【寝取られ】月に一度、妻は親友の妻になる 【体験実話】

『お帰りなさい。今日もお疲れ様!』
弾けるような声で夫を出迎えるさとみ。35歳のさとみは、6歳の子供がいるようには見えないくらいに若々しい。
昔から体を動かすのが好きな彼女は、今もジムでのトレーニングを欠かさない。そのおかげもあり、学生時代の洋服はすべて着ることができる。
そして、少し厚ぼったい唇がセクシーな彼女は、真っ黒な髪に少し太めの眉毛、そしてぱっちりとした二重まぶたの目は、いつも濡れたようにセクシーだ。
その見た目は、石原さとみに似ていると評されることがよくある。

夫を出迎える彼女は、白の清楚なブラウスに淡いグリーンのタイトスカートを穿いている。清楚な感じのするブラウスに対して、スカートは少し丈が短く、彼女のほどよく肉付いた美脚が強調されている。
いつもは、もっとラフで色気のない格好をする彼女だが、月に一度、金曜日の夜にはこんな姿になる。
そしてその日は、6歳になる可愛い息子を実家に預けるのが常だ。孫のことを溺愛する祖母と祖父の強いリクエストもあるのだが、さとみと夫にとっては別の理由もある。

「ただいま。今日も綺麗だね。弘樹は?」
夫は優しげな笑みを浮かべながら、さとみにカバンを渡す。さとみは、そのカバンを受け取りながら、
『もう預けました。どうします? 先に少し飲みますか?』
と、笑顔で答える。
「あぁ、そうだね。まだ30分くらいあるしね」

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年3月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】ロリ妻環奈と高校生の彼氏2 【体験実話】

僕には、見た目が未成年……どころか、子供にしか見えないような妻がいる。実際の年齢は27歳という、そろそろおばさんと呼ばれる年齢だ。でも、いまだによく補導員や警察官に声をかけられるし、夫の僕から見ても、正直子供に見えてしまう。
AAカップのぺったんこの胸に、やめた方がいいと言ってもかたくなに変えないツインテールの髪型も、より環奈を幼く見せていると思う。

環奈は見た目と同じく、中身も子供そのもので、無邪気で純真だ。昔リストランテでシェフのまねごとをしていた僕が、環奈のために夕食を作っている時、椅子に座ってブランブランと幼児みたいに足を揺らす仕草が、僕は大好きだ。
27歳にもなって見た目も中身も子供なのは、本当ならば問題なのかもしれない。でも、ロリ属性の僕にとって、環奈は理想の天使なのだと思う。

そんな環奈との毎日は、幸せそのものだった。でも、環奈が高校生のタケル君にナンパされたことで、僕と環奈の関係に大きな影響を及ぼし始めた。

#8212;#8212;『ダメだよw タケル君が先だもん#9825;』
環奈は小悪魔のような顔でそう言うと、手の平に垂らした僕の精液をティッシュで拭い始めた。僕は、まだ環奈に飲精してもらったことがない。そして環奈は今、僕のを飲むよりも先にタケル君のを飲むと宣言した。
もちろんそれは、僕が寝取られフェチであると断定した環奈の挑発だと思う。本気でそんな事をするつもりはないはずだ。
結婚して以来、一途に僕だけを愛してくれている環奈が、他の男のモノを飲むなど、あり得ないと言い切れる。
でも、僕はその光景を想像すると、信じられないくらいに興奮してしまう。

『なんでもうこんななの?』

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年3月3日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】姉と妹【体験実話】

俺は20歳の大学生で、3つ年上のOLやってる姉と3つ年下の女子高生の妹がいます。
姉は俺にやさしくけんかした事がないです。また、妹も俺と仲良く、部屋も同じで一緒に勉強しますし、寝ています。
そんな俺には彼女が必要ないんです。
姉とは3年前から、妹とは1年前からセックスしています。
姉には大学生のとき、家庭教師をやってもらっていたんですが、保健体育の実技として
童貞をもらっていただきました。その後は、姉と二人きりのとき、いつでもセックスしてました。
全部教えてもらったんですが、なんせ一緒に家にいるから、姉のからだを見てるだけで興奮してしまい、毎日毎日エッチするようになってしまいました。
しかし、去年妹にばれてしまい、今度は僕が妹の処女をいただくことになり、姉に教わったテクニックをすべてぶつけていきました。
今では、毎日姉と妹と必ずエッチするようになりました。
もちろん、姉も妹もお互い僕とやっていることは知っています。
両親が共働きで朝早く帰りも遅いので、
同じ部屋に寝てる妹とは学校行く前に、朝立ちで一発やっちゃいます。
姉が帰ってきたら、お互い全裸になりすぐに一発です。
でも3Pだけはしたことないっていうか、僕が求めてないし、興味ないんです。
妹の若いからだと姉の濃厚なプレイはどちらも捨てがたく、彼女なんか要りません。

