【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 完結 【体験実話】

前回↓

最初から読みたい方は↓

天野と近藤、2人の男の手によってあっという間に絶頂に達してしまった菜穂は、身体を大きく仰け反らせた後、足腰をガクガクと震わせてカーペットの上に崩れ落ちるようにして座り込んだ。

「ハァ……ハァ……」

菜穂は自分でもあまりに早くイッてしまった事に驚いていた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年7月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 6 【体験実話】

前回↓

最初から読みたい方は↓

「天野部長の秘書?」

「……うん、近藤さんに頼まれちゃって……」

夜、天野部長の秘書になる事を頼まれたと菜穂が伝えると、夫の智明は当然驚いていた。

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年7月1日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 5 【体験実話】

前回↓

早朝、菜穂は家族のために1人早起きして朝食を作り、夫のネクタイやカッターシャツを用意する。

そして夫と子供達を起こし、家族皆で一緒に朝食を食べる。

「ほら、お腹空いてなくても朝ごはんはしっかり食べなきゃ駄目よ。一日のエネルギーになるんだから。」

食卓の席に座ってもまだ眠そうな子供達。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2015年6月23日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】プライドの高い妻だったけど(2) 【体験実話】

「はあ・・・」
自然とため息が漏れる。

今日もまた夫から遅くなるとのメールが入った。
ここのところ、ほぼ毎日だった。帰ってこない日すらあった。

おしどり夫婦と噂される程、仲の良かった私達だったが、
夫が彼らと付き合い出してから、段々歯車が狂ってきた。

村松と名乗った男の貧相な顔を思い出すと、吐き気がする。

彼の下品な台詞が、いつまでも頭から離れなかった。

「旦那しか知らない人妻をオモチャにするのって、処女で遊ぶより断然、面白いんだよ」

体験実話集関連タグ

|||

2014年10月22日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】プライドの高い妻だったけど(3) 【体験実話】

「はあ・・・」
自然とため息が漏れる。

今日もまた夫から遅くなるとのメールが入った。
ここのところ、ほぼ毎日だった。帰ってこない日すらあった。

おしどり夫婦と噂される程、仲の良かった私達だったが、
夫が彼らと付き合い出してから、段々歯車が狂ってきた。

村松と名乗った男の貧相な顔を思い出すと、吐き気がする。
明らかに冗談だと分かってはいたが、それでも彼の下品な台詞は、いつまでも頭から離れなかった。

「旦那しか知らない人妻をオモチャにするのって、処女で遊ぶより断然、面白いんだよ」

私はビジネスのことは良く分からない。

体験実話集関連タグ

|||

2014年10月22日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】女は道具【体験実話】

俺は25の時に、
インフルエンザをこじらせて、入院しました。高熱が1週間続きました、先生から子種を調べたほうが良いと言われ調べたら子供は諦めたほうが良いと言われた。
それからは、
大して好きでは無い彼女と安心して中出しセックスの日々を送ってました。結婚願望の強い歳上女で、たまたま付き合いだしただけなのに、中出しを結婚の合図と、勘違いしてる。
確かに30女にしては、良い女だし、見た目は20代だけどさ。
そんな中、
職場に新卒の新人が入社して1人を指導する事になったが、どうにも要領が悪く覚えも悪い。どうやら失敗を、色気で乗り切るタイプらしく、確かに可愛いけど、なびかずに、小言をや叱責をする俺に、最終手段を仕掛けて来た。
そう、身体を差し出して来たので、躊躇うこと無く、いただいき。
逆に利用した。
仕事中に度々、
人気の無い所で、しゃぶらせ写メを撮りまくり、
奴隷化していた。バーコード部長が、飲みの席で、新人を気に入った素振りを見せたので、写メを見せたら、大興奮して、
ワシも味わいたいなぁって、
秘書にしたらって話して、新人を説得して、部長の愛人けん秘書にした。それからは、
社の女性社員を根こそぎナンパしては、写メで脅し

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年9月7日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【泣ける】「あなたのせいではない」小保方氏らへ遺書 【体験実話】

理研・笹井氏自殺】
「あなたのせいではない」小保方氏らへ遺書
2014.8.519:48[STAP細胞]

 神戸市中央区の先端医療センター研究棟で自殺した理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長(52)が残した遺書について、「STAP細胞」論文の筆頭著者の小保方晴子氏(30)にあてた遺書が含まれていたことが5日、関係者への取材で分かった。小保方氏には「あなたのせいではない」「STAP細胞を必ず再現してください」と書かれていたという。

 理化学研究所などによると、遺書は、笹井副センター長のかばんの中に3通あり、笹井副センター長の秘書の机の上に2通あった。

 かばんの3通は小保方氏のほか、CDBの竹市雅俊センター長ら理研幹部や理研関係者にあてたものだったという。

 小保方氏にあてた遺書には小保方氏の立場をかばい、思いやるような内容で、「疲れた」との趣旨や謝罪するような言葉もつづられていたという。

 秘書の机の上の遺書は、人事課長と総務課長あてだったという。

体験実話集関連タグ



2014年8月8日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【人妻】我が家の性の事情前編【体験実話】

