【近親相姦】仲良し3人【体験実話】

仲良し3人投稿者:ジン投稿日:3月28日(月) 12時42分39秒
現在従妹姉妹と同居している30歳の男です。何故かというと従妹姉妹が借りていたアパートが火事で焼き出されてしまい勤めるのに俺のマンションが一番近いという事からだった。
姉由香、妹朋香と香が24歳と22歳だ。先日俺が代休で自室で寝ていたところ 先に姉の由香が戻り俺の部屋に来た。
俺は熟睡していたので始めは気がつかなかったが男というのは寝ている時に勃起しているもの。由香は俺の勃起した物を見ているうちに気がつけば手が勝手に伸びてさすり始め俺が起きない事を良い事にパンツをずらし直に咥え始めた。始めは少しのつもりだったらしいがなにせ1年ほど男日照りの由香だったので咥え始めたら次第に自分が本気モードになってしまいパンツをずらして俺の上にまたがって来た。由香が動き始めるとさすがに俺も気がつき起きたのだが口では何してるんだと言いながら気持ちよさに負け由香に身を任せていると妹の朋香が帰宅して夢中になっている俺達は気がつくはずが無い。朋香は俺の部屋から由香が喘ぐ声が聞こえるのでそっとドアを開け覗くと由香が下半身丸裸で上は服を俺にずらされてオッパイが揺れている。
由香が向きを変え後ろ向きになろうとしたときに朋香に気がつき
「朋、コッチにおいで。朋もしばらく無いでしょ。あん・・だからお姉ちゃん我慢できなくて・・お兄も良いよね」
朋を俺が呼ぶと朋は俺の横に来て見てると言い出し俺と由香は妹の朋香が見ている前で続けた。
「あああ〜・・気持ちイイ〜・・もっと奥まで突いてぇ〜」
由香がそう叫びながらしゃがんで腰を動かしていると
「変な気持ちになってきちゃった」
そう言って朋香はフックの上から自分の胸を揉み始めタイトスカートのファスナーを下ろしストッキング越しにアソコを指で弄りながら俺達の行為を見入っている。俺は朋香に近くにおいでといい
「服脱いで。俺が舐めてあげる」
朋香は服を脱ぎ下も脱ぎ俺とキスをしながら姉より大きい胸を俺は吸い始め下で乳首を転がし始めた。由香のほうは腰をメチャクチャに動かし
「ああああああああああ・・・・」
イってしまったようです。結合したまま俺のつま先の方に倒れこんでしまいました。朋香を顔の上に跨がせオマンコを舐め始め今度は由香が見ていると言い出し朋香が変わりに俺のチンポを入れ動きだした。

体験実話集関連タグ

||||||

2015年2月24日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】義妹と【体験実話】

一昨日、妻の実家は両親が旅行中で妹しかいないので雪かきを手伝いに呼び
出され妻は仕事だったので俺ひとりで行くことになった。妹は21歳のOLでか
なりの美形だ。二人で雪かきを始め大体片付いたところで妹はお茶の支度を
するため一足早く家に入った。俺も全て終わらせ家に入りそのままトイレに
向かった。妻の実家は大用と小用が分かれていてまず鼻をかもうと大用のド
アを開けた。すると妹がなんとうんこをしていた。しかも下痢気味でビチビ
チ音を立てて出ている最中だった。和式なので後ろから丸見えだ。妹は驚き
のあまり声を失い俺も一言「ごめん」と謝り慌てドアを閉めた。とりあえず
居間に行き妹がトイレから出るのを待ちその後、俺も用を済ませた。居間に
戻り妹に「ちゃんと鍵閉めなきゃだめじゃん」と少し照れながら言うと妹は
「ノックぐらいしてよ。めちゃ恥ずかしいよぉ」と俺の胸に顔をうずめた。
俺が妹の頭を抱くと妹は体を密着させてきた。胸があたる。俺のちんこが
徐々に立ち始めた。妹はすぐ気づき俺の顔を見上げた。俺は焦り「ごめん、
そんなつもりじゃぁ」と言い訳すると「じゃあなんで?どおして元気になる
の?」と言い返され困った俺はそのまま妹を抱き寄せてキスしてしまった。

