【浮気・不倫】初めての不倫【体験実話】

私は36才の専業主婦です。この間、初めて不倫体験しました。28才で結婚して8年 目、主人が初めてで、それ以外の男性を知りませんでした。主人とのセックスは月 に2・3回、子供を作る為の作業のようなもので真面目で淡白な主人は毎回同じパター ン。お互い濡らす程度に舐め合うと私の人差し指ほどのモノをすぐに挿入、声を出 すほど感じる訳でもなく無言のまま主人が静かに腰を動かし、2分ほどで中に出して 作業終了。当然セックスでイッた事など無く、たまに欲求不満気味になると自分で 慰めてイッていました。私もそれで満足していたし、それほど好きな方ではないと 思っていました。春からテニスクラブに通うようになり、クラブの大会に出場する 為37才の健二さんとペアを組みました。健二さんは単身赴任で来ていて、空いた時 間にクラブに通っていました。大会も近付きクラブが休みの日に、少し離れた場所 にあるコートを借りて二人で練習した帰りの事。駐車場の彼の車に乗り込むと「結 構、息が合ってきましたねぇ」「えぇ」「相性がいいのかな?いいトコまで行けるん じゃないかな」「そうですか?期待しちゃいますよ」「奥さんとなら他の相性もい いと思うんだけど」「えっ?」彼はいきなりキスをしてきました。押さえ付けられ た訳でもなく拒否しようと思えば出来たと思います。しかし頬を撫でられながらの 優しいキスに私はポーッとなり抵抗する気になりませんでした。彼の手が服の中に 入りブラをズラして胸を揉み乳首を摘ままれても、イケナイと頭で分かっていても 抵抗出来なかったんです。彼の指で乳首を刺激されて自然に甘い声を出し、唇を開 いて彼の舌を受け入れてしまいました。体の芯が熱くなりアソコが濡れてくるのが 分かりました。彼の指が下着の脇からソコに進入する頃には下着を濡らすほとにな っていました。「奥さん、ゆっくり相性を確かめませんか?」私が黙ってうなづく とエンジンを掛けホテルに向かいました。部屋に入ると彼に言われてお風呂の支度 をしました。お湯を出して脱衣所に戻ると彼はイキナリ抱き締めて激しいディープ キスをしてきます。スコートと下着だけを脱がされると床に寝かされ恥かしいほど 脚を開かされて彼の顔が近付いてきました。「ダメッ、汗イッパイかいてるから」 「いいからジッとして」彼は私のアソコにキスをするとピチャピチャと音を立てて 舐め始めました。「アッ・・あぁ~・・ダメッ・アァ~」主人にも聞かせた事のな い声を出し、自分でも驚くほど興奮していました。そのまま初めて彼の舌でイカさ れてグッタリしていると、彼は私を座らせて「奥さんが可愛い声出すから、こんな になっちゃったよ」主人とは比べ物にならないぐらい大きなモノを突き出され、私 は初めてセックスしたくなりました。彼のモノを握ってゆっくりシゴいていると、 先から湧き出た汁でヌルヌルになってきました。「奥さん、口で慰めて」彼のモノ が愛しくて、口に咥えて一生懸命にしゃぶりました。「奥さん、もう待てないよ。 今すぐ奥さんが欲しい」彼は私を洗面台に座らせると脚を上げてM字に開き、ゆっ くりと中に入ってきました。根元まで入れたモノを出し入れされると体に電気が走 るように感じました。激しく腰を動かす彼が絶頂達すると「奥さん、イクよ、イク よ」抜き取ったモノをオナカの上でシゴいてあげると私の体に勢い良く射精しまし た。お風呂に入り、また舌でイカされてベットに行くと、復活した彼のモノをしゃ ぶってあげました。彼は私を四つん這いにさせるとバックから固いモノを強く突き 刺しました。深く突かれる度に自然に声が出て感じてしまいました。再び彼がイキ そうになると、私は思わず「抜かないで、このまま中に。私の中でイッて欲しい の」彼に中出しをおねだりしていたんです。「いいんだね、中に出すよ」彼は私の 腰を抱えて深く突き刺すと、私の中で絶頂に達して白い液を発射しました。太もも を伝って流れ出す精液を見て私は幸せを感じていました。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年3月30日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】単身赴任2年【体験実話】

52才の単身赴任者です。
昨年10月から工場の資材担当課長になったら、業者から飲みに行こうと何回も誘われていましたが、業者との会社以外での接触は、ご法度ですから断り続けてたら、工場長から時には付き合えと業務命令で、工場長同伴で飲みに行きました。

帰りにお土産を貰い、マンションに帰り土産を開けたら、
なんと札束・・・ビックリし、工場長に電話したら

役得だ!もらっとけ!俺より君のは100万少ないから心配するな!単身赴任で大変だろうからな!

