【寝取られ】こんな女子高生他にいないはず。おくさまは女子高生だったあたし【体験実話】

現在25歳の子持ちの人妻です。これは今の旦那さま(あたしは再婚なので二人目の旦那さまになります)の監修の元に書き込んでいます。
今の旦那さまと呼ぶ理由は、あたしは前の旦那から彼に寝取られ前旦那と離婚し、再婚したからです。
書き込んでる理由は特にないですが、一種の思いで作りと言うか遊びみたいなものです。
寝取られた当時の事ですが、今から8年ほど前の事です。あたしは当時17歳の女子高生でした。そして在学しながら結婚していた、漫画やAVでありそうなリアル『おくさまは女子高生』をしていました。
結婚した理由や周りの対応などは、長くなりそうなので省きますが、旦那さま(前旦那をこれ以降旦那、現旦那を夫もしくは当時の呼び名のイニシャルで記入します。ちなみに今も前も結婚相手は旦那さまと呼んでます)は当時あたしより23歳年上の40歳であたしが中学生の時に通ってた塾の講師をしていました。(別に親父趣味はありませんが、色々あって恋愛し16歳で結婚しました)
結婚して、一年が過ぎ大分人妻生活に馴染んで来た当時のあたしは一つだけ旦那さまに不満がありました。それはsexです。女子高生が何を言うかと思われるかも知れませんが、あたしは結婚前から性欲が強くオナニーばかりしている中学生でした。旦那さまに女にされてから余計性欲が強くなりましたが、旦那さまは歳のせいか元からかは解りませんがsexにあまり強くなく回数も減る一方で、中折れなどもしょっちゅうありました。新婚一年目であたしは中学生時代と同じオナニー中毒な日々になると、次第に他の男のおちんちんはどんなだろうと思い、学校のイケメンやあたしに告白してきたことのある同級生に抱かれたりする想像しながらオナニーすることが増えました。だけど想像だけでは限界があり本物が見い!とムラムラする毎日。だからと言って浮気する気なんてなく、悶々としていた時に今は多分閉鎖されたチャットや無料で出会い投稿などが出来るサイトで遊び始めました。最初はチャットで満足していたのですが、その内もっともっとと思い投稿メニュー書き込むと、あたしが女子高生でしかも人妻と知ると皆凄い興奮し、食い付きが凄かったのを覚えています。そしてその内の何人かとメールし始めました。勿論、あたしは浮気する気なんて全然なく、より満足できるオナニーとして利用していました。あたしの裸の画像などを送るとメール相手から送られてくる、犯したい!とか調教したい!とかの言葉と共に添付されるいろんなおちんちんに大興奮していました。そんな日々から更に人数を絞り、メールエッチしたりTELエッチしたりする日が続きました。(もしかすると、人妻女子高生なんかそうそういないので、これを読む人の中に記憶にある人がいるかも知れませんし、同じ学校だった人は気付くかもですが)
メールやTELの内容も日がたつに連れて過激になり、公園での露出画像を送ったり旦那さまの近くで「旦那さまよりぶっといちんぽでおまんこ犯してください!」など淫語言いながらTEL調教されたりして、いくら性欲が強いと言っても危険な方向に進み始めている女子高生になっていました。
ただそれでも誰とも会うことはなく単なる1人エッチのオカズとして利用していたのですが、それが狂い始めたのが1人のメール相手(今の夫)A君とのやり取りからでした。
相手は同じ高校生でしかも同じ市内とあって、地元ネタや恋バナなどで話が弾み仲良くなりました。また、それだけではなく人の事言えませんが、童貞の高校生の癖に信じられないくらいの変態と言うかマニアックでした。お兄さんが持っていた漫画やAVに影響受けたみたいで「あへぇぇ!」とか「おほぉう!」とか言いにくい感じ方をTELsexで強要されたり、うんこシーンをメールで添付させられたりしましたが、顔バレすることもないし、あたしも更なる欲求が高まってたので命令されるがまま変態なやりとりを続け、彼にはまりメインの相手となっていきました。さすがに同じ市内の相手なので、ばれたくないので顔や制服は見せませんでした。
たまにTELsexの時にA君の好きな人に成りきってしたりもしましたが(下の名前だけ教えてもらいました)あたしと同じ名前でしたが、偶然と考えて深くとらえませんでした。それが変わったのはある約束からでした。
放課後の教室でオナニーしている写メか動画を送れと言う命令。学校バレが嫌だったので断っていたのですが、制服くらいじゃ誰かとまでは解らないからと押しきられて承諾。その日は1日ノーパンで授業を受けろとも指令されました。当時の制服のスカートはかなり短く、油断したら見えるかも!と思うだけでおまんこがグチョグチョになる末期な女子高生のあたし。興奮し、でも放課後までオナニー出来ないあたしの頭はオナニーしたい!で一色でした。
そして放課後になってしばらくして教室へ行きました。最初電話で言われたときは抵抗あったのに、オナニーしたくて限界だったあたしは周りをあまり確認せずに、自分の机に座るとためらいなくオナニーをして、その姿をA君に送りました。するとそれと同時に現れる1人の男子生徒。
ここまで来れば読んでる人は解ると思います。現れた男子生徒がA君でした。A君の好きな女子生徒はあたしで、(あたしは以前A君に告白され旦那さまがいたから断りました)あたしを諦めきれず再度告白しようと後を着けていたらしく、その時階段で下たから見たあたしがノーパンと気付いて驚き、後をつけるとオナニーにふけるあたしとそして送られてくるメールで全てを悟った彼は、好きな女とメールの調教相手が同じ事に狂喜したみたいでした。
一方あたしは見られたときや、A君が同級生と知ったときパニック状態でした。
あり得ない偶然でしたが、A君はさっそくあたしを犯そうし、あたしは抵抗しようとしました。でも弱みを握られたあたしは、どうしようもなくA君の言いなりになるしかありませんでした。元々メールなどであたしのマゾ性などを知っていたし、調教されていたあたしを今なら簡単にモノに出来ると踏んだ彼に押し倒さて、オナニー途中でおまんこを丸出しで、しかもグチョグチョに濡れていたため前戯もなく簡単におちんちんを入れられました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月30日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【修羅場】同居のトメコトメに散々苛められてました【体験実話】