俺は性欲が異常に強い、裕福な家庭に生まれ金には困らないので、18から週2ペースで吉原通い週末はマンションにデリヘルを1日買い、それ以外はナンパ三昧でセックスをしまくりだ。
縛られたくないので、特定の彼女は作らなかったが、まだ大学2年なのに両親から、後継ぎをとせっつかれて、お嬢様クラスと見合いを連発。相手の好感触を尻目に、全て断ると、
ある日、
父が上京してきた。酒を酌み交わしながら、気まずそうに、
話を切り出した。
(良樹、お前女嫌いなのか?)
『えっ何で?』(何でって、彼女も連れて来ないし、見合いも断るし、ほら、何て言うか、今流行りの・・・)
『流行り?、』
(うん、その、何だ、ホモって言うのか)
『なっバカ言うなよ、女好きだよ』(そうか、安心したよ。)
まぁ男どおしだし、色んな女とセックスしたいから、彼女を作らない事情を話した。
すると、酒の力も手伝ってか、父も性欲が異常に強いと、話しだした。
何でも、抱き飽きないように16の女を(母親)嫁にしたが、時々出合い系で浮気してるんだそうだ、
この夜は、
部屋にデリヘルを呼び親子で楽しんだ。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年7月9日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】憧れの彼女は今は妻【体験実話】

某有名国立大学を卒業して、大手商社の秘書課に配属された由里は男性のみならず、同僚の同性からも注目の的であった。身長も165cm、バストも当時86cm、ウエスト69cm、ヒップ90cmと出るべきところは出て、くびれるところはくびれている。はっきりとした顔立ちは天は二物を与えずという言葉は彼女には例外であった。
当然のように、周りの男性たちはそんな彼女をほっておくはずがない。あの手、この手でアタックしているが、
彼女は決して特定の男性との付き合いはしていなかった。制服の淡いピンクのツーピースに包まれた彼女の身体からはいやらしさのない清楚で汚れのない雰囲気を身体中で醸し出している。じっと観察しているとわずかに身をかがめたり、なにかのしぐさでお尻を突き出した時、パンティーのクロッチの線がわずかに浮き出して見えると気がある。たぶんそれを目撃した男性はそれをおかずに夜な夜なマスをかいているのは間違いないだろう。
会社の仕事が終わると彼女はシルバーメタリックのスポーツカータイプの2ドアの愛車に颯爽と乗ってどこかへ
消えてしまう。人伝に聞くとプールに泳ぎに行っているとのこと。その情報を聞いた男性たちの中には、同じ
プールの会員になってまで、彼女の水着姿を拝みに行っているとのこと。そこには白いワンピース姿の彼女が50mコースをまるでイルカのように水を切り泳いでいた。会社での制服姿とはうって変って、これ以上のプレゼントはないと言い切れるほどに男性たちは喉を鳴らし、なかにはいろんな妄想をして股間を膨らませていることだろう。はちきれんばかりの水着に包まれた彼女の身体は・・・両方の胸は丸く、水着の上から見てもやわらかそうで思わず、揉みたくなる衝動を抑えるのにどれだけ苦労しているか。くびれた腰、そしてそこからゆるやかに
丘を作ったお尻、その中央を分けるお尻の割れ目、前に回るとぷっくらと膨らんだ恥骨。誰もが彼女を裸にした
妄想をしているのは仕方がないことだろう。脇の下もいつ手入れをするのか綺麗に無駄毛の処理も出来、ほどよい太ももとビキニラインからも無駄毛は一本も見ることは出来ない。そんな絶賛していた当時の彼女は今、
私の妻になっている。世の中捨てたものではない。たぶん私の人生においてこのような青天の霹靂は二度とないと確証するほどだ。そんな高値の花だった彼女だから、結婚するまでキス以上の関係などもちろんなかった。というより出来なかった。とここまで書けば新婚初夜がどれだけ待ちどうしかったかは容易に想像できるだろう。
部屋に入り、一息ついて、まるで壊れモノを扱うかのごとく、彼女を抱きキスをする。決してディープキスではない。リラックスするため、先に私がお風呂に入った。そのあと、妻にお風呂を促す。長い待ち時間だった。
お風呂から出てきた彼女は淡いピンクの膝まであるレースのナイティーウエアを着ていた。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年6月25日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】妻の再就職Ⅳ【体験実話】

興奮を押えながら、2枚目のDVDをセットした。
映像が流れ始め、秘書初日というタイトルが流れた。
映像は、社長室だろうか?綺麗な部屋で、高そうな家具が並んでいた。
正面に社長の机だろう、そして向かい会う様にちょっと小さい机があり、妻が座っていた。
”ガチャ” 扉が開いた。社長が入って来た。妻も立ち上がり頭を下げ、”おはようございます”
社長が、妻の前に立ち”今日から、よろしく頼むよ”とニヤけた顔で妻に言った。
社長は、机に座るなり”美香さん!こっち来て”と妻を呼んだ。
妻は、立ち上がると社長の前に向かった。
「ここに来なさい」と社長は自分のすぐ横を指さした。妻は恐る恐る隣に立つと、スカートを捲られ
パンティを曝け出した。社長はパンティの上からマンコを触り始めた。
「何をするんですか?」
「分からないか?会社辞めれないだろ!お金稼がないと・・・ね」
「でも・・・」
「俺の女になれば、給料は倍あげるよ」
「倍ですか?」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月23日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