【近親相姦】大嫌いだった従姉妹の話する【体験実話】

<>1:名も無き被検体774号+:2014/01/05(日)22:34:12.31ID:onCs6L0B0<>
俺と従姉妹は同い年で、小さい頃からよく一緒に遊んでた

ただ、何歳の頃か知らないが
俺が紙に自分の名前を平仮名で書いて、従姉妹に自慢したらしい
それがウザくて従姉妹は俺が嫌いになったんだと

それからは会うたびケンカしてた

親同士が仲良くてよく家にいってたんだけど
できるだけ顔を合わせないようにしてた

二人で遊んで来いって言われたときは渋々一緒にいたけど
悪口言って、殴り合いして、変顔して、
あまりに酷くて幼稚園に上がる頃には親同士も仲悪くなっていった

体験実話集関連タグ

||||||||

2015年2月13日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹の病院での恥ずかしい話【体験実話】

2〜3年前の話ですけど、妹との話。
もしかしたらジャンル違いかもしれないが
妹との話なのでここで書かせてもらいます。

これはオレが19歳で大学1年の時で
妹は16歳の高校一年だった。
オレは地元の大学に通ってたので実家からで
家族4人で暮らしてたわけだが
あるとき親父が半年間の単身出張、
母親が祖母の入院の看病で田舎に戻り
それが偶然かさなって3ヶ月だけ
2人きりで生活する事になっていた。
とはいってもオレは大学生だし
妹は歳のわりにしっかりしていたので
特に何も問題なく過ごしていた。

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年2月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】彼女の妹と・・・【体験実話】

僕が中学3年生の時にタメの彼女が居て、ある日彼女の家に遊びに行くことになりました。
 彼女のお母さんは夜に帰ってくるとのことで、家には僕と彼女と彼女の妹(仮:ミキちゃん)の3人でした。彼女に妹がいるのは知っていましたが、会ったのは初めてで、一目見ただけで、僕の彼女をそのまま小さくしたような感じで、すごくかわいくて(ロリロリで…)。
 話すと、中学1年で、バドミントン部らしくて、ミキちゃんの人懐っこい性格からか、気づくとまるでタメのように話していました。

 そして、彼女と2人で彼女の部屋に行き、いろいろ話してたんだけど、テレビを見てたら彼女がベッドに行って、ちょっとドキドキしたんだけど、しばらくして見てみると寝てましたД;
(普通寝るかっ!?)
 でも彼女も部活帰りで疲れていたのだろうと思い、彼女を起こさず今日は帰ろうと部屋を出ると、妹のミキちゃんも自分の部屋から出てきて「もう帰るの?」と聞かれ、事情を話すと、笑いながら、「じゃあ私と話そう?」と言われ、まあ親も夜だしまあいいかと、ミキちゃんの部屋に行き話していました。

 やはり思春期なのか、話はエッチな話になり、
「もうお姉ちゃんとエッチしたの?」と聞かれ、
「いや、まだ(汗。。。」と返し、
「まだ純潔?」と聞かれ、要するに童貞かってことかと思い、
「今のところ純潔守ってます!!」と言うとかなりウケてましたww

 それで結局

体験実話集関連タグ

||||||||||

2015年2月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉妹と・・2【体験実話】

前編:従姉妹と・・

※続編書いてくれとの事なので、頑張ってみます。
 文才が無いので、そこは多めにみてくれ。

さっきの話は、いまから5年くらい前の話で
これからするのは、2〜1年前の話です。

俺には高校から付き合った彼女がいました。
すでにその頃から、彼女とはセックスしたり高校生のクセにラブホテルに行ったりして
かなり性に関してオープンな関係。
だから彼女というよりフィアンセ、大親友みたいな感じです。
シティーハンターのような関係を想像してくれるといい。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2015年2月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】教え子の処女を奪い結婚後も調教し続けた2 【体験実話】

私は中学の教師をしていて、もうすぐ50歳になるが未だに未婚だ。そして、恋人も20年以上いない。ただ、私には20年以上調教を続ける愛奴隷がいる。
優香と初めて関係を結んで以来、私の歪んだ性癖が発露し、優香も私の歪んだ性癖に引きずられるように、マゾとしての素質を開花させていった。
でも、今になった思う。引きずられて、操られたのは私の方だったのではないかと……。

