【近親相姦】近親との恋愛なんて普通は成立しない【体験実話】

<>1:名も無き被検体774号+:2013/01/20(日)08:44:10.24ID:/dgaGlDi0<>
まずはスペック。

俺、当時は高校1年から2年。
DQN、ボッチ。
身長は170ちょい。
結構モテたからブサメンでは無かったと思いたい。。。

姉、身長160無いくらい。
黒髪のストレート。結構髪が長かった。
年齢は俺の一つ上。
Dカップ。これは下着見たから間違いない。

妹、身長150ちょい。ちっちゃい子。
俺の一つ下。父親の連れ子。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年11月27日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉貴の中に【体験実話】

 こないだ部活で疲れて昼寝してました。シャワーをあびてトランクスだけで寝てました。
 目がさめたら、姉貴がすぐ横にいてぼくのちんちんをさわってました。半立ちだったのでぼくはすぐに立ってしまいました。すると、姉貴は棒をにぎって形をなぞったり、押したりひっかくみたいにしました。
 ぼくは気持ちよくて、じっとしてたら、姉貴はぼくの口にキスしました。苦しいので「のけよ」というと「起きたん?」といってちんちんをもみながら「おっきいなぁ」といって、「さわる?」といってキャミをまくって大きなおっぱいをさわらせました。
 いちど姉貴のをさわりたかったので、夢中でもんだり吸ったりしました。
 乳首を吸ったら「ああー」といって「キスしよ」と舌を入れてきました。
 ぼくも入れかえして姉弟なのにはげしいキスを何回もしました。姉貴はちんちんをぎゅうぎゅうもむので「もうでる」というと「中に出して」といっておたがい下はだかになって入れあいました。姉貴のあそこは気持ちよくて、おもいきり出してしまいました。
 姉貴も興奮して「あーー」と腰をいっぱい振っていました。そのとき入れたまま2回して、汗をかいたのでいっしょにシャワーにいって見せあいしておたがいさわってたらまたしたくなって、お風呂場でしました。

体験実話集関連タグ

||||

2014年11月26日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】エロい妹に【体験実話】

長話になるが、まあちょっと聞いてくれよ。
俺と妹は二歳違いで、普通の兄妹だった。
小さいころは可愛がっていたけど、お兄ちゃん子というより父さんにべったり。
んで、小学の何時ごろか忘れたけど、だんだん高飛車になってうざくなってきた。
可愛かったしね、仕方ないと思ったけどマジでうざかった。
女版ジャイアンで俺のもの勝手に使うは、自分のものとなると絶対に使わせない。
当然、俺は妹無視の方向になっていったし、部活とか友達と遊んでいてあまり家にいなかったから
その後の成長なんて大して気にしていなかった。
妹が中学入ってしばらくすると、大人しくなりはじめたけど、まだうざかった。
妹?ああいたね、そういえば。当時の俺はそんな感じ。
大人しくなり始めていた理由は女子の上下関係らしい。
スカートとか髪とか化粧とか五月蝿かったらしい。
高校三年間もそんな感じ。
大学生になって、一人暮らし始めて正月に帰ったときにびびった。
おい、これ妹か?てな感じ。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年11月25日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】Eカップ姉の湿ったユニフォーム 【体験実話】

僕には、年の2つ離れた姉がいます。

この話は、僕が15歳、姉が17歳のときの話です。

僕の姉は、正直並のアイドルよりも断然かわいいです。

美人というよりかわいい系で、顔は皆藤愛子似です。

背は151cmと小さく、おっとりした性格です。

童顔のくせにスタイルはバツグンで、かなりエロいくびれを持っていて、それでいてバスト84のEカップでした(当時)

姉とは仲がよく、色々話をしている感じだと、クラスでもそうとうモテたようで、告白、ナンパはしょっちゅうだったそうです。

しかし、当時まだ彼氏は作ったことがなく、処女でした。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月21日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妖艶な叔母と 【体験実話】

この話は私が中2の時、今からまだ10年にも満たない最近とは言えないが、昔とも
言えない時のことである。
私は早くに母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。
しかしその父も私が2年に進級する直前に事故で亡くなってしまった。

男2人の生活だったため、私はとりあえず同年代の人間よりは生活能力は高かったが、
問題も多かった。
金銭面に関しては、問題は無かったが、最悪の場合の頼れる人がいないことだった。

両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、母も妹がいたが連絡は取っていなっ
たらしい。
母の妹が唯一の親族だったが、見たことも無い人だったのでどうしようもない。

それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力を得て、私は何とか父の葬儀を済ませ
ることが出来た。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月19日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉がクリスマスに振られた【体験実話】

とりあえずスペック

20
童貞
フツメン


23
彼氏居たし非処女?
Cカップくらい・・・?
身長小さめの黒髪ぱっつん

姉はその彼氏と2年くらい付き合ってたのかな
俺も彼氏と会ったことあるし、普通に接してた

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年11月19日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉ちゃんとセックス【体験実話】

