【近親相姦】お漏らし3姉妹【体験実話】

姉「ちょっと部屋こいや」姉「……」姉「来て下さいね」
姉1「ちょっと……お前ここに座れ」トントン
姉2「……座って……」
姉3「お姉ちゃん達は怒ってるんじゃありませんからね」
姉1「俺は怒ってるわ、姉3は甘いんだよ」
姉2「……」
姉3「まぁまぁ、弟くんにも事情があったんですよ。そうですよね?」
……
姉1「ダンマリかよ。ったく、自分のしたこと分かってんだろ?」
姉2「……パンツ……」
姉3「そのぅ……たまたま紛れてしまったんですよね?」
姉1「なわけねーだろ、何だよこの染みは」
姉2「……カピカピ……」
姉3「……えーっと、ど、どういうことですか?」
姉1「こいつ、パンツおかずに抜いてやがってんだよ」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年12月1日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】お漏らし3姉妹【体験実話】

姉「ちょっと部屋こいや」姉「……」姉「来て下さいね」

姉1「ちょっと……お前ここに座れ」トントン

姉2「……座って……」

姉3「お姉ちゃん達は怒ってるんじゃありませんからね」

姉1「俺は怒ってるわ、姉3は甘いんだよ」

姉2「……」

姉3「まぁまぁ、弟くんにも事情があったんですよ。そうですよね?」

……

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月30日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】布団の中、妹と裸で【体験実話】

布団の中、妹と裸で

子供のころ歳の離れた妹のお願いやおねだりは何でも聞いていたので、妹に凄く慕われていた。
兄妹仲が良いというより、妹がやたら俺に懐いていたという感じ。
もちろん俺も色々とつきまとってくる妹にまんざらでも無く、
親のおつかいなんかでも二人そろって買い物に行ったりしてたので近所でも評判の兄妹だった。

妹も小学生になり、俺も中学校へ上がり、俺は思春期に突入し性に目覚め、
父親が持っていたエロ本やAVをこっそり拝借する内にオナニーを覚えた。

射精の快感を覚えてからというものは、トイレや自室、はたまた下校中など
しばらく一人になる時間さえあれば、ちんこを扱いては射精の快感を味わっていた。

ある時、妹の部屋で遊んでいるときにふざけて妹にちんこを触らせて、
そのまま勃起したちんこをしごかせてからというもの、他人にしごいてもらう快感に溺てしまい、

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年11月30日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】下着女装フェチの弟と・・・2・クリスマス【体験実話】

下着女性フェチの弟と…の続き

456:名前:194の弟投稿日:2010/11/24(水)23:40
姉貴かなり機嫌が悪いっす。女の子のあの日だそうです。
俺も困ってます、いろいろと。
溜まっちゃってしょうがないので、メールで
「フェ○でお願いします」と頼んでみました。
「あんたは何してくれるの?」
「おっぱい揉んであげます」
「あたしが余計にストレス溜め込みそう。しばらくパンティでオ○ニーしてなさい」
取り付く島もない状態です。
446
まじめに高校生ですよ。別にませた文章書いているつもりもないです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年11月28日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉紀子と【体験実話】

前編:従妹アキ、従姉紀子との・・・(近親相姦の体験談)

==========================================================
リンク:
==========================================================

<>644:えっちな18禁さん:2008/04/06(日)00:57:40ID:ymcYa2CA0<>
お久しぶりです。
レスをくれた人にはレスをするのがオレのジャスティスでしたが
このスレを開いていない間にレスをくれた人、申し訳ない。
未だにコメントくれている人がいるみたいで
びっくりするやら嬉しいやらです。ありがとうございます。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年11月26日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】イイ夫婦の日(11月22日)記念NTR 【体験実話】

