【近親相姦】深夜妹に悪戯【体験実話】

子供の頃、小学校3年生で精通を迎える前からオナニーを覚えた僕は
数年後物心ついた時から4つ下の妹に興味が湧いてきました。

まだ小学校中学年の妹の葉子への性的悪戯。

まだ分け隔て無く家族川の字で子供同士が同じ部屋で寝てた頃、
布団を1人づつ川の字にして葉子と寝るまでふざけたり笑わせたり普通の子供の寝る前の振る舞いでした。

そして葉子が寝てから最初は体を少しずつ触って起きないか確かめては少しずつ葉子の布団に入り込みまだ膨らんでない胸や柔らかなお腹を触っていました。

親より子供は早く寝るのでチャンスがあれば悪戯をし、徐々に親が横で寝ていても触れるように慣れてきました。

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年1月31日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】一日ペット - 4【体験実話】

俺は女性のパンツは触ったことがなく、初めてはく。ハート柄で、はくとお尻がピチピチだった。明らかにもっこりしてるし。ブラもキツキツでオッパイボールをした自分をみると気持ち悪かった・・。メイド服はサイズがぴったりでエプロンをすると完璧だった。なんだかんだで着終わって葵の部屋に入ると、葵は大爆笑。「似合う似合う。スカートが短すぎてパンツ丸見えだし」もういっそ殺してくれ・・。「・・で何をすればいいんだ?」「その前に約束事。1つ。私が言うことには絶対服従。2つ。私をお嬢様と呼ぶこと。以上。破ったら写真とりまくって学校にばらまくから。」「わかったよ!今日一日だけだからな!」「よしよし。じゃ、まずはこれをつけて。」葵から渡されたのは首輪。しかも俺の名前が書いてある。「これつけて頑張って。ペットさん」もう完全に俺は葵の下になってしまった。「最初は私の部屋の掃除から。きれいにね。」とだけ言われ、俺は掃除を開始した。元々綺麗だったので少しで済んだ。廊下の雑巾がけをするため四つん這いになっていると、突然パンツの中に手を入れてきて、「かわいいお尻してるね」などとほざく。でも今日一日は手を出せないので笑って流した。その後も色々な仕打ちを受けた。よほど俺が嫌いなのか。そんなこんなで、やっと夜になった。2人で晩御飯を食べると、葵の部屋に呼ばれた。「今日一日ご苦労様。」と言うと、突然服を脱ぎ始めた。「お、おい、何を!」「何って、ご褒美に決まってるじゃない。今日一日頑張ったから、やらせてあげようと思って。」あっという間に下着姿になるとブラもはずして、「どお?私のオッパイは。大きいでしょ?」「さ、さあ・・」もう夢か現実かわからなくなってきた。「揉んでもいいか?」「いいですかでしょ?」「・・いいですか?」「いいよ。たくさん。」とてもプニプニしていた。「気持ちいい。もっと。」「もっと?」「じゃお兄ちゃんも気持ちよくしてあげる。」と言うと葵は俺の下着を勢い良く脱がした。すでにチンコはギンギンだった。「元気だね。お兄ちゃんのオチンチン。私もう我慢できないよ・・」葵は俺のちんこを舐め始めた。「気持ちいい?」「うん」メイド服はベトベトでとても臭ったが、それ以上にフェラが気持ちよかった。次の朝、葵は何事も無かったかのように俺に接してくれた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2015年1月30日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従妹と【体験実話】

従妹と

に繋がる話です。

<>130:えっちな21禁さん:sage:2006/07/14(金)01:05:16ID:fJ19r8bv0(27)<>
あ〜、いいスレ見つけたと思って来てみたんだけど…
大学の時からいとこと性的な関係がある俺は今いらない子か?

<>132:えっちな21禁さん:sage:2006/07/14(金)01:11:36ID:fJ19r8bv0(27)<>
131
OK、じゃあ初めてセクースした時のいきさつでいいかね?

