【人妻】夫の悪戯(続)【体験実話】

あの恥ずかしい夏の体験から5ヵ月が過ぎました。
季節も変わり冬本番、雪が舞う季節になったある日、夫からクリスマスを
友人達と一緒に過ごさないかと相談されたんです。
その友人と言うのは、夫の学生時代の後輩2人らしく、会社の忘年会の時に
偶然同じ店で鉢合わせになった様です。
何年ぶりの再会に、途中忘年会を抜け出して3人で飲み直し、今回の話に
なったと言うんです。断る理由も無く了承したんですが、何か夫の企みがある様な気がして快く受け入れる事が
出来ませんでした。
クリスマスの数日前、夫が紙袋を手に帰って来ました。
「何?それ・・・」
「あ~クリスマスの衣装!」
「衣装?」
中身を確認すると、サンタの服が2着(男性用と女性用)入っていました。
「え~もしかして、これ着るの?」
「ん~その方が気分出るし・・・後輩も着て来るから・・・」

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年8月5日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】モモとノンタン(補完)【体験実話】

<>394名前:えっちな18禁さん投稿日:2012/08/25(土)02:32:14.06ID:P/qqw/bh0<>
自分もつい最近までスワップしてました。
せっかくなので自分の話も聞いてもらいたいです。
出来れば明日くらいに書きたいと思います。

<>473名前:394投稿日:2012/08/26(日)10:32:15.37ID:tEq9EIiH0<>
自分は29歳のプログラマで
名前はちょっと変わってるので太郎としておきます。

嫁は桃子で、モモって呼んでいます。
23歳で、今はケーキ屋でパートしてる。

スワップ相手は
旦那の名前が祐司(祐二?)で、

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月26日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【泣ける】化け物と大泣きしながらセクロスした【体験実話】

ナンパで拾った化け物と大泣きしながらセクロスした話をする。

<>1:以下、VIPPER速報がお送りします:2011/10/09(日)16:50:26.80ID:wlP9Em3Q0<>

この話は約1年前の冬の出来事。
俺はいつも通り京橋で汗のおっさんと朝まで飲んでた。

<>5:以下、VIPPER速報がお送りします:2011/10/09(日)16:52:18.14ID:4OVP0PRP0<>

なぜ化け物をナンパしたんだ…

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年3月9日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【人妻】【寝取り】勉強会でセックスセックス!性教育は完璧【誘惑】【体験実話】

105 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 23:43:09 ID:XvZHQ3pjO
数年前、会社から受けた検定というか試験を、巨乳の同期と一緒に勉強した話を書きためてる。ちょうどいいスレッドがないんだよ。ここに投下するのはスレちですか?

106 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 01:16:28 ID:hN9/KYz60
いいんじゃない?キボンヌ

107 名前:105[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:50:55 ID:2NSeSOyl0 [1/19]
後味のいい話ではないし、長編が苦手な人はスルーして下さい。同期入社の女性は4人いて、3人の胸は大きかった。配属がきまり同じ営業所になったAは、顔もかわいいく一番の巨乳だった。Fは間違いないだろう。Aは営業。一時間以上掛けての電車通い。俺は深夜作業もある現場。俺には遠いのでアパートが提供された。出勤する時間帯も違い、会社で会うことも少ない。たまに会話するくらいだった。身長は160弱。漆黒の髪と化粧が利き過ぎのような気もするが、それを差し引いても白い肌。入社して間もないでのスーツはしっかり着込んでいた。体のラインは分からない。巨乳と知ったのは半年後。会社から行った温泉旅行で、浴衣を着た時に現場の男が盛り上がったらしい。俺は、当日行けなかったかった。

108 名前:105[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:51:58 ID:2NSeSOyl0 [2/19]
Aは佐藤寛子になんとなく似ていたので、以下寛子。寛子は天然系で、年配社員からは「ぶりっ子」という死語で呼ばれており、誰かしら媚を売っているように見える娘だった。仕事も人任せなことで、同じ女性社員からも、一部疎まれていた。異性の社員に対しては、年の上下に関わらず必ず、さん付けなのだが、俺のことは入社当初から「俺クン」と呼ばれていた。「俺君」ではなく、「俺クン」みたいな語感。もしくは「俺ク~ン」みたいに聴こえる。ただし、営業成績は良く、その巨乳から受けるセクハラに耐える姿は、俺からはがんばっているようにみえた。

