【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【体験実話】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。
そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。
夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。
しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。
夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。
夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。
発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、
私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。
ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。
売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。

給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。
しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に
私も同意見でした。
なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2015年4月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】従姉と【体験実話】

*冒頭にある「前回のご報告」はdat落ちして発見できませんでした。

<>520名前:えっちな18禁さん投稿日:2007/02/13(火)00:25:03ID:tVBx5pJk0<>
前回のご報告の後しばらくして、比較的最近の話です。
腰を痛めて仕事を辞めたいとこが祖父母の家に来る事がありました。
お盆や正月と違って家族総出ではなく邪魔も入りにくいので、私も足を運ぶ事に。
居間の戸を開けて顔を覗かせて祖父母と談笑するいとこを確認し
「よぅ、久しぶり」と声をかけると
「うん、久しぶり」と返ってくる。
祖父母には解らなかったようだが、前回以降やはりどこか表情も硬くぎこちない。
それでもその場は不自然に見えないように繕い、祖父母が凝っているお茶の話などをして時間を過ごしていた。

その夜。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月31日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】ガチで撮ってみた【体験実話】

とってもとってもキモい母子エロ話です。
ネタ臭がプンプンするし、文章も小学生の作文以下のレベルだったりします。
それでも構わん!という無謀な方のみ、この先にお進みください。

〈ここからコピペ〉

俺自身の話じゃなくて申し訳ないんだが、
以前、某映像プロダクション…という名のAV制作会社に勤めてた。
こっち方面って異常に詳しい奴がいるから、中身はかなりデフォルメしてある。

その会社でよく組ませてもらってた監督の「Aさん」は、当時30代後半くらい。
熟女系が専門で、人気監督ってほどじゃないが底堅い需要のある人だった。
今は別の世界に転身したが、レンタル屋にはまだAさんの作品が残ってると思う。

そのAさん、やたら「リアリティー」とか「ガチ」にこだわる監督だった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】IMOUTO【体験実話】

俺には、19歳の妹がいます。
名前は麻美といいます。去年女子校を卒業して、今はOLをやっています。
外見は、そこそこカワイイんですが、女らしさが足りないのがたまにキズ。
性格はサバサバしていて、そのせいで、女子校ではバレンタインでチョコをもらったりもしてたようです。
あれは、麻美の最後の夏休み。
終業式を終えて帰ってきた麻美は、家に二台しかないクーラーを求めて、俺の部屋に入ってきました。
「兄貴!入るよ!」
もう一台のクーラーは両親の部屋にしかないので、麻美は俺の部屋に来ることが多かったんです。俺の部屋に入るなり、ベッドに腰掛け、クーラーの冷気を少しでも多く取り込もうと、両手でスカートの裾を持ち、バッサバッサと扇ぎだす始末。
俺は、ちょうど大学のレポートを、クーラーの風に直接当たれる床に座ってやっていたので視界の端に麻美の行為が写ります。
「今レポートやってんだから、おとなしくしてろよ」
わざと顔を麻美に向けると、やっぱり見えました。
スカートの奥にある、三角形。
暗くて色までは分かりませんが、はっきりと見えました。
「うわっ、今見えたでしょ!」
「お前が悪い」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月29日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】俺だけのかあちゃん3 【体験実話】

「お前は淫乱な女だなぁ」

俺が耳元で小さな声で囁くと、母ちゃんは弾かれたように激しく首を振る。不自由な体をうねらせながら。

「ううッううッむうッむうッ…」

母ちゃんの叫びは声にならない。声にならないことを自分の耳で確認させられる。絶望的な気分が高まる。

「お前の股の間から、いやらしーい匂いがしてるんだよ、この淫乱女ッ!」

俺は耳元で囁き、最後の部分だけハッキリとした声で宣告してやる。母ちゃんが全身を使って身もだえする。

俺は母ちゃんの上になってる足を掴んで、前に蹴り上げるように大きく上げさせる。股間を晒すために。
母ちゃんは必死に足をばたつかせて抵抗を試みる。しかし時間とともに抵抗は弱まる。しょせん女と男。
俺はヒザのウラに腕をまわして思い切り引き上げる。母ちゃんの股間が丸出しになり、大気に晒される。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年10月26日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉【体験実話】