3年生になった優香は、急速に女性の体になっていった。もともと同級生と比較しても大きめだった胸は、さらに大きくなり、幼く可愛らしい顔も美人という感じになってきた。
私は、どんどん優香にのめり込んでいった。本当は、恋人同士のような関係になりたいと思っていたのに、優香の目が、私を見る期待のこもったその目が、私にご主人様らしく振る舞うように強制していたように思う。

#8212;#8212;教壇に立ち、自習をする生徒を見ながら、私は興奮していた。

優香は頬を赤くして、泣きそうにも見える顔でうつむいている。
優香のショーツの中には、当時出たばかりのリモコン式のローターを仕込んであった。当時のモノは、音も大きく、振動の種類も1種類しかないようなちゃちなモノだったが、私の機械工作の知識を生かし、改造していた。
モーターもマブチモーターの静音タイプのモノにして、電池も真空管ラジオに使う高出力のモノにしたりした。そして、的確にクリトリスを刺激出来るように、ショーツも改造してローターを固定出来るようにした。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年2月6日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】妹アコ2【体験実話】

アコとの初体験の後、僕達の関係は微妙なものになりました。
兄である僕は、罪悪感が重く心に乗っかって、以前のようにアコの部屋へ行くことを控えるようになってました。
アコはアコで、振る舞いは以前と変わらないのですが、なんとなく、少し僕から距離をとるような感じを受けました。
「あの日」のことを聞けるような雰囲気には程遠く、心がもやもやしたまま日々が過ぎていきました。
それから1ヶ月くらいが過ぎていきました。
この状況を打開したい僕は、思い切ってアコの部屋に行きました。
でも、このときはH目的ではなく、ただ話がしたかったのです。
コンコン・・・「アコ、ちょっといい?」
・・・しばしの沈黙。
「・・・いいけど・・」
僕はアコの部屋に入っていきました。
「・・・おじゃまします・・」
アコはいつものようにベッドによっかかってマンガを読んでました。
少し前まではその場所でアコの体を楽しんでたのに・・・
だいぶ遠い昔のように感じます。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2015年1月31日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】真・抱き枕【体験実話】

俺の名は、新井武(仮名)。
俺には、妹がいて名前はりな(仮名・女優の逢沢りなに似ているのでりなにします。)といいます。
そして、今から、俺とりなの昔話に少し、付き合ってもらいたい。

十年位前か…当時「抱き枕」なるものが流行りだしたころ、
興味を持った俺とりなはとても欲しがったんだ。
でも親に買ってもらえず、気分だけでも味わおうと思い
交代で「抱き枕役」を決めて抱きついて眠ったことがあった。
最初は妹が「抱き枕役」で、俺がりなに抱きついて寝てみた。
当時りなは中学あがったばかりだったが、体もそれなりに発育していた。
日頃から、スレンダーな体に似つかわしくない胸に興味はあったが、
どうこうしようとは考えてなかった。
りなの隣に寝そべり、両腕と両足を絡ませて抱きついてみた。
確かに何か本能的に安らぐ気がして、その日はそのまま眠ってしまった。
目が覚めた時は抱きついてはいなかったが、同じ布団で眠ったのは何年ぶりかな?

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月27日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【恐怖】変なのに憑かれた 【体験実話】

深夜、新興分譲住宅の一室で智子は飛び起きた。半分反射的に時計を見る。『2:40AM』…また悪夢を見た。胸のドキドキが収まらない。パジャマ代わりのTシャツの中を変な汗が伝うのを感じる。
三浦智子16歳。地元の私立女子高通う普通の女子高生。…先月まで中学生だったけど―。
最近毎日この調子。3時ちょっと前に悪夢で目が覚める。あいつが来てから…。

