【人妻】向かいのマンションの奥さんに種付けをした【体験実話】

向かいのマンションの人妻彩子36歳に強制種付けをしてやった。
旦那は東南アジア某国に単身赴任中、中学1年の娘がいる。
27日が排卵日である確率が高いことは事前の調べで解っていた。
娘も友人宅に外泊。
チャンス到来、そこで昨日26日深夜強制種付けを決行したのだ。深夜、合い鍵で堂々と侵入。
(不用心にもポストの裏側に磁石で留めてあるのを知っていたので、コピー
するのは簡単だった)
奥さんの入浴中を狙ったタイミングだ、直ぐには出てこない。
まるで俺のために肉体を清めているように思えて勃起した。俺は奥さんの寝室に侵入すると、衣類を脱ぎ全裸になり、ベットに奥さんを
辱める為の道具を準備した。
そして、寝室の扉の死角に隠れてその瞬間を待つ。
やがて風呂から上がった音がして、バスタオルを巻いた奥さんが寝室に入っ
てきた。
俺は後ろから近付き羽交い締めにした。
驚いて声にならない悲鳴をあげて気を失ってしまった、当り前か(笑)

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年4月15日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】復讐鬼【体験実話】

私は、55歳で、資産家だ。この程、若い妻を向かえ、二度目の、結婚生活を楽しんで、いたように、思えたが、事件は起きた。妻が私に、喜び電話で報告して来た。内容は、妊娠だ。私は、動揺したが、平静を装い喜ぶ演技をした。
妻が妊娠する訳が無い。私は、ゴムを仕様すると、射精しないので。離婚後、セックスライフの為に、パイプカットしていた。
確かに、妊娠するわよって、妻の言葉に、かまわんと、中だししていた。あらゆる可能性を考えて、病院で、確認して、興信所に妻を調べさせた。
すると、あっと言う間に、結果が、でた。つまり、妻の過去と、現在の秘め事が、暴かれたのだ。私には、容認出来る。内容では、無かった。
妻は、十代の時に、風俗嬢で、チンピラの情婦だった。二十代で、クラブのホステスを経て、コンパニオン、私と知り合い結婚。しかも、今も、ヒモと繋がりカルチャーセンターに、通うふりして、密会していた。多分、腹の子の父親は、奴だ。その男の素性に、驚愕した。妻の運転手に、収まっていたのだ。しかも、たまに、遊びに来る。娘を夜な夜な呼び出しているって報告だ。最近、娘が寄り付かなくなったのは、奴の運転で、帰らせた時に、娘の身に何かが
怒りで、我を忘れる程、身震いし、復習を誓った。
まず、運転手は、仕事で、何かと、付き合いのある。その筋に頼み、
麻薬所持と、婦女暴行監禁、脅迫の罪で、前科持ちの奴は、実刑15年で服役、そのニュースに妻は、青ざめて、いた。娘には、
海外留学させて、心を癒させた。
妻は、無事出産後に、毎晩、睡眠薬入りワインを飲ませ。ドヤ街や、発展公園に連れ出し、素っ裸で、男達に体をもてあそばせ。出産後は、セックスをせずに、(本人は身に覚えの無い)、妊娠をさせて、浮気を原因にし身ぐるみを剥ぎ、離婚。追跡調査では、私の圧力で、まともな仕事もなく、売春婦に転落し、流産、薬に手を出して逮捕。
数年がたち、娘は毎晩ベットで、私の寵愛を受けて、いる。ぼろ雑巾の様に、棄てて、復讐が、完結する日を、心待に生活している。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月10日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】続 旅先で妻が【体験実話】

