【複数・乱交】レイプシーンの撮影中アイドルを本気でレイプしたはなし【体験実話】

俺は学生時代からずっと目指していた役者として活動していたが、通行人や一瞬しか出ない脇役しか出演したことがない。
それが初めて連続ドラマに出演が決まった。アイドルとの共演だ。
でも俺はそのアイドルの愛ちゃんをレイプする役だった。
どう考えてもエロシーンで視聴率を上げようとしているだけだろう。
初めてのドラマでこんな役は正直ショックだが、贅沢は言えない。
セットがあるスタジオで台本を読みながら出番を待つ。
まあ台詞なんて碌にないから暇つぶしに読んでいるだけなんだけど。
「よろしくお願いします」
憂鬱そうに俯きながらスタジオに入ってくる。
「よろしく」
「よろしくお願いします・・・」
レイプされる役だが、かなり目立つ役だ。事務所の力で取った仕事なのに挨拶も憂鬱で出来ない愛ちゃんに正直苛立った。倉庫の中でガラクタが多く下半身は映さないため物陰でスタッフには見えない。
俺が愛ちゃんを襲い、他に四人ほどの役者が愛ちゃんを抑える役だ。
案外おいしい役だ。
「本番いきます!」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験実話集カテゴリー:複数・乱交の体験実話

【近親相姦】妹の気持ちを受けとめて【体験実話】

中学2年の夏に、部活で遅くなり、19時に帰宅した。何時もなら妹の楓が玄関に迎えにくるが、今日は来なかった。キッチンに行くと、母の書き置き。母さん今夜は遅くなります。晩ごはんは、チンしてね。
また手伝いか。
あれっ?2人分ある。楓の部屋に向かいドアを開けた。
(俺)楓、ご飯食べないのか?。
『返事がない』。(俺)楓ぇ飯は。
『布団を被る楓を揺すったが無言』(俺)気分でも悪いんか?。
布団を剥がすと、グスグス泣いてる。事情を聞くと、プールの着替えの時に、胸が小さいとか、毛が生えてないとか、からかわれて、仲の悪い友達が男子にバラしたらしくて。落ち込んでたって、
まだ5年だから、その内に胸も大きくなるし、毛も生えてくるからって、慰めて一緒に
ご飯を食べた。
何時もなら2人でテレビを見るが、部屋にこもる楓にまだ落ち込んでるのかと、部屋に入ると、キャァァって、ごめんって言ってドアをしめて自室に入った。
楓がオナニーしてた。しかも全裸で、何時一緒に入浴するから裸は見馴れてるけど、オナニーとは。少し楓が女にみえた。
その夜、楓を創造して俺もオナニーをした。
2、3日、気まずい感じだったけど、屈託のない笑顔が戻り。今日は一緒に入浴した。
裸の楓を見ると、あの姿が脳裏から離れずに、湯船の中で勃起した。
目を反らしていたけど、楓がシャンプーし出した時に、今晩のオカズにと、体をマジマシと脳裏に焼き付けた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月15日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉と妹と弟 3【体験実話】

美紀のツルマンを舐める様になっていった
だから最近は満たされているから 姉貴にオナニーの許可を頼まない オナニーするしつようがないし オナニーの時は姉貴に使用済み
パンツを借りる 夜中に起こされた 姉貴が仁王立ち どうしたの? あんた隠れてオナしてんでしょ あっ 完全に勘ぐってる
アタフタしながら 口から出た 言い訳は 友達からオナニーしたら チンチン黒くなるって聞いて 我慢してた
バカね 黒いのは大人って事よ 気にしないでいいのよ
…….沈黙の後 よし次 行こうか えっ ズボンとパンツを同時に下され ジュルジュルとフェラ 姉貴のフェラは美紀とは違い舌が
ねっとりと 絡み付く あぁぁぁぁ 姉貴の口腔に射精した 舌をペロッと舐めまわし 次は敬太だよ 強制クンニ 美紀のスジマンと
違うビデオの中の大人の万個だ 69で一回 唾をたらした手コキで 一回 出てもコキ続ける ねっ姉ちゃん もうダメ
しょうがないなぁ 敬太毎日しようね 長い長いキス ….返事はっ はい 
毎日毎日 美紀と姉貴とヤル日々 美紀は出さないと舐めつづけるし 姉貴は最低3回は搾り取る 
もう学校で ヘロヘロ 体育は散々 授業はうたた寝 
一月たったら 新たなる展開 土曜は姉貴の取巻き5人が家に遊びにくる その夜 二段ベットの上で いつもどおり
黙って寝たフリ 敬太 布団に手を入れていじってくる 真っ暗の中布団をはがされ 69の体勢 仕方無しに ピチャピチャ舐める
えっ姉貴じゃない! カチャッ豆球がつく 
裸の5人が 部屋にいる それからは 地獄だ代わる代わる 万個を舐めさせられる 写メを撮られる 

