【寝取られ】良妻賢母で難攻不落の妻【体験実話】

私より四歳下の妻は、四十四才。飛び切りの美人とちまたでは言われていますが、
私としては顔立ちは、端正なほうだと思っています。
元々細身な体型も、年齢相応に崩れてはいますが、やや薄く、
肉のつき掛かった腰回りなどは、見ようによって、
それはそれで魅力的と言えなくもありません。
ネットで知り会った岡本氏に言わせれば、
人工的な美魔女の美しさより、熟女は、腐り掛けに限るそうです。
岡本氏とは、非通知の電話を十数度、動画像の交換を含めたメールでの遣り取りは、
すでに、百通信を越えていました。
身元が確かで、同年代のセックスに熟達した巨根男性、
造園業を営む岡本氏は、私の出した条件にぴったりだったのです。
寝取られに関しては、構想十五年、説得四年半、難攻不落の妻を前に、
万策の尽きたと諦め掛けた頃、生返事ながら、思い掛けなく、
一度だけを条件に、了解を得ることができたのです。
妻の心境の変化について、思い当たることが一つあります。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】GWにお義母さんとセクス三昧 【体験実話】

<>1:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2015/07/03(金)07:27:32.53ID:VN9iKYhD0.net<>

GWにお義母さんとセクロス三昧

口で1発含み5発もやってしまった
それも57のBBA

<>2:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2015/07/03(金)07:29:51.45ID:f7JtkcAK0.net<>

母を!

<>4:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2015/07/03(金)07:34:07.03ID:VN9iKYhD0.net<>

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年8月3日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【寝取られ】妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活 【体験実話】

結婚して5年も経つと、新婚の時のラブラブな感じもなくなるし、セックスも何となくするだけになる。
とくに私と嫁の果穂は、結婚する前の付き合いも含めると、もう10年も一緒にいることになるので、より倦怠期みたいな感じが強い。

今日は、嫁の方からそれとなく誘われて、多分2か月ぶりくらいのセックスをした。久しぶりなので結構興奮したし、もうすぐ30歳にしては、果穂は綺麗な体をしているなと再認識したりした。

身長155cmくらいで、体重は多分50kg以下。顔は、あまり芸能人に詳しくないのでアレだけど、AV女優のかすみ果穂に似ているかもしれない。おっぱいは多分DとかEカップくらいで、ちょっと肉付きは良いほだ。抱き心地の良い身体だと思う。

まだ子供はいないが、そろそろ作った方がいいのかな? と、漠然とした思いはある。

そんな事を思いながらも、今日も避妊をしてセックスをした。終わったあと、腕枕の状態で待ったりしてると、
『今日ね、偶然、圭介さんに会ったんだ』
と、果穂がいきなり話し始めた。私は、いきなりの話に、一瞬言葉を失った。圭介さんというのは、果穂の元カレだ。私も知っている人間で、大学の時の先輩だった人だ。私より一つ年上なので、果穂よりは二つ上という事になる。

果穂と圭介さんが付き合っていたとき、私は他に付き合っている女性がいたし、果穂のことはまだ知らなかった。圭介さんとは共通の知り合いがいたので、面識があるという程度の付き合いだった。
そして私が大学3年の時に、たまたま私がバイトしていた店にバイトで入ってきたのが果穂だった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2015年3月27日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁4 【体験実話】

結婚して4年経ち、嫁とのエッチも回数が減ってきて、エロサイトを見てはオナニーをすることが多くなっていました。色々なサイトを見ているうちに、NTR使える寝取られサイトとか、すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談といった、いわゆる寝取られ系のサイトを見て寝取られ性癖に目覚めてしまいました。

そんな中、嫁の下着を盗んでいたのが隣の高校生の息子だとわかり、私は自分の願望を叶えようと悪ノリしました。そして今、私の目の前には圭君の精液を顔や髪に浴びた嫁がいます。

すべて指で集めて、嫁は飲精してしまいました。それでも、髪や顔にまだ付着している圭くんの精液。自分の嫁が、文字通り汚されてしまったのに、私は下着の中で手も触れずに射精してしまいました。そんな私を見て、嫁がイタズラをする子供の顔で、
『あなた、今度は圭くんに、下の口に飲ませてもらってもいいですか?』
と言いました。私はノータイムでうなずき、OKを出しました。それは、大きな扉を開いた瞬間でした。

