【近親相姦】従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも2 【体験実話】

中高男子校に行ってしまった僕は、女の子とまったく縁のない大学生活を送っていました。そんな僕に、叔母から従姉妹の家庭教師のアルバイトの話が持ちかけられました。

従姉妹のほのかちゃんはまだ5年生で、全然子供だと思っていましたが、これくらいの年頃の少女の性的なモノへの好奇心を舐めていました……。

そして、ほのかちゃんは僕なんかに好意を持っていてくれて、積極的にアプローチされた結果、なぜか勃起した状態のアレを見せるハメになり、その上手コキ、お口でとエスカレートしてしまいました……。

でも、僕の憧れの叔母さんに似て美少女のほのかちゃんと、そんな経験を出来たのは僕にとっては信じられないくらいにラッキーでした。そして、僕の最高の夏休みは始まりました。

衝撃的な前回の訪問から3日後に、僕はほのかちゃんが帰り際に小声で言ってくれた通り、コンドームを隠し持ってほのかちゃんの家に向かいました。

相手が従姉妹と言うことと、まだ5年生だと言うことに、さすがに僕の中の良心も揺らぎましたが、十代の性欲はコントロール不能でした。僕は期待に胸と股間を膨らませながら、ほのかちゃんの自宅のインターフォンを押しました。

『あっくんこんにちは#12316;。ゴメンね、ほのかまだ戻ってないの。あんなに楽しみにしてたのに、何やってんだかw』
叔母さんはドアを開けるなりそう言いました。どうやら、午前中は部活の関係で学校に行っているようで、それが長引いてしまっているとのことでした。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2015年7月30日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】月に一度、妻は親友の妻になる 【体験実話】

『お帰りなさい。今日もお疲れ様!』
弾けるような声で夫を出迎えるさとみ。35歳のさとみは、6歳の子供がいるようには見えないくらいに若々しい。
昔から体を動かすのが好きな彼女は、今もジムでのトレーニングを欠かさない。そのおかげもあり、学生時代の洋服はすべて着ることができる。
そして、少し厚ぼったい唇がセクシーな彼女は、真っ黒な髪に少し太めの眉毛、そしてぱっちりとした二重まぶたの目は、いつも濡れたようにセクシーだ。
その見た目は、石原さとみに似ていると評されることがよくある。

夫を出迎える彼女は、白の清楚なブラウスに淡いグリーンのタイトスカートを穿いている。清楚な感じのするブラウスに対して、スカートは少し丈が短く、彼女のほどよく肉付いた美脚が強調されている。
いつもは、もっとラフで色気のない格好をする彼女だが、月に一度、金曜日の夜にはこんな姿になる。
そしてその日は、6歳になる可愛い息子を実家に預けるのが常だ。孫のことを溺愛する祖母と祖父の強いリクエストもあるのだが、さとみと夫にとっては別の理由もある。

「ただいま。今日も綺麗だね。弘樹は?」
夫は優しげな笑みを浮かべながら、さとみにカバンを渡す。さとみは、そのカバンを受け取りながら、
『もう預けました。どうします? 先に少し飲みますか?』
と、笑顔で答える。
「あぁ、そうだね。まだ30分くらいあるしね」

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年3月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】マッサージが…【体験実話】

