【近親相姦】馬鹿兄妹 アディオス【体験実話】

http://moemoe.homeip.net/view.php/8077 の続き
おもちゃにされたようなSEXの後で、吹っ切れたのかいつものテンションで
談笑し始めた妹。
「なんで、お前最初逃げてた訳?」
「だって、あたしから誘ったの初めてじゃん。やる気アリアリだと思われたらやだし」
「いやいやいやいやw もう思ってるちゅーの」
「てか、いつもやる気ありすぎだぜ、お前」
「ホント、こんなに身体も性格もいい女っていないよ」
性格じゃなくて性癖だろって思ったけども、妹はこんな事言われても喜んじゃうからね。
妹はベッドで毛布をまいて座ってたんだけど、先食いがコップ片手に立ち上がった。
妹の目の前でコップにちんぽを浸すと、
「ほら、ストロー」
と目の前にコーラの滴をつけて差し出した。
笑いながら口に含む妹。後乗りも当然参加。最初はコーラ付きで尺ってたけど
そのうち交互に咥えだした。若い雄2匹は競ってディープスロートさせては

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年2月15日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹のこと【体験実話】

 私も妹も学校に行っていた頃のことです。今となっては懐かしいような思い出です私が妹のオナニーを初めて見たのは妹が中学2年で自分は高校に入った年だったと思います。
 その日,もう夜の10時頃だったのですが,妹の部屋の前を通る時,ドアが少し開いていたので,何げなく覗いて見ると,妹の机に座って勉強している姿が見えただけでしたが,その様子が何となく違っているので,思わず立ち止まって,そっと覗いていました。
 よく見てみると,後ろ姿なのでよく分かりませんが,スカートが上の方までまくれ上がっていて片手であそこをいじっているみたいなのです。見ていけないものを見てしまったようで,自分の心臓の鼓動が聞こえるくらいに頭に血が上り,喉がカラカラになってしまいましたが,興味が涌いて,そのままそっと見ていました。手に持った鉛筆で下着の上から自分のあそこを押しているのです。時々ひどく感じるのか足を閉じて背筋をキュッと伸ばします。
しばらくすると,もう片方の手で下着を下げて,片足を曲げて椅子の上に上げると,鉛筆を直接中に入れて撫でているようでしたが,その内鉛筆を机の上に置くと,椅子を手前に引いて浅くかけ,背もたれにもたれかかるような姿勢になって両手で自分のあそこをいじり始めました。
 私が覗いていることは全然気付いていません。顔は天井を向いて目は閉じています。だんだん息が荒くなってきました。背筋をググッっと伸ばし,体をつっぱるように両足を前にまっすぐ伸ばしたと思うと「ハッ,ハッ,」と激しい息づかいがきこえ,続いて「あぁっ,・・フゥーーッ」と言ったのを最後に,体がぐったりとしてしまいました。少しすると椅子から立ち上がって下着を上げ捲れ上がったスカートを直していました。
 私も何か悪いことしたみたいで,そっと足音を忍ばせて自分の部屋に戻りました。あまりにもショックで,今見てきた光景を思い出しながら,すぐに自分の手で二度も抜いてしまったのです。
 それからは妹の部屋の前を通る時は何となく氣をつけて見てみるようにしたのですが,ドアが開いている事はあってもあのような事を見るチャンスはありませんでしたし,閉まっているドアをそっと開ける勇気もありませんでした。それでも一度見てしまったあの日の光景がどうしても頭から離れませんでした。
 ある日,夜トイレに行った時,その横の風呂場にある洗濯機の中を何気なく覗いた時,その中に妹の下着を見つけました。母親のそれもあったのですが,大きさと形で判断が付きます。早速それを自分の部屋に持って返り,あそこに当たっていた部分の匂いを嗅ぎながら,激しく興奮していました。オナニーする時,いつも妹の下着を持ってきて,匂いを嗅ぎ,口に含み,味わいあの事を思いだしていました。
 下着の汚れ具合いも日によって色々で,多い時,少ない日があります。3年生になった頃から特に下着の汚れがひどい日などが目だつようになり,そんな日はやったのかな,なんて思い,そんなのを見ると余計に興奮していました。本で読んだりしますと排卵の頃は多くなるんだそうで,本当の事は分かりませんでした。
 ある日,私は友達と出かける約束があって一旦出かけたのですが,雨が降りそうだったので途中で傘を取りに戻って,靴を脱ぐのがおっくうなので,庭の方に回り,庭から自分の部屋に向かったのです。そして妹の部屋の前を通る時に何気なく,ふと中を見ると妹が机の角に跨って何かおかしな姿勢でいるのを目撃してしまったのです。以前の事があるのですぐにピンときて,急いで繁みの蔭に隠れました。
 妹はむこう向きなので私が隠れたことには全然気がついていません。パジャマ姿でしたが前の所だけ下げて下着の上からあそこをその机の角に擦りつけるように腰を動かしていたのです。右手は胸の中に入っていましたから,胸を揉んでいたのだと思います。暫くそうして腰を色々に動かしていましたが,その内に足の爪先が浮いたかと思うと体全体がピンとなってピクッピクッっと痙攣したようになった後、ぐったりとなってしまいました。
 少ししてそばにあったラジカセのスイッチを切りましたので分かったのですが、今までにも隣の私の部屋にも聞こえるほど大きな音で夜遅くラジカセを鳴らしていたのは、その時の物音や声をごまかす為だったらしいのです。
 それからもう一つ驚いたのは、その時妹が机の上に広げて見ていた本が私の部屋の机の引出しに隠してあった、いわゆるウラ本といわれる修正なしの写真本で,他にも本やら写真やらいっぱいあったのです。私も妹が持ち出しているとは全然気が付いていませんでした。 その後気を付けていますと妹は時々私の居ない時に少しづつ交換して持っていっているみたいでした。
 その日は私もそのまま出かけましたが,それ以後はラジカセの音が大きくなると庭に降りて妹の部屋を覗くのが癖になってしまいました。庭から覗くと大抵は机の角に跨って腰を動かしていますが,ずっと前に見たように椅子に腰掛けて指でいじったり,小さな化粧品のびんなどを持っていたりしていたこともありました。むっちりと太った妹のお尻や太ももが,ムクムクとエロチックに動いているのを後ろから覗いていると、とても普段の妹とは思えなくて凄く興奮してしまいました。
 そしてもう一つ後で分かった事ですが,それをした時の下着はそうでない時のと比べて、汚れ方がかなりひどいので,私が居ない時にやっていたり,気がつかなかったりしても夜遅く風呂場に行って下着を見てみると,それをしたかどうかすぐに分かると言うことです。していない時はほとんど乾いてしまっているのですが,した後のは生々しく濡れています。一日くらい過ぎれば、いずれ乾いてしまっていますがたとえ乾いてしまっていても糊で固まったようになっていてすぐに分かります。でも汚れの割には匂いは、さほどでもありません。夜遅く取りにいくと,ひどい時は内側がまだヌルヌルしている時もありました。