138:名無しさん@HOME:2007/06/30(土)22:12:05ID:0

同居のトメコトメに散々苛められてました。
で、とんでもないDQN返しをしてしまったのですが、
ここはどんなDQN返しでも、叩かれませんか?

139:名無しさん@HOME:2007/06/30(土)22:14:58ID:0

人を殺したや、食事中に脱糞したじゃなければ良いんじゃない?

140:名無しさん@HOME:2007/06/30(土)22:17:08ID:0

そうですか、ではメモに書いてからうpします。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年3月29日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【恐怖】レンジでチン【体験実話】

<>19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/10(水)20:18:38.03ID:7OfEW55C0<>
猫ちゃんをチンしました!

いままで度胸がなくってできなかったんだけど遂に!遂にやりました!
想像以上の効きめです!
失禁脱糞対策にあらかじめ中のみえるビニール袋に閉じこめて500Wでまずは30秒にTRY!
仔猫とはいえコンビニ弁当より重いんだし余裕かなと思ったんだけど・・・
たった12秒で袋を蹴破りでてきました。目が逝っちゃってたのでとりあえず出してあげました。
犬みたいにハアハア出し入れしている舌は真っ赤です。顔を近づけてみたら吐く息が
すっごく熱くてビックリ!耳もすっごく熱くなってて真っ赤でした。やっぱ肉の薄い部分だからかな。
案の定、中で失禁しちゃってました。失禁は日課なのですっかり慣れて手袋もせず処理しました。
いつもなら罰として更に厳しい愛の鞭を与えるんだけど、今日は頑張ったのでご褒美に
乾燥エサを10粒もあげました。3日間なにも与えてなかったので腹が減っていたのか
ガツガツ喰ってました。まだ手や足の末端の肉の薄い部分は熱くなってます。
だいぶ回復してきたので手足耳をカーテンに糸で縫いつけて大の字型に宙づりにしてます。

