【浮気・不倫】セクロス好きの女www【体験実話】

つい最近の話します
俺一応彼女いるんだけど遠距離ね…
それで毎日連絡取り合ってるし、多分お互いの事を好きだと思う
でもやっぱり、性欲やばいんです
風俗も考えたけど、バイトでひとり暮らしの俺って
マジでお金ないのね、だから本当に最近女の体に触れてないわけ
っで俺考えたんだけど、出会い系使ってみようかなって思って、
知恵袋とかでめちゃくちゃ質問したんです。
でも回答はサクラばっかりで会えない、ポイント料金がバカにならないとか
全然いい情報がなかったんですよ
絶望です絶望、
俺はこれからいつ帰れるかもわからない彼女のいる故郷を感じながら
夜は孤独にオナニー人生かよって…
そんなときに一つの回答が俺を変えたね。
「出会い系でも会えるサイトは会える、しかも登録してるだけで料金かかることないからサービスポイントで俺はいろんな出会い系めぐってる

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年7月7日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】私の彼【体験実話】

私は43歳の主婦です。
今日、主人には友人と遊びにいくと嘘をついて、
彼のところに行ってきました。
彼との関係は2年間になります。
彼はこの春から大学生となって遠い町で一人暮らしを始めた
ばかりです。
彼とは、彼が高校2年の時からの関係です。
それから2年間、ほぼ毎週のようにセックスしていましたが、
この1ヶ月間は当然ですが会えなくなり、どうしても我慢が
できなくて、今日会いに行ってしまいました。
もう少し待てばゴールデンウィークになって帰省する彼と
会えることは分かっていたのですが、我慢できませんでした。
それだけ彼と過ごした2年間で、私が彼なしでは生きていけない
女になってしまったということなんでしょうね。
初めてしたのは自宅のリビングでした。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2014年7月5日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】初不倫旅行【体験実話】

私は45才で会社員、彼(50才)は主人の×1で主人の同僚です。時折家にも来る事があり私は本当に主人の同僚としかしていませんでした。それは2ヶ月前のことです。どうやら主人が浮気をしているらしくその方に恥ずかしながらも相談しました。彼の離婚の原因は奥様の浮気でしたから私の気持ちが理解してくれると思ったからです。
とても親身な相談に乗ってくれました。主人とは数ヶ月、夜の営みはなくいわゆる「レス」状態。比較的時間に余裕のある彼は私の「相談」との口実に快く遭ってくれました。私の中では既に彼に対する想いが膨らんできていたのでしょうね。彼もまた私に対する思いを遠回しに言ってくれるようになっていました。そんな時、初めて車の中で引き寄せられ唇を奪われました。初めは抵抗しましたが…。
今は子供にもお金のかかる時期で離婚はできません。それもあり主人の浮気については彼のアドバイスもあり「知らない」を通していました。でも 本当の所は我慢の限界でした。そんな時、主人が3日の出張がきまりました。もちろん彼は同僚ですから知っていたはずです。「出張にあわせて1泊旅行に行かない?気晴らしにはいいかも?」彼からお誘いがありました。1日考えた後、「急だけど女友達と旅行に行くことになった」と主人告げ子供を実家に預けました。主人は何の疑いもなく「いいよ」と。私に不倫なんてできる訳ないと思っているのです。19才で主人と知り合い初めて男性が主人です、それは主人も知っています。結婚してからは、家事に子育てと不倫や浮気、異性との出会いは全く別世界にいた私を主人は知っているからです。
男の人と旅行に2人だけで行くということは、その意味はこの年ですから判ります。ランジェリーを新調しようとショップに行きましたがこの歳だし悩んだ末、白を基調としたピンク柄で2組上下揃えました。
当日、彼の車に乗り行き先は信州の山の温泉でした。車の中では私は後ろめたさもありましたが何もかも忘れて楽しもう!との気持ちに切り替え楽しくドライブ、途中から2人とも手を握り合っていました。
少し早めに旅館に着き、夫婦とのことでチェックインしました。部屋からは雪景色が眺められ、もっと驚いたことにはお部屋には専用の岩風の温泉露天風呂があったことです。とりあえず旅館の近くを散策、ここまで来れば知り合いはいないだろうと腕を組んでいました。
部屋に帰り、浴衣と新調したランジェリーを持って大浴場で旅の汗を流し、その後2人で個室料亭で豪華なお食事を頬張りました。
部屋に帰ると2組のお布団が仲良く敷いてありました。隅のテーブルで並んで座りお酒を飲んでいると彼に抱きしめられお互いの唇をむさぼりあいました。それからかれの手が浴衣の合わせから進入してきてブラの上から触れられました。
「せっかくだから部屋の露天風呂に一緒に入ろうよ」「恥ずかしいから1人で入って」でも彼はとても強引に誘ってきます。根負けした私は「暗くして」と言い彼が入って行くのを見定めた後、タオルを巻いて入って行きました。「そそる下着だね、今日の為に新調したの?」私が脱ぐところを見ていたんですね。
そんなには湯船は大きくはなかったけれど向かい合ってはいりました。タオルは着けたままでしたが当然のごとく剥ぎ取られました。
「きれいな体だね」「おばさんをからかわないで」
風呂から上がり彼は私の全身を拭いてくれました、もちろん恥ずかしい所もです。その頃の私はもう恥ずかしさよりも彼の事が好きとも気持ちがいっぱいでなすがままでした。
お布団に入り彼は全身を愛撫してくれました。「本当にきれいな人だ」「もうー、私、主人しか男性知らないから優しくして」
彼の手が私の手を取り彼自身に導きました。思わず「おっきい、それに硬い」とはしたないことを口走ってしまいました。
「そろそろいい」「うん」「コンドームないけど外にだすからね」そのままの彼を私は受け入れていました。彼は激しく私を攻め立て「いい?」などと聞いてきます「いい、決まってる」

