【近親相姦】信仰が絶えないお堂【体験実話】

車は義姉を乗せて春めいてきた田園都市のたんぼ道を走っていた。
妻と約束しているホテルのチエックインには、まだ少し早かった。
「どうしようか…」というと義姉は「では文覚さんにお詣りしましょう…」と云った
文覚さんが何を奉ったお宮かも知らずに、義姉が案内する道を車は走る
車がやっと通れるほどの狭い山道だ
脱輪しないように注意して上り坂をゆっくり進むと次第に嶮しい山深くに入り込んでいく
漸く登りきると余り広くない駐車場があった。
そこに車を止め、石段を上っていくと稲荷神社にあるような朱の鳥居が並んで建っていた
それをくぐって更に登ると小さな拝殿があり、
義姉はその拝殿に向かって手を合わせて拝んでいた
何のお宮なのかわからなかったが、何やら変な感じのお宮だな…と思った
何となく拝礼をして石段を降り、駐車場の片隅に立てあった案内板に目を通す
そのお堂は「文覚堂」と称され
平安末期から鎌倉初期にかけて波乱の人生を送った文覚上人が奉られているという。
文覚上人は源頼朝の家来で友人の妻となった恋人を誤って殺し、

体験実話集関連タグ

|||||||||

2015年1月25日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉の娘【体験実話】

去年の夏、従姉の娘が東京見学にウチに泊まりにきた。昔から良く懐いてたルカ。
TDLや遊園地、プールなど色々と疲れたけど見返りもあった。
夜は一緒に風呂です。昔から一緒に入ってたんだけど勃起したチンチン弄らせ
たりルカのマンを悪戯したりして遊びながら入浴してたんだけど、ルカも
JS6なので期待はしてなかったけどルカも楽しみにしてたみたい。
「あのね、クラスのマリちゃんがエッチしたんだって」
と勃起君を触りながら言い出した。
「こんな大きいの良く入るよねー」と言ってました。
「ルカも入れてみるか?」と驚いてましたが嫌がった様子はありません。
「まだJS6だよ~」『友達もエッチしたんだろ?』「痛いんでしょ?」
『最初はね』「んーどしようかな?」『俺とは嫌?』「ううん」
『ルカも入れようと思ってた?』エヘヘとルカも期待してたようです。
「でも、こんなデカイって思わなかった」『毎年みてるじゃん』
「うん、でもクラスの男子のは小さかったから」と恐ろしい事をあっさりと
言い出しました。聞けば大人しい男の子のを友達達と一緒に裸にしたそうです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2015年1月22日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉妹と【体験実話】

従姉妹と投稿者:南紀投稿日:11月29日(火) 19時54分48秒
俺が25歳従姉妹が高2の17歳で
逢うのは7・8年ぶりでした。
その日、たまたま逢った俺たちは昔話をしてて
俺が煙草を吸い出すと従姉妹も”ちょうだい”と
言ってきて”お前煙草吸うんか”と聞きながら
煙草を出した。偉そうに吸ってるのを見て
思わず笑っていたら”何よ〜”って恥ずかしそうにしてた。
その日は そのままお互い帰ったんだけど
次の日 俺は休みで家に居たら4時ごろ誰か来たので
玄関を開けると従姉妹がセーラー服姿で立ってた。
”お〜、何や学校のの帰りか?”聞いたら”うん”といった
でも学校帰りだと電車通学で学校から自宅まで2駅だが
自宅を通り過ぎてあと2駅来なければいけない。
俺の部屋に入り、何か用事があると思ってたけど

