【浮気・不倫】42歳の人妻とタダマン体験談 【体験実話】

人妻好きの友人から教えてもらった癒し妻新空間というサイトがあるんだが
このサイトに掲示板があって色んな投稿がされている中で
タダマン出来る人妻がいないか呼びかけた。

俺は26歳なんだが若いから相手にされないと思っていたら
10分後には何人かの人妻からコメントがあった。

その中で気になったのは42歳の専業主婦の唯さん。

1番興味があったのはプロフィールに設定してあった写メ。

42歳って結構オバサンなイメージあったけど
イマドキの40代って思ったり若くてビックリした。

唯さんとの待ち合わせはすぐ決まった。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2015年6月27日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】妹と姫初め 連続中出し 【体験実話】

1月24日〜25日と連続中出しで妹のノリと散々やりまくった。
やっぱり中出しは、最高に気持ちいい。
おまけに妹がコスプレしよう!ということで大盛り上がりの1泊2日になった。
そして今回は、初めて妹の子宮の中に精液を全部ぶちまけた。こんなに気持ちいいものなのかと、考えが変わってしまった。今までいろんな女とセックスしたが、今まではただのじゃれあいでしかないと思う。なにより快感の度合いが全く違う。

1月24日(金)、夕方6時半に妹と待ち合わせ。
「お兄ちゃん、お待たせ〜。ごめんね、遅刻しちゃった。」10分遅れでノリが来た。
「うんにゃ、たいしたことじゃないだろ。なあ、飯食べようぜ。腹ペコだよ。」
「私も〜。お兄ちゃん、私が今日おごってあげるね。いつもお兄ちゃんじゃ悪いもん。」
「じゃあ、お言葉に甘えて、ノリに御馳走になるか!」「焼肉行こうよ!」
ベッタリとノリは俺にくっついて、二人で焼肉屋へ。
まずは戦闘前の腹ごしらえ。今晩は、二人とも外泊ってことで親に話してあるから、たっぷり時間もあるし。
もちろん、別々に用事があるってことにして。ノリはお泊り女子会、俺は大学時代の仲間との飲み会ってことした。
しっかり、焼肉で精力つけて。満腹にして二人ともいざ出陣!!

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年1月18日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 9 【体験実話】

〜121

果歩 「ぁ・・・あの・・・」

椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。

大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」

果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年1月12日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】初めて見られた【体験実話】

 その日、僕は学校の授業が終わると一目散に家に飛んで帰って来た。

「ただいま……ハァハァ」

 学校からずっとダッシュしてきたので、家に着いた頃には息が切れ切れだった。

「お帰りなさい、今日は早かったのね?」

「うん……まぁ」

 いつもより早く帰ったので、母親が訝しんでいたが、今はそんなことはどうでもいい。

 僕は手洗い、うがいをし、喉を潤すためにコップに三杯のジュースを飲み干してからその時が来るのを待った。

(そろそろか……)

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年12月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】電マで初射精【体験実話】

<>515名前:476投稿日:2006/04/12(水)18:49:52ID:WMISBwrL0<>
思い出しながら書いてみます。

当時の自分(僕)は小学6年生でセックスのことは人から聞いたりして知っているがオナニーのやり方は知らない(夢精の経験はあるけどお漏らししたと思っていた)その程度の性知識の子供でした。
まだ毛は生えてなかったと思います。
自分で言うのもアレだけどその頃は周りから結構可愛いと言われていました。
従姉妹(姉ちゃん)は父親の実家の娘で高校1年生でバスケ部に所属していて身長170cm以上あってその頃の僕より20cm以上高くて手を伸ばしても頭に届かなかったのを覚えています。
可愛いとかよりは凛々しいと表現するのが似合う綺麗な人です。
僕に兄弟がいなかったので実家に遊びに行くと本当の弟のように大事にしてくれて姉ちゃんが中学生になる頃まで一緒にお風呂に入ったりしていました。

<>516名前:476投稿日:2006/04/12(水)19:02:57ID:WMISBwrL0<>
その年は小学生最後の夏休みなので地方の海沿いの姉ちゃんの家に家族で帰省して僕一人がもう一日泊まることになりました。
姉ちゃんは部活の練習に行き叔父達は出かけて誰もいないので僕は一人で泳ぎに行っていました。
海で地元の子と遊んで疲れたので海パンの上に短パンを履いて帰宅して風呂に入ろうと思い二階の姉ちゃんの部屋(そこで一緒に寝ていた)へ着替えを取りに上がりました。
部屋の前に来ると「ヴーン」と聞いた事の無い音がします。

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年12月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】ガチで撮ってみた【体験実話】

とってもとってもキモい母子エロ話です。
ネタ臭がプンプンするし、文章も小学生の作文以下のレベルだったりします。
それでも構わん!という無謀な方のみ、この先にお進みください。