体験実話集関連タグ

||||||||

2015年2月21日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】親戚の子【体験実話】

俺は32歳、親戚の子に恵美ちゃんという小5で11歳の女の子がいる。
恵美ちゃんは小5なのに見た目中2~中3に見えるからよく中高生男子からナンパされちゃうみたい。
そんな恵美ちゃんが俺の家に泊まりで遊びに来た。
親戚の子なんで昔からよく一緒にお風呂に入ったりしてたんだけど、恵美ちゃんが小3になってからは一緒にお風呂に入らなくなってた。
まあ、俺が遠慮してたんだけどね。
それが恵美ちゃんが小6になって家に泊まりに来た時に久しぶりに一緒にお風呂入る事になった。
一緒に恵美ちゃんとお風呂入ってみると、オッパイは膨らんできててマンコにも少し毛が生えてて、お尻もデカくなってて、思わず凝視!
『どこ見てんの? いやらしい~!』
と恵美ちゃんは笑いながら自分の身体を洗ってました。
ホントは俺が洗ってやりたかったんですけどね。
恵美ちゃんと交代で身体洗って俺が湯船に浸かると、二人で入ってるから狭い!
恵美ちゃんの身体が密着し、俺はもうドキドキ緊張!
緊張をほぐす為、思わず恵美ちゃんの身体をくすぐったりしてたら恵美ちゃんもくすぐり返す。
そうやってふざけあってたらいつの間にか俺の膝の上に恵美ちゃんが向かい合って座ってました。
恵美ちゃんは向かい合って俺の膝の上に座ってる状態で今度は学校の事とかを話し始めたんだけど、そうしてたら俺のチンポが恵美ちゃんのオマンコに時折当たったりして、次第にチンポがムクムクと拡張し始めたんですね。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年2月20日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】美華を汚せ!!【体験実話】

八月頃の話です。学生共は楽しい夏休み♪学生の中には部活やバイトに専念してる奴も多いと思います。俺は暑いので営業をさぼり自宅で涼み、俺の嫁さんは仕事に行って留守です。家には誰も居ないので、俺は裏DVDを見ながらオナニーをしてました。オナニーの最中にピンポーンとチャイムが鳴りました。外には嫁さんの妹(美華)が居ました。美華は部活の帰りで、俺の地元学校で試合があったそうです。俺は美華を家の中に入れました。美華は部屋に入ると直ぐ俺に甘えてきます。嫁さんと結婚する前は小学生の美華と一緒に風呂入ったり、一緒に寝たり、遊んだりしてました。久しぶりに見る美華は凄く女性らしくなり、胸も大きくなったように思えます。美華は昔と同じ様に抱きついて胸の感触が伝わってきます。俺の嫁さんより胸が大きく柔らかい事を確信しました。オナニー途中の俺は獣になってました。美華に制服が汚れるから着替える様に言いました。美華が制服を脱いでます。美華は背を向け、ブラウスを脱ぎました。上半身がブラジャーだけになってます。俺は美華のブラホックをプチッと外しました。美華は「エッ!!」落ちそうなブラを押さえ驚いてます。そのままこっちに来る様に言いました。

体験実話集関連タグ

||||||

2015年2月20日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従妹【体験実話】

従妹のカオルはJC3のギャル系。冬休みって事でウチに遊びにきた。
早速、渋谷に付き合わされた。お年玉貰ったら買うモノを下見だそうだ。
「中学生はバイト出来ないからね~」と言うので冗談で「エンコウとかしてな
いの?」と聞いたら
「友達でヤッてる子は居るけど、ウチは知らんオヤジとエッチなんて無理」だと。
そんな話をしてたらカオルが突然「そうだ!シュウちゃんが援助してくれれば
イインダ」
と大声で言い出したので食事してた店を出るハメになった。流石に断ったけど
粘るカオル。「さっきのコートでいいからさー」と引き下がりません。
しかもコートは9800円だったので心が揺れました。
カオルはカオルは細身なのに巨乳と言うナイスバディで脚なんか綺麗なのです。
なんだかんだで結局ホテルに入りました。昼間だけど満室に近かった。
「実は彼氏と喧嘩してて一ヶ月もエッチしてなくてさー欲求不満だったんだ」
とカミングアウトされた。週に3~4日はしてたらしい。
「シュウちゃんとキスなんて照れるね」と言いながらシッカリと舌を入れてき