去年の4月から新社会人として某会社のOLを始めた妹…沙智子は毎日の様に夜遅く…とは言っても9時~10時頃の帰宅で、帰ってくるなり自分のベッドへ倒れ込む様に就寝していた。そして翌朝、慌ててシャワーを浴びて身支度をし、出掛けると言った感じで毎日慌ただしい生活をしていた。そんな妹も週末だけは唯一の安息出来る時で、7月の終わる頃の金曜日、何時もの様に遅く帰ってきても金曜だけは必ず俺の部屋に来て、「ただいまぁ~」と言っては人のベッドにうつ伏せになって「はぁ~やっと週末だぁ♪」と幸せそうに呟くのが唯一の安息できる時らしく…そんな妹に「新人社員は大変だな」と、それはそれは他人事の様に言うと「そうなのぉ~新人は色々やることがあって、覚える事もあって大変なのらぁ」と人の枕に顔を埋めて、そのまま寝てしまいそうな勢いだった。
流石にそのまま寝られては困るので俺はうつ伏せになっている妹に馬乗りになる様な格好で、肩を揉み始めた。すると「あ~気持ちいい~♪」と言い、更に俺は背中を親指で指圧をしてやった。だけどスーツのジャケットが邪魔で上手く出来ないし皺になってしまうので、妹に脱ぐように言うと、素直に上下…ジャケットとスカートを脱いでブラウス姿になると再びベッドにうつぶせになった。もう一度馬乗りの体制になり、肩揉みから始め、背筋を指圧すると「う~ん…折角やって貰うなら地肌に直接指圧して欲しいな…だからちょっと待って…」そう言うと、馬乗りになっていた俺に退くように言うとブラウスのボタンを外し始め、脱ぎ去ってしまった。ストッキングは滅多に履く事の無い妹はその日も当然のごとく履いてなくブラとパンツだけの下着姿になってしまった。そんな姿にちょっとドキッとしてしまった。思えば妹の肌をこんなにも間直で見たのは確か妹が中学に上がるちょっと前位に一緒に風呂に入っていた以来だと…以来10年ちょっと…妹はもう大人…白い肌にくびれた腰のラインとプリッとしたお尻とスラット伸びた美脚…、実の兄とは言え目の前のこの女体を見て、しかも直に触って何も感じないわけが無い…俺の息子は反応し始めていた。
下着姿になった妹は再び俯せに横たわり「ど~ぞ~♪」と、まるでマッサージ店に来たお客にでもなったかの様な態度だった。
俺はまた跨がり指圧マッサージを始めた。
肩から背筋…背骨の両側を親指で押しながら腰へ向かって行く。
「あ~気持ちイイ♪」腰を重点に指圧を始めると「あーそこそこ、そこサイコー♪」妹が言う場所を更に念入りにマッサージを続けると「そーう、そこが凝るんだよね~」といかに新人社員の仕事が大変かを強調するかの様にいう更に俺は尻の外側…エクボの部分を掌の手首に近い所の柔らかい肉で両側から挟み込む様に押すと「おっ!何それ?イイ感じ♪」
それから再び親指で足の付け根ヒップとの境目辺りを押し上げる様に押す「お~♪気持ちイイ~」一旦そこから離れ足先へ移動し足裏マッサージを始めたすると「おー!超~気持ちイイ~♪あ~ん♪」声だけ聞くとイヤラシ事をしている様な誤解を受けそうだった。
足裏全体を指圧し、アキレス腱の両側を摘む様に足首からふくらはぎに向けて移動し、特にアキレス腱からふくらはぎの境目辺りを重点的に下から上に撫でる感じでマッサージした。
「あ~ん♪そこ超~気持ちイイ~♪もっと、してぇ~♪」
ほんと声だけ聞かれたら絶対、Hな事してると思われても仕方ない感じだった。
そんな疲れた切った妹をもっと喜ばせようとマッサージに集中した。
足から再び上半身へ移ると、今度は妹に確認しながら指圧をした。
「この辺はどうだ?」「ん~もうちょっと下…そうそう、そこ!」そこは丁度ブラジャーのベルト部分だった。
そのブラジャーの材質がツルツルとしていて滑って指圧しにくいので「なぁサチ、外していいか?」と聞くと、「イイよ~」と、何の躊躇も無く答えた。
ブラジャーのホックに手を掛け外すと、それを左右に広げ背中に障害物が無い状態にした。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉に見られたオナニーが生んだ恋【体験実話】

俺も以前、姉に見られた。
俺が高1で姉が高3のときだった。
俺はコタツでテレビを見ていたら、姉が学校から帰ってきて、「寒い寒い」言いながら、制服のままコタツに入ってきた。
しばらくすると、姉は疲れていたらしく、コタツに入ったまま寝始めた。
テレビがCMに入ったので、俺はとくに意味もなく、コタツに顔を突っ込んだ。
すると、対面に寝ている姉のスカートがめくれて、パンツがモロに見えた。
罪悪感を感じてすぐコタツから顔を出した。しかし、やっぱりまたコタツに顔を入れた。
コタツの中で姉のパンツをマジマジ凝視してしまった。
姉はけっこう美脚で、パンツは白と青の縞々だった。
姉のパンモロだとわかっていても、チンポが固くなってしまった。
俺はコタツから出て、自分の部屋に帰った。
自分の部屋で、以前録画した格闘技のビデオを見始めた。
しかし、どうもさっきの姉のパンモロがちらついてしょうがない。
俺はついに姉の脚とパンツを思い出しながら、布団の上でオナニーし始めた。
姉「ねえ、正登」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年11月23日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妖艶な叔母と 【体験実話】

