【人妻】頭の弱い弟、隆志【体験実話】

「ほんとすまなかったです。なんかオレ、ホントすまなかったです」
 目の前のソファーで、大きな体を縮めて汗をかきながらしきりに恐縮しているのは、俺の妻である美加の弟、 隆志君だ。
 彼は、なんというか、頭の回転が人より遅いところがあって、美加もそれを気にしてか、昔からあんまり彼を
俺に会わせたがらない様子があった。だが、俺は別にそんな偏見は無いつもりだし、話してみれば、彼の素直で
純朴な人柄がよく分かって、俺はむしろ彼が好きなくらいだった。
 だが、そんな彼が傷害事件を起こした。酒の席で、職場の同僚にお前はバカだとネチネチ言われ続け、酒のせい
もあってついカッとなって1発だけ殴ったら、運悪く相手がかなりの大怪我を負ってしまったのだ。
 彼の頭の事や、酒の席である事、またその経緯を考慮しても罪を完全に逃れる事は出来ず、結局彼は特別な施設
に一定期間収容されることになった。今日はいわばその『出所日』というわけである。
 最初は、彼が施設に入ったため一人暮らしになってしまっていた義父が、彼を施設に迎えに行き、そのまま実家に
戻る予定だったのだが、その義父が昨日急に体調を崩して迎えにいけなくなってしまったため、俺が午後半休をとっ
て、とりあえず家に連れたきたというわけである。
 俺自身は、彼の事件には大いに同情の余地がある、というか、その場にいたら俺がヤローを殴ってたかも、とさえ
思っていたため全く気にしていないのに、他人にはちょっとおせっかいすぎるぐらい世話を焼きたがる美加が、こと
彼に関しては、そのきれいな眉をひそめて「ホテルにでも泊まらせればいいじゃない」と冷たい事を言うのが大いに

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年5月25日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】妻と20年来の友達【体験実話】

私52才、妻46才の夫婦です。
友達の政雄さんとは以前、同じ職場で一緒に働いていました。お互い20年来の友達ですが、どうやら妻は織田ゆうじ似の政雄さんが自宅に遊びに来ると意識しているのが解りました。
政雄さんも結婚はしています。
そして妻の生保の顧客でもあります。
政雄さんには昔から本当、綺麗な嫁さんで羨ましいよ!って言われていました。正直、私も自慢の女房です。
割と長身でスタイルが良く特に脚が綺麗なんですよ!
妻と付き合い始めて初めて関係した時でした。アルコールが好きな妻は食事の際に飲んだアルコールで酔ってしまいホテルに入り、そのまま関係してしまいました。セックスの真っ只中、妻の中で動き足フェチの私は興奮して妻の脚から爪先裏まで触っていました。私も妻も久し振りだったせいか凄く興奮していました。酔っていたのもあり妻の様子を伺う為、悪戯に態と両足指に鼻を当て深く動いてやったのです。
当然の事ながら妻は大興奮。
恐らく妻も足指舐めは私が初めてだったみたいで足を強く引き逃がしました。
綺麗な顔に似合わず爪先は蒸れ濃厚な匂いがしていました。私も妻も大興奮してしまい妻は悲鳴を上げ直ぐ逝ってしまい私も久し振りの濃厚な女臭に大爆発してしまいました。
そんな訳で以来、妻もフェチ的なセックスに興奮を覚えました。
政雄さんも女臭が大好きで私と同じ足フェチなんです。
同じ趣味を持つ同士でお互いの妻の黒ストッキングを交換した事もあります。
一度、妻が他人としている所を、どうしても見てみたいと思った事があります。
もし政雄さんだったら?

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年5月24日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】キモ親父Kと巨乳美女ゆきえ【体験実話】

今思い出しても本当に鬱になります。
あれ以来、デブでメガネのキモオヤジを見るだけで殺意が沸いてきます。
聞いてください。
あれは僕がまだ大学生の頃の出来事です。その頃僕は三年生、季節は夏くらいだったと思います。
その頃僕には、大学で知り合った彼女がいました。
その娘は芸能人の川村ゆきえをちょとスリムにさせたような、かなり可愛い娘でした。
しかも、胸はEカップでかなりの美巨乳で、脚も長細く真っ白でもう体に関しては文句のつけどころがありませんでした。
服装も今流行りのエロカワで、露出度が高い服を着ていました。
彼女は誰にでも優しく絶対に人を見下す性格ではなく、大学内でも人気があったほうだと思います。
大学内でも、彼女を狙っていた男はたくさんいると思います。
いまだに何故僕のような男を好きになってくれたのか分かりません。
(ちなみに僕はいわゆるあまりモテないタイプです)
彼女にそれとなく聞いてみても「なんかねー、ヒロ君(俺)は私のストライクゾーンだったの♪」
と言われました。
Hの時は、本当に体の相性がいいらしく彼女もちゃんと感じてくれました。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年5月24日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】A美が高2のマセガキとデート【体験実話】

