【近親相姦】高校生にもなって妹と…【体験実話】

高校3年の俺には1つ下の高校2年の妹がいる…
年子の兄妹の割には大してケンカもする事無く、まあまあ仲の良い兄妹で中学にもなるとお互いの時間が有る為、会話もそんなにも無く過ごしていた。
そんな感じの去年の夏休み、両親が法事で出掛けて二人だけになった日、リビングのソファーで携帯ゲームに夢中になっていた妹の携帯を何気に「何のゲームやってんだぁ?」と取り上げて見てみると女子版恋愛ゲームをやっていた。
すると「やーだぁ!返してよっ!お兄ちゃんっ!」と必死に取り返しに来るので、ちょっとからかってやろうと携帯をもった手を高く上げて暑い家の中を逃げ回り、陽射しガンガンの庭にも出たりして、高校生にもなって小学生レベルな事をしていた。
最初こそ妹は必死な形相で追いかけて来ていたが、途中からは何が可笑しいのかヘラヘラ笑いながら、傍から見たら変な兄妹に思われる様な事をしていた。
二人とも汗だくになってリビングに戻った時、俺は何かに後ろ向きで躓いてソファーに仰向けに倒れ込んだ。
それに合わせて妹が抱きつく様に腕を伸ばして持っていた携帯を奪還した。
その時には完全に俺の上にうつ伏せで乗っかっていたから、久しぶりに妹の身体の柔らかさを感じていた。
奪い返した携帯を手に「あれっ…何で携帯取り返したんだっけ?」と妹も途中から携帯を奪い返す理由を忘れて夢中に追い駆けっこをしていた様だ…
「あっ!そうだった…」と俺の上に乗ったまま携帯を操作し始めて「あー!拓哉センパーイ…」と携帯画面を見ながら叫ぶと「もうっ!お兄ちゃんのせいだからねっ!後ちょっとで先輩と付き合えたのにぃー!」と、どうもリアルタイムにゲームを進めないとクリア出来ないらしく、途中で中断させてしまった為に今までの苦労が無駄になってしまったらしい…
ちょっと涙目になって俺を睨みつけていたので、「ごーめん、ごめん…悪かったよ…って、ゲーム位で泣くなよ」
「別に泣いてなんかいないよっ!」と、ムキになっている顔が可愛くもあり可笑しくもあり、「ブッ!あはははっ♪」と、どちらからともなく笑いだして「なぁ~にやってんだろな、俺達…」
「だよねぇ~アハハ♪」
「にしても暑いなっ!汗だくだよ」
「あたしも~…ねぇっ!お兄ちゃん一緒にシャワー浴びようよっ♪」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年12月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉のマンコ【体験実話】

俺は高一で、ふたつ上の姉がいます。
姉は幼い頃から一緒だったので、可愛いかどうかわかりませんが、友達は可愛いとか羨ましいと言い、あんな可愛い姉が同じ屋根の下にいて、風呂覗いたり下着見たりしないのと言われた事がありますが、姉なので気持ち悪いと返していました。
 実際、俺には彼女がいるし、姉にはまったく興味ありませんでした。ところが、夜遅く姉が友達の部屋で酒を飲んでたらしくかなりの泥酔状態で帰ってきました。玄関でひっくり返っていたので、仕方なく部屋までかついでベットまで運びました。
 俺はそのまま部屋を出ようとしましたが、姉に呼び止められ服を脱がしてくれと言われました。面倒だったが、何とか下着だけの状態にしましたが姉は半分寝ていました。俺は少しムッとしたので、ブラとパンツも脱がし全裸にしました。
 初めて見る姉の全裸に何か変な気持ちがしました。スタイルは以外とよく、下の毛もキレイに整えています。
 目の前の裸に姉と分かっていましたが、変な衝動にかられ、ついマンコを触ってみると濡れてます。少し中まで指を入れてみるとかなりヌルヌルでした。
 俺はエスカレートしてしまい、姉のマンコを舐めてみましたが、オシッコ臭くかなりしょっぱい独特の味がした。あまりのニオイに舐めるのをやめたところ、姉に続けてと言われ頭を押さえられました。
 マジかよと思いましたが、彼女にするようにマンコを舐めると五分くらいで姉はいってしまいました。
 姉はそのまま寝てしまったので、俺も部屋に戻りました。翌日、朝姉が「昨日すごくよかったよ。エッチはダメだけど、今夜口でならしてあげる」と言われ、俺は何故かドキドキでした。