智子は高校の心霊研究会に所属している。中学では吹奏楽とテニス部を掛け持ちして活躍していた智子。智子の中学時代をよく知る先輩から誘われての体験入部でどちらもすぐにあきらめた。中学とはレベルが違うのだ。
こういうあきらめは良いほう。物心ついたころから剣道・ピアノと親の欲目を押し付けられた智子は努力にも限界があることをよく知ってる。
だけど、とにかく先輩たちがしつこくて、帰宅部を選択する余地はなかった。なので一番暇そうな部活を探したわけだ。そこに渡りに船で中学からの親友、高橋由佳に誘われたのが心霊研究会。レギュラー争いとかそういうのはもう御免だった。文化部ならそれもないだろう。なにより、昔からいわゆる「見える」体質だったので興味があった。本当に軽い気持ち。
ところがこれが間違いで、結構ガチで度々智子の顔をひきつらせた。海外の論文を翻訳する部門、心霊スポットに突撃する部門、一般生徒の心霊関係の相談に乗ったり、心霊写真の解析を行ったり。ときには交霊術を行ったり。

そんななか、智子はこいつと出会ってしまった。むくっと上半身を起し、そいつが居るであろう場所を見る。
暗い部屋がテレビの明かりで照らされている。智子のベットの足元に腰掛けている毛むくじゃらの物体。本当に髪の毛で全体を覆ったようなおぞましい姿。
「やっぱまだいるか」声に出してみるけどそいつは無反応。暗闇の中で点けっぱなしのテレビ画面を凝視している。

部屋にこんなのが居たら、家族も黙っていないはずなんだけど、どうやらこいつはあっち側の存在らしく、今のところ私以外には見えていないみたいだ。私は勝手にモコと名付けている。名前がないと怒りをぶつけるにしても呼びようがないので。もちろんもろ見た目からとった。5秒で思いついた名前。

体験実話集関連タグ

|

2015年1月21日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【近親相姦】テスト期間に始まった妹との行為【体験実話】

俺も一時期、自分は変態だと悩んでいたからね。
昔の王族の血縁婚とかを無理矢理引き出して、自分の中で正当化しようとしていた時期もあったw

まずは当時のスペックね


中学3年。テニス部だったが引退し、これから受験勉強って感じだった。
背は小さい。小学生くらいの頃はそうも思わなかったんだけど
中学生くらいの頃からチビの部類に入ったみたい。
もちろん今もチビ。身長を聞いたことはないけど
今でも150くらいなんじゃないかと。
見た目は気の強さが顔に出てる感じ。実際に気が強い
系統は有名人では浮かばない。
数年前、甲子園で青い服のチアの画像があったけど
あの女と同系統。可愛いかどうかは別として。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2015年1月19日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】天然パイパンの嫁が甥っ子に覚え込まされた 【体験実話】

今日から、毎年恒例みたいになっている別荘での休暇だ。と言っても、複数の会員でロッジをシェアするタイプの別荘で、とくにウチが金持ちという事でもない。

でも、経営している小さな不動産事務所もそれなりに順調だし、嫁も娘も可愛くて文句がない。
その上嫁はまだ33歳だ。そして、娘もまだ11歳なので、かなり若いときに産んだことになる。私が、まだ大学生だった嫁を妊娠させてしまって、当時はけっこう大変だった。
でも、こうやって結婚して今に至るし、幸せだと言い切れると思う。ちなみに私は37歳だ。

嫁の千里は、見た目は清楚な感じだ。ミニスカートで一世風靡した森高千里によく似ていると言われる。そして、実際の森高千里とは違い、かなりの巨乳だ。嫁の母親もおばあちゃんも巨乳だったので、遺伝的な要素が強いのだと思う。ちなみに、まだ小学6年生の娘の愛花も、すでにかなり膨らんできている。

嫁は髪もほぼ真っ黒で、ブラウスとかサマーニットみたいな服装が多いので、清純で上品な女性に思われることが多い。でも、中身はかなりエロい女だ。

妊娠しているときや、出産直後も含めて、結構な頻度でエッチをしている。私から誘うこともあるが、ほぼ嫁の方からお誘いがかかる。
もう少し頻度が下がるといいなと思ったりもするが、出産を機にレスになる夫婦も多いと聞くので、贅沢な悩みかもしれない。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年1月15日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

このページの先頭へ