現在私35歳、妻 千尋32歳。若くして結婚しすぐに子宝にも恵まれました。

息子は現在中学2年生。
中学受験を経験して現在、偏差値の高い有名な私立中学に通っています。
この話は一昨年の中学受験の頃からの話となります。

中学受験を間近に控えた頃、息子が通っていた進学塾では最終的な志望校
の決定をする為に、最終テスト結果を元に子供と保護者で三者面談を実施
していました。

息子の第一志望校は非常に偏差値の高い有名校なのですが、最終テスト結果で
は合格率が非常に低く、2ランクぐらい落とした学校を塾からは勧められましたが
やはりどうしても第一志望校に行かせたい故に、第一志望校を無理を承知で受験
して第二、第三志望校は息子の偏差値範囲内の学校を受験する事としました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年11月24日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】姉は家庭教師 コスプレ着せ替え人形【体験実話】

「もう〜、○○。どうしてこんなに簡単な問題解らないのぉ?」
姉はあきれ返った様に俺に言う。
「そんなこと言ったって、俺チンプンカンプンだよ」
俺は現在中学三年。今年受験だというのに偏差値40そこそこという状況。
このままではロクな高校へ行けない、と心配した両親が姉を家庭教師に抜擢した。
姉は高校二年、俺とは違い、成績優秀、県内の進学校へ進み、そこでもトップクラスだ。
その上運動神経もよく、ルックスもいけてる。
同じ姉弟で、どうしてこんなにデキが違うのだろう。
そんな姉に俺はずっとコンプレックスを感じていた。
「もうっ。いつまでボンヤリしてるの?
 早く、次の問題っ!」
「わ、わかったよ…」
と言ったものの、すぐに行き詰ってしまう。
「ねえ。○○ってさぁ、高校行ったら何やるとか、
 将来何になりたいとかっていう、そう、夢とかってあるの?」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月23日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【浮気・不倫】続・新妻絶頂 【体験実話】

前編:新妻絶頂

電話が鳴ったのは、一週間分溜った洗濯物を干し終わった時だった。
よく晴れた土曜日である。美佳の銀行も健介の会社も週休二日だったが、健介は仕事が残っているからと言って午前中に出かけてしまっていた。
今日はどうしても家にいて欲しかったのだけれど、そういえば婚約したばかりだった去年の夏も、健介は土日返上で働いていた。
年に一ヶ月のことだから、仕事だけなら我慢しなくてはいけないのだろう。
しかし今日はその上、学生時代の先輩の結婚式の二次会があるとかで、帰りが遅くなるという。
美佳はそれだけでも欠席して早く帰ってきて欲しいと頼んだのだが、健介は例によって柔和な口調で拒んだ。
「そうもいかないよ、なるべく早く帰って来るようにはするけど。ごめんな。」
「でも毎日遅くて疲れてるんだし…。」
「ああ、大丈夫だよ。ずいぶん実家にも帰らせてもらってるし。」
「そんなにここに帰るのが疲れるの?」
「そういうんじゃないよ。仕事は遅いけど、寝る時間はきちんと取ってるから大丈夫、ってこ と。」
「そう…じゃあ、できるだけ早く帰ってね。」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年11月23日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】姉と猫どっちが可愛い?【体験実話】

<>1:◆C5NoXSCI6.:2011/10/21(金)20:31:47.74ID:2f5vJ4pk0<>
――――――――――夕方、買い物帰り

弟「あっ、猫だ! かわいいなぁ。猫飼いてえ〜」(ワシャワシャ

姉「私と猫どっちが可愛い?」

弟「えっ? 姉さん、かな?」

姉「ほんとに?」

弟「うん」

姉「じゃぁ、私のこと飼って!」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年11月21日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妖艶な叔母と 【体験実話】

この話は私が中2の時、今からまだ10年にも満たない最近とは言えないが、昔とも
言えない時のことである。
私は早くに母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。
しかしその父も私が2年に進級する直前に事故で亡くなってしまった。

男2人の生活だったため、私はとりあえず同年代の人間よりは生活能力は高かったが、
問題も多かった。
金銭面に関しては、問題は無かったが、最悪の場合の頼れる人がいないことだった。

両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、母も妹がいたが連絡は取っていなっ
たらしい。
母の妹が唯一の親族だったが、見たことも無い人だったのでどうしようもない。

それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力を得て、私は何とか父の葬儀を済ませ
ることが出来た。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月19日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