体験実話集関連タグ

||||

2014年12月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉妹のお姉さん(続編)【体験実話】

従姉妹のお姉さんとの思い出の続編
最近のできごとです。

あれから約20年。
その後、みかちゃんは結婚し、2児の母に。僕も高校、大学と進み、しだいに疎遠になっていった。
法事や結婚式など親戚が集まる場で顔を合わせても、常識的な挨拶を交すだけだった。
今では僕も結婚し、嫁さんと息子娘が各1人。

そして先月、みかちゃんと久々・・・5年ぶりぐらい・・・再会する機会があった。早くに亡くなった、みかちゃんのお父さんの七回忌で、親戚がみかちゃんの実家に集まった時のこと。
法要も終わり、訪問客もあらかた帰った後に、ごく親しい親戚や、遠方から来て泊まって行く人達だけが残った。僕も泊めてもらうことになっている。もちろんみかちゃんも。

男ばかり数人が、奥座敷の仏壇の前で酒を飲んでいる。酒の弱い僕は酒の席からは早々に退散して、居間に行った。
居間では、数人がコタツに座って談笑しており、その中にみかちゃんもいた。
今では、僕も中年と言われる年になった。みかちゃんも、実年齢よりは遥かに若く見えるものの、熟女の色香がただよっている。
居間の大きなコタツは、みかちゃんの向かいの場所が空いていて、僕は特に考えることもなく、そこに座った。もちろん、この時点では、みかちゃんとエッチなことになるなんて全然考えてもいなかった。(これは本当。)

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年12月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】まさか、姉が…(2)【体験実話】

年も明け、中3のボクの高校受験も近づいてきた。
家から近いという理由で実力より1ランク下の高校を受験する。
なので気持ちはけっこう余裕がある。
姉、高3のゆきねえは昨年末には就職も決まり、
のんびりと高校生活最後の休みをエンジョイしていた。
そんな2月半ば、祖母が転んで脚を折って入院した。
見舞いに来ていた親戚と何か神妙に話をしていた。
それが何の話か解ったのは、
祖母の入院から2週間経った頃。
祖母はある親戚の近くの病院に移ることになり、
退院後はそのままその親戚の家に行くことになった。
単身赴任の母は、4月からこちらに戻ってくることになった。
ゆきねえの就職先は、ここから汽車で1時間半の大きな街にある。
なのでゆきねえは4月から独り暮らしを始める 。
そしてここに祖母がいなくなると、ボクも4月から独りになってしまう。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年12月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】お兄ちゃんそこはおしっこする所だよぉ・・・舐めたら汚いよぉ・・・【体験実話】

 
そういって兄は便器を舐め続けた。

体験実話集関連タグ

|

2014年12月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】チビ姉【体験実話】

俺がまあそこそこの熱意を持って柔の道を歩んでいたころの話。
その日は地域交流もかねた近隣校柔道部の練習試合で、
夏の総体連(本戦)がまじかに迫る七月のクソ暑い空気の中、
百数人分の漢臭が充満する町内道場で俺はヒィヒィ言わされていた。
変な意味ではない。
凄まじい練習メニューを強いられた上での、各校のクラブ顧問達との試合形式。
それはもう、練習と言うよりイジメに近い。
「イィーッポン♪」
こんな軽〜い調子でバシバシ畳みに叩きつけられ続けて早十数回目。
「……ちょ……先生……も、マジ……カンベンして、下さい」
「そやな。ワシも疲れてきたし、五分ちょい休憩な」
―――クソジジイ。汗一つかいてないやろが。
しかし、やっと訪れたクーリングタイムにホットホットしていては本末転倒なので、
俺は水道水を貪るべく水飲み場へと向おうとした。
そこで

