【近親相姦】従姉妹の みっちゃん(2)【体験実話】

 当時の僕の家は平屋建ての古い家屋で、
家と同じくらいの大きさの庭があり、庭の先に2階建ての倉庫がありました。
その倉庫は親の知り合いの持ち物で、
知り合いが経営する雑貨・金物店で使っていた商品陳列棚や工具、
品出しされずに放置され埃をかぶっている梱包された商品のダンボールが眠るところです。
シャッターの出入り口付近にフォークリフトが置いてあり、割と大きな空間です。
時々鍵がかけられていましたが、
僕が引っ越す直前に取り壊されるまでは、僕らの恰好の遊び場でした。
 以前触れましたが、そこは小3くらいのころ、友達とぬがしっこをした思い出のある倉庫です。

 僕のたくらみは、その倉庫へ彼女を誘い込むことと、
その前にもうひとつありました。
古い平屋建てのトイレは家の北側にあり、奥に引っ込んでいるため、
庭に客人が入ってきてもそこから視認することはできない場所にあります。

体験実話集関連タグ

||||

2015年2月6日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従妹と友達が遊びに来た【体験実話】

登場人物(仮名)
俺 : 哲也 福井県出身 都内大学に通う二十歳 
愛子: 哲也の従妹 地元福井県(現在の)大野市内の中学に通う3年生 陸上部
香 : 愛子の友人 地元福井県(現在の)大野市内の中学に通う3年生 テニス部
昌也: 俺の弟 愛子の従兄 高2
浩司: 愛子の弟 俺の従弟 小6

大学2年の夏休み、帰省せずにバイトしていた。
当時の俺は京王線沿いのワンルームに一人暮らし。
ある日、母から電話があり
「愛ちゃん(従妹 当時中3)が友達と一緒に5日間ほど東京に遊びに行くって
言うんだけど、
二人面倒みてあげてよ」と。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】彼女が旅先で味わった超肉食絶倫4Pセックス(続) 【体験実話】

前回↓

翌日、南国の空は見事に晴れ渡っていた。

まさに海水浴日和。

「ねぇ直樹、本当に大丈夫なの?」

「大丈夫大丈夫!もう熱も下がったし、太陽の光浴びてさ、海で遊んでれば風邪の事なんか忘れちゃうよ。」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2015年2月3日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】従妹と【体験実話】

従妹と

に繋がる話です。

<>130:えっちな21禁さん:sage:2006/07/14(金)01:05:16ID:fJ19r8bv0(27)<>
あ〜、いいスレ見つけたと思って来てみたんだけど…
大学の時からいとこと性的な関係がある俺は今いらない子か?

<>132:えっちな21禁さん:sage:2006/07/14(金)01:11:36ID:fJ19r8bv0(27)<>
131
OK、じゃあ初めてセクースした時のいきさつでいいかね?

<>135:131:sage:2006/07/14(金)01:29:12ID:fJ19r8bv0(27)<>

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月30日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】祖父の葬式の後に・・・【体験実話】

<>722祖父の葬式の後に・・・sage04/12/2209:33:32ID:vFxbHBj7<>
オレが23、従姉妹が20の時にやったことある
近くに住む祖父の葬式の後でした・・・

<>723祖父の葬式の後に・・・sage04/12/2209:34:00ID:vFxbHBj7<>
今考えると不謹慎だったけどな
でも祖父も高齢だったし長い事寝たきりだったから、
悲しみに暮れる・・・って感じじゃなくて、
久しぶりに集まった親戚で飲んだんだよ
その勢いでやってしまった・・・

<>724祖父の葬式の後に・・・sage04/12/2209:36:00ID:vFxbHBj7<>
オレと従姉妹(エリ)は3違い
オレの住んでるトコの隣りの市に住んでた
小学校の頃はよく祖父の家で会ったりしてたんだが、

体験実話集関連タグ

||||||||

2015年1月29日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】TVゲームに魅せられて【体験実話】

TVゲームに魅せられて

「やったあ! 第二ステージ・クリア!」
 手にしていた家庭用ゲーム機のコントローラを振り回しながら、少女は歓喜のおたけびを上げた。
「見て見て、遂にやったよ。凄いでしょ?」
 たった今、テレビ画面に登場した僧衣姿の老人から、天空龍王拳の継承者として認める旨を告げられた少女は、自分の背後でその操作ぶりを覗き込んでいる青年の方を振り返り、
得意満面の面持ちで戦勝報告を口にした。
「…ん、ああ。大したもんだな。洋子ちゃん、本当にこの格闘ゲーム、初めてなの?」
 僅か三十センチ程の距離に位置する、二つに結んだおさげの髪型が似合う整った顔を見つめながら、青年は、洋子と呼んだ少女に問い掛けた。
「うん、このゲーム機も初めて。お年玉で買おうと思ったんだけど、ママが、無駄使いは駄目だって言うから…勝にいちゃんが持ってるなんて本当に嬉しいな。分かってたら、もっと早く
遊びに来てたのに」
 少女は肩をすくめながら、自分が遊んでいるゲーム機と、そしてこの六畳程の洋間の主であろう青年に愛想笑いを向けた。つい最近十三歳の誕生日を迎えた少女の笑顔には
まだ幼さの成分の方が色濃かった。
「ちゃっかりしてるな、洋子は」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2015年1月28日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉妹の みっちゃん(1)【体験実話】