中身は200万でした。
話しは、これから続きがあります。

実家は広島で遠く2ヶ月に一度位しか帰省してないので溜まりまくりで・・・

早速 携帯を買い、出会いサイトで探してたら21才の娘を見つけ交渉開始です。
サイトでの話しでは、155/41色白で細身とのことで3時間でゴムあり条件で、ビクビク ドキドキしながらローソン前で待ち合わせしました。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年3月29日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】新2008年初浮気 その2【体験実話】

トイレから帰ってきた私はソファで寝ようと思いました。そしたらさっきまで寝ていたD君とC君が待っていました。
「あ、おかえりー」と、C君は言いました。「Dも実は起きていたんだって…」と言われましたが私は何も答える事もできませんでした。
そして、立ち尽くしているとD君が立ち上がって私をゆっくり押し倒してきました。
「Cにもやらしたんだから俺もお願い。二人のHな声を聞いていてもう勃起しまくりだよ」と、言われ床に押し倒されました。
「ちょっと…もう無理だって…私は帰りたいの…」と、お願いしましたが聞いてくれませんでした。
D君に押し倒され、C君に腕を押さえつけられ動けない私。D君はズボンを脱いで挿入の体制になりました。私はパンツは穿いてなく、
アソコはまださっきのHのせいでまだ濡れていました。D君のオチンチンはすごく勃起していました。
D君は「すぐ終わるから我慢してて。Mちゃんは彼氏と喧嘩したんだから大丈夫。」とよくわからない事を言ってきました。
そして、私は押さえつけられていましたが、もう早く終わらせて欲しかったので抵抗するのもあきらめてオチンチンを入れられました。
「…んんっ!!」と、声をだしてしまい「あぁ〜Mちゃんの中あったかい〜」と言われD君はピストン運動をしてきました。
「ハァハァ…メッチャぬるぬるしてる〜気持ちイイ〜」と、言って腰をたくさん振っていました。C君はタバコを吸いながら私達のHを見ていました。
そして、動きが止まり私はうつぶせの体勢にされました。寝た状態で後ろからオチンチンを入れられました。
足を閉じた状態で入れられると子宮の圧迫されて私はすごく感じていました。でも、声は出さないように我慢してました。
声を出さない事が私の最後の抵抗だったのです。「Mちゃん気持ちいい? 気持ちいいでしょう? ねぇ? 俺はすごくイイヨ!」
そして、腰の動きが早くなったりゆっくりになったりしてD君は気持ちよさそうに動いていました。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年3月29日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】寿退社の女の子と横浜で【体験実話】

俺37歳♂営業部 営業MG、既婚
部下の子(27才♀)が、結婚して寿退社することになった。。
見た目は、木村カエラに似ていると俺は思う。
頭も良く仕事ができる子なので他の男子社員より重宝していた。
礼儀作法は教えるまでのなく、何気ない会話もそつなくこなせ、
何よりも彼女が作る議事録は自社内ならず顧客サイドにも好評なので、
大口の仕事や大事な顧客の時には、必ず彼女をパートナーにした。。
ウチはインセンティブがあり、大口担当の俺と組むと平社員は月にして10万は、
給料が違ったせいもあって、いつしか俺と彼女は不倫してると言う噂さえ、
社内で噂され、社内会議の議題にすらあがったことがある。
ある日、2人で出張で横浜に行った。いつもなら居酒屋コース、
たけど2人での出張も最後だし、色々世話になった。お礼をしようと思い 、
「今日はすし屋にでも行こうか?」と誘った。彼女がこう言った。。
「お気遣いはとてもうれしいです。でも、最後だからこそいつもどおりで」と。
そんなもんなのかと思いながら、実は少しガッカリしていた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年3月29日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【人妻】娘の借金で、知った、真実【体験実話】

