【人妻】表裏【体験実話】

私はあるサークルで妻と知り合った。
妻は凄い美人と言う訳でも無く、特に目立つ存在では無かったが、笑顔が可愛くて清潔感があり、いつも皆よりも一歩下がって微笑んでいる様な大人しい性格に惹かれて交際を申し込んだ。
妻は既に29歳だったが、いざ付き合ってみると半年経ってもキスすら許さず、どこか性的に問題があるのかとさえ思った事もある。
その問題が、過去に酷い性的虐待を受けたか、以前付き合っていた男に暴力的なセックスを強いられて、精神的に受け付けない様になっているとすれば上手くやって行く自信など無かったが、妻に惚れてしまっていた私は更に半年付き合ってから結婚した。
すると意外にも初夜では拒む事無くスムーズに終わり、妻が処女だった事にも安心して今まで拒んでいた理由を聞くと、信じられない事に「結婚して、子供が欲しいからという目的があれば良いけれど、そうではなくて、ただ本能を曝け出すだけの行為は、恥ずかしくて出来なかった」と言う。
その後も私が誘えば拒否する事も無く、子供もすぐに出来たのだが、何年経っても妻はあくまでも受身で何もせず、私が覆い被さる体位以外は嫌がって受け付けない。
そのような妻は、他人からもセックスとは無縁に見えるらしく、家で友人達と飲んだ時に「子供が一人いるという事は、優子さんも、最低でも一回はセックスをした事になるよな」とからかわれたほどだ。
確かに妻は、拒みはしないが好きな方では無かったと思う。
おそらく自分を全て曝け出す事が恥ずかしくて、楽しむどころでは無かったのだろう。
そんな妻が変わり始めたのは、35歳を過ぎた頃からだ。
その頃娘が自分の部屋で眠るようになった事も大きかった様だが、徐々に感じ方が激しくなり、言葉には出さないものの色気のある下着を着けるなどして、遠回しにではあるが妻からも誘って来るようになる。
おまけにどの様な体位も拒まなくなり、私もその様な妻の変化が嬉しくて、妻の要求には全て応えていたが、半年もして娘が小学校に上がった頃には、生理の時以外毎晩のように迫られるようになり、5歳上の私には流石に毎晩は応えられない。
「あのー・・・・・・言い難いのだけれど・・・・・・」
「夫婦じゃないか。何でも言ってみろよ」
「アダルト・・・ビデオを・・・・・・」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月19日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】付き合って7年の彼女を・・・−2【体験実話】

何年も妄想し続けていた願望を叶え、何とも言えない気
分でした。想像以上の興奮と、7年も大事にしてきた彼
女を汚した罪悪感が入り混じっていました。しかし目の前
で起きた光景を忘れることを出来る訳もなく、また見たい
という強い欲求が芽生えていました。

亜紗子には感想やいろんなことを質問しましたが、何も
答えてくれませんでした。男の激しい打ち付けに見たこと
のないような感じ方をしたのを知っているだけに、黙られ
て余計に嫉妬していました。本音を知りたくてたまらない
気持ちでした。

悶々としている状況で、金曜日の夜中に男から電話が
架かってきました。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年7月18日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】母娘【体験実話】

「康さん、やっと一緒に暮らせるのね。」
「美佐、長かったけどやっと夫婦になれたんだよ。」
康と美佐はお互いバツいちであったが康が出入りする会社の事務員として働いていた美佐にアプローチしたのだった。
美佐には20になる娘のめぐみがいたが人なつっこい性格の康に嫌悪感も抱かず、母親の結婚に賛成してくれた。
 「これからはお父さんって呼ばなきゃね!」
めぐみは愛くるしい笑顔で康を見つめる。
栗毛色の髪が光り、母である美佐に負けない健康美にあふれたしなやかな身体が印象的だ。
 (これから楽しみだな…)
人を和ませる笑顔の裏に陵辱の一面があることをそのとき母娘は知る由もなかった。
「さあ、お祝いに乾杯しましょう!」
美佐が二人をダイニングに招きワインを注ぐ。
「じゃあ、三人の新しい人生に乾杯!」
康はにこやかに二人のグラスを合わせる。これまでの苦労話やめぐみの幼少時代の話に花が咲き。
三人はみんな顔を赤く染め、気がつくと23時を回っていた。
「ん?めぐみは明日学校だろ?そろそろお開きにしようか。」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月18日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優2/8【体験実話】

妻はしばらく固まっていましたが、やがて下を向きながらもゆっくり手を動かし始めました。
すると男優はすごく気持ちよさそうな声をだして
「ああ、奥さんの手マジで気持いいよー、マジでいい」
と言っています。
百戦錬磨のAV男優に気持ちいいと連呼されたら、妻が勘違いして気分良くなって、サービス精神が出てしまわないか心配でした。
するとやはり妻はさっきよりも丁寧にシゴくようになっていました。