僕は中3、姉貴は高2、いつも仲が良くけんかしたことがありません。
こないだ部活で疲れて昼寝してました。シャワーをあびてトランクスだけで寝てました。
 目がさめたら、姉貴がすぐ横にいてぼくのちんちんをさわってました。半立ちだったのでぼくはすぐに立ってしまいました。すると、姉貴は棒をにぎって形をなぞったり、押したりひっかくみたいにしました。
 ぼくは気持ちよくて、じっとしてたら、姉貴はぼくの口にキスしました。苦しいので「のけよ」というと「起きたん?」といってちんちんをもみながら「おっきいなぁ」といって、「さわる?」といってキャミをまくって大きなおっぱいをさわらせました。
 いちど姉貴のをさわりたかったので、夢中でもんだり吸ったりしました。
 乳首を吸ったら「ああー」といって「キスしよ」と舌を入れてきました。
 ぼくも入れかえして姉弟なのにはげしいキスを何回もしました。姉貴はちんちんをぎゅうぎゅうもむので「もうでる」というと「中に出して」といっておたがい下はだかになって入れあいました。姉貴のあそこは気持ちよくて、おもいきり出してしまいました。
 姉貴も興奮して「あーー」と腰をいっぱい振っていました。そのとき入れたまま2回して、汗をかいたのでいっしょにシャワーにいって見せあいしておたがいさわってたらまたしたくなって、お風呂場でしました。
 次の日から姉貴が買ってきた1000円3ダースのコンドームを使って、毎日セックスしました。
3ダースもあっという間になくなるほどのお互いの性欲です。

体験実話集関連タグ

||||

2014年11月16日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】親父と妹3【体験実話】

お断り)
この投稿は「近親相姦/禁断の木の実」に投稿された連作を再編集し、
まとめて移動したものです。
***********
親父と妹、翌日  投稿者:兄
投稿日:7月16日(日) 16時10分14秒深夜、親父と妹が近相してた報告してから朝7時くらいまでネット
カフェにいてから帰宅。その後寝て今さっき起きたとこです。
返事の中には『作り話だろ』みたいなのもあるけど疑ってるならそ
れでもいいっす。ただ、今考えてるのはどうやってこの話を切り出
して公認してやるかって事です。何かいい案ないですかね?ちなみにまた親父と妹出掛けたみたい。どこかでヤってるんかな?
***********親父と妹  投稿者:兄
投稿日:7月21日(金) 12時49分09秒昨日の午後なんとも予想外の展開になってしまいました。今週から
夏休みになったけど昨日の午前は部活があり学校に行きました。帰
ってきたのが大体2時過ぎくらい。で、家に着くと誰も居ませんで
した。喉が渇いてたから水でも飲もうと思い台所に行くと親父と妹

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年11月15日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】ちょっと怖い母 【体験実話】

【警告:母子物注意】

中学に入った頃、女物の下着にやたら興味を持つようになった。

ちょうど射精の気持ち良さを覚え、猿みたいに1日何回もオナニーに耽った時期。
なのに進学したのが私立男子校で、近所や親戚にも同年代の女の子がいない。
そんな環境のせいで、渦巻く性欲が方向性を誤った…のかどうかは知らない。

頭の中はエロが充満してるくせに、俺は家でも外でもマジメでおとなしい子。
下着泥とか大それた行為に走る度胸はない。一人っ子で女きょうだいもいない。
結果、興味の対象は身近にいる唯一の女性…つまり母親の下着になった。

念のため言い訳しておくと、別に母親そのものにハァハァしてたわけじゃない。
母は当時35歳。理知的美人と言えなくもないし、年の割にスタイルは良い方だ。
ただやっぱり母親だし、基本マジメで堅いというか、ちょっと怖いキャラ。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年11月13日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】この夏のこと【体験実話】

今年の夏、同い年のいとこの娘、かなえをオンナにしてしまいました。
いとこは33でバツⅠ、田舎にある実家に戻ってます。
毎年恒例で僕ら家族は田舎へ遊びに行くのですが、そのときの楽しみが
バツのいとこを抱くことです。
前のだんなしか男を知らないらしく、いろんなことが新鮮に感じるようで
毎年、家族の目を盗んではヤッテました。
大きなお尻がたまらなく最後はいつもバックからぶちこんでます。
今年もまた、海水浴に行った家族を尻目に、誰もいなくなった家でいとこと
のセックスを堪能していたのですが、
「コト」と廊下が鳴る音がしたので
「おい、誰か帰ってきたんじゃねー?」といとこにいいましたが
「へいきよぉ〜・・・あ〜ん・・・まだ〜・・つづけてぇ〜ん・・」と
セックスに夢中。
まあいいやと続けてると、今度はふすまが少し開いた気がしました。
なにげなくそっちの方に目を向けると、すきまからいとこの娘、かなえ(1

体験実話集関連タグ

||||

2014年11月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