ZOV0we0<>

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉とえっちな関係になった話聞いてもらいたい【体験実話】

初めに言っておくと実姉じゃない。
更に、そもそも俺って兄とか居ないしとても打たれ弱いんだけど。

小さい頃に親父とおふくろがいなくなって
年の離れた兄貴は実質、俺の親代わりだった。

一方、俺は物心つくのも遅くて
兄貴に養ってもらうことが当たり前って感覚の甘えん坊で
アレ欲しいコレ欲しいってのを、普通にねだってた。

中学になってねだる物も高価になっていったけど
兄貴は嫌な顔せずに
「うんうん、そうか、これが欲しいんか」って言って
残業増やして買ってくれたりした。
まぁ、流石にこの頃からは遠慮もし始めたけど。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】エロい妹に【体験実話】

長話になるが、まあちょっと聞いてくれよ。
俺と妹は二歳違いで、普通の兄妹だった。
小さいころは可愛がっていたけど、お兄ちゃん子というより父さんにべったり。
んで、小学の何時ごろか忘れたけど、だんだん高飛車になってうざくなってきた。
可愛かったしね、仕方ないと思ったけどマジでうざかった。
女版ジャイアンで俺のもの勝手に使うは、自分のものとなると絶対に使わせない。
当然、俺は妹無視の方向になっていったし、部活とか友達と遊んでいてあまり家にいなかったから
その後の成長なんて大して気にしていなかった。
妹が中学入ってしばらくすると、大人しくなりはじめたけど、まだうざかった。
妹?ああいたね、そういえば。当時の俺はそんな感じ。
大人しくなり始めていた理由は女子の上下関係らしい。
スカートとか髪とか化粧とか五月蝿かったらしい。
高校三年間もそんな感じ。
大学生になって、一人暮らし始めて正月に帰ったときにびびった。
おい、これ妹か?てな感じ。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年11月25日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉妹と俺と東京で【体験実話】

大学に入って1年が立つ頃、いきなり従姉妹のサトコさんから電話があった
「今週末空いてる?東京に行くんだけど、新宿とか渋谷とか案内してよー。
全然わからないけん、タクミ君だけがたよりなんじゃから!」
 
すっかり授業にも出ず、バイト三昧の暮らしを送っていた俺は、サトコねえさんが
東京に来る理由がわからなかった
「なんで?観光?」
(以下、なるべく標準語で)
「あんたみたいに優雅な気分じゃないよ・・・。院の面接と就職活動!
どーでもいいけど、東京に行ってから何の連絡もないって冷たいんじゃない?
とにかくアドレス教えてよ、詳しいスケジュール送るからさ」

相変わらず自分のペースで話したい事を話して、サトコ姉さんは電話を切った。
実は、俺とサトコさんは1回だけ一線を越えてしまったことがある。
俺が高校3年、サトコさんが大学3年の時だ。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年11月23日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】妻の介護体験 【体験実話】

 私は、ご老人ご自慢の「盗撮部屋」に閉じ込められていました。
 ここにいれば、家の中で怒ることは全て見える。しかし、外の世界に働きかけられることなど、何一つ無いのです。
 部屋の中は快適な温度のはずなのに、さっきから、掌で火照った顔をひらひらと扇いでは、無意味にスイッチを切り替えています。
 おかげで、カメラの切り替えは、思うがままになりかけた頃、玄関のチャイムが鳴ったのです。
 家中に響くチャイムは、直接、この部屋には聞こえません。厳重な防音が遮断してしまうのです。
 部屋の防音は、いろいろと試してみました。
 煩いほどの声を出しても、壁に耳を当てない限りわからないはず。
 ですから、モニタにつないだスピーカーの音量は絞る必要がありません。
 ピンポーン。
「来たか」
 高性能のスピーカーが不必要なまでにリアルに再現する、軽やかで、でも、何かしらの嵐を含んでいるように聞こえるチャイムの音が、この部屋にも響いていました。
 心臓を今にも止めてしまいそうな、刺激をはらんだチャイムが響いた瞬間、指が勝手に玄関のカメラに切り替えています。
「理子…… 」
 ご老人は、この部屋に外からカギをかけて行ってしまいましたから、もう、こうなったら開き直るしかありません。
 イスに深く座り直して、私は正面のモニタを、まじまじと見つめます。

体験実話集関連タグ

|||||

2014年11月21日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】就活中のサークルの先輩(彼氏持ち)を18センチの巨根で寝取る 【体験実話】

こんにちは!
テツっていいます。今大学の1年生なんですが、サークルの4年生の先輩との体験談を書きます。

まず俺のスペック。まだ18歳ですけど経験人数は20人ぐらいw
高校の頃から女子大生やOLと遊んでました。
自宅が繁華街に近かったので、ナンパして関係持つことが多かったですね。
よくチャラいって言われますw
あとセックスにも自信があって、27歳で経験豊富なOLとやって今までで一番って言われたことありますw
たしかそのOL経験人数3桁超えてるって言ってたw

よくチンコが大きいって絶賛されるんですが、長さは18センチぐらいです。
亀頭がめっちゃ大きいってよく言われますねw
カリで奥のほうこすられるのがヤバイらしいw

かなり自慢ばっかりになっちゃいましたが。。

体験実話集関連タグ

|||

2014年11月18日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話
1 / 1612345...10...最後 »

このページの先頭へ