先ほどの痴態が何もなかったように二人は会話し、私も何も知らない様子を保ち、タクシーの中の会話に参加しました。
Yは相変わらずスケベー丸出しの目つきで妻を見、妻もそれに答えるよう、Yに熱い視線を送っています。
するとYが、
おいしいそば屋があるんですけど、寄りませんか?結構有名な店ですよ、旅の土産にどうです。
と話し、私はそれに同意し、店に案内してもらいました。店に着き、店内に入ると、結構広いお店で、昼時は観光客でいっぱいになるらしく、部屋もたくさんありました。この時は昼の時間も過ぎた頃ですので、店内には私たちだけでした。
奥の和風の部屋に案内され、注文をし雑談をしていますと、店主が挨拶に来て、時間もずれてますのでゆっくりしてください、と伝え、去っていきました。部屋の感じは、席の足元が掘ってあり、畳ですが、いすに座る感じに作られておりゆっくりとくつろげる席になっています。妻は窓際の席に座るYの横に行き、外を眺め、かわいいワンちゃんといい、外にいたプードルに興味を示しました。そう言うとそのままYの横に座り、そばをすすり始め、私の横からあっけなく移動してしまいました。
少し気分を悪くした私は、それを隠すようトイレにたちました。さっきの痴態の後だけに余計嫉妬心が沸き、平静を保てなくなっていました。厨房の中の店員にトイレを聞き、トイレで用を足していますと、先ほどの店員の男二人の話し声が聞こえてきました。
あの奥さんすごいエロいよなぁ、ああやりてぇー
旦那がうらやましいよ、それにしてもあの格好、あれ完全に見せつけじゃねぇ?
そう思うだろ、なんか妙に腰も振ってさ、あのミニめくって後ろから突きたいよ、
なんか起って来たよ俺、それと一緒に来たオッサン、あれってすごくスケベーな顔してただろ
あれはチンポもでかそうで、奥さんとやりたくてしょうがないんじゃないの、
にしてもいいよなぁーあの奥さん、ああーやりてーー
そんな会話を聞き、私はまたもや興奮していました。
妻がYだけではなく、ここの店員にも視姦されている。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年4月10日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】身も心も奪われて、ついには先生の愛人に…その後の妻は2【体験実話】

以前にも投稿しましたが、また妻と性感マッサージの先生が愛し合っている所を目撃(見せつけられた)しました。
あれから、もうすっかり先生の女にされてしまった妻は、私とのノーマルなSEXでは満足できなくなってしまい
私がどんなに妻を攻め立てても、喘ぎ声すら出してもらえません。
それどころかSEXの最中、妻は「私が先生にイヤらしい性感マッサージを受けている所を、あなたにもう一度見られたい」
と私にしつこく誘ってくる始末です。。
当然、それを聞いて激しい嫉妬心が込み上げてきますが、それよりも診療所でのあの出来事!!
私が見ている前で、初対面の男に妻が寝取られてしまったあの興奮をまた味わいたいという気持ちの方が強く
結局、一緒に先生の所に行こうと言う事になったのです。
早速妻は、携帯で先生と会う約束をして、今回は夫である私も同行する事を告げると、先生も何故か即OKの返事。
約束したとたん、私は前回の事を想像してしまいSEXが終わったばかりだと言うのにビンビンに勃起してしまいました。
すぐ妻にもう一回しようと求めましたが、「明日の性感マッサージが終わってからね」と断わられました。
当日になり、妻はノーブラに黒いミニワンピース、その上に薄いカーディガンを羽織った姿で出かける準備を済ませ
私の所へ歩み寄ると、徐にワンピースの裾を捲り上げ「ねえ、今日は先生の大好きな下着を穿いてみたの!!どうかな?」
妻が穿いていたのは、お尻が半分しか隠れない程、布面積の少ないとても小さなピンク色のパンティでした。
それは、妻の手持ちのパンティでも私が一番気に入っているパンティだったのです。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年4月5日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】ノーパンにレギンス姿で酒屋さんへ・・・【体験実話】