体験実話集関連タグ

||||||

2014年7月4日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【人妻】初めて・・・【体験実話】

私は37歳になる主婦です。
現在は工場で
事務をしています。
今年の1月に結婚して15年目で初めて浮気をしました。きっかけは新年会で仕入れ先の営業の男性Yさん(37歳)
Yさんとは同じ年齢ということもあるし、事務所で話す機会も多かったので
新年会でも話が盛り上がり、職場ではしない話もし、主人の愚痴もきてもらい
ました。
「美緒ちゃん(私の名前)は事務服と今日は違うから若く見えるよね。しかも
ミニスカートだし」と私の耳でささやくように言いました。
私は「どこみてるんですか~!エッチ~!」と冗談半分で最初は返していたのですが
Yさんの手の甲が私の太もも辺りにわざとあたるようにYさんが身体を近づけてきました。
私は主人とはレスですごくドキドキしてその時点で濡れていました。
「Yさんに抱かれてもいいや」って感じでした。
Yさんは手の甲から手の平でみんなにバレない様に太ももの内側まで触ってきました。
私はYさんの耳元で「後でね」って言っていいました。

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年7月3日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【浮気・不倫】お持ち帰りされた【体験実話】

27歳。結婚5年目の主婦です。
先日不倫してしまいました。
私は看護婦をしているのですが、飲み会の後研修医としてしまいました。
けっして好みのタイプではなかったのですが、酒の勢いもあり、彼の家にお持ち帰
りされてしまいました。
私が結婚しているのは、彼も知っていたのですが・・・
彼の物はすごくて、20センチくらいあり、奥までガンガンくる感じです。
旦那には悪いと思いながら、ずるずる関係を続けてしまっています。
同じ病棟で働いていて、秘密の関係というスリルでドキドキです。
いつか院内でしてみたいと思ってます。

体験実話集関連タグ

|||

2014年7月2日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】中学生2年を預かって【体験実話】

今から5年前の事です
当時私の家庭は夫が出張が多く夫不在の毎日でした
市営の住宅は隣がくっ付いた長屋タイプの住宅で隣近所の付き合いは欠かせ
ない所でも有ったのです。
隣の住人は母子家庭で母親と長男中2男の子で私の家族は夫と6才の娘の三人
家族でしたが夫の仕事の関係で母子家庭当然の毎日でした。
八月に入って隣の母親が虫垂炎を拗らせ病院に1ヶ月ほど入院した時に我が家
で息子さんを預かる事になったと言っても食事の世話と洗濯とお風呂ぐらい
でした
内の娘は小1で真由です 隣の息子は祐一くん 二人は兄妹が居ないせいか仲
良しで真由と良く遊んでくれてました
ある日暫くぶりに晴れたので溜まった洗濯物と祐一君の洗濯物を洗濯機に入
れていた時に真由のパンツにヌルヌルしたものが付着してるのでもしやと思
い臭いを嗅ぐと真由のおしっこの臭いに精液の臭いがしたのです。
祐一君はオナニーを覚えたらしく何時も精液がパンツに付いて乾燥してパリ

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年7月2日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【寝取られ】妻を交換した話をしてみる【体験実話】

スペック:
俺:当時41歳
嫁:当時37歳
顔はいきものがかりの女の子を少し太らせた感じ
広田さん:当時44歳
広田さんの奥さん智恵さん:当時41歳
すげえ色っぽい
いまどき(プとか言われそうだが、俺と嫁はお見合いで結婚した。
俺は学校出てない分早くからせっせと働いていたので、割と若いうちに
独立することができた。
酒も飲まないし特に趣味のなかった俺は他人から見たら、年齢の割には
老成して見えたようで、縁談の話が初めて来たのは26のときで、
何人目かのお見合い相手だった今の嫁と結婚した。
今にして思えば、嫁の特にどこが良かったと言うのはわからない。
ただ、雰囲気として「100万回生きたねこ」の最後に出会ったメス猫みたいな、