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月2日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉と妹と弟 2【体験実話】

姉貴が 敬太早く帰って 美紀と雄太を頼むわよ 早めに帰るからね うん(ヤッター)心で叫んだ
急いで 帰り美紀と雄太を遊びに行かせたいが S4の美紀はブラコンで 俺から離れない
いつも俺を姉貴に 取られているから ここぞとばかりくっついて来る 早くしないと姉貴が何時帰るかドキドキだ
時間は過ぎていく 返せとせっつく友達に 明日ビデオ返すと 約束している 
意を決した俺は 美紀みたいビデオ あるんだけど 美紀も見るぅ~ 当然言ってくる
でも エッチなビデオだよ えぇ~でも見るぅ 時間的余裕が無い 誰にも言うなよ 約束して 再生
美紀は固まった それはそうだよな 裏だしね でも 俺は興奮してきた リアルな万個が マジかよ
姉貴の風呂をぞいて見た時 黒▼だったし それがばれて 束縛を受ける事になったんだけど
結構グロイけど 興奮でペニが ビンビン オナりたいが 出来ない 美紀がいるからね くそ
フェラシーンの時 美紀が突然 お兄ちゃんもチンチン 舐めてほしいの? えっ まぁ それはそうだけど
じゃあ 美紀が舐めてあげる はぁ バカ何言ったんだ それは違う女の子に頼むよ
ダメぇ美紀じゃなきゃ ダメ ズボンを下げようとする 意外な展開だ 美紀は近所で評判の可愛い子ちゃんだ
やぐっちゃんに 似ている ラッキー 早速ズボンを下げた 仮性のペニはビンビンだ 剥けている 
いつものチンチンじゃないねってペロペロ 敏感な亀頭ビクビクしている 美紀ビデオ見たいにして
うん 小さな口にほうばり 舌をレロレロ あぁぁぁ たちまち射精感 腰を引いたが 間に合わず美紀に顔射 美紀は精子を

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月25日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】老夫婦と孫娘だけの家【体験実話】

そこの老夫婦が、今夜は泊まりなさいと勧めるので、お言葉に甘えて泊まった。
深夜、ドアを開ける音で目が覚めた。
この家の孫娘が、燭台を持って入ってきた。
「お相手いたします。祖父の言いつけで来ました」と言った。
孫娘はテーブルに燭台を置いて、脱ぎ始めた。
蝋燭の逆光で、裸体のシルエットが浮かんだ。
娘はまだ10代後半くらいだった。

娘の股間の茂みがうっすらと見えた。
娘は股がって上になり、ゆっくり腰を落とした。
男性器の勃起の先に、濡れた女性器がそっと触れて、
ぬるぬるした暖かい部分に、勃起が入っていった。
娘の体重を男性器の付根で受け止めた。娘は腰をそっと振った。
娘は顔を寄せて「いつまでもこの家にいて下さい」と言った。
この娘は男の悦ばせ方が身についていた。男の味わい方もよく知っていた。