〈ここからコピペ〉

俺自身の話じゃなくて申し訳ないんだが、
以前、某映像プロダクション…という名のAV制作会社に勤めてた。
こっち方面って異常に詳しい奴がいるから、中身はかなりデフォルメしてある。

その会社でよく組ませてもらってた監督の「Aさん」は、当時30代後半くらい。
熟女系が専門で、人気監督ってほどじゃないが底堅い需要のある人だった。
今は別の世界に転身したが、レンタル屋にはまだAさんの作品が残ってると思う。

そのAさん、やたら「リアリティー」とか「ガチ」にこだわる監督だった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【複数・乱交】姉妹レズと 【体験実話】

僕は29歳の普通のサラリーマンで結婚6年目です。

事の始まりはGW前に嫁と子供が先に実家に帰省し家族で温泉に行く予定だったので、帰省は明後日の予定だった。
その日は仕事も午前中に終わり、時間ができたので午後からゴロゴロしていたが、暇でどうしようもなかったので学生時代によく行っていた友達のTが勤めているジムに行くことにした。

ジムに行きTを呼んでもらおうと受付の女性にお願いしたら、「Tさんは昨日からGW休暇をとっていますよ」と言われ、せっかく来たので泳いでいくことにした。

ここは元カノのMと付き合っていた時は週3くらいで来ていた。

1時間半くらい泳ぎ夕方になってきたので帰ろうと思いサウナに向かった。ここは男女兼用のためよく出入りがあった。

一人の女性が入ってきたのは気付いたが、あまり気にもとめていなかった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月20日 | 体験実話集カテゴリー:複数・乱交の体験実話

【近親相姦】変態ロング動画なら完全無料で見える【体験実話】

変態なロング動画なら完全無料で安全に見えるんです!

ダウンロードも可能なので、何度でも見えますよ。

簡単な方法なので、良かったら見てください。

ちなみに、次のようなマニア作品がいっぱいのAVサイトです。
どんな趣味も見つかると思います♪

女子高生/素人/美少女/ロリータ/ギャル・ガン黒/お尻・アナル/
ハメ撮り/痴女/熟女/クンニ/近親相姦/妊婦・母乳/若妻/
手コキ/CFNM/センズリ/脚・足コキ/足裏/パンスト/ブーツ/
フェラ/潮吹き/オナニー/相互オナニー/立ちオナニー/淫語/
こすりつけ/乳首・おっぱい/巨乳/中出し/ニューハーフ/ナンパ/
尻コキ/ブルマ/レズ/しみパン/SM/スカトロ/M男・金蹴り/

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】嫁が隠していたディルドは元カレのアレだった 【体験実話】

玄関のドアが開く音で目が覚めた。寝ずに待っていようと思っていたのに、いつの間にか寝てしまったらしい。
時計を手に取り見て見ると、夜中の3時だった。
意外と早かったなと思いながら、ベッドを出て嫁を出迎えようとすると、いきなり寝室のドアが開いた。

『ごめんね〜。寝てた? 5人もいたから、ちょっと手間取っちゃったw』
嫁はそう言いながら、ベッドに歩み寄ってくる。
嫁は、28歳の専業主婦で、165cm45kgの痩せ型だ。無駄な肉のない、スレンダーな体つきだが、男目線だと”抱き心地の悪そうな体”だ。女性目線では、こういう体が良いらしいが、もう少し肉感的で、胸も大きい方が良いんじゃないかと思う。

でも、そんな不満もどうでもよくなるくらいの、可愛い顔をしている。桐谷美玲を少し薄くしたような顔で、顔を見ているだけで一日過ごせてしまいそうなくらいの美人だと思う。
こうやって書くと、欠点のない嫁に思えるかもしれないが、とにかく淫乱なところが欠点だと思う。

嫁は股下5cm位のマイクロミニスカートに、ヘソと肩が丸見えのキャミソール姿で私に近づいてくる。肩位の長さの少し茶色の髪はボサボサになっていて、所々、糊(のり)でもついたようにカピカピに固まっている。
そしてその顔は、見てわかるくらいに発情したメスの顔になっている。
こんな姿で、タクシーに乗って帰ってきたのかと思うと、心配になる。運転手さんにやられてしまわないかという心配と、近所の人に見られないかという心配だ……。
きっと美玲は、運転手さんに誘われたらすぐに応じてしまうと思う。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2014年10月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】人妻ラブホに連れ込むの簡単 【体験実話】

俺(172cm)より背が高い。
笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。
ささやき交わしながらラブホまで歩く。

「出会い初めて?」
「そう。ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」
「どうして俺に決めたの?」
「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。
でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」
 
 
目当てのラブホがあるようで誘導される。
ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。
こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、
ソファで飲み物に口をつけながらしばらく会話

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年10月8日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