「奥さん、ちょっともう一回唾たらして」
「え?はい」
「あー、気持ちいい、女優なんかよりずっと気持ちいいよ、奥さんの手はすごいよマジで」
「・・・そんなことないですよ・・・普通ですよ・・・」

妻は時々腕が疲れてしまうのか、反対の手で交代してシゴいていました。
僕は撮影してるわけではないんだから、疲れたならやめればいいのにと思っていたのですが、妻は何故かわがままを言わずにやっていました。
そしていつの間にか両手でアソコを掴んで、一生懸命シゴくようになりました。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年7月18日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】付き合ってることがバレた!【体験実話】

<>388:えっちな18禁さん:2009/01/23(金)21:53:05ID:9OlKYXpj0<>
うぉぉぉぉ!こんな良スレあったとは!
いとこのことで同じように泣いたり笑ったりしている人が結構いるもんだなあ・・・。

おれの場合コテハン諸氏のように住人方をwktkさせるようなエロイシチュエーションはあまりないんだが。
今年の正月(つまり今月アタマ)に、付き合いだしてちょうど1年になる従妹との関係を
親戚一同の前でカミングアウトしますた。
それまで和やかだった空気が、一瞬にして凍りついてしまったw

<>389:えっちな18禁さん:2009/01/24(土)01:44:06ID:bnOe4FQiO<>
続きをkwsk

<>390:えっちな18禁さん:2009/01/24(土)02:32:27ID:oXdYXHf60<>

体験実話集関連タグ

|||||

2014年7月17日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】彼女とはオンラインゲームで出会った【体験実話】

かなりヘタレな内容ですが、いちおう寝取られです。
今年の3月から4月にかけての話です。
書くことで楽になりたいという思いで書く。
まず自分の基本スペックから話す。
都内の大学、理系の学部3年(3月の時点では2年)。
顔は、えなりかずきをもう少しシャキッとした感じを想像してもらえばいいが、
要するに見るからに真面目なキャラで通っている(´・ω・`)
出会いもなく、これまで付き合ったことなし。
オタ趣味とかはないが、
最近はオンラインゲームを少しやっていた。
彼女とはそのゲームで出会った。
ぐいぐい引っ張ってく性格で、最初ネカマかと思った。
ゲームの中で僕は、彼女に振り回されるなかで、次第に仲良くなった。
呼吸がぴったりあっていた。
彼女は僕がゲームにログインするのを待って、一緒にゲームの中を旅するようになった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月17日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】旅先で妻が【体験実話】