体験実話集関連タグ

|||

2014年10月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】妻の悩ましい顔がみたくて【体験実話】

去年の夏の話。
私40歳、と妻38歳は車で九州に旅行に行こうと、神戸からフェリーに乗ったのです。
それがそもそもの間違いでした。ところで妻は、男性経験は私ひとりであり、
テレビのラブシーンも消してしまうような堅物で貞淑な女性です。それでもこんなことが
起きてしまい、驚きつつ妻の一面を知り今でも思い出しては興奮します。
妻の性のドロドロした深さを知ったものです。
ところで妻の容姿ですが、子供が出来ない為か、スレンダーで髪も長く
よく20代に見られて、色んな友人からも
「おまえの奥さんはいいな。
美人ですごく色気があって。一度、デートしたいなあ。」
と同じようなことをよく言われます。そういうことを聞いても、妻は笑って相手にしません。
それなのに・・・・
さて夜から乗り朝早くには九州に着くのですが、2等しか取れず、
しかも車に乗っての乗船だったので先に歩いて乗って来た人たちで一杯でした。
何とか隅のほうをキープしたものの、トラックの運転手さんたちの溜まり場になっていました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年9月6日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】美和子物語 吉井さん 締め締めごっこ【体験実話】

週末は高松の隠れ家へ出かけています。
金曜日の夕方に岡山を出発してドライブです。
車庫に車を止めてから食事に出かけます。
高松市内では数カ所のレストランや和食のお店を発見していますから。食後にはタクシーで帰りますのでアルコールもいただけます。
先週の週末はお寿司屋さんへ出かけました。
個室でお刺身と握り寿司をいただきました。一時間ほどで食事を切り上げて、カラオケを楽しむ事になりました。
数曲を二人で歌ってそしてダンスです。チークダンスですから吉井さんのトンガリ部分が美和子に接触します。
吉井さんは両手で美和子のお尻を抱えて・・・。
坊やがお元気です。唇を合わせてお互いの歯ぐきを舐めあいます。
美和子の中に入りたいとのお願いをされています・・・。吉井さんが暴発しそうだと言われますから、美和子がお口でキスする事になりました。
坊やの先端部分はピカピカに輝いています。
両手で坊やを持ってキスしましたら、その瞬間に噴射でした。
一週間分の核爆発のストックです。
美和子のお口には濃い口のザーメンで一杯です。
吉井さんがショーツを脱いでほしいと言われてそれに従いました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年9月3日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】中2男の子【体験実話】

ぼくホモなんです~
ぼくのアナルほじってください~
浣腸もしてください~
ちんこもいぢって~
ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~

ああ~

ああ~

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月15日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】俺の妻は男経験豊富【体験実話】