この話は私が中2の時、今からまだ10年にも満たない最近とは言えないが、昔とも
言えない時のことである。
私は早くに母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。
しかしその父も私が2年に進級する直前に事故で亡くなってしまった。

男2人の生活だったため、私はとりあえず同年代の人間よりは生活能力は高かったが、
問題も多かった。
金銭面に関しては、問題は無かったが、最悪の場合の頼れる人がいないことだった。

両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、母も妹がいたが連絡は取っていなっ
たらしい。
母の妹が唯一の親族だったが、見たことも無い人だったのでどうしようもない。

それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力を得て、私は何とか父の葬儀を済ませ
ることが出来た。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月19日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従妹へのいたづら 4【体験実話】

親父達は午前中には帰ってしまい、俺だけが残された。
昼間は叔父に連れられてゴルフへ行き、夜は夜で叔父叔母から20歳になったんだからと、
しこたまお酒を飲まされた。一応風呂には入ったが、しんどくてすぐに布団に入ってしまった。
夜中、トイレに起きたときには、寝る前に吐いたのが効いたのか、酔いはだいぶ抜けていた。
少し頭が重かったがフラフラとトイレに行き、用を足し、少し水を飲んで部屋に戻った。
すぐに布団に入ったが、一度起きたらなかなか寝付けなくなり、
ボーッと天井を眺めているのも退屈だったので、タバコを吸いに外に出た。
夏とは言え山奥なので、夜風が冷たかったが、酔い覚ましにはちょうどよかった。
ボーッとしながら3本くらい吸って、もう戻ろうかと玄関へ向き直ると、
ちょうど玄関から出てきたE美と鉢合わせた。窓から俺が外に出るのが見えたので、
ちょっと話がしたくて出てきたという。なんだか昨日のこともあってドギマギしたが、
「まぁちょっとあのへんに座って話そうか」と叔父の作業場へ通ずる階段に座るよう促した。
E美の格好は昨晩と同じでタンクトップに短パンで、
上から部活のものらしい薄手のジャンパーを羽織っていた。
夜明かりに白い脚が眩しく、タンクトップの襟元からのぞく胸元も色っぽい。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従妹へのいたづら 2【体験実話】

厨荷の頃から2年後の冬…。

恒一になるまで、自分自身の都合で叔父の家へ行く家族行事は欠席していたのだが、
ようやく都合がついて恒一の冬にチャンスが巡って来た。
実は夏にも行ったのだが、従妹がバレー部の合宿で行った日の夕方から不在だったため、
この時は何も出来なかった。

年始の挨拶で対面したとき、従妹は上は白のセーター、
下は黒いストッキングを履きその上に黒のミニスカートを着ていた。
白のセーターの上からも相変わらず胸が大きいのが見て取れた。
スポーツをやっているせいか、引き締まった足をしていて、太腿は太いのにふくらはぎはスラリとしていて、
足首はキュっと細くなっていた。かなりの美脚に見えた。
背は前より少し伸びたが、全体的には小柄な印象だった。顔も少し大人びていた。
内心どきどきしつつも、夜がくるのが楽しみになっていた。
叔父の家族はいつも親戚であるうちの家族より先に風呂を済ませる。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年10月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】息子の嫁はBカップ【体験実話】

<>671:えっちな18禁さん:2012/06/25(月)20:58:54.63ID:GMxjzg010<>
ヤ、ヤバイ!!
同居を始めた息子の嫁がどストライクな件

<>673:えっちな18禁さん:2012/06/26(火)23:17:50.38ID:shHvh6ks0<>
ま、家に帰るのが楽しくなったのは事実
しかし息子夫婦と同居してるおっさん達は表面上は良い義父でいるんだろうねえ…

<>674:えっちな18禁さん:2012/06/27(水)22:20:57.17ID:uy3Y+2ah0<>
若い女子が一人いるだけで家の中が花が咲いたようになるな