A美が高2のマセガキとデートすることになりますた。
事の経緯を書きますと、
A美は今住んでる1ルームマンションの大家の紹介で、
大家の甥に家庭教師をしてます(小遣い程度の報酬です)。
そいつが、なんか9月初旬のテストの成績がよかったらしく、
ご褒美ということでA美の部屋に招待するそうです。
そいつは、A美のカラダを狙ってます。
これまでも服の上から乳揉みされたとか聞いてるので、あわよくば、とか
思ってるに違いない、と。
俺は「危なくなったらケータイ鳴らせ」と約束して、しぶしぶ(?)了解しました。
でも、俺は素直にケータイの連絡を待つような男じゃないし。ということで、
当日A美がそのマセガキを連れてくる前に、合鍵でA美の部屋に入っておこうと
思いまつ。なんか起こったら・・・そのとき考えよう。w
決行は今週日曜でつ。
これからA美の部屋に行きまつ。今晩は部屋に泊まって、

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年5月24日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】見合い【体験実話】

親友は36歳の独身。
そんな親友から、お願いしますと頭を下げられた。
実家の母がお見合いの写真を持って来るとの事
結婚する気のない親友は、その日だけでいいからと俺の妻に恋人のフリをして欲しいと。
その事を妻に話すと、何気に乗り気で面白そうと悪戯な顔をしてたのでOKした。
待ち合わせ当日、妻は普段着ないスカート姿 白のワンピースで、俺から見てもいい感じな見た目で出かけた。
帰って来たのが夜の10時を過ぎた頃で、その日は食事をしてドライブと観光後に料亭で夕食を食べて来たとの事です。
その後、3回も母親が来る度に恋人のフリをして出かけました。
妻的には、美味しい物を食べれて観光できるのが楽しくて、いつでも誘われたいと言ってました。
そして先週末、成り行きで熱海に一泊旅行に行ってしまったのです。
母親は、気を利かせて別部屋を用意してくれたとの事でしたが
別 の意味が違いました。
母親が別の部屋だったのです。
妻も親友も知らなかったとの事ですが、親友から電話が来て俺に詫びました。
俺は何故か変な興奮が生まれて、親友に言いました。

体験実話集関連タグ

||||

2014年5月23日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】聞きたい事があります【体験実話】

聞きたい事があります。
自分の彼女が、ほかの男とやっているのを見て本当に
チンポが立つものなのでしょうか。
2泊3日の出張だったが、思いのほか仕事が順調に進み1泊で
帰ってきた。
彼女(奈美 /仮名)にはすぐに帰るとは連絡を入れず、奈美のアパートへ
駅に停めてあった車で直行した。
ちょっとビックリさせようという気持ちがあったからだ。
奈美とは3年の付き合い。そろそろ結婚とお互い考え出した頃だった。
アパートの脇の駐車場に着くと、部屋の電気は点いていた。
あっ、居る居る。びっくりするだろうなぁと思った。
車から降りながら窓を見ていたら、もう一人の人影があった。
そのときは友達が来ているのかと思って、お土産だけ置いて帰ろうと
考えていた。
ドアの前まで来てチャイムを鳴らそうとしたら、なんとなく男の声が聞こえた。

体験実話集関連タグ

|||||

2014年5月23日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】続・餓鬼がプールで③【体験実話】

(5)
先ほどの正座は、岡島君にも身体を見せるようにとのお願いだったのでしょう。
そして、欲求不満の妻はその要望にこたえてしまった。
30代の熟れた人妻の身体は、童貞の少年には過ぎた刺激のはず、直ぐに二人は若い肉茎をはじけさせます。
執拗に妻の乳房に吸い付く岡島君は二人に促され、入浴後に着た私のパジャマを脱ぎ始めます。
仰向けに横たわる妻の傍で立ちあがりトランクスを脱ぐ彼の姿は
痩せた二人とはまったく雰囲気が違います。
そして、違和感を感じるほどの屹立が目に飛び込んできます。
後日聞いたところによれば、岡島君のペニスの大きさはクラスの中でも有名なことらしいのです。
実は彼も妻の側にいたかったようなのですが、大きくなった膨らみを気づかれるのが恥ずかしくて
プールでは近寄らなかったようなのです。
おそらく20センチ近くはありそうです。
また太さもかなりのもの、私の3倍くらいはありそうな。
妻は私と結婚するまでは処女だったので、こんな大きさのものと結合は初めてのはず。
鈴木君が妻の口を使っているので全く気付かないまま、岡島君は身体を近づけていきます。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年5月23日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】彼女が寝取られたから全部話しさせて浮気相手に電話させながら愛撫した【体験実話】