少しエッチなんですが、まずは自分の体験談を。
まだ幼かったころのお話で、実話です。

僕より2つ年上で、小学校の僕から見ると、中学校に上がった
ばかりのみっちゃんはとても大人びて見えていました。
親戚の中で最もかわいらしく、機転のきく女の子。
それがみっちゃんでした。
かわいらしいというより、今から思えば美しい少女が持っている全ての仕草や身のこなし、
かしこさ、近寄りがたいような存在感、何を考えているかわからない神秘性を持っていました。会う人を一瞬で恋に落としてしまうような。。。

でも、そのあこがれのみっちゃんとの、今思い出しても、それが現実だったのか信じられないくらいのエッチないくつかの出来事は、やはり忘れられません。

彼女は少し遠くに住んでいたので(小学生の僕から見れば)、会えるのは年に数度でした。
法事やお正月があると必ず顔を合わせるので、いつもその日は楽しみでした。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2015年1月28日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】真・抱き枕【体験実話】

俺の名は、新井武(仮名)。
俺には、妹がいて名前はりな(仮名・女優の逢沢りなに似ているのでりなにします。)といいます。
そして、今から、俺とりなの昔話に少し、付き合ってもらいたい。

十年位前か…当時「抱き枕」なるものが流行りだしたころ、
興味を持った俺とりなはとても欲しがったんだ。
でも親に買ってもらえず、気分だけでも味わおうと思い
交代で「抱き枕役」を決めて抱きついて眠ったことがあった。
最初は妹が「抱き枕役」で、俺がりなに抱きついて寝てみた。
当時りなは中学あがったばかりだったが、体もそれなりに発育していた。
日頃から、スレンダーな体に似つかわしくない胸に興味はあったが、
どうこうしようとは考えてなかった。
りなの隣に寝そべり、両腕と両足を絡ませて抱きついてみた。
確かに何か本能的に安らぐ気がして、その日はそのまま眠ってしまった。
目が覚めた時は抱きついてはいなかったが、同じ布団で眠ったのは何年ぶりかな?

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月27日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】セックスフレンドと妹【体験実話】

俺には彼女とは言えないが、3つ年上のセックスフレンドがいる。
その彼女は、けっこう変わった性癖があり、20歳ぐらいまではレズだったらしいです
24歳ですごくかわいいというわけではないけどセックスは面白いです。だから俺に彼女ができても
その人だけはずっと身体の関係がきれません。
セックスはびっくりするほどのMです。痛いの大好きです。
その彼女は俺の妹とも仲がいいんです。
そんなある日その彼女が俺に「妹さんね。レズっけあるよ」って言い出したんです。
「まじかよ」って俺はいったんだけど、「たぶんまちがいないよ」っていうんです
「本当かなぁ。男の彼氏しかみたことないよ」っていうと
「彼氏なら男だけどね」って揚げ足をとられた。
「たぶん落とせる」というんです。
相手が男だったらそんなことはいわないんだけど、所詮女同士ってとこもあって
「落とせるもんならやってみるといい」と「わかった挑戦してみる」
俺は土日仕事で、妹は土日学校休みだし、その日を狙うといいといって俺の中では
半分信じて、半分疑ってました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月27日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】いとこ同士のセクス【体験実話】

名前:<>130[sage]投稿日:2007/06/14(木)21:46:41ID:tbgC1UCb0<>
またまた前回の話からかなり間が空きまして今月の某日。
「私、気分屋だからまた気が向いたらフラっと帰るわ〜」
と言っていたいとこが帰省しました。
「1週間ほど居るつもり」との事だったので特にこちらの気も焦らず、都合の良い休日前夜に例によって祖父母の家にお邪魔する私。
玄関で靴を確認し、当然の事ながら(あ〜、居る居る)と思いつつ廊下を進みホールを横切って居間に向かう。
戸を開けると、見慣れた祖父母の顔に混じって懐かしいのがひとつ出迎えてくれた。
「あ、おかえり○○〜」
割に弛緩した笑顔で言ってくれるが、酒が入っている様子は無い。
気を張らなくても済む環境での、これがこいつ本来の笑顔なんだろう。
だからこちらも
「おー、ただいま。そっちもおかえり」
と、肩の力を抜いた返事を返す。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2015年1月26日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