<>135:131:sage:2006/07/14(金)01:29:12ID:fJ19r8bv0(27)<>

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月30日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】祖父の葬式の後に・・・【体験実話】

<>722祖父の葬式の後に・・・sage04/12/2209:33:32ID:vFxbHBj7<>
オレが23、従姉妹が20の時にやったことある
近くに住む祖父の葬式の後でした・・・

<>723祖父の葬式の後に・・・sage04/12/2209:34:00ID:vFxbHBj7<>
今考えると不謹慎だったけどな
でも祖父も高齢だったし長い事寝たきりだったから、
悲しみに暮れる・・・って感じじゃなくて、
久しぶりに集まった親戚で飲んだんだよ
その勢いでやってしまった・・・

<>724祖父の葬式の後に・・・sage04/12/2209:36:00ID:vFxbHBj7<>
オレと従姉妹(エリ)は3違い
オレの住んでるトコの隣りの市に住んでた
小学校の頃はよく祖父の家で会ったりしてたんだが、

体験実話集関連タグ

||||||||

2015年1月29日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】TVゲームに魅せられて【体験実話】

TVゲームに魅せられて

「やったあ! 第二ステージ・クリア!」
 手にしていた家庭用ゲーム機のコントローラを振り回しながら、少女は歓喜のおたけびを上げた。
「見て見て、遂にやったよ。凄いでしょ?」
 たった今、テレビ画面に登場した僧衣姿の老人から、天空龍王拳の継承者として認める旨を告げられた少女は、自分の背後でその操作ぶりを覗き込んでいる青年の方を振り返り、
得意満面の面持ちで戦勝報告を口にした。
「…ん、ああ。大したもんだな。洋子ちゃん、本当にこの格闘ゲーム、初めてなの?」
 僅か三十センチ程の距離に位置する、二つに結んだおさげの髪型が似合う整った顔を見つめながら、青年は、洋子と呼んだ少女に問い掛けた。
「うん、このゲーム機も初めて。お年玉で買おうと思ったんだけど、ママが、無駄使いは駄目だって言うから…勝にいちゃんが持ってるなんて本当に嬉しいな。分かってたら、もっと早く
遊びに来てたのに」
 少女は肩をすくめながら、自分が遊んでいるゲーム機と、そしてこの六畳程の洋間の主であろう青年に愛想笑いを向けた。つい最近十三歳の誕生日を迎えた少女の笑顔には
まだ幼さの成分の方が色濃かった。
「ちゃっかりしてるな、洋子は」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2015年1月28日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】美華を汚せ!! 4【体験実話】

美華に合計四発の精子を飲ませました。何度も何度もフェラをさせ、精子が出そうになると美華はパクリと亀頭をくわえます。ドピュドピュ。「ごくん…んあ〜ごくん…んあぁ」と喉を大きく鳴らしながら精子を飲みます。俺は指がふやける程、マンコの中に指を突っ込みました。嫁さんには悪いのですが、お上品なフェラやセックスは嫌いです。つまらない!!美華は本当に最高の性欲処理生肉人形です。美華の顔に尻を向けると美華は両手で尻を広げ、俺のケツ穴を舐めたり穴を吸ったりします。俺は部屋の中を探し、コンドームを見付け装着しました。美華の上に覆い被さり美華のマンコにチンポを挿入しましたのですが、美華は少し痛いらしい。俺はゆっくりチンポを出し入れさせました。美華の声が気持ち良さそうになったので、激しくチンポを動かしました。美華は凄い叫び声をあげてます「あぁぁ!んあぁぁ〜!!」美華を抱き抱え、ズバァン、ズバァン、パン!パン!!パン!! 「ひぃーん、もう駄目、駄目、んんー!!」凄い力で抱きついてきます。全身をビククン、ビククンと痙攣させてました。美華の腰だけは器用にクネクヌ動いていて、美華の顔は汗だらけで顎をガクガク震わせながら上を向いて口を開けてました。

体験実話集関連タグ

|||

2015年1月28日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】若い二人の巨根と清楚な妻 【体験実話】

最近嫁と、ちょっとアブノーマルなプレイに走るようになった。

嫁の有美は今年34歳になる。早くに子供を作ったので、子供はもう中学生だ。息子が少し親離れしてきた今、二人で過ごす時間が増えた。
子供が生まれて以来、すっかりと少なくなっていたセックスも、最近は恋人同士だった頃のように増えていた。