[人物]
俺(又はK)当時25歳
E 当時28歳・某大手デパ−トにて化粧販売員・顔、瀬戸朝香(本人曰くよく言われるらしい)
 髪は薄っすら茶色でロング・身長160㎝ 胸E 体、色白細め 見た目綺麗なお姉様って感じ。
前回(結婚を意識したMの彼女は他の男(複数あり)とヤリまくっていたエッチな体験談)の鬼畜キャバ女の後、一夜のみの女含めて4人程関係持ったが特に浮気も無く終わり久々の鬱勃起相手とのめぐり合い。
Eとは友人行き付けの小さな居酒屋で。Eも常連客で仕事帰り仕事仲間と飲みに来ていて
お店で顔見知りだった友人と俺らと急遽合コン開始。その後、Eに告白されつき合い始めた。
因みに、その居酒屋はマスターの人柄から小さいながらもいつも常連客でいっぱいで
客同士の出会いの場でもあった。結婚までいった人も何組かいて写真も飾られてた。
Eは職業柄、体すべてに手入れが行き届いている感じで綺麗。下着も良さそうなのばかり着けていて
巻き髪とマッチしていてすごくエロイ。しかも巨乳で濡れやすく積極的でいつもEのぺースだった。
つき合って3ヶ月目の夏、Eは仕事仲間と2人で一泊二日で海へ行くと言ってきた。Eは仕事熱心で
職業柄ストレスも凄い溜まっていたのも知っていたので二つ返事でOK。宿泊先のTEL番も教えてくれ
宿もどうやら2人で取ってある。で、当日の昼過ぎ仕事中に、飲んだ奴とは別の友人Tから何度も
着信があり夜仕事終わりに電話してみると

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年5月23日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】彼女が肉便器に…【体験実話】

大人の文章で書き換え御願い致します!
ようやく、心が落ち着いたので、きりを付ける意味で実際にあったことを話します。
私は22歳で21歳の彼女がいます。彼女とは学生の時にアルバイト先が同じでそこで仲良くなって付き合いました。
彼女は私が言うのも何ですが、かなり可愛くて芸能人でいうと新垣結衣を少し小柄にしてさらに笑顔を可愛くした感じです。
付き合い当時は彼女は19歳で過去に付き合ったことがないと言っていたので恋愛には奥手のタイプかもしれません。
いろいろと聞くと何度か告白もされたし言い寄られたことはあるようですが、強引な感じがして怖いというトラウマがあったようです。
私と付き合えたのは私といると安心するとか落ち着く感じがするというのが最大の理由のようです。
こんな彼女なのでまさか浮気はしないだろうと思ってましたし
実際に3年間浮気せず私一途でいてくれたのは事実です。
彼女とのエッチもすごく彼女は恥ずかしがりやでこんな子とエッチができてかなり幸せな気分でした。
それからはデートの度にエッチしていました…彼女も嫌がらずそれに答えてくれました。
案外自分好みに調教しましたが…無理な事はせずに大切にして来ました。
私が社会人になり、彼女も大学を卒業する時期になってきたので結婚を意識して時期を考えていました。
そんなある日、私の友人と話しているときに「本当にみか(彼女の名前)ちゃんは浮気しないのかなー?他の男はほっておかないのに」と言ってきました。
私は絶対しないよって」言い返しました。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年5月22日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】妻の前彼【体験実話】

清楚な感じの女性と思って結婚したらけっこうすけべだった、という話はどこにでもあると思います。
男の勝手な思いこみですが、独身時代に今の妻と何回かセックスしてるのに、何故か私は妻のことを清楚なイメージで見てしまいます。
顔が清楚っぽいというのでつい勝手にそう思ってしまうのです。
実際、妻は私とつきあう前、前彼たちとやりまくっていたのは事実です。
つきあった男は3人ですが、一回限りというのも何人かあったみたいで、妻の女友だちもほとんどそんな感じなのでまあ普通の女だと思います。
結婚後、数年経ったころ、友人の結婚式にでて酔って帰った妻は、なぜかねっとりからんできました。
私は別の飲み会から帰ってきて、お互いにけっこう酔っていたので、いろんなことを話やすい雰囲気でした。
ベッドの中で、妻の方からねっとりしたキスをしかけてきて、
「あたしってね、けっこうえっちだったのよ・・・」と言いました。
「どうしたの?今日は・・・すごい濡れてる」
長いキスの間に妻はパジャマのズボンとパンティを脱いでしまって、足は真横に広げていました。
私が指をもっていくと、その中はグジュグジュで熱くなっています。
「昔の彼に会っちゃったの」
「・・・・・・・・・・・・・・ふーん・・・」
いきなり勃起してガチガチになりました。

体験実話集関連タグ

||||||

2014年5月22日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

このページの先頭へ