ある日、郵便受けの手紙を見て、驚愕した。内容は、借金の督促状だった。
娘、晴美30歳は、今だに、独立できない、長男とそんな、息子を溺愛している。母親共々そりが合わず。
私の庇護の元、
高校卒業と共に、家を出た。私には、近況を知らせていたが。今だに、子供たちは、30を過ぎても結婚すら、出来ずにいる。困ったもんだ。
晴美も、仕送りと称して、度々小遣いをせびるしまつだ。
しかし、2百万も借金してるとは、ドッと気落ちしたが。このままには、出来ず。
晴美の部屋を訪ねる事にした。
娘は、私の突然の訪問に、ドギマギしているが、部屋に迎えてくれた。
晴美、、、何だ、このボロアパートは。家賃が安いからさ(苦笑)。
家賃は毎月分、仕送りしてるだろ。
晴美は、何とも言えない顔で、沈黙していた。
私は、娘に、督促状を手渡した。
娘は、ごめんなさいを連呼し、泣き崩れた。私は、借金の理由を問いただした。
去年、務め先で、会社に、多額の損害を与えてしまい。退社(クビに近い形らしい)、三十路の娘は、なかなか再就職が、出来ずに、悪徳金融ではないが、ヤミ金に手をだし。
ヤミ金業者から、風俗務めを進められ。決心したところに、実家に督促状って事だ。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月28日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【浮気・不倫】息子の友達に犯されました。【体験実話】

告白します。わたしは息子の友達に犯されました。開いてはまだ15歳の子どもに!
あの日は雨が激しく降ってました。買い物に行くときは晴れてたので傘も持たず出かけました。スーパーを出て家路につくと突然大粒の雨が振り出しました。私の頭の中は洗濯物でいっぱいでした。街中を走り、自宅にもう少しという所で息子の友達のK君にぶつかってしまい二人とも雨の路面で転んでしまいました。私はお尻をつき、彼はひっくり返ってました。彼の服は路面の水溜りでぐしょりと濡れてしまいました。
私は息子の友達だし、ジャージでも貸してあげようと彼を家に連れて入りました。
玄関に通し彼にシャワーを浴びるように風呂場に連れていきました。
彼がシャワーを浴びてる間に彼の着替えを整えノックもせずに脱衣所のドアをあけてしまったのです。彼は丁度風呂場から出てきて真正面から彼の全裸を見てしまったのです。
「ごめんね、着替えよ」置いて出ていこうとすると「おばさんもびしょびしょだからすぐ浴びたら?Cにしないように言われました。
「あとで」「今脱いだ方がいいよ、かぜひくよ」彼は私のブラウスに手をかけてきました。驚いて手をほどこうとすると、私の手を彼の一物に押し当てたのです。
「おばさんの事好きだったんだ」「こまるわ」彼は握らせた私の手の上に手を重ね、一物をしごき始めました。顔をそむけるといきなり胸に手をかけてきました。
そして彼と私の手の動きが激しくなり、胸を揉む力も強くなってきました。
「おばさん」彼は私のブラウスのボタンを何時の間にか外してブラの上から揉んできました。その瞬間彼がうめいたと思ったら私のスカートにたっぷり射精をしたのです。
私の手の中で彼のものがしぼんでいきます。その時私は我にかえりました。
彼の手は胸をつかんだままでした。急に恐くなり立ちすくんでしまいました。
私が震え始めたのを見て彼が「早くシャワー浴びないから
рフ服を一枚ずつ脱がしていきます。裸にされ風呂場で熱いシャワーを頭から掛けられました。彼はタオルに石鹸をつけると私の体を丹念に洗ってくれました。
何時の間にか私は裸のまま自分の部屋のベットの上で何度も何度も彼の挿入を受けてました。風呂場で気を失ったらしいのです。彼はこの日私に四回射精をしたそうです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年3月28日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】大学生と【体験実話】