体験実話集関連タグ

||||||

2015年2月24日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間2 【体験実話】

夏休みの恒例行事で、うちの家族と叔父さんの家族でするロッジでの1週間の休暇。妹みたいに可愛い従姉妹の愛花ちゃんと会うのも楽しみだった。

そして今年も始まった1週間。ただ、今回は僕の弟が部活の合宿で不参加なので、ちょっと物足りないかな? と思っていた。
1年ぶりに会った愛花ちゃんは、ボーイッシュで本当に男の兄弟みたいだった去年とは違い、驚くほどの美少女に変化していた。

戸惑い、照れながらも二人でテニスをすると、去年みたいに手加減する余裕もなく、けっこう本気で良い勝負になった。

そして、二人で貸し切り家族風呂に入り、1年で少女がどれだけ変化するのかを思い知らされた。

#8212;#8212;風呂で生まれて初めての経験をしたあと、長風呂になりすぎて、慌ててロッジに戻ると、両方の両親とも完全に酔いつぶれて寝ていた。

僕らはとりあえず隣のロッジに移動して、テレビでも見ようとか言っていた。でも、ロッジのドアを開けて中に入った瞬間、愛花ちゃんは僕のおちんちんを握り、
『お兄ちゃん、さっきの続きしよーよ!』
と、無邪気に言ってきた。愛花ちゃんは、照れた感じも恥ずかしそうな感じも何もなく、DSでもしよーよ! っていう感じで言ったきた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年2月22日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹のパンツを見た友人【体験実話】

長い割に大した内容じゃないんだけど、今から10年くらい前の話。

当時、俺は中3で妹は中1だった。
7月のある平日で、普通に学校もあったんだけれど、とても風の強い日だった。
その日、先に妹が家を出て、ちょっと後から俺が家を出たんだ。

しばらく歩いていると、遠くの方に妹が歩いているのが見えて(背負ってる鞄で分かった)、よく見ると妹のすぐ後ろを同じクラスの友達らしき人物が歩いていた。
(野球部でボーズにしていたのと、肩から掛けていたスポーツバックがそいつのぽかった)
この友達はよく俺とエロトークをしていた間柄で、かなりスケベな奴だった(俺もスケベだがww)。

当時クラスでは、親から子供のネットの使用を厳しく制限されていて(何か教師と保護者同士の話し合いで足並みそろえていたっぽい)、エロ本なんか買いに行けなかったし、仲間内ではみんな欲求不満気味だった。

でもそのエロ友達には社会人の兄貴がいて、そいつは兄貴から親に内緒でエロ本やAVを見せて貰っていた。
だから俺らの仲間内では最も性に関する知識が豊富だったし、同時に一番のスケベだった。
何せ、女子を見る目がいつもいやらしく、下手に知識がある分、将来は官能小説家にでもなった方が良いんじゃないのか?って言いたくなるくらい妄想力が凄い奴だった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年2月20日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹の友達の誘惑【体験実話】

俺が一人暮らしの大学四年生の頃。内定が決まり、単位も申し分ない、割のいいバイトのおかげで金もあるし、友達もいる、一つ心残りだったのが、女の子と手すら繋いだことがないことだった…。
で、ダラダラと実家で夏休みを過ごしていた夜9時ごろ、妹(高2、16歳)から電話がかかってきた。
「あー…兄貴?今大丈夫かな?」
いつもは幼少の頃から呼んでて、変えるに変えづらい感じの「お兄ちゃん」呼びだったんだが、4年家を空けると成長するってことか。
「大丈夫よー」と答えたが、返事が返ってこない。なんだか後ろでモゴモゴ話しているようだ。
「あ、お兄さんですかー?実は…私Aちゃん(妹)の友達なんですけどー…車を駅まで出して欲しいってAちゃんが言ってるんですよー」
わたしじゃないしー!みたいな声が後ろから聴こえてくるが、まあいい。
送り迎えくらいなら進んで引き受けてやろう。

駅に着いたとき、そこに居たのは四人の女子高生。軽く詳細書くと

A(妹):一番背が低く140cm台。バスト?ヒップ?何それ。シャツ出したりスカート短くしたりボタン開けたりしてるが、俺にとっては昔と変わらないちんちくりん。
B:ブス。四人の中では。だけどノリいいし話しかけやすくはあるか。悔しいが脚の絶妙な太さと黒ニーソからできる絶対領域が視線を誘う。
C:Bよりノリがいい。酔うとタメ語になる。グラドルの相澤仁美に似てる。膝上25cmレベルのミニスカとムッチリとした太もも、胸部からフンワリと焼き立ての食パンのように膨らんだ胸…体も相澤級?
D:四人の中で一番可愛い。現在彼氏持ち。スレンダー系。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2015年2月19日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】エロい写メから始まる体験談【体験実話】