『ふふw 圭くん、OKだって。どうしたい?』
嫁は、エッチな女教師みたいな口調で圭くんに質問しました。145センチで、顔もクッキングアイドル似の嫁は、どう見てもロリ属性です。でも、いま圭くんに話しかける彼女は、痴女みたいに見えます。ロリ痴女……そんな言葉があるのかわかりませんが、そんなギャップの激しい感じです。

「じゃ、じゃあ、下着はいて僕の顔にまたがって下さい!!」
圭くんは、想像の斜め上を行く返事をしました。てっきり、嫁とセックスしたい! と言うとばかり思っていました。
『え? またがる? 何それw 圭くんって、変態さんなんだねw』
嫁もビックリしたようでしたが、目が好奇心でキラキラ光って見えました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2015年3月15日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間4 【体験実話】

母の弟家族との、毎年恒例の別荘での1週間。すっかりとオトナになった愛花ちゃんと、衝撃的な初体験をしてしまった。それだけではなく、愛花ちゃんのママの千里さんとも関係を持ってしまった。

いつまでもおばさんにならない森高千里そっくりな愛花ちゃんママとのセックスは、愛花ちゃんとのセックスとはまったく違い、異様にエロかった。
千里さんとする直前に愛花ちゃんに二度も射精していたのに、立て続けにまた二回射精してしまうほど、千里さんはエロかった。

叔父さんがすぐ横で寝ているベッドの上で、たっぷりと千里さんの中に注いでしまい、罪悪感と焦りでドキドキしている僕のおちんちんを握ると、千里さんは、
『まだ出来そうね#9825; 次はバックでいいかしら?』
と言った。そして千里さんは四つん這いになる。背中をのけ反らせ、腰を突き出すようにするので、毛のないツルツルのロリマンが丸見えになっている。薄暗い中でも、そこからあふれ出る白いものがよくわかる。

僕は立て続けに何度もイッているのに、もう回復して勃起率120パーセントになっていた。
でも、僕の中の冷静な部分は、すぐ横でイビキをかきながら寝ている叔父さんにビビり倒していたので、
「でも、叔父さん本当に平気ですか?」
と聞いた。
『へーき、へーき!この人の眠りの深さはのび太君以上だからw』
と、千里さんは軽い感じで言うと、自分のアソコを指で押し広げた。毛のないツルツルのロリマンがクパァと開き、さらに白い僕の精液が流れ出てくる。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2015年3月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】壁の落書き消してたらこうなった【体験実話】

高校の頃、叔父さんが塗装関係の会社にいて、夏休みに何度かバイトさせてもらったことがある。
とある現場で、ただのお手伝いである俺はメインの塗装作業には加われず、やれる雑用も無くなってしまって、もてあましてうろうろしてた。
現場敷地の隣には住宅があって、仕事とは無関係なんだけど、その家のブロック塀に落書きがしてあった。
中学生のいたずら丸出しのやらしい言葉が書いてあった。
 
暇なんで消してあげようと思った。
道具の名前なんかも忘れちゃったけど、壁をこすったりサビを落とす道具がある。何か鉄のタワシみたいのがぐるぐる回るやつ。
 
それでやってみたんだけど意外にしつこくて消えなくて、ひたすらゴシゴシぎゅんぎゅんやってたら叔父さんに見つかって怒鳴られた。
人さまの家に何やらかしとんじゃー!と本気で怒鳴られて俺しょぼん。
余計なおせっかいして怒られたと思ったんだけど、まあそれも悪いことなんだけど、叔父さんはどうやら、その落書きを俺が書いたと思ったみたいだった。
 
誤解はすぐに解けたので、叔父さんも「まあえーわ」と許してくれたけど、
「で、何て書いてあったん?」とニヤニヤ。
完全に消えてはいないから見ててわかってるだろうに。

体験実話集関連タグ

|||||

2015年2月13日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】AKBの小嶋はるな似の妹【体験実話】

<>832:えっちな18禁さん:2011/10/01(土)22:41:51.43ID:CQxhaiL40<>
大学生の時だけど、当時高校生の妹が何故か下半身裸で
俺のベッドでうつぶせになって寝ていた。