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2015年2月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】義姉との思わぬ展開が・・【体験実話】

私達は共働き夫婦です。子供も社会人になりそれぞれ家を出てマンションを借りての生活をしています。
日曜日が仕事の妻が私に実家の義姉のあるものを持って行ってほしいと頼まれ、別段用事のない私は10時過ぎ妻の実家に行った。前もって連絡しをしていた義姉とは久しぶりの再会だった。その義姉は3年ほど前離婚して実家に帰り一人暮らしをしていた。行くと昼前であり、義姉は昼食の用意をしてくれており、私の大好きなビールも冷やしてくれていた。その晩には仕事を終えると妻が車で迎えに来てくれることになっていたので、それまではのんびり出来ることになっていた。
妻と違い義姉はお酒も結構いけることは妻から聞いていた。私はランニングシャツに替えズボンというラフな格好で行っていました。義姉も50歳前とは云え、ジーンズにノースリ—ブのシャツを来ていた。義姉は妻とは違って胸も大きく、お尻も張っていて、義姉を初めて見たころは相当のボリュームのある体型であったことははっきり覚えている。
しゃがんだり、腰を突き出す格好の姿勢を取っている時は股上が浅いジーンズを穿いているせいで、お尻の割れ目の半分近く丸見えであった。尻フェチの私はそれが気になってチラチラと見ていた。シャツから浮き出る両方の乳首もぽつんと飛び出て50歳前の義姉ではあるが興奮させられていた。3本ぐらいビールを飲んだ私はリラックスしていたこともあり、あおむけに寝て
休んでいた。飲んでいる時はテーブルの向こうに座っていた義姉が気が付くと私の横に座っていた。
「健二さん、妹とは仲良くやっているの?わたしなんかもう離婚して3年、一人寂しく暮らしているけど、なにか欲求不満なことでもあるの?」と。私は「えっ?なんでですか?」と聞き返すと「今日、健二さんが来てから、なんども私のお尻や胸ばかり
舐めるように見ているから・・・・。こんな50歳前の私など見る価値もないのに・・・」と、妻と違いいつもはっきりものをいう義姉が言った。「気がついていたんですか?でも義姉さんの身体はすごくむっちりしていて健康な男だったら誰でも見てしまいますよ。」と。義姉は「お上手ね。こんなおばさんを捕まえて。でももし健二さんがいうことが当たっていたらこうして一人いることはないでしょう?離婚してからずっと男気のない生活なのよ。」「えっ、本当ですか?そんなもったいない。私だったらほっておきませんよ」と。義姉は私のすぐ横に寄って来て「もし、今の言葉が本心なら、寂しい私を抱いてくれる?」というや、覆いかぶさるようにキスをして来た。少し口元からビールの匂いが感じられた。舌まで入れてきた義姉さんの行動に私は完全にスイッチが入ってしまった。一度身体を離れ、急いで服を脱いだ。そばで義姉さんも同じように服を脱ぎ始めた。
お互い全裸になると私の手を取り隣の部屋に導いてくれた。どうやら義姉さんが寝ている部屋らしくセミベットが置かれていた。胸を揉み、乳首を吸い始めると義理姉さんは「ああ・・ひさしぶり・・・・もっと・・・気持ちよくして・・」と信じられない言葉が飛び出した。私は69体位になり義姉さんの両足を広げ股間に顔をうずめ恥ずかしい部分を舐め始めた。義姉さんはぱくりと私の勃起しているペニスを舐めてくれている。久しぶりのセックスにもう根元まで精液が来ている感じだったので急いで正常位になり一気に根元まで挿入すると義姉さんは両脚を高く上げ、これ以上ないというくらい卑猥なかっこうになった。
2人の身体がピストン運動でばちばちと音がして一層卑猥な状況を醸し出していた。そして射精してしまった。
終わって2人とも仰向けになって息を整えている間も義姉さんの手は私にペニスを握ってしごいていた。
興奮のためか私のペニスをまもなく勃起してきた。それを合図のように義姉さんは「今度はバックでして・・・」と四つん場になって私の方に大きなお尻を突き出して来た。お●●こもアナルも丸見えの状態。私は急いで義姉さんのお尻を両手で掴み
おもわぬ行動に出て見た。・・・それは義姉さんのアナルに舌をはわしたんです。最初はお尻を左右に振って嫌がっていたみたいだったけど、それでも執拗に舐め続けると、抵抗をやめ、むしろなめやすいようにより尻を付きだして来た。気をよくした私は両手でお尻を広げ、舌の先をアナルに突き出すようにした。一度も経験したことのないアナルへのペニスを挿入したくなり、手でペニスを握りアナルに当てた。腰を前に突き出すと少し中に入った焦がした。カリの部分をいれようとすると義姉さんは「痛い。入らないよ。ちょと待って・・・とベットのそばの鏡台の中からビンを取り出し私に渡した。見るとそれは乳液だった。私はたくさん手に取りだし、義姉さんのアナルが真っ白になるくらい塗りつけ、再度の挿入を試みた。義姉さんは「あわてないでゆっくり入れて・・・とより両脚を広げた。ゆっくりゆっくりと挿入した。そして・・とうとう根元まで入ってしまった。ものすごい締め付けになんともいえない興奮を覚えた。そしてぴすとん運動を始めた。それから2時間ほどして妻が迎えに来た。ふたりはまったくなにもなかったようにふるまった。翌日会社で仕事をしていると私の携帯に義姉さんから電話が入った。「昨日のこと、あれっきりにするの?それとも・・・又・・・してくれる?」とまるで恋人に囁くような声が聞こえてきた。私は意地悪く「義姉さんはどうしたいんですか?」と聞くと「意地悪ねえ・・・すっかり火をつけてしまって・・・妹だけでなく、私にも半分わけて・・・・ち●ぽを・・・」と。「判った。じゃあ、今度、機会を作っていく時までに、義姉さんの
あそこの毛が舐める時口に入ってやりにくいから・・つるつるに剃っておいてよ」というと、以外にも「いいわよ。あんなものいらないから、こどものようにツルツルにしておくから、思いきり舐めたり吸ったりしてよ。約束よ」と言って電話を切った。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年2月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】農機具小屋で【体験実話】