俺には7つ離れた今年33才になる姉がいる。
25才で結婚して、普通に2人の子供を持つ母親になっている。
盆暮れの年2回会うか程度の繋がりで、
普段は携帯番号を知っている程度のごく普通の姉弟だったと思う。
俺が中学3年生迄実家にいた姉は、
すごく優しく控えめで年の離れた俺を可愛がってくれた・・
姉は背は高くないが美白で、母親譲りのグラマーなボデイーラインは33才になった今でも同じままだった。
俺は20才くらいの時知り合った女性から、SMっぽい事を教わり、今ではすっかりその世界の快楽で射精しまくっている。
色々経験したが、やはり拘束羞恥プレイが一番のお気に入り。
アナルをガンガンペニスバンドで突かれ、女の子の様に喘ぎ悶え、ヨダレを垂らして射精する。これは本当に気持ちがいい。
数ヶ月前、俺はいつものホテルに入り酒を飲み、SMビデオを鑑賞しながら、興奮と酔いを深め、いつもの出張SMクラブに電話した。
2ヶ月ぶりくらいかな??
そんな事を思いながら電話番に会員番号を告げると、
「○○様ですね、いつもありがとうございます。30代以上のグラマーなS女ですね!?」
やはり年下に陵辱されるのはどうも理性が飛ばない・・

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年10月25日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】ネトラレに関する一考察 【体験実話】

ネトラレという言葉が市民権を得て、
エロ分野におけるひとつのジャンルを形成したのはここ数年のことである。
比較的新しい、このネトラレというジャンルについて私は以前から大きく二つの分野に分けられるということについて、
大衆がもっと留意すべきであると考えていた。
この場を借りてその考えを披露したい。

まず、言葉どおりのベーシックなネトラレは、
自分の妻ないし、恋人が、他の男に陵辱されるというパターンである。
これはネトラレの基本形と言って良いだろう。

そしてもうひとつのネトラレは、
自分の物では無いが、ずっと自分が憧れていた意中の女性が他の男に陵辱されるというパターンである。
自分の妻でも恋人でもないので、原義的にはネトラレとは言えないはずだが、
これもネトラレのジャンルに含めて考えるべきだろう。
特に、自分など相手にしてくれそうにない、いわゆる高嶺の花である女性が、

体験実話集関連タグ

|

2014年10月15日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】復讐だったのか?【体験実話】

〈母子物・レイプあり・閲覧注意〉

その日、仕事を終えて帰宅すると、家の灯りが消えていた。

「…ったく、玄関の照明くらいつけとけよ」

普段と何となく違う雰囲気を感じながら、靴を脱ごうと身を屈めた瞬間、
頭にゴツンと強い衝撃を覚えた。殴られた部位を押さえる前に、
強い力が首根っこをつかむと、うつ伏せにして顔を床に押し付けてくる。

「うぐぐっ…」

何が起きたか理解できず、呻き声を漏らすしかなかった。
誰かが背中に座り、今度は俺の体を反らすように顔を引っ張り上げる。苦しい。
無理やり猿ぐつわを噛まされ、その上から何重にも粘着テープが巻かれる。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】コンドーム買ってくるから部屋で待っててね【体験実話】

私は8年前に結婚しましたが子供が出来ず四年前の秋に妻の浮気が原因で離婚して、
今では実家に身を寄せて、サラリーマンと農業の二足の草鞋はいて居ります。
実家には両親と行かず後家の姉と暮らしております。

私は今年36歳姉は41歳です。因みに母は63歳父は68歳になります。

姉は性格もよく、容姿は天海祐希に似たスレンダー美人です。
しかし生まれつき両腕に障害があり、彼氏は出来ても中々結婚には至らず、
40を過ぎた今も実家で暮らしています。
三年前のある日、両親が農業組合の旅行に出かけて、
姉と私との二人きりに成った夜の事でした。
姉に夕食を食べさせ、風呂に入ろうと思った時です。
姉は両手が不自由な為、いつも母と二人で風呂に入っていたのですが、
今日はその母がいない姉は、
「今日はお風呂に入れないなぁ、我慢するしかないか」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年10月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】IMOUTO【体験実話】

俺には、19歳の妹がいます。
名前は麻美といいます。去年女子校を卒業して、今はOLをやっています。
外見は、そこそこカワイイんですが、女らしさが足りないのがたまにキズ。
性格はサバサバしていて、そのせいで、女子校ではバレンタインでチョコをもらったりもしてたようです。

あれは、麻美の最後の夏休み。
終業式を終えて帰ってきた麻美は、家に二台しかないクーラーを求めて、俺の部屋に入ってきました。
「兄貴!入るよ!」
もう一台のクーラーは両親の部屋にしかないので、麻美は俺の部屋に来ることが多かったんです。俺の部屋に入るなり、ベッドに腰掛け、クーラーの冷気を少しでも多く取り込もうと、両手でスカートの裾を持ち、バッサバッサと扇ぎだす始末。
俺は、ちょうど大学のレポートを、クーラーの風に直接当たれる床に座ってやっていたので視界の端に麻美の行為が写ります。
「今レポートやってんだから、おとなしくしてろよ」
わざと顔を麻美に向けると、やっぱり見えました。
スカートの奥にある、三角形。
暗くて色までは分かりませんが、はっきりと見えました。
「うわっ、今見えたでしょ!」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月26日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話
1 / 1112345...10...最後 »

このページの先頭へ