【近親相姦】TVゲームに魅せられて【体験実話】

TVゲームに魅せられて

「やったあ! 第二ステージ・クリア!」
 手にしていた家庭用ゲーム機のコントローラを振り回しながら、少女は歓喜のおたけびを上げた。
「見て見て、遂にやったよ。凄いでしょ?」
 たった今、テレビ画面に登場した僧衣姿の老人から、天空龍王拳の継承者として認める旨を告げられた少女は、自分の背後でその操作ぶりを覗き込んでいる青年の方を振り返り、
得意満面の面持ちで戦勝報告を口にした。
「…ん、ああ。大したもんだな。洋子ちゃん、本当にこの格闘ゲーム、初めてなの?」
 僅か三十センチ程の距離に位置する、二つに結んだおさげの髪型が似合う整った顔を見つめながら、青年は、洋子と呼んだ少女に問い掛けた。
「うん、このゲーム機も初めて。お年玉で買おうと思ったんだけど、ママが、無駄使いは駄目だって言うから…勝にいちゃんが持ってるなんて本当に嬉しいな。分かってたら、もっと早く
遊びに来てたのに」
 少女は肩をすくめながら、自分が遊んでいるゲーム機と、そしてこの六畳程の洋間の主であろう青年に愛想笑いを向けた。つい最近十三歳の誕生日を迎えた少女の笑顔には
まだ幼さの成分の方が色濃かった。
「ちゃっかりしてるな、洋子は」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2015年1月28日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】憧れの清楚で優しい優子先輩が、男達3人に 【体験実話】

僕には、憧れの先輩がいる。大学のサークルの、二つ上の優子先輩だ。大学に入学して、右も左もわからない僕に声をかけて、サークルに勧誘してくれた人だ。
サークルは、夏は海でサーフィンと山でクライミング、冬はスキー、スノボという、オールシーズンスポーツサークルみたいな感じだ。

遊んでいるような、リア充っぽい人ばかりのサークルで、僕はちょっと浮いているような気がしているが、優子先輩会いたさになんとかやめずにいた。

週末は色々と出かけたりすることが多いサークルだが、普段の日はとくに何もすることなく部室で雑談している。今時は部室のないサークルが多いけど、結構大きな部屋を使わせてもらっているので、いつ行っても誰かしらいる感じだ。

誰にもなかなか話しかけることも出来ずに、ポツンとしていることが多い僕だったけど、勧誘した責任感からか、優子先輩がよく話を振ってくれた。そうしているうちに、僕も皆と打ち解けることが出来て、友達と呼べる人間も出来た。

本当に、優子先輩には感謝しても仕切れないくらいで、いつしか感謝が憧れに変わっていった。

優子先輩は、桐谷美玲を垂れ目にして柔らかくした感じのルックスで、サークルの中でもアイドル的な存在だ。噂は色々と聞くが、特定の彼氏はいないようだ。
とは言っても、僕なんかでは絶対に付き合うことなど出来ないとわかっているので、見て楽しむだけという感じだ。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年6月25日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【恐怖】30代後半の引きこもり男性と母親【体験実話】

1名前:以下、はてなにかわりまして元増田がお送りします。投稿日:2010/05/1907:03:38
家の近所に30代後半の引きこもり男性と、母親が二人で住んでる家がある
越してきた当時すでに引きこもってたので、男性の方はほとんど見た事無い
お母さんの方は家の母親と割合仲が良く、時折うちにお茶を飲みに来る
品が良く物静かな人で、若い時は美人だったと思う
 
 
先月バイトから帰ってくると、近所の人が大勢その家の前に集まっていた
その家の息子さんが救急車で運ばれ、入院したらしい
何があったのかと思って母に聞いたら、
「あそこの息子さんね、今朝足ぶつけたら指が取れちゃったんだって」
 
 
何年も何年も家に篭って好きなもの食べてたら、いつの間にか糖尿病発症
それでも病院行かずにほっといたら、ちょっとした傷が一気に壊疽になってしまい・・・

体験実話集関連タグ

||||

2014年4月12日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【修羅場】DNFの復讐【体験実話】

968:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/12(月)13:18:59
しかし世の中なんてなほんと馬鹿ばっかだね

頭の中まっピンクにしてサカリまくってれば嫌でも気がつくだろうっ
ての少しは回りみなよって話しだよな

2ちゃんに事実曝したって実名上げたり特定できること書かなきゃ
問題ないんだろ?