32歳の麻奈美です。今年の3月に医者仲間の主婦4人でグアム、サイパンに遊びに行った事です。
行きの飛行機で知り合った大学生グループ4人と仲良くなり、同じホテルだったので夕食も一緒に食べました。
私と泰子も同じ部屋だったから、2人の大学生と海辺のバーで飲んでました。
フリープランだったから、アバンチュールも期待してた旅行だったので大学生の誘いで明日、一緒にレンタカー借りて遊びに行く約束もして
心地よい風と蒸し暑さでカクテルも進み、飲みすぎたようです。
意識ははっきりしてるつもりでしたが、下半身が言うこと利かななくて、大学生に抱えられるように部屋に着いて、そのままベットに寝ると、酔いの気持ちよさでいい気分だった。
10歳も年下だしまったく警戒なしで無防備でした。
大学生が馬乗りになりキャミの紐下げられて胸を露出されると片手で揉んできて吸われました。
抵抗しようにも力が入らず、されるままパンティーを脱がされて両手で胸、そしてあそこを舐められ始め、感じてきました。
挿入されたときに頭が白くなり、される行為に反応して感じてました。
朝気がついたときは4人とも裸で抱き合ってました。
シャワーをしてると大学生も入ってきて、体を触られると感じるのです。シャワーをしながらバックで挿入されて、逝きそうでした。
あえて昨日の事は聞けなくて、約束とおり一緒に4人でレンタカーに乗り島を回り、途中の海辺で着替えて海で遊びました。
そこでも抱きしめられると反応してされるまま明るい野外でSEX・・・初の経験です。
ものすごく燃えた記憶です。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年3月28日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】初めての不倫【体験実話】

彼「K子、そろそろ逝きそうだ、今日は大丈夫だな? 中でいくぞ!」
私「ええ、良いわ きて!」
彼「うっ 出る!」
彼は1時間ほど私の中に入っていた、 久しぶりに彼の感触を腟一に感じなが
ら今日最初の精を私の腟深くに注ぎこんだ。
私は41歳。主人は市役所勤めで一回り年上、子供は二人で中学生の女の子と
小学校に通う男の子。
私は結婚前も結婚後も男は主人のみ。
主人は公務員、堅物で家ではすごく威張っている。
家ではストレスが溜まり唯一リラックス出来るのがパート勤めを了解してく
れている事で週3〜4日働いている。時には遅くなる時間帯もありその時は主
人に子供の面倒をお願いしてる。
夫婦生活は最近は嫌でなるべく主人が寝た後に布団に入るようにして居ま
す。
そんな私が不倫をするなんて・・・墓場まで持っていく私の秘密。

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年3月27日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】結婚式の後で【体験実話】

今は私には5人のH相手がいます。
もちろん、主人には内緒です。
今までにも大勢の男性と関係を持ちました。
最初の浮気の男性は同じ会社の2つ下の同僚でした。
それも私と主人の結婚初夜でした。
主人は結婚式の2,3日前から体調を崩してしまい、
式の当日もやっとのことで出ることができたのです。
披露宴までは何とか持ったのですが、
二次会の出席は無理でした。
せっかく、場所も予約してもらっていたので、
私だけ出ることにして、主人はホテルで先に休むことにしたのです。
二次会の手配はすべてのその2歳下の同僚がすべてやってくれたのです。
その同僚と私の関係は彼が新人で入社して、
私のいる職場に配属なってから、彼の教育担当でした。
時々、残業とかで遅くなったときは食事やお酒を飲んだことはありますが、それ以上の関係にはなりませんでした。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年3月27日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】初めての浮気【体験実話】

こないだ、浮気をしてしまいました。
友達、親友という関係だった彼に相談にのってほしいといわれて
どうしても!という事で家にお泊りに呼ばれて行きました。
最初は友達のノリで人生の話とかをしていましたが
酒もまわってきて、お腹もいっぱいになった時・・・
私がほんっとに冗談で「よし!Hだね!」と言いました。
そういう事も笑いあえる仲でした。
彼も「アホか!ウケルな!!」と言いました。
そんな感じで、テレビを見ながら談笑しているうちに、もう深夜の3時をまわり
二人とも、まったりモードに・・・
彼「ねみー・・・電気消すわ・・・」私も「ねー。頭ボーとすんわー。寝ヨ!!!」
電気をけして、二人でTVを見ていました。
すると、彼が急に私の上に覆いかぶさり、キスをしてきました。
私が「え!?何!?」と超驚くと
彼が「だってさっきHしようって言ったじゃん。」と言ってきたので

体験実話集関連タグ

|||||

2014年3月24日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

このページの先頭へ