109 名前:105[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:52:57 ID:2NSeSOyl0 [3/19]
俺が初めて巨乳を確認したのは、同期の飲み会。テーブルの上に胸を載せる私服姿についつい目がいった。寛子の家は俺の実家に向かう途中にあり、電車で実家に帰るときたまに会ったりした。そのうち俺は適当な中古車を買い、時間が合えば実家に帰るついでに送る日があった。俺には彼女はいたが、遠距離だった。会話はいつも会社の話をして終わり。大量に同学年のいる学生と違って、大半が先輩か後輩か上司か部下である会社には同格の者は少ない。女性で職種は違っても同期というのは気軽に話せる、特別な存在を感じた。3年目で会社で必要な検定試験を受けるよう言われて、勉強することになった。大した試験ではないが、落とすと恥みたいな感じ。現場の俺にとってまあまり必要を感じてない。しかも、日常業務と関連があるので、特に勉強の必要もない。だた営業の寛子は、一から勉強が必要であった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月28日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【恐怖】四つの顔 【体験実話】

582名前:四つの顔 ◆oJUBn2VTGE[ウニ]投稿日:2009/10/11(日)22:41:09ID:e4PX3/wx0

大学一回生の冬だった。
そのころ俺は大学に入ってから始めたインターネットにはまっていて、特に地元のオカルト系フォーラムに入り浸っていた。
かなり活発に書き込みがあり、オフ会も頻繁に行われていたのだが、その多くは居酒屋で噂話や怪談話の類を交換して楽しむという程度で、一応「黒魔術を語ろうという」というテーマはあったものの、
本格的にその趣旨を実行しているのはごく一部の主要メンバーだけという有様だった。
俺もまた黒魔術などという得体の知れないものを勉強しようという気はさらさらなく、その独特のオカルティックなノリを緩く楽しみたいという、ただそれだけの動機だった。
そんなある日、いつものように居酒屋でオフ会をしたあと、Coloさんというフォーラムの中心メンバーの家に有志だけが集った二次会が開かれた。
その前の居酒屋ステージで、はじめてオフに参加したという軽薄そうな男が京介さんというハンドルネームの女性にしつこく言い寄り、ついに彼女がキレて一人で帰ってしまうという騒動があったせいで白けたムードが漂い、常連だけで飲みなおそうということになったのだ。
マンションにあるColoさんの部屋で買い込んできたお酒をダラダラと飲んでいると、自然とオカルト話になる。俺を含め、全部で五人。
そういう話が好きな面子が揃っているから当然なのだが、考えるとこれだけ何度も集まりながらまだ話すネタがあるというのが結構凄い。
特に沢田さんという女性と山下さんという男性は怪談話の宝庫だった。
沢田さんは看護婦をしていて、実体験はあまりないものの、病院にまつわる怖い話をかなり蒐集しており、その頼りなげな語り口は恐怖心を必要以上に煽ったものだった。
山下さんは三十年配の最年長組で、霊感が強いのか体験談がやたらと多く、他のメンバーからは「半分以上眉ツバ」などとからかわれていたものの、時に異様なリアリティで迫ることもあり、一目置かれた存在だった。
その夜も沢田さんの病院話とみかっちさんという女性の子どものころの話、それから山下さんの話とが順番に語られていった。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2013年11月3日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【浮気・不倫】婚約者のいる巨乳の同僚に 【体験実話】

同期入社の女性は4人いて、3人の胸は大きかった。
配属がきまり同じ営業所になったAは、顔もかわいいく一番の巨乳だった。
Fは間違いないだろう。
Aは営業。一時間以上掛けての電車通い。
俺は深夜作業もある現場。俺には遠いのでアパートが提供された。
出勤する時間帯も違い、会社で会うことも少ない。たまに会話するくらいだった。
身長は160弱。漆黒の髪と化粧が利き過ぎのような気もするが、それを差し引いても白い肌。
入社して間もないでのスーツはしっかり着込んでいた。体のラインは分からない。
巨乳と知ったのは半年後。会社から行った温泉旅行で、浴衣を着た時に現場の男が盛り上がったらしい。
俺は、当日行けなかったかった。
Aは佐藤寛子になんとなく似ていたので、以下寛子。
寛子は天然系で、年配社員からは「ぶりっ子」という死語で呼ばれており、誰かしら媚を売っているように見える娘だった。
仕事も人任せなことで、同じ女性社員からも、一部疎まれていた。
異性の社員に対しては、年の上下に関わらず必ず、さん付けなのだが、俺のことは入社当初から「俺クン」と呼ばれていた。
「俺君」ではなく、「俺クン」みたいな語感。もしくは「俺ク〜ン」みたいに聴こえる。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月7日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】予想外の展開 【体験実話】