俺30才、妻は32才で、3人姉妹の末っ子。
妻の実家は農家で、長女(40)が跡をとり農業を継いで居るが
2年前に義兄が亡くなり、現在独身で両親と住んでいる。妻にとっては両親と実の姉だけの気兼ねのない実家であり
更に、年老いてくる両親の手伝いにもなるので
近くに居る俺達夫婦は、手伝いがてら時々遊びに行く。俺達夫婦と義姉で山の畑仕事に行った時
妻の携帯に急用のメールが入って来たので
「夕方迎えに来る」と言い俺と義姉を置いて車で帰った。農機具などを置いてある小屋で弁当を食べて、
食休み中に、ふざけて後ろから義姉の肩を抱いたら
最初はビックリした様だが、特別に抵抗もなく
俺の手を押さえて、笑顔で「 コラッ 」
抱き寄せて口を吸い、仰向けに寝かせる。俺が義姉のズボンのベルトを外すと
義姉は腰を浮かせて、脱がせ易くしてくれた。二人とも下半身だけ裸になって抱き合う。
挿入してから「中で出していい?」って聞くと
義姉は、小さく「ウン」と言い、抱きついて来た。俺が突くと義姉も下から腰を突き上げてきて
次第に息が荒くなり動きが激しくなったと思ったら