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年12月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】もう我慢できない 美姉のお漏らし【体験実話】

「まだかな?サービスエリア…」
焦れた感じで姉志織が父に尋ねる。
「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」
「我慢できそうにないの?志織…」
母絵里が心配そうに姉に聞く。
「ううん。大丈夫…」
そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。
(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ…)
家族で伊豆の別荘へ行った帰り、渋滞にはまってしまった。
夏も終わりの頃であり、そんなには混まないだろうとの予測でいたが
高速で事故があり、その処理に時間がかかっているらしい。
実は家族とは言っても、父と母は再婚どうしで姉は母の連れ子である。
母絵里は18の若さで志織を身篭ったが、25の時に夫は急死してしまい
以後一人で志織の面倒を見てきた。
俺の母は、俺を産んで間もなく亡くなってしまった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年12月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹・みゆ【体験実話】

<>131:なまえを挿れて。:2009/09/27(日)00:31:10ID:hwpZRd0W0<>
とりあえず、体験談うpしていいですか?
今じゃ俺も妹も30前後で、もうずっと昔の話だけど。
ずっと心の中に重く残ってた負の記憶なんだけど
先週妹が結婚し、なんか安心したのと、なんだか凄く寂しいってのがあるので
メモ帳に書いてみました。
短時間に分けてうpしたいのですが、
あんまり連続でやると、連続投稿で規制されてしまうと嫌なので、「ネタくせえ」でもなんでもいいので定期的にレスしてくれると助かります。
<>133:なまえを挿れて。:2009/09/27(日)00:32:50ID:hwpZRd0W0<>
そういう関係が始まった時期ははっきりと覚えてはいないんだけど
俺達が二人とも中学生だったので俺が中二か中三の頃の事だと思う。
それから数年間、俺達は裸の男と女だった。
妹とは年子で一つ違いで、その前からそれなりに仲は良かった。
俺からすれば憎たらしいと思う事も結構あったけど
小さい頃から何でも俺の真似をしてやたらとついてくるので

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年12月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹に勃起してしまった【鬱】【体験実話】

妹に欲情すんなんてバカじゃねぇの?
と、今までの俺はそう思ってた。
どっかのエチネタスレで妹ネタとか見ると
そういうレスをした事があったっす・・・
そんな俺が、初めて妹で勃起してしまった(;´Д`)
orz…しかも妹にもバレバレで
今までの妹の印象は、口が悪くて生意気で可愛いとこなんて一つも無く
便所や風呂は長いわ、人の洗濯物のシャツを鼻をつまんで
「あにぃ、私の洗濯物のとこにこんなの入れるなよな!」とか悪態ついて
喧嘩とかもしょっちゅうしてました。
そんな妹にも色々あって・・・
男性恐怖症?みたいなのなんですが
俺やおやじとか親戚とかには平気みたいです。
実は妹は小学4年くらいの時に、中学生にいたずらされた事が
あるんです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年12月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】僕の幼馴染 【体験実話】

私は17歳の高校2年生です。
高校生と聞けば、皆さんはどの様なことを頭に思いうかべるのでしょうか。
やはり、恋愛や部活や勉強のことを思いうかべるのでしょうか。
とりあえず、卒業した方も、まだ入学していない方も
ほとんどの人たちが楽しいイメージを持っていると思います。
では実際にはどうなのでしょうか
高校生は皆が皆、楽しい生活を送っているのでしょうか
私の周りを見てみたところ
確かにほとんどの者は楽しそうに高校生活を送っています。
皆さんのイメージ通りです。
しかし皆が皆が楽しい生活を送っているかどうかとなると
それは違うと思います。
なぜなら僕がそうだからです。
楽しんでいる者達の裏で
地味にひっそりと学生生活を送っている者達が少なからず存在します。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年12月7日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

このページの先頭へ