私は今年40歳、妻は29歳で、大きな仕事も一段落し旅行に出かけることにしました。
平日だったので、旅館のお客さんも少なく、料理、サービスは特によかったのですが、ただ妻がタクシーの運転手にハメられてしまう出来事がありました。
私がその様子をすべて知っているのは、妻は知りません。妻と男が繰り広げた痴態を私は覗き、射精していたからです。
私の妻はB95W59H87で、俗に言うグラマー体型です。よく二人で出かけても、すれ違い様のいやらしい男の目線があり、私はそれを楽しんでいます。この日も旅館に到着するのが早く、時間つぶしに近くの観光地に出かけることにしました。荷物を旅館に預け、タクシーをお願いしました。しばらくするとタクシーが到着し、運転手が丁寧に降りてきて挨拶を交わしました。案の定運転手は妻の体を舐め回すように見、視姦しているのがわかります。年の頃は50前半で眉毛の濃い、いかにも絶倫タイプの男性でした。名前の交換をし3時間ほどですがよろしくと伝え、タクシーに乗り込みました。タクシー内では、なれた口調でYさんが、楽しい話をし、妻も喜んでいました。Yさんとは運転手のことです。その間もルームミラーで妻を視姦するYさんがはっきりわかります。はじめの観光地に着きました。公園になっており、展望台、お土産やが数件あるところで、遊歩道もあり、妻はそちらのほうに行きました。私はのどが渇いていましたので、お土産やのレストランでビールをお願いし、妻の様子を伺っていました。するとY氏が妻に近づき何か話しかけています。こちらから見ても、なにやら楽しげで、妻も楽しそうに話しております。しばらくするとY氏が必要以上に妻にタッチする様になり、私もそれを見て嫉妬と興奮を味わっていました。Y氏は今頃妻を犯してる妄想中だろう、そう思うと、股間が熱くなり脈打ってきました。妻も満更ではないようで、肩をもましたり、腰の辺りを擦らしたりと、微妙なタッチを許していました。y氏の行動も段々と大胆になり、お尻を下から撫上げる感じで触りました。すると意外なことに、妻も嫌がらず、じっとしているのです。それどころか、Yの手の動きに合わせる様、お尻を突き出しています。妻の服装は白地に花柄のフリルの着いたミニにオレンジのタンクトップその上に黄色のシャツを着ていました。今にもミニがたくし仕上がり、下着が見えそうになっています。もう股間が破裂しそうな自分がいましたが、それと同時に怒りも芽生え、二人の元へ行くことにしました。すると逆に妻がこちらに向かってきて、(Yさんエッチな話ばかりして、おまけにお尻間で触ってくるの、私文句を言ってやったわ。)といいました。私は内心お前も喜んで尻を突き出していたくせにと思いながら、(まあいいじゃないか、お前の体を見て理性が飛んでしまったのだろう、顔を見てみろ、スケベー丸出しじゃないか、もう少し楽しましてあげたら)
といい妻をなだめました。するとYも何事もなかったようにこちらにきて、
(どうです奥さん、この遊歩道の奥にきれいな滝があるのでいきませんか?)
と声をかけてきました。主人も一緒にどうですか、といわれましたがまだビールも残っていましたので、道順だけ聞き、妻に気分転換に言っておいで、と伝えふたりをいかせました。
私は、Yが妻にどう接していくのか見たくそういいました。少し距離を置き二人の様子を見てやろうと思いました。
妻を前に歩かせ相変わらずYは後ろから視姦しています。こちらから二人が見えなくなるのを待ち、私も後を追いました。
店の外に出ますと、もう二人の姿はなく、意外に早いなと思い、聞いた道順で滝のほうに向かいました。あまり急いでも気づかれると思い、様子を伺いながら行くと、誰にも会わず滝に着いてしまいました。二人はどこに?そう思いながら、妻の携帯を鳴らしてみました。中々出ず留守番になり、もう一度かけると、妻が出ました。私もとぼけて滝の近くにいることを言わず、
(どうだ、滝の様子は)と聞くと
(すごくきれいよ、あなたどこ)
とあからさまな嘘を言うのです。おかしく思いもう少し探りをいれるため
(まだビールを飲んでいるよ、でもどうかしたのか、息が荒く感じるけど)
(急いできたからじゃない、道が結構きついから、あなたはゆっくりしていたら)

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月17日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】モモとノンタン 再開後 01【体験実話】

再開してからのことを書きます。
再開するまでの1年弱の間にユウさんとノンタンとは関係のない事件もあったんだけど
それは気が向いたら書きたいと思います。

冬の終わりころ、
4月の初めにユウさんが帰ってくるってノンタンから連絡が来た。
そういうプレイ関係なくとりあえず飲もうよと。
もう自分はノンタンとしたくて、連絡来たときは一気に興奮した。
けど、さすがにがっつくのは恥ずかしいと思い、大人な対応を心がけていた。

そして、4月頭から末くらいにかけて、何回か飲み会が開かれた。
その中の会話で、徐々に、いつ再開する?とか、プレイに関する話題も出ていて、
自然にプレイ再開できるような空気も徐々に出来ている感じだった。

とはいえ、お互い気を遣っているのか、なかなか開始を切り出さなかったので

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月15日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】美帆の寝取られメモリーPart.3【体験実話】

幼稚園の上司の「マツタケのような極太マラ」に寝取られ
そし初めて、て、園児のパパの「とうもろこし級の長いマラ」に酔わされ・・・
それをオカズに燃える美帆と俺とのセックスは興奮度を増した。

春に幼稚園を退職すれば結婚する秋まで遠距離恋愛になる。
俺は父親の家業引き継ぎの修行、美帆も花嫁修業だ。

幼稚園の上司久保との一件のあった後、秋のある日
隣の部屋に越してきたカップルが挨拶に来た。

男の俺から見ても惚れ惚れするイケメン君と
ギャルっぽいがスタイル抜群の美人の彼女だった。

美帆と会えない日はボイスレコーダーを再生して
久保に寝取られる美帆の声をオカズに毎晩オナニーをしていた頃だ。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月15日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】女子大生 果歩 1 【体験実話】

1     

「え?留学?どこに?」

「オーストラリアだよ。ダメ?」

大学近くのカフェ、果歩は恋人である友哉の切り出した話に少し驚きの表情を見せていた。

「ダメじゃないけど・・・。」

「語学留学したいって、前から思ってたんだよ。バイトで留学資金、やっと貯まったんだ。」

友哉はまじめな性格だ、留学資金は親には頼らず自力で何とかしようと思っていたのだろう。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月14日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

このページの先頭へ