体験実話集関連タグ

||||||||

2015年2月14日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹の裸【体験実話】

 司郎は部屋でオナニーをしていた。
 布団に横たわり、目を瞑ってある光景を思い出しながら一物をしごく。
(真奈美ぃっ……真奈美ぃっ……)
 心の中で呼びかけているのは妹の名前だった。
 数日前、偶然妹の裸を見てしまったのだ。
 洗面所に入った時に、風呂上りの全く何も身につけていない状態を見てしまったのである。
 それは今まで見た何よりも白く、そして美しかった。
 来年中学に上がる妹。
 一緒に風呂に入らなくなって何年経つのか忘れたが、その頃とは体付きが全然違っていた。
 胸がプクッと膨れ、全体的に肉が付き、抱いたら凄く柔らかそうだった。
 何と言っても肌の白さが美しく、長い黒髪が体にかかっているためその白さが際立っていた。
(真奈美ぃ……何て綺麗なんだ……)
 妹などしょせん子供としか思っていなかった司郎にとって、その裸体の美しさは激しい衝撃だった。
 グラビアで水着姿のアイドルを何度も見ていたが、妹の裸体はそんなものとは比較にならない美しさを持っていた。
 しかも手に触れんばかりの身近な距離で見たのである。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年2月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】馬鹿兄妹 そろそろ終劇【体験実話】

http://moemoe.homeip.net/view.php/7966の続き
妹のHをのぞき見るには、結局冬休みまで待たねばならなかった。
それまでにはそれなりに、おだてたりおどしたりw色々とあったんだけども。
んで、年の瀬のある日。
うちは商売してる関係で年末はそれなりに忙しくて、暇なときなら家に帰ってきて
昼休みをとる両親も、こんな時期は店にかかりっきりだった。
リスクはあったけど、年明けまで待ってられない俺は早速妹に交渉開始。
「お前、あの約束そろそろいいんじゃねえの?」
「は?マジで言ってんの?」
「おう、悪い?」
「悪いよw」
「まあ、お前に選ぶ権利無いじゃん、明日か明後日あたりは
 親父達も店忙しそうだからいけるだろ?」
「え~あたしから誘うの?」
「いつもは違うのか?」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2015年2月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】小4妹【体験実話】

俺は3年程前から少女が好きになってしまった。
ロリコンといわれるやつだ。
小さな子に性的興奮を覚えるなんて最低だと思っていたのに・・・。
特に興奮するのが小学4年から小学6年までの少女。
なぜだか知らないがその辺りの少女の事を考えると
下半身が疼いてしょうがない。
街などですれ違うたび、いやらしい目で見てしまう。

そうそして、気がつけば俺の妹も小学4年生になっていた。
妹になんの感情も抱いていなかったのに、小学4年なんだときずいたとき。
意識するようになってしまった。
何気ない日常のいつもの風景。家の中だと安心してスカートから丸見えのパンツ。
横目で妹の股間を凝視する。
縦に食い込んだ割れ目が興奮を一気に上昇させる。
きずかれないようにズボンの上からおちんちんをさする。

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年2月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】淫乱妹ゆり【体験実話】