有美は、夫の私が言うのもアレだけど、美人な方だと思う。グラビアアイドルの杉本有美の8掛けくらいだと思う。ただ、顔はそうだけど、スタイルはあそこまでは良くない。胸も、貧乳とは言わないが、ちょっと寂しい感じだw

でも、そんな有美が、メチャメチャエッチが好きと言うのは、夫としては嬉しい。ウチに関しては、セックスレスは無縁だと思える。
女盛りで、エッチが好き……浮気が心配になったりもするが、有美は一途で貞操観念の強い女だ……と、思っていた。

今日は土曜日ということもあり、朝から友人と遊びに出かけていった息子。私と有美は、いつものように支度をして、家を出る。
有美は、ふわっと広がるタイプではなく、巻き付くような感じになるミニスカートをはき、胸元や肩があらわになったカットソーみたいな服を着ている。
夜の大久保とかに立っている外人さんみたいな格好だ。こんな格好を近所の人に見られたくないので、その上にハーフコートみたいなモノを羽織り、車に乗り込む。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月28日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】妹と最後まで行きました【体験実話】

「兄ちゃんさ、あたしのこと小さい時からずっと大事にしてくれてるし
昨日も今日も優しかったし、今日は最後までしてくれる?」
いやお前、将来のこと決められないって言ってただろ?
「あれは半分ウソ。ずっと好きだったのに気付いてくれなかったから
ちょっと兄ちゃんの好きっていうのが信じられなかっただけ」
てことは今は信じてる?
「だから今日ね、また兄ちゃんが最後までしたいって言ってきたら
やっぱりエッチしたいだけのウソかなって思って・・・でも今日は
そういうの全然言われなかったから、あたしも決心ついた」
そうか、お前いつから俺のこと好きって思ってくれてた?
「いつからかな? 覚えてない(笑)でも兄ちゃん、ずっとあたしのこと
大事にしてくれてたから、ずっとだと思うよ」
お前さ、最後までするって意味分かってるよな?
「分かってるよ、昨日の話でしょ? 兄ちゃんこそ、あたしのこと信じてない?」
いや、信じてないわけじゃないけど急に言われてびっくりしてる

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年1月27日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】真・抱き枕【体験実話】

俺の名は、新井武(仮名)。
俺には、妹がいて名前はりな(仮名・女優の逢沢りなに似ているのでりなにします。)といいます。
そして、今から、俺とりなの昔話に少し、付き合ってもらいたい。

十年位前か…当時「抱き枕」なるものが流行りだしたころ、
興味を持った俺とりなはとても欲しがったんだ。
でも親に買ってもらえず、気分だけでも味わおうと思い
交代で「抱き枕役」を決めて抱きついて眠ったことがあった。
最初は妹が「抱き枕役」で、俺がりなに抱きついて寝てみた。
当時りなは中学あがったばかりだったが、体もそれなりに発育していた。
日頃から、スレンダーな体に似つかわしくない胸に興味はあったが、
どうこうしようとは考えてなかった。
りなの隣に寝そべり、両腕と両足を絡ませて抱きついてみた。
確かに何か本能的に安らぐ気がして、その日はそのまま眠ってしまった。
目が覚めた時は抱きついてはいなかったが、同じ布団で眠ったのは何年ぶりかな?

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月27日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】無邪気な妹【体験実話】

俺には6つ離れた妹がいます。
現在中学2年生です
俺はいち早く高校を卒業し、現在ある自動車会社につとめています
俺は寮には入らず家から通勤し、車は親に買ってもらったし
お金は無駄遣いするほうではないので、ほぼ使い道がなく
貯金はすぐたまってしまう。
金の使い道は妹に駄々をこねられ服を買ってあげるぐらいです
その日も妹に駄々をこねられ、「またかよ」っておもいつつ
今度は何が欲しいんだとたずねたら「下着」が欲しいというのです
「それはおかんにたのめよ」っていったら
「今月はだめだって」っていわれたそうです
「近くに売ってる店ないし、買いにいけんし、来月までまつんだな」というと
「どうしても欲しい」というんです
「なぜ?」ときくと「ブラのサイズがあわないんだもん」と。。。
「そんなに大きくもなのに」と言い返すと

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2015年1月26日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