妻の着衣の股間を他人に見せて楽しんでいる30代後半の夫婦です。
以前は他の場所に書き込みをしていましたが、私達夫婦には、ここがピッタ
リなようなので、
こちらで、告白させていただきます。
以前、妻にノーパンでレギンスを履かせ、上はTシャツ姿で
酒屋の50代くらいの店主に妻の膨らんだ恥骨と食い込みを見せました。
次は他の場所で見せてみようと思いましたが、酒屋の店主も結構喜んで見て
いたようなので、
今回もビールを買うついでにもう一度同じ酒屋に行くことにしました。
前回よりもう少し喜んで見てもらえるように、今回は、ノーパンに、白のレ
ギンス姿。
薄暗いと分かりませんが、明るい所では、膨らんだ恥骨の部分に薄っすらで
すが陰毛が透けて見えます。
丈がお尻が半分隠れる程度の服を着ているので、レギンスのお尻下半分と股
間は見えている状態です。

体験実話集関連タグ

||||||

2014年3月23日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【浮気・不倫】もう時効かなぁ【体験実話】

 数年前、IT関連の会社で働いていました。
 社長さんは以前から私の事を気に入って下さっていて、
私も時々、それに応えるように、ボディーに密着した服
を着ていったり、脇の手入れをした後は、ノースリーブ
の服を着て行って、社長さんの前でさりげなく万歳をし
たりしていました。
 そんな事を繰り返している内に、ついに後ろから抱き
つかれてそのままやってしまいました。
 Atsuko

体験実話集関連タグ

||||

2014年3月19日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】セックス最高【体験実話】

私の体験を
バラしちゃいます。
私は兄と同じ部屋です。2段ベットで寝ています。1つ上の和兄はスポーツ少年で、サッカーにハマってて、その影響で私もサッカーをしてます。男子の中に女の子は私一人です。夜、和兄ぃは私を早く寝かせたがります。理由は絶対オナニーです。だってベットがきしむから解るもん。
見たいけど、
勇気がありません。でもチャンスが来ました。何時もは豆電球で寝るんだけど、豆電球が切れて今夜は、真っ暗です。何時もは和兄ぃに寝ろって言われるけど、自分からおやすみを告げて、わざとらしくスースー寝息をたてたら、
何時もの様に和兄ぃが起き上がり、私が寝たかを確認して、机に隠してるエロ本を取り出して、枕元の明かりを着けました。
ギィギィとベットがきしむ音が、し出しました。私は、そっと音をたてない様に起き上がり上から覗くと、エロ本を見ながら、オナニーをしています。本当はうっすらしか、見えないはずですが、予め目を開けて暗闇に馴れさせていたから、バッチリみちゃった。破裂しそうなくらいに大きくなったチンコを、手で激しく速く、上下にしごいてる。何時もの和兄ぃのチンコじゃなくて、お父さんのチンコ見たいだけど、お父さんみたくフニャフニャでなくて、固そうで、ピンって立ってた。私は興奮して、下腹部が熱く成りました。しばらくすると手の動きが更に速くなり、
何かが弾けて和兄ぃの腹筋の上にかかりました。精子だと解りました。チンコはビクビクして、まるで心臓があるみたいに脈打ってました。和兄ぃがティッシュを取り出したので、サッと顔を引っ込めました。和兄ぃは、満足したのか、すやすや寝ましたが、私はドキドキが止まりません。
そっとゴミ箱をあさり丸まって湿ったティッシュを拾いベットで、臭ってみたら、ちょっと生臭いけど、嫌いな臭いじゃなくて、更に興奮して私もオナニーしました。翌日も真っ暗な中でオナニーにふける和兄ぃを観察して股が濡れました。何日か過ぎて、私は和兄ぃの使い捨てたティッシュを股に擦り付けながらオナニーしだしました。
すると、ゴミ箱のティッシュが無い事に和兄ぃが、気づき、私が股に擦り付けてる姿を逆に見られてしまいました。私の時は真っ暗だから和兄ぃが覗いてるのを気づかなかった。
和兄ぃは、何をやってんだよって、私はもうバレたから思いきって、言いました。
和兄ぃのオナニーが見たいって、
和兄ぃは困惑気味にじゃあお互いに見せあうなら良いって、私は有無を言わさずに全裸になって、アソコを指で触りながら、和兄ぃの前でオナニーをしました。和兄ぃもチンコをしごきだしました。私は和兄ぃに精子をアソコにかけてもらい精子を塗り塗りしながら果てました。
何日後に和兄ぃが私のアソコを舐めて来ました。とても気持ち良くて、私も和兄ぃねチンコを舐めて、口の中に出して、貰いました。ちょっと苦かったけど飲み込みました。1週間程お互いに舐めあってたら、和兄ぃがチンコをアソコに擦り付けて来ました。気がへんになりそうなくらいに気持ち良くて、和兄ぃも同じらしくて、何時も以上に大量な精子をアソコにかけました。
夏休みも終わりに近い夜に、擦り付けていたチンコがニュルッってアソコに刺さりました。和兄ぃは抜かずに出し入れします。直ぐに私も気持ち良くなって、