俺が高2、妹が高1。同じ学校に通っていて、結構仲も良かった。
さすがにH関係の話はほとんど無かった(胸が大きくて困る程度はあった)けど、恋愛の話とかも結構してた。

今年の9月の事なんだけど、文化祭があった。ウチのクラスは演劇(オリジナル)を、妹のクラスはごく普通の喫茶店をやる事になっていたらしい。

だが、当日に急にコスプレをする事になったらしく、妹のクラスは、サルの着ぐるみを筆頭に、変な連中が集っていました(ハードゲイコスプレみたいなのもいた!)

何故か女子はお色気担当たしく、妹はゴスロリ系の服を着ていた。黒色のヒラヒラの付いたやつです。まぁ、それはまだ良かったらしく、他にはバニーやら何やら、とにかく高校でやるのか?という派手な衣装が多かった事は記憶に残っている。

んで、ウチのクラスの話。中世ヨーロッパを舞台にした、戦乱を描いた作品で、結構良い感じだと思う。実際、客の評判も良く、ラスト付近ではすすり泣く声も聞こえた。やった側としては嬉しい限りだ。

その泣いている中に、ウチの妹もいた。ゴスロリ服のまんまで存在感だけはバツグンだったし、客の中には変なのもいたわけで、上映後、その変なのに絡まれてた。その時はたまたま仲裁に入った俺の友人のおかげで事なきを得たのだが、真の意味で大変なのは、家に帰ってからになった。

後片付けも終わり、夜の6時ごろに二人で帰宅すると、両親は親戚の人が死んだとかで、出かけていた。明後日までは帰れないからと、テーブルの上に置いてあった3万円。そんなに使わないっつのに(笑)

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2013年8月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【複数・乱交】A’ゲイ’B48 【体験実話】

抜く井「だから言ってるだろ!俺様は悪だから約束なんて関係ないって今、俺様のエキス注入して遣るから運が良ければ孕むかも知れないぜ!」ズッコン!バッコン

松井「い…いやぁ…それだけはいやぁ!」

抜く井「ううっ…出る…出る…いっぱい出るぅっ…」

どぴゅっ!どぴゅっ!どぴゅっ

松井「い…いやぁぁぁぁぁぁ!出てる…出る…あ…熱いのがや…いやぁ…」

抜く井「ふう〜出した!出した!でもっ孕ますにはまだまだ不足だな?今度は何にするかな?」

抜く井は松井の中で性を解き放つち、頭部とミニーマウスの着ぐるみを剥がすと口元にフェラで出した、精子がカピカピに張り付き蜜壷からは薄赤い精子が流れ落ちる全裸の松井が、松井は疲労困憊で動く事が出来ない。

お菓子の家では

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2013年8月6日 | 体験実話集カテゴリー:複数・乱交の体験実話

【近親相姦】えびすよしかず恐怖伝説 【体験実話】

1名前:名無しでいいとも!投稿日:2000/12/19(火)23:05
みうらじゅんとえびすよしかずの会話(実話)

みうら「うち、子供が生まれたよ。」
えびす「赤ん坊はですね、頭のてっぺんが柔らかい
    から、親指でギューと押すと中まで入りま
    すよ(笑)。」
みうら「・・・・・・」

あなたの知っている、えびすさんの恐い話を教えて
下さい。

2名前:名無しでいいとも!投稿日:2000/12/20(水)00:07

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年6月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【複数・乱交】えびすよしかず恐怖伝説 【体験実話】

1名前:名無しでいいとも!投稿日:2000/12/19(火)23:05
みうらじゅんとえびすよしかずの会話(実話)

みうら「うち、子供が生まれたよ。」
えびす「赤ん坊はですね、頭のてっぺんが柔らかい
    から、親指でギューと押すと中まで入りま
    すよ(笑)。」
みうら「・・・・・・」

あなたの知っている、えびすさんの恐い話を教えて
下さい。

2名前:名無しでいいとも!投稿日:2000/12/20(水)00:07

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年6月6日 | 体験実話集カテゴリー:複数・乱交の体験実話
1 / 212

このページの先頭へ