妻は俺と知り合った時は38歳で既にバツ2でした。俺の妻への第一印象はとても大柄で、大きな胸の半分位は見えるかと思うような服で、両方の乳首はくっきりと浮いて見えました。又ローライズのジーンズを穿いていてしゃがんだり、腰を突き出すようにするとお尻の割れめも判りました。とても鮮烈な印象でした。
2〜3ことばかりしか話をしていなかったんですが、その日の夜マスの置かずにしたものでした。それから2か月位して又街でばったり会い、そこでコーヒーに誘うとOKしてくれ、メールアドレスの交換をしました。それからのオレはエッチな妄想が次々に生まれ、マスの回数はどんどん増えて行きました。我慢できズ、俺はメールを打ちました。すぐに帰ってくることはなく、諦めていた時夜遅く携帯に電話が入りました。「なにしているの?
一人でオナニーでもしてるの?」と衝撃的な言葉が。「今夜一緒に過ごす?おめこさせてあげてもいいよ」と。
酔っぱらった口調で話していました。「これから、あんたのところへ行くよ。場所を教えて?」と。デンワを切った後、1時間位して俺の部屋に来ました。立っているのがやっとでふらふらとした足取りでした。来るや「ちょっと、汗かいちゃったからシャワー使わせてよ」と一方的な言葉。俺はお酒を飲みながら待っていると、なんと彼女はバスタオルを巻いただけで、大きな胸をお尻が半分見え隠れしていました。実は俺はその時まで女性との経験はなく童貞でした。俺がじろじろ見ていると「見たい、私のヌードが?」というやぱらりとバスタオルを取ると豊満な肉体は想像以上のものでした。何よりもびっくりしたのは彼女には陰毛が全くなくツルツルでした。彼女は「やはり、びっくりしたのね。もう4か月位前から、ここはツルツルなのよ。前の彼がきれいに剃ってくれたの。クン二する時毛があると邪魔だからって・・」。それより、さっき電話で言ったようにおめこする?遠慮しなくていいわよ。私ももう3か月位、チンポ味わっていないから。しようよ。どうせ、もうちんぽピンピンに立っているんでしょう?脱ぎなさいよ。と彼女は俺のペニスを握り、咥え、手でしごいてくれて会えなく、一回目の射精は彼女の喉の奥に出した。初めての体験を彼女は見逃さなかった。「あんた、女性との経験はないのね。めずらしいわね。じゃあ私が筆おろしをしてあげると、両方を脚を開き仰向けになった。俺は彼女の上に乗り、ちんぽを彼女の股間に持っていった。彼女は俺のペニスを握り自分の秘部にあてがった。腰を突き出すと、なんの抵抗もなく根元まで吸い込まれるように俺の勃起したペニスは見事に埋まってしまった。夢中でこそを動かすと、あっというまに2度目の射精をしてしまった。それから彼女は俺と住むようになった。あけっぴろげな妻は二人きりの生活なので、誰にかばかることなく、セックスした夜などは翌日布団を出る昼ころまでお互い全裸のままで愛欲を貪り合っている。実はそれから俺の陰毛も全くなく、妻がきれいに剃りあげてくれている。フェラをするのに毛が口に入らなくていいからと。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年7月26日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】ナンパ【体験実話】

40歳になっちゃいました。
毎日が子供に追われる日々で全然女してないです。まるで家政婦みたいです。
子供も高校生なり、最近自分の時間が持てるようになり、家で、若いころの服着て、楽しんでます。
そして主人とは年に2~3回あればいいほうです。だからオナニー始めました。
この間、恥ずかしかったけど今時の若いこの髪形に化粧と格好して買い物に出かけました。(ヒラミニに見せブラとキャミにジャケットとブーツ)
一見短大生?後姿は見えたはずです。
婦人服、下着売り場出たところで、今日は休みで暇してる風な35くらいの男の人と、ぶつかって私、転んじゃいました。
きゃ〜! あ! パンティー 見えたかも?すぐ手で押さえました。
男の人手差し伸べてきて 起こしてもらい その場でお話してたら、お茶でもって事で喫茶店に入り、いろいろお話して、お互い暇だから映画見ることになり、見てるうちに手と手が触れ、握り会ってました、私はどきどき感で映画どころではありませんでした。
映画終わった瞬間 キスされ え〜って思いました。映画館出てドライブ行こうって言い出し、どきどきしながら無言で付いて行き、恥ずかしさでほとんど下を向いてました。まるで若いころの初デートみたいな気分でした。
車が止まりドアを開けたら、え〜??ラブホ ちょっと待って〜 言う前に 手を引かれ部屋に入っちゃいました。
入ってすぐ男の人に抱っこされブーツ履いたままベットに寝かされ、男の人は映画館の続き、って言い キスしてきて 首筋から愛撫が始まり脱がされながらキスの嵐です。
こんなこと15年はされたことがなくって ダメって思いながらも感じてました。
パンティーに手がきて脱がされて、顔がきたとき あ!ダメ 汚いわ〜 シャワーさせてって言っても 聞いてくれなくて そのまま強引に舌で舐められて 液があふれてきました。
その後 挿入され ゆっくり突き上げられながら激しいピストンの繰り返しで、男の人は胸に出してきて 余韻に浸りながら テッシュで拭いてから 手を引かれながら一緒にシャワーしました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月12日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