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年3月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】妻と友人のキス【体験実話】

私・45歳、妻の和美・42歳の夫婦です。
私は以前から寝取られ願望を持っていました。
妻の説得も長期に渡って行っては来ましたが、
妻が首を縦に振るには到らず…
妻の認識の中にそう言った、
「寝取られ」というプレイがあるというのを理解させる所までしかいきませんでした。
きっとこれから先も、私が現実に妻を寝取られる体験はできないだろうな…
と半ば諦めながらこのサイトを覗く日々でした。
ところが、世の中何がどう転がるかわからないもので、
意外とあっさり、妻と他人のセックスを目にする事が出来てしまいました。
先週土曜日の事です。
自治体の夏祭りがありました。妻と二人、浴衣を着て出掛ける事に。
そこで私の友人、島田の家族と落ち合いました。
島田は中学からの友人で、家族ぐるみの付き合いをしています。
我が家はまだ子供がおらず、子供好きな妻は島田の子供達を大変可愛がっていました。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年3月11日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【浮気・不倫】酔った元恋人とのフェラチオ3P体験!!写真リンクもあり。【体験実話】

美樹が17歳の頃俺は付き合っていた
10ヶ月程で別れてしまったがえっちだけの関係は続いていた
ある時俺と俺の友達、直輝と美樹で遊ぶことになりカラオケやボーリングをした
あと居酒屋で飲んだ
そしてそのまま直輝の家でまた3人で飲み直すことになった
居酒屋から結構3人共飲んでいたのにもかかわらず家でも馬鹿のように飲んでいた
そのうち俺はなんかムラムラしてきてしまい美樹にちょっかい出し始めた
最初はふざけ半分で胸を触ったりしていたのだが美樹も酔っていたためか段々感
じはじめてしまった
「直輝君いるからやめてよー」
なんて美樹は言っていたが酔っぱらってる俺は聞きもせず触っていた
俺はそのまま美樹にキスをしながら身体を触っていた
そしてキスをしながら直輝に「こいよっ」風なジェスチャーをした
酔っぱらっていた直輝も少しにやっとしていいの?みたいに口を動かすと美樹を
はさんで俺の反対側にきた

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年3月10日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【寝取られ】後輩の嫁さんを【体験実話】

わたしは(仮名Aとします)36歳独身で建設会社に勤めています。
後輩(仮名Bとします)から「相談があるのですが」と言われ
会社の帰りに飲みに行きました。
Bはわたしの8年後輩で、可愛がっている後輩の1人でもあります。
Bが結婚をしたのは半年前で、結婚式にも出席をしました。
結婚する前には良く飲みに言ったり、遊んだりした後輩です。そのBから
「相談」と言われたので、仕事の事か何かで悩んでいるのかな?と思っていましたが
相談内容に驚いたのです。
「A先輩、僕の嫁さんを口説いてくれませんか?」との事です。
A「はぁ?何を言ってるの?お前、マジか?」
B「はい、本気なんです」と真面目な顔。
よくよく聞いてみるとBの嫁さんはHには淡白である。
嫁さんをHにして欲しい
自分(B)のチ○ポに自信が無い。などなど・・・
以前に嫁さん(仮名C子にします)が僕の事を「優しそうで格好良い」と

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年3月8日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

このページの先頭へ