<>675:えっちな18禁さん:2012/06/30(土)12:43:10.56ID:1yzeXk810<>
倅は仕事、彩香(仮名)さんはこれから外出するらしい
さてどうしよう

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月24日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】海外赴任中の夫を持つ美人妻(3)【体験実話】

米国単身勤務の夫を持つ美人妻との逢瀬が続いてるんです。毎週土曜日は必ず逢ってる。先日は錦糸町のラブホテルにイン。このラブホテルは以前にも使った事があるお気に入りのホテルなんです。今日の彼女はお目明しで一段と綺麗。163cm,の気品があってスタイルも良いエリートの妻。僕との不倫は今回で3回目なんです。部屋に入るなりコートを脱がして抱きしめてキスの激しい連続。
沈黙のまま洋服を脱ぎ始めたんです。Tパンティーだけになって「昨日、生理が終わったの。今日はちょっとハードでも良いわ」僕たちはまず湯船に。背向きで僕に抱かれ乳房を背後から揉みながら自然に僕のシンボルが彼女の花心に入ってしまったの。湯船の中で腰を動かして「貴方のって熱いわ。奥まで入れてッ」僕は腰を浮かして一段と彼女の膣の中へ入れ込んだら「ウウウウウッ」呻き始めたの。美脚を開いて持ち上げて激しく揺さぶる。そして敷いたマットレスの上にローションをぬり、絡み合ったの。ツルツルしたお互いの肌が絡み合う。もう獣みたいにアクロバット。正常位でしっかりと抱き合い果て捲ったんです。暫くはベットで抱き合いながらテレビを見てたんです。またしても僕のシンボルが起きだしたんです。彼女が口に咥えてくれたんです。周囲の鏡には僕たちが怪しく絡み合う姿が映るんです。69、バック、騎乗位、ななめ等やりたい放題。特に騎乗位になった時の彼女の激しい事。遠慮無しに攻めてくるんです。知性的な女がここまで乱れるとは。何回も果て捲っては攻めてくるんです。「私、こんな激しいセックス経験がないの。旦那はありきたりの正常位なの。貴方とは遠慮無しに乱れるわ」その日は3回戦で終わったの。鏡に向かって化粧して髪を整えてる彼女のサッパリした綺麗な顔が素敵なんです。ホテルを出て錦糸町の中華料理店で食事をしてタクシーで銀座へ。手を繋いで銀座デートなんです。もう遠慮無しの恋人関係という感じなんです。「貴方のおかげで素晴らしいセックス楽しめるわ」彼女が小声でささやくんです。
手をしっかりと握り合い目と目とが合う。満足感を得た女の顔が垣間見える。こんないい女をモノにした自分を褒める。彼女のコートを着た身が僕に寄り添う。「旦那の米国勤務はあと何年あるの?」「あと3年位あるわ。大丈夫よ」銀座から日比谷公園に入り手を繋いだまま歩いたんです。夕方のベンチで肩を寄せキスしたんです。タクシーで彼女の家に近くまで送って行き、僕は帰ったんです。今日の彼女の大胆な乱れっぷりが脳裏に浮かんだんです。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年8月21日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした【体験実話】

嫁のまさみとは、結婚して7年ほど過ぎた。
俺は38歳で、嫁はまだギリ20代の29歳だ。

出会い自体は古くて、嫁が中学受験をするときの家庭教師が俺だった。
ロリ属性は全くないと思っていた俺だったけど、初めて嫁の家に行って、まだ小6の嫁と対面したとき、一気に心を奪われそうになったのをよく覚えている。

嫁は本当に美少女で、長澤まさみくらい輝いていた。
そのまま順調に育ち、今もかなりの美人だと思う。

家庭教師をしていたときは、もちろん手を出すことはなかったし、ひたすら真面目に勉強を教えていた。
そして結果も出せて、嫁は中学受験に成功した。
エスカレーター式で、大学まで行ける女子校に入学した嫁は、中学に入った後も俺を家庭教師にリクエストしてくれて、大学院まで行った俺は、結局嫁が高2になるまで教え続けた。
受験もないので、家庭教師など必要ないと言えばなかったのだけど、嫁は俺に恋心を持ってくれていたそうだ。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月13日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