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月1日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】文化祭で浮気【体験実話】

私が高3の時、大学生の彼氏と付き合っていました。
夏の文化祭の日(一般の人も来れる)彼氏が友達3人でうちの高校へ来ました。
私は大学生の彼氏がいるってことに少し優越感を覚えてて、友達に紹介したりしました。
彼氏は愛想よく私の友達に「ゆーすけです♪」とか言ってたな。そして彼氏の友達も「今度合コンしよー」なんて言ってた。
私はその日、模擬店の係だったのであんまりユースケと一緒にいられませんでした。
私:「ユースケちょっとそのへん見て回ってて、ちょっとしたら私も抜けだせるから」
彼:「おーわかった」
彼はそう言ってふらふらっといなくなりました。
文化祭も終わり頃、模擬店を閉める準備をクラスメートでし始めました。
私は昼頃から見えなくなったユースケが気になって、ケータイにかけると彼は全然電話にでません。
(あー相手しなかったから帰っちゃったかな。。)そう思いながらも何度もリダイアルを押してかけていました。
その時友達のかおりが向こうからやってくるので彼を知らないか聞くと
さっき見たけどしらない、と言いました。
何回か電話をかけてると、やっと彼がでました。
私:「ユースケいまどこにいんの?」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年7月1日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】期待【体験実話】

この前友達のS(女の子)が遊びに来て、私の部屋で飲んでいました。酔ってきてえっちな話とかしていました。
「すごいえっちな人知ってる」と、バーテンさんのことを話しました。
(バーテンさんはすごく強い人で、えっち大好きな人です)
 Sはすごく興味を持ったみたいなので、お店へ飲みに行きました。閉店までいると、「ちか、遊べるのかな」ってバーテンさんが私の耳元にささやきました。笑ってバーテンさんをSの横に座らせて、私はバイトの男の子と離れて飲んでいました。
 なんだか2人は盛り上がってるみたいで、よく見えないけど触ってるみたい。
 Sの声が漏れてくると、バイト君は遠慮がちに「触っていい?」って。
 かわいい!
 バーテンさんがSと家に帰るっていうので、私とバイト君もついて行っちゃいました。っていうより私がバイト君を強引に連れて行ったんです。Sは一人で家に行くの嫌ってわがまま言うしね。
 部屋に入ったら、お互い無言のままで、バーテンさん達はベッドへ。私たちはソファーではじめました。
 Sの声を聞きながら、バイト君のを口でしていると、バイト君ったら口でいっちゃったんです。
「ごめん」って言ったままぼーっとしてるから、彼の手をとって「触って」
 しばらくぎこちなく触ってから「俺、経験なくて」童貞くんだったのね。
 足を開いて「ここ気持ちいいんだよ」って教えたら、しゃぶりついてきて指も入れてむちゃくちゃに動かすんです。気持ちよくなってきて、彼も大きくなったので、バーテンさんたちがえっちしてるところからゴムをもらって、彼につけてあげました。
 私の手で彼を私に入れたら、彼ったら夢中って感じ。すぐいっちゃいました。
 一晩中、Sの声が聞こえてて、よく寝れないし彼も声の方を見ては大きくなって襲ってくるし。

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年7月1日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】今日の私は私でない【体験実話】

私は45才の兼業主婦です。先日半年ほど付き合っていた彼(28才 独身)と別れました。理由は彼の転勤です。最後の夜、私は自分から彼を求めました。それまでは肉体関係はありませんでした。私の方が拒否していたためで、彼も理解を示してくれていました。
その夜、私は家には歓送迎会と言い彼のアパートに行きました。
少し話をした後、「今日でお別れだね、寂しくなるね。何かほしい物ある?」「俺の気持ち分かってるくせに」暫く無言が続き「5分したら隣の部屋に来て」と言い残し私は一人隣に部屋に行きました。
そこは寝室で、私は下着姿で布団にもぐって彼のくるのを待ちました。とうとう彼が来ました。「今日はいいよ、好きにしていいから。でもこんな事、結婚以来初めてということだけは信じてね」
全裸の彼に、私も全裸にされました。初めて見る彼のモノはとても大きく主人とは比べ物にならないくらいでした。
愛撫、そして挿入とことは進み、恥ずかしいけど彼には逝かされていました。
「逝きたい、防具付けるから」「好きな女の中に出す勇気ないの?ちゃんと私のほうで準備してきたから」でも本当は安全日だっただけですが。今まで以上に激しく突かれ一緒に逝きました。
私の体内からは彼の液体が伝わり出てきました。もうこんなことはしません。あなた、今回だけは許してください。

体験実話集関連タグ

|||||

2014年6月30日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

このページの先頭へ