868名前:(‘A`)2006/05/24(水)01:45:560

喪友達の妹がちっこくて大人しくて無茶苦茶可愛くてベタ惚れ(俺の一方的な片思いだが)だった時期があるんだ。

で、喪友達とは喪板の妹スレのノリで
「じゃあお前の妹くれよ」
「やるよ、あんなの」
みたいなお決まりのやりとりをメールするのがお約束化してたんだが、
その日は深夜に
「そろそろオナニーして寝るから○○さんのぱんつ盗撮してきてくれ」
ってメール送ったら
「よし、少し待ってろ」って返信が来て、十数分。
ああ、こりゃ無視されたな、と思ったが、いつものことなのでさて寝るか、と布団に潜ろうとしたら
「寝てたみたいだからバッチリだ」
という返信とともに、ベッドの上で太ももとぱんつ晒して眠ってるそいつの妹の写真が。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2015年2月18日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】菊川怜似の従姉【体験実話】

小5の頃に祖母の通夜葬式に出席するので伯母の家に泊まった事があった。
1人1布団で寝る十分なスペースが無かったので雑魚寝状態で泊まったが、
俺は10歳上で看護婦の美人な従姉(今の女優だと菊川怜似)の部屋で同衾した。
勿論セクスなど出来る訳なく、向かい合って寝ているだけのイイ匂いで我慢した。
が、翌朝まだ寝ている従姉の胸に顔を近づけると我慢できなくなりオナニー開始。
すると「○○ちゃん、もうそんな事知っているの!」と従姉がぱっと目を覚ました。
どうやら寝たふりをして俺がエッチな事をするだろうと様子を窺っていたようで、
「昨日からオチンチン硬かったもんね」どうやら俺が寝ている時に弄ったらしい。

すると「おっぱい触ってもイイよ」とパジャマを脱いでノーブラの胸を突き出してきた。
俺は片手でオナニーしながら残りの手で従姉の乳を揉んだ。小ぶりだがプリンとしていて、
弾力があって揉み心地が良かったが、興奮しすぎたのかなかなか逝けずに抜けない。で、
「みんな起きてきちゃうから、急ごう。おねえさん、手伝ってあげるから」と従姉が手コキ。
従姉は片手で竿を擦りながら別の手で玉袋を揉む荒業を小5の俺に施してくれたので、
1分くらいでどぴゅっと凄い量を射精して果てました(とうぜん従姉にぶっかかりました)。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2015年2月17日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】やっと姉にフェ●で抜いてもらったったwwwww【体験実話】

姉とエッチしたいと思ってもう数年が経ったが
ついに姉とエッチできた!

しかも姉の方から誘わせた!

とりあえず俺20姉24ね

チキンだから俺の方から誘う事はできなく
そこでどうしたらエッチしたい事をアピールし姉のほうから誘わせるかを考えていたんだ。

そんなある日気付いてしまった
俺は普段から家ではパンツとシャツだけしか着てないんだが
このパンツだけの状態で胡座をかくとなんと隙間から息子が見えるんだ!
すごい時なんて隙間からぽろんっと出る事すらある。

体験実話集関連タグ

|||

2015年2月16日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】嫁が勝負に負けて僕の親友に手コキした 【体験実話】

妻の果穂とは結婚してからの期間よりも、結婚する前の交際期間の方が長い。果穂と出会ったのは、中2の夏だった。転向してきて、隣の席になった果穂に、一瞬で惚れたことを今でもよく覚えている。

それから15年たつが、晴れて今年夫婦になった。果穂に、出会ったときのことを聞くと、
『私も一目惚れだったよ#9825;』
と、笑顔で言ってくれる。でも、僕の記憶では、少なくても中学の時は、果穂は僕の友人の山川のことの方が好きだったはずだ。

高校生になり、同じ高校の同じクラスになったことがきっかけで、僕と交際するようになった。でもあの時、果穂が山川と同じクラスになっていたら、今僕の横に果穂はいなかったはずだ……。
そんな事が、僕の心に小さなトゲのように刺さったまま、今に至る。

山川は、僕よりもルックスもよく、身長も高いし、運動も勉強も出来た。バレンタインの時とかに、果穂からしかチョコをもらえない僕とは対照的に、山川は5~6個はもらっていたはずだ。

山川は、中学の時はそうでもなかったが、高校大学と、常に女が周りに複数いるような感じだった。でも、特定の彼女を作ることもなく、今に至る。まだ30前なので、まだまだ遊びたいのかもしれない。

僕と果穂にとって、幼馴染みみたいな感じの山川は、よくウチに遊びに来る。僕と果穂が結婚するまでは、僕の部屋で鍋なんかをよく食べたが、最近では僕と果穂の新居にワインなんかを持って遊びに来ることが多くなった。
新居といっても賃貸だが、僕の叔父が住んでた家で、叔父は叔母が亡くなったのを機に、世界中を旅して回っていて、格安で貸してもらうことが出来た。叔父が日本にいるとき用に、叔父の部屋はあるのだが、去年は一度も帰ってこなかった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2015年2月16日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話
3 / 11112345...102030...最後 »

このページの先頭へ