クソムカつくから書いてやれだよw

30近い女と40近い妻子あるおっさんがよくもまあ愛だの恋だののた
まってさかりまくれるもんだわさ

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年2月26日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【近親相姦】母肉【体験実話】

静まり返った深夜の住宅街、家の前でタクシーらしき車の停まる音が聞こえた。
 酔っ払っているらしく呂律の回らない口調で『どうもお世話様でした』と言っているのが聞こえて来る……紛れもなく母、悠里の声だった。

 ―― バンッ ――

 車のドアが閉まる音に続いてエンジン音が遠ざかって行く。
 宿題がちょうど一区切り付いてリラックスしていた少年は、終電の時間をとっくに過ぎても帰宅しない母を少々案じているところだったのだが……無事、帰宅した様子に一応は安堵した。

 ―― ピンポンピンポンピンポン……♪ ――

 それも束の間、車のエンジン音が聞こえなくなったかと思えば今度はドアチャイムがけたたましく鳴り出したのだ……この時間には全く相応しくない鳴り方で。
 午前様となった母は最愛の一人息子である悠吾が出迎えるまで鳴らし続けるつもりらしく、一向に鳴り止む気配が無かった。
 しばらく無視しておこうかとも思ったが近所迷惑になりそうだったので、二階にある自室を後にすると仕方なく一階の玄関へ向かった。

(鍵は持ってるんだから玄関くらい自分で開ければ良いのに世話が焼けるよ……)

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】弟「長い雨だね」姉「そうだね……」ジョロジョロ【体験実話】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水)14:23:39.36ID:4cVkAHrA0<>
弟「お姉ちゃん、また漏れてるよ」

姉「うわっ、ごめんね、弟くん、ぞうきん取ってくるね」

弟「いや、僕もうかつに雨の話題にしちゃったのが悪かった」

姉「……毎度、変なお姉ちゃんでごめん……ね」

弟「気にしないでいいよ、雨漏りだと思えばいいし」

タタタタ……

お姉ちゃんの座っていた所に水たまりが……
指先でそっと触れる。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年2月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【修羅場】【億万長者の】ロミオメール【その後】 【体験実話】

735円足りませんよ(修羅場の話)

の続き

560:名無しさん@HOME:2010/09/14(火)17:01:100
ジオン軍が解除という噂をきいて。

以前、どっかのスレに投下したんだけど、その後元夫からメールキタ。
元夫が佐藤ゆかり似の同僚と不倫して、
本人らの会社で上司立ち会いのもと問いつめて慰謝料貰って、
それで宝くじ、以下金はあるけど無気力になった、室井滋似の自宅警備員です。
私への接触手段は弁護士さんだけのはずだけど、
フリメにいちかばちかで送ってきた(本人談)らしい。

体験実話集関連タグ

|||

2013年12月28日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【恐怖】( ^ω^) ブーンが赤い水を飲んじゃったかもSIRENね 【体験実話】

【登場人物紹介】

(^ω^)ブーン・・・(高ニ/超人進化型)
  勉強も運動もいまいちだが、明るく気の優しい少年。なぜか逃げ足だけは速い。
  誰とでも仲良しだが、ショボンが一番の友達。一応、本編の主人公。

(´・ω・)ショボン・・・(高ニ/頭脳高回転型)
  頭が良く、いつでも冷静に物事を判断しようとするグループのブレイン。控えめで、一歩下がった感じ。
  たまに顔AAがブーンと見分けにくくなるのが最近の悩み。

(‘A`)ドクオ・・・(高三/近距離パワー型)
  ぶっきらぼうでひねくれ者だが、行動力がありグループのリーダー的存在。生まれつき勘が鋭い。
  体が大きく力自慢で、素手でイノシシを倒した事があるとかないとか。ツンとは家が隣り同士。

ξ゚゚)ξツン・・・(高三/母性強化型)

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2013年12月6日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【修羅場】サレ夫]DNF[離婚] 【体験実話】

発覚】嫁の浮気!108回目【決別or再構築】

968:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/12(月)13:18:59
しかし世の中なんてなほんと馬鹿ばっかだね
頭の中まっピンクにしてサカリまくってれば嫌でも気がつくだろうっての
少しは回りみなよって話しだよな
2ちゃんに事実曝したって実名上げたり特定できること書かなきゃ問題ないんだろ?
クソムカつくから書いてやれだよw
30近い女と40近い妻子あるおっさんがよくもまあ愛だの恋だののたまってさかりまくれるもんだわさ
はっきり言って気持ち悪いっての
毎日毎日くだらねー嘘かましてよくもまー出かけるもんだわ
見てろ馬鹿共、地獄見せてやるから
証拠なんて嫌ってほど集まってるし、何から何までわかってんだからよ

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年11月25日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【近親相姦】鬼畜弟が処女姉をたらしこむ話1.75〜マゾ覚醒編〜 【体験実話】

お姉ちゃんの処女を奪ったまーくんは…

527名前:まーくん◆V6FP26bb2g投稿日:2007/05/10(木)10:30:24ID:Vywvlpq20
先週のゴールデンウィークの話。

いつものように俺の部屋で二人してテレビを見ていた。
「ねえ、姉ちゃん」
「なに?」
「えへへ」
俺は部屋の隅から、かさかさ紙袋を取り出す。
「これ、プレゼント」
「えっ、ありがと」
姉ちゃんは紙袋を受け取った。
「開けていい?」
「いいよ」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月24日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話
1 / 212

このページの先頭へ