体験実話集関連タグ

||

2014年3月23日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【泣ける】彼氏の家の風呂でう●こ漏らした【体験実話】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日)16:22:41.08ID:wpL4rJRY0<>
もう別れるしかないのか・・。
メールも怖くてできない。

<>11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日)16:25:49.98ID:wpL4rJRY0<>
2
やっぱ引きますか・・

<>4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日)16:24:00.23ID:m1wIRMpw0<>
――とこんなわけで僕の初めてのハッテン体験はクソミソな結果に終わったのでした

<>11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日)16:25:49.98ID:wpL4rJRY0<>

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年3月6日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【恐怖】ドラム缶風呂 【体験実話】

先に言っとくけど、霊関係の話じゃない。

昔、小さい印刷会社みたいなとこで働いてた。
ホントに酷い会社で、筋モンの作る偽物の株券とか、政治団体の中傷ビラとか、法律にひっかかる様なことをフツーにしてた。

事の発端は良くある話。
あるチンピラがどっかの事務所の金ちょろまかしたらしいんだよ。
んで、風俗とかサウナとか焼肉屋とかラブホとかあっち系列の店に配るためのビラの仕事が来たんだわ。
大概は探偵とかそういうので探して見つけ出して、かっちり追い込みかけておしまい。
でも今回は人海戦術ってやつでいくらしいんだとさ。
なんでも下の奴らの忠誠度を試したいんだってよ。
ウチの会社が儲かるから事情はどうでもいいんだけどな。

最悪なのは俺とソイツがスロ仲間だったこと。

体験実話集関連タグ

|||||||

2013年12月24日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【恐怖】サンダーボルトダンス 【体験実話】

30:黒ムツさん:2009/05/12(火)18:42:00ID:nCc9ZUvy0
フィクション先生を見習って、この間つかまえた猫にスタンガンダンスかましたら、すげぇ爆鳴き!
夜の埋立地の工業地帯(夜は真っ暗で人がいないので)の片隅でやったんだけど、
あまりの爆鳴きに人がくるんじゃないかってくらいだった。
猫って、ふだんはネズミや鳥をつかまえて、なぶって遊んだりしてる方の立場だから、
自分がなぶられるのに慣れてないんだろうな〜。

34:フィクション作家(以下文はフィクション・妄想):2009/05/12(火)22:58:08ID:5UN4Wa4F0
30
いい夢を見ましたね。
スタンガンの爆鳴きって凄いでしょ? あれだけの爆鳴きってなかなか聞けないですよね。
スタンガンは絶対に死なないので安心です!
でもアーク溶接の鳴きはもっと凄いですよ。一度お試し下さい。
アークの鳴きを聞くとスタンガンに戻れない・・・

体験実話集関連タグ

|||||

2013年10月10日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【近親相姦】晒され妹と悩む兄 【体験実話】

175:えっちな21禁さん:2006/10/07(土)16:43:00ID:/WDSJAPK0
半年以上前の話。俺の妹は俺の4歳下でM大の3年生でテニス同好会(体同連?)に所属している。
妹は、1個学年が上の先輩と付き合っているが、先輩は2浪してるので年は3つ上だ。
一応、練習もシーズン中は週に4回とまじめにテニスもしているようだ。
部内の上下関係も厳しく、部内恋愛も原則禁止らしいので、一応内緒ということらしい。
(妹の話を聞くとこんな感じの部のようだ。実際はどうだか?)