体験実話集関連タグ

||||||

2015年2月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】いとこのおねえちゃん【体験実話】

いとこのおねえちゃん投稿者:ゆう投稿日:9月21日(木) 20時16分26秒
 僕の家に4月から下宿している従姉のお姉ちゃんとやっちゃいました。
 僕は中3で、従姉は4つ年上の女子大生、とってもグラマーでかわいいで
す。
 僕の家庭教師をする代わりに、タダで僕の家に下宿してます。小学校以来
会っていなかったのと、自分が性に目覚めたせいか、すぐにエッチをしたく
なってしまいました。
 お姉ちゃんは家の中では、ノーブラ、Tシャツ(ノースリーブ)、短パン姿
(ミニスカート)だし、風呂上りにバスタオル1枚で涼んだり、うろうろする
ので、目のやり場に困るは、メチャメチャ興奮してました。当然おかずにし
て、オナニーもしてました。
 おねえちゃんが来て、1月位したゴールデンウイークに両親が旅行に行き、
二人きりで過ごすことになり、英語を教わっているときにお互いにムラムラ
してきて、Cまで一気に教えてもらいました。
 当然僕は初めてだったのですが、お姉ちゃんは田舎で彼氏と体験済みで、

体験実話集関連タグ

||||||||

2015年2月1日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】いとこに、中だし【体験実話】

いとこに、中だし投稿者:マツタケ投稿日:7月31日(火) 6時20分48秒
京都に嫁に行った、いとこ(由美)が子供と2人で2週間の里帰り
タイミングが良いのか悪いのか、由美の親達は今朝、くじ引きで当たった
グアム旅行(3泊4泊)
由美が怖いから、おにいちゃん家に来てと、電話してきた
由美は俺の2歳下で27歳、小さい時から俺のことを『おにいちゃん』
と呼んでいる・・・事件は30日22:00頃
夕方いとこの家に到着、由美とは由美が子供を生んだ時以来・・3年ぶり
だった、由美は段々色気が出てきた、あとは、相変わらず、スゴイ巨乳ぶり
俺は昔、牛女とか言って、由美をからかっていたのを思い出した
由美は食事の仕度、俺はビール飲みながら三歳児と追いかけっこ
昔話しをしながら、食事を終えると、俺はテレビを観ながら寝てしまった
すると、すぐ隣りで由美がこっちに、お尻をむけ子供を寝かしつけていた、
『おにいちゃん、ごめん起こしちゃつた?』
『大丈夫』とねぼけ眼で返事した

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年1月30日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】美華を汚せ!! 4【体験実話】

美華に合計四発の精子を飲ませました。何度も何度もフェラをさせ、精子が出そうになると美華はパクリと亀頭をくわえます。ドピュドピュ。「ごくん…んあ〜ごくん…んあぁ」と喉を大きく鳴らしながら精子を飲みます。俺は指がふやける程、マンコの中に指を突っ込みました。嫁さんには悪いのですが、お上品なフェラやセックスは嫌いです。つまらない!!美華は本当に最高の性欲処理生肉人形です。美華の顔に尻を向けると美華は両手で尻を広げ、俺のケツ穴を舐めたり穴を吸ったりします。俺は部屋の中を探し、コンドームを見付け装着しました。美華の上に覆い被さり美華のマンコにチンポを挿入しましたのですが、美華は少し痛いらしい。俺はゆっくりチンポを出し入れさせました。美華の声が気持ち良さそうになったので、激しくチンポを動かしました。美華は凄い叫び声をあげてます「あぁぁ!んあぁぁ〜!!」美華を抱き抱え、ズバァン、ズバァン、パン!パン!!パン!! 「ひぃーん、もう駄目、駄目、んんー!!」凄い力で抱きついてきます。全身をビククン、ビククンと痙攣させてました。美華の腰だけは器用にクネクヌ動いていて、美華の顔は汗だらけで顎をガクガク震わせながら上を向いて口を開けてました。

体験実話集関連タグ

|||

2015年1月28日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