体験実話集関連タグ

|||||||||

2015年1月22日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】かわいい義妹【体験実話】

かわいい義妹投稿者:不謹慎投稿日:1月23日(日) 17時58分50秒
訳あって去年から嫁の実家のマンションにマスオさんしてます。
先日両親が旅行に出かけ妻も職場の新年会で遅くなるというので義理の妹真由美と2人きりになりました。
真由美は24歳のOLですが、小倉弘子アナに似た感じで背は高くないがスタイルは最高に良く姉妹でこんなにも違うのかといつも思っていた。
その日は先に真由美が風呂に入りさっさと寝室に行ってしまいその後俺が風呂に行くと脱衣場に真由美の下着があった。
黄色い下着でアソコのところを嗅ぐと微かに真由美の匂いがした。とりあえず自分の下着と一緒に洗濯機にいれ風呂から上がり部屋に行く時真由美の部屋から声が聞こえ覗くと真由美が全裸でオナニーをしていた。
さっきの下着のことがあったから俺のチンポは一発で固くなりビンビンになりしばらく覗いているとバイブを出し入れしながら腰を浮かし「スゴイいい〜!!もっともっと深く突いて」と声を殺しながら言っている。
俺はたまらずに扱き始めもっと近くで見たいという願望に襲われたがさすがにマズイかなとか考えていると「あ〜・・いく・・」そう言って真由美は果ててしまってバイブだけがベッドの上で動いていた。
俺はその場を離れようとした時に「おにいさん、来て・・」俺は焦ったよ。
思わず「えっ?!」て声が出ちゃった。俺はバツが悪かったが仕方ないと思いながら覚悟を決めて入ると「ずっと見てくれてた?」と聞かれたので「いや・・その〜・・だいたいは・・ゴメン」そう言うと真由美はコッチに来てと言うので真由美のそばに行くと真由美は「私のこんな姿を見せたのだからお兄さんも見せてくれないと」といわれ俺はまだ半立ち状態のチンポをタオルを外して見せると「大きい・・」そう言ってシゴキだしすぐに完全勃起になると「お姉ちゃんににはナイショ」そう言って口に含み舌で感触を確かめながら次第に本気でフェラを始めた。俺はこうなったら開き直るかと思い「真由美、俺も真由美を触ってもいいか?」と聞くとフェラをしたまま頷くので俺は真由美のオッパイを触ると妻とは違い張りのある感触。乳首もたっているので指先で乳首をこすると真由美は少し声を出しながらフェラを続け
「いつも一人でしてるのか?」と聞くと「お兄ちゃんたちの声が聞こえるから・・」「そうか、ゴメンな。じゃあ今夜は真由美をたっぷりかわいがってあげるよ」そう言って真由美を寝かせ両足を高く持ち上げマンコが良く見えるようにして「綺麗なマンコだよ。舐めるよ」俺はそう言って真由美のマンコに口をつけるとさっきのオナニーで既に愛液の味が・・。「真由美のマンコの味、とても美味しいよ。もっと出していいからね」そう言って再びマンコを舐め始め舌を硬くしてビラビラをかき分け奥に入れると「あ〜ん。気持ちいい。お兄ちゃん、もっともっと舐めて〜」真由美はそういいながら首を左右に振りながら悶える。今度はオッパイも吸いたいと思いマンコは指攻めにして乳首を舐めたりしていると「噛んで〜噛んで〜、乳首を噛んで〜」真由美が叫び始め俺は乳首をかるく噛むと「あ〜すごい・・しびれる〜」
どうやら乳首もそうとう感度がいいみたいで強く噛めば噛むほど感じる真由美。俺は入れたくなり真由美に「入れてもいいか」というと「早く入れて〜動いて〜」俺は真由美のマンコに挿入するとマックスで腰を動かし始めた。
「うああああ、壊れちゃう〜」そう叫びながら真由美は俺の背中にしがみつきながらマンコを締め付けてくる。「う〜、真由美のマンコは凄く気持ちがいいよ〜。凄く締まるよ」俺はそういいながら真由美を突き続けバックで突いたり駅弁で突いたり様々な体位で突きその間真由美は2〜3回イッタかな?
最後は「真由美イキそうだよ」というと好きなところに出してというので真由美の口に出そうとしたがタイミングが合わずに顔にかけてしまったが真由美はそれを舐めながら精子だらけの顔で「お兄ちゃんのセックスってすごいね」そういいながら俺のチンポを口で掃除しながらこれからも真由美を相手にして欲しいといわれ俺は勿論ばれないようにネといった。
後で知ったが脱衣所の下着はほんとに忘れただけだったみたいです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】いとこと【体験実話】