176:えっちな21禁さん:2006/10/07(土)16:43:44ID:/WDSJAPK0
妹の彼氏(先輩)の話をもう少しすると、部の副部中の次くらいにえらいらしく、総務・会計という役職がついているらしい。
とにかく、おもしろてテニスが上手いとのことらしい。
一応、付き合っていることは表向き秘密にしているようなので、部活中は気軽に話しもできないらしく、それが結構不満のようだ。
ある日、そんな彼氏のパソコンが立ち上がらなくなり、部内でまとめている会計のデータが見れなくなってしまった。
バックアップもペーパー出力もしてなかったようで、妹の彼氏はひどく困ったようだ。
(大学に正規に登録されている部活は補助金の申請ができるらしいが、会計報告を最終的に提出しなくてはいけないらしい)

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2013年9月17日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【複数・乱交】A’ゲイ’B48 【体験実話】

抜く井「だから言ってるだろ!俺様は悪だから約束なんて関係ないって今、俺様のエキス注入して遣るから運が良ければ孕むかも知れないぜ!」ズッコン!バッコン

松井「い…いやぁ…それだけはいやぁ!」

抜く井「ううっ…出る…出る…いっぱい出るぅっ…」

どぴゅっ!どぴゅっ!どぴゅっ

松井「い…いやぁぁぁぁぁぁ!出てる…出る…あ…熱いのがや…いやぁ…」

抜く井「ふう〜出した!出した!でもっ孕ますにはまだまだ不足だな?今度は何にするかな?」

抜く井は松井の中で性を解き放つち、頭部とミニーマウスの着ぐるみを剥がすと口元にフェラで出した、精子がカピカピに張り付き蜜壷からは薄赤い精子が流れ落ちる全裸の松井が、松井は疲労困憊で動く事が出来ない。

お菓子の家では

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2013年8月6日 | 体験実話集カテゴリー:複数・乱交の体験実話

【修羅場】少年実話 6 【体験実話】

今回は俺が初めての風俗の女性と関りを持った時の話。

当時、俺が18歳で彼女が28歳でした。
俺が集金に行く先のお店に彼女はいました。憧れの女性でした。
俺の顔を見る度に「僕、メシ食っていきなぁ。」と3kをくれました。
ある時、彼女が「今日はイイ客が付いたから」と50kくれました。
何に使うかあれこれ一晩中考えた結果、彼女のいる店に行きました。
お客として来た事を伝えると店長は笑いながら待合室に通してくれました。
アルバムを見せてくれましたが、俺は姉さんがイイと言うと、
店長は「彼女は予約で一杯なんだよ。」と申し訳なさそうに言いました。
システムを理解していなかったので、行けば会えると勘違いしてました。(藁
諦めて帰りかけた時、2階の部屋から彼女が降りて来ました。
彼女は店長から事情を聞き微笑みながら俺に近づいてきて、
「君、律儀だな。今日、1時半に終わるから店まで迎えに来いよ。」と
命令口調で言われました。待ち遠しくて、言われた時間より30分も早く

体験実話集関連タグ

||

2013年7月29日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【修羅場】美少女ダンサー4人が 【体験実話】

美少女ダンサー四人が、深夜の埠頭でダンスの練習をしているところに、
突如バイクに乗った凶暴なレディース集団に絡まれる。
10対4での集団リンチ。羽交い絞めにされる美少女達。そこに大柄な女達が
交代で剥き出しになった白い腹にパンチやキックを連打する。ダンスで引き締まっているとはいえ、
ウエストの細い美少女ダンサー達の腹筋など、喧嘩にあけくれたレディースの腕力には
かなわなかった。「や、やめ、おぐぅ!」「ひぃぃッ、げほォォッ」「あう、痛っ、うげぇッ」
「オエ・・げぇ、ゲボォォ」美少女とは思えない呻き声をあげてのた打ち回るダンサー達。
レディースのリンチはさらにそれから2時間続いた。

ステレオの音に気づいた翌朝港湾関係者が現場を発見した時は、菓子袋、酒、タバコなどのほか、
衣服が散乱していた。血のついたキャミソール、ハーフパンツ、スニーカーなど。
その奥の倉庫から、無常なリンチにより血の海に沈んだ美少女4人の半裸体、中には全裸のもの
もいたが、言わぬ物体と化して倒れていた。

発見者はあまりにも凄惨な光景に息を呑んだ。倒れているのがまだ若い女性であるということは

体験実話集関連タグ

||||||

2013年7月23日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話
1 / 212

このページの先頭へ