起こそうとしてもなかなか起きないから、
最初は尻を触ってたんだけど、それでも起きないからオマンコを触ってたら
妹が半分寝て半分起きた様な声でちょっと喘ぎ始めて、
その声を聞いてたら俺も本気で欲情して
チンコをオマンコに押し当てて
寝バックって言うのかな、うつぶせになった妹の背中に
覆いかぶさる様にして挿入した。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月22日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】みーちゃん (姉は爆乳ロリ天使)【体験実話】

<>303:231です:2011/07/29(金)01:39:43.87ID:fWqIxmKu0<>
俺が大学生の頃の話だ。俺にはオカルト道の師匠…(ry
こんな始まり方してみたかったんだすまん。

実家から100キロくらい離れた土地でひとり暮らししてた頃の話。
同郷から進学してきた腐れ縁のアキラ君が俺のアパートに入り浸り、
ダメ大学生にありがちなマージャン、パチンコ、ケイバとギャンブル三昧に明け暮れる。
留年こそ辛うじて免れつつ、大学三年目の春を迎えていた。
新歓コンパがどうだの、サークルの新入生が可愛いだの、自分の未来を
見据えたもっとマシな会話が必要だったが、相変わらずグダグダだった。
アキラ:「そういやシュンスケ(俺)、オマエの姉ちゃん、今どうしてる?」
アキラ君がなんの脈絡もなく姉の話題を出してきた。
幼馴染なんで俺の姉ともちろん面識はあったのだが唐突過ぎる感じ。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】恥ずかしがりの嫁と俺の親友のマッサージ6 【体験実話】

俺が酔いつぶれて寝ていると思った景子と浩介。二人は、俺に内緒で口でした。これまでとは違う、俺の見ていないところでの行為に、俺は激しく動揺した。でも、それ以上に興奮してしまったようで、パジャマの中で手も触れずに射精してしまった……。

「今日は、浩介としないの?」
何も知らない振りをして、景子にそう言う俺。
『しないよ。でも、して欲しいの?』
景子は、妖艶な笑みを浮かべて言う。一気に空気が変わった感じがする。
俺は、黙ってうなずく。
『じゃあ、行ってくるね。ちゃんと動画撮っとくね#9825;』
そう言って、景子は寝室を出て行った……。

俺は、どうしようか迷った。このまま、本当にここにいていいのか……。
景子は、浩介とセックスをするとき、集中できないから見ないでくれと言った。でも、本当に二人きりにしていいんだろうか? 景子は、俺を試しているような気もする。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年12月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】姉と私と妻(義姉)【体験実話】

の続き

1.姉と私と妻(義姉 投稿者:彬投稿日:2010/06/22(Tue)19:28No.10757

当分車も空を飛びそうにない21世紀に入りました。
世紀末に私から義姉の優子にプロポーズ、私と優子は結婚する事になりました。
優子はバツイチですが私は初婚、よって普通に結婚式をする事にします。親族に報告すると伯母と父は複雑な表情、伯父もオイオイって感じの反応をしていましたが、優子がこぶつき出戻りという事もあってか特に反対意見は出ませんでした。

優子との結婚を実姉である綾子姉さん話すと、私が昔上京話をした時と同じような醜い笑顔を浮かべて「おめでとう」と言われました。

式の色々な準備の為に実家に行きました。たまたまその日は私だけぽっかりと時間が空いてひとりきり。
誰もいない静かな実家にひとりでいると妙な・・・思い出が押し寄せてくるような・・・感覚に襲われました。私はその不可思議な焦燥感のまま2階にある昔の姉の部屋に行きました。部屋に入るとそこはかとなく姉の匂いが漂ってきます。
この部屋は今でも姉と優子のレズビアンセックスに使われている部屋だけあってキレイに片付いていました。
何となく押入を開けます。昔と同じような荷物や布団の配置で文庫本やCDが整然と並んでいました。バイブ(ディルドウ)の隠し場所まで一緒なのには笑わせてもらいました。姉の日記も前と同じ場所にあります。冊数が増えているところを見ると今も手書きで日記をつけているようです。最近の日付のものを探して少し覗いてみると主に子供の成長の事が書いてありました。「姉さんも母親なんだなあ」とちょっと感心しました。
日記に並べられるように学生時代の写真アルバムが立て掛けてありました。これは昔は置いてなかった物です。せっかく?だからと久しぶりに姉の若かりし頃の写真を見てみることにしました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月25日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話
1 / 1712345...10...最後 »

このページの先頭へ