いとこと投稿者:三奈投稿日:7月15日(金) 13時12分50秒
小学3年生の夏休みに親戚の家に泊めてもらったときのことです。
当時、中学生のいとこと遊んでいたら急に「身体を調べてあげるね」と言われてパンツを脱がされました。
私は遊びだと思っていたのでちょっと恥ずかしい気もしましたが特に抵抗もしませんでした。いとこは最初、正面からオマンコをじーっと見ていましたが私を座らせて足を広げさせるとワレメの間を触ってきました。
割れ目の中を軽くこするようにされて痛かったりもしたのですがクリのあたりを触られるともぞもぞするような感触が気持ちよくて私はじっとしていました。
いとこはワレメを指で広げて顔を私の股間に近づけ、中を真剣な表情でしばらく見ていたのですが急にズボンのベルトをはずして勃起してピーンと大きくなったオチンチンを出しました。いとこは私の見ている前でオチンチンを手で持ちぐっと引っ張ると皮がむけて、先っぽに少し見えてた亀頭が全部出てきました。
そしてオマンコにオチンチンを押し当ててきました。いとこがワレメの間に熱いカチカチになったオチンチンを押し付けてたんですが、急にグイッとオマンコが広げられる感じがして何か物が挟まったような気がしました。
全然痛くは無かったのですが、オチンチンの先っぽ半分くらいが膣の中に入るようになって、いとこはオチンチンの根元を指で小刻みにこすっていました。しばらくすると生暖かいかいものがオマンコに広がる感じがして見てみると、白いにぬるっとしたものがワレメの間についていました。
いとこはオマンコに射精すると私をぎゅっと抱きしめてくれて、その後タオルで汚れた私のオマンコを拭いてくれました。その時は全然痛くも無かったし血も出たりしなくて、私もオマンコをいじられてるときは嫌じゃなかったので親戚の家に泊まった3日間の間に4回同じことをされました。
最後にしたときは正常位の格好からオチンチンを奥のほうまで入れようとしたのですがググッと奥のほうが広げられると思ったら途中で我慢できないほどじゃないんですが急にオマンコが痛くなりました。そう思ってたらいとこも何もしないうちに射精しちゃったみたいでしばらくそのままの格好でいてからオチンチンを抜いてくれました。
私はおなかに変な感じがするのとオマンコに何か挟まってるような感じがしていました。その後、少しヒリヒリしていたんですが拭いても拭いても漏れ出すように精液が流れ出てパンツが汚れて気持ち悪かったです。
結局私が5年生の途中頃までそういう関係が続いて完全なセックスも何度かしたのですが、オマンコ触られたときは気持ちいいもののセックスはずっと痛いままだったのであまり好きではありませんでした。

体験実話集関連タグ

|||

2015年1月6日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】義娘とオマンコ3【体験実話】

義娘とオマンコ投稿者:HE−SUKE投稿日:9月30日(金) 13時58分23秒
昨夜妻と二人で夕飯の支度をしている時に(実際は私はジャマしてるだけ)
マリ子がやってきました。妻から今日呼んである事を聞いていたので、私は
作戦を色々考えていたんです。わざとマリ子が見えるような所で妻の後ろか
ら抱き着いてその大きなオッパイを揉みまくってやったり、こちらを向かせ
てながあ〜いdeep kissをして見せ付けるようにしたんです。いつもやって
いる事なのに、妻はわが子が見ている所ではさすがに興奮するらしく大きな
ため息?鼻息?を上げていました。散々見せ付けておいて、居間のソファー
でテレビを見ているマリ子の横に太腿を押し付けるようにして座ると、先程
の私達夫婦のイチャツキを見て感じていた様で、顔が赤く目も少しつり上っ
て見えます。ノーブラのオッパイは乳首がはっきりとキャミソールを突き上
げているのがわかります、私はだまって肩に手を回して引き寄せるとしんな
りと体を寄りかけてきます。あごに手をかけ上向かせると目を瞑って kiss
 をせがむよう、可愛い唇に思い切り吸い付き舌を吸い出すようにすると、
懸命に舌を延ばして来ます。逆にこちらの舌を突っ込めばチュウチュウと音

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年1月6日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】義娘とオマンコ2【体験実話】

義娘とオマンコ投稿者:HE−SUKE投稿日:9月29日(木) 13時25分04秒
続きです。 私達夫婦は2人ともオマンコ大好き人間です、この年になって
も週2〜3回はやります。今回も69で1回お互いに逝ったあと抱き合いな
がらいちゃついていると、突然妻が意を決したように真顔になって言いまし
た。
[あなた マリ子とオマンコしたんですってね]
[エ!エ! どど… どうしてそれを?]
私はいっきにチンポが萎えていったのを覚えています。
[怒っているんじゃないのよ、昨日私帰りがいつもより少し遅かったで
しょ。実はね昨日マリから電話で話があるっていうからあの子のアパートへ
行ってきたの、そして話を聴いて凄いショックだったわ、一つはあの子があ
なたを誘惑して処女を上げたって言う事、もう一つは小さい時からお父さん
という人に抱かれた記憶が無い、抱いてくれる人がほしかった、Hな意味では
なくてね]
[うん それは俺にも言ってたよ]

体験実話集関連タグ

||||

2015年1月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】彼氏の妹【体験実話】

私の彼氏の妹は14歳の中学2年です。
彼の家に何度も遊びに行っているので妹さんともかなり仲良くなりました。
ある日、妹さんに『今度、林間学校に行くけど、お風呂に入るとき陰毛が生えてるのが恥ずかしい』という相談をされました。
「しかし中学2年といえばほぼ全員陰毛ははえているんじゃないか??」と私は思いましたが妹さんは納得しない様子でした。
そこで私は思い切って「よし!それじゃあ今度私の家で一緒に毛の処理をしようか?」と言うと
妹さんは瞳を輝かせて「はぁぁい!」と元気な返事をしてきました。
後日、両親の留守の日を選んで妹さんを私の家に呼び、お風呂場で一緒に毛の処理をすることにしました。
妹さんはかなり恥ずかしそうにスカートを脱いでいました。
その時に妹さんが陰毛のことを気にしている理由が分かりました。
白いパンツの上からでも黒い茂みがしっかりと確認できて、パンツからもちょっと毛がはみ出ていました。
陰毛が生えていることが恥ずかしいのではなく、陰毛が濃い事をとても気にしていたのでしょう。
パンツを脱いだ彼女は耳まで真っ赤になり何だか可愛そうになってきたので、
あまりからかわずに左右の毛を落として長さを短くカットして終わりにしようと思いました。
しかし毛をカットしている途中、まだ幼い割れ目から液がじゅくじゅくと溢れてきました。
私は「どうした?感じちゃった?」と聞くと目を閉じたまま顔が真っ赤だったのでそれ以上聞くのは止めておきましたが、

体験実話集関連タグ

|||||

2015年1月2日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】洋服の○山【体験実話】

 義理の妹は、洋服の○山に勤めていて、おかげでいつも安く買わせてもらっています。先日買ったスーツの寸法直しが終わったので今日取りに行きました。取りに行くだけと思いながらジャージで下はノーパンで行きました。
 店に入るとちょうど妹が出迎えてくれ「試着します?」と聞いてきたので「あっ、いいよ」と断ったのですが「一度、確認した方がいいから」と試着室に持って行ってしまいました。
 仕方なく試着室に入り、急いでジャージを脱ぎ履き替えました。妹が「どうですか?」と聞いてきたのでカーテンを開け「うんOK」と見せると「大丈夫ですね。これどうですか、サイズが合えばサービスしておきますけど」と別のズボンを渡してくれた。また急いで履き替えるとウエストがだいぶ大きい。カーテンを開けると妹が「どう?」と聞いてきたので「ウエストがだいぶ大きいよ」と答えるとズボンのウエストを引っ張りながら「ホント、だいぶ大きいね。えっ」ノーパンに気付いたようです。小声で「履いてないの」と聞かれたので、「うん」と言いながらウエストを広げた。
 すると妹は、カーテンを閉め上から覗き込んで来たので、ホックを外しムスコを見せた。
小声で「ひやっ」と驚きながらじっと見つめ「いやぁ大きいわ」とつぶやきました。
 ダブダブのズボンを脱いで自分のジャージを履こうとすると「何か入れてるの?」と聞いてきたので「何も入れてないよ」とムスコを前に突き出すと左手で触ってきました。確かめるように軽く握りながら小声で「本当やあ、入ってないわ。ねえ勃起したらまだ大きくなるの」と聞いてきたので「うん」と言うと「うそー、見たいわア」と言ってきたので耳元で「見るだけ?」と聞くと微笑みながら「姉さんに内緒?」と言うので「もちろん」と言うと「うん」と頷きました。

体験実話集関連タグ

||||||

2015年1月1日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】義娘とオマンコ【体験実話】

義娘とオマンコ投稿者:HE-SUKE投稿日:9月27日(火) 17時29分45秒
私は1年前お互い×1だった女性と結婚、49才と44才です。22才の義
娘が一人います。娘はアパートで一人暮らしをしていますが、週に1〜2回
は夕飯を食べに私のマンションにやってきます。先週の事でした、私が早番
の仕事を終えて午後4時頃帰ってくると娘が私達夫婦のベットで寝ていまし
た。
娘はこだわらない性格なのか、私に好意を持っているのか分かりませんが、
私が食べかけのリンゴをそれ頂戴と言って食べたりする子でした。そんな子
がまだ暑い日でしたのでタンクトップで寝ています。巨乳ではないですが乳
首が見えそうなくらいはだけていますし、ミニのスカートは捲くれ上がって
ピンクのパンティーもしっかり見えてます。それを見た途端わたしの心臓は
バクバク、チンポはギイ〜ンでした。起こさないようにそっと足元に膝立ち
で近寄り充分に盛り上がったオマンコに触ってみました。汗なのか何か分か
りませんがシットリとパンティーが湿っています。目を覚まさないようにソ
ットなぜたりニオイを嗅いだりしていると我慢できなくなってしまい目を覚

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年12月25日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