俺は、大学生で高校1年で16歳の妹がいる。妹は、名前をゆりといって、顔は可愛く、胸はEカップの巨乳でスタイルも良く、性格もよく、何の問題もない可愛い妹だ。ま、やはり年頃ということもあり、性に興味がるらしい。そんな妹と一線を越えてしまったのは先月のこと。俺は、時々、オナニーのときおかずでゆりの使用済みのパンツを使って、パンツをチンポに巻きつけてオナニーするのだが、今回「ゆり、ゆり」と妹の名前を呼びながらオナニーしていたら、妹に見つかってしまった。一瞬、ああもう終わりだと思ってしまったのだが。妹は「私、お兄ちゃんのこと男として好きだったの。うれしい!!」といい、抱きついてきた。そして、次の瞬間、俺の勃起したチンポしゃぶってきたのだ。とにかく、俺はびっくり!!でも、すぐにいってしまった。それから後は、俺の部屋のベッドで、やり放題。女子高生の若い体をむさぼりまくった。Eカップのおっぱいをなめ、ぐしょぐしょのオマンコをなめ、ぬれてきたらつき放題。俺は童貞、妹は処女だったので、すっかりエッチの気持ちよさに目覚めてしまい、それ以来、親のいないところではやり放題だ。ただ、最近ゆりがエロくなりすぎて困っている。複数プレイがしたいだとか、輪姦されたいだとか、野外でやりたいだとか、見られながらやりたいだとか、公衆便所女って呼ばれてずっと一生エッチばっかりしてたいだとか困っている。一度、俺の友達4人と5Pをしたんだが、その際もぜんぜん緊張することなく2本チンポをしゃぶり、一本前に、もう一本は後ろに入れてもらってアンアンあえいで、一晩中エッチして、んで複数プレイが大好きになったみたい。あと、AVとかにあるようなコスプレも好きで、よく制服とかブルマとかスク水とかでもエッチしてくれる。本当にエロくてエッチ大好きの最高の妹で俺はなんやかんやいって大好きだ。あー、明日もいっぱいいかせてやるからな、ゆり!!

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2015年2月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】続、脱衣所で23歳の妹と…【体験実話】

翌朝、俺は下半身の違和感…気持ち良さで目が覚めた。
すると樹里が朝立ちしたチンポを咥えていた。
「あ、おはよう♪」と清々しい顔で挨拶してきた。
「『おはよう♪』じゃねーよっ!何やってんだよ!」と、ちょっと迷惑そうに言うと「だってぇ~我慢出来なかったんだもん…」と、ショボンとした表情で言ってくるところが堪らなく可愛くて「で、でもな…今はヤバイだろっ母さん達もう起きてるし」と何とか説得を試みるが「え~無理~(笑)」そう言いながら俺の上に跨って自ら挿入れてしまった。
「あ~ん♪これこれぇ~これが欲しかったのぉ~♪」そう言いながら満足そうな表情をしたが「ヤバイって!ベッドの軋み音が聞こえちまうって!」そう言っても「やだぁ~続けるのぉ~」と駄々を言って続けようとするので「分かった!分かった!でも、今はマジでヤバイからっ!今日この後ホテル行こう♪なっ!」そう言うと「うんっ!分かった♪」と、やっと説得に応じてくれた…
それから直ぐに起きて身支度を済ませると、妹には先に歩いて駅へ向かう様に伝えておいた。
二人揃って出掛けるのは、まぁ別に怪しまれやしないだろうけど、念には念を入れての行動を取った。
5分程遅れて俺は車で駅へ向かった。その途中で樹里を乗せてホテルへ直行した。
二人とも久し振りのホテルでワクワクして部屋に入ると「お兄ちゃん♪」と声を掛けられ振り向くと、いきなりキスをして来た。ちょうどベッドを背にしていたので、そのまま押し倒され舌を絡ませての濃厚なキスの後はズボンとパンツを一緒に脱がされ既にビンビンのチンポを咥えて来た。
暫くシャブられていたが「樹里、一緒にやろう♪」と促すと直ぐに離れ樹里は服を脱ぎ始めた。
俺もその間に全裸になるとベッドに仰向けになり待っていると妹は69の体勢になって跨って来た。
お互いの性器を貪る様にシャブりまくると我慢の限界だった樹里は向きを反転し対面騎上位で繋がって来た。
それからは俺の部屋とは違い激しく腰を振り快感を味わっていた。
だが直ぐに限界を向かえたのは俺だった…今朝の中途半端な行為が俺の射精感を早目、騎上位のままドクドクと膣(なか)に放出していた。
「あ~ん…お兄ちゃん早いよ~」と不満だった妹に「ゴメン…って今朝樹里が始めたのが原因だぞっ!」と言うと「ごめんなさぁ~い(笑)」と、まるで反省の色が無く、後処理をする為、一旦離れ軽くティッシュで拭うとそのままシャワーを浴びに浴室へ向かった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2015年2月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】馬鹿兄妹 いくつめ?【体験実話】

http://moemoe.homeip.net/view.php/7926 の続き
実の妹に顔射までしてしまった訳だが、あの体験は俺達兄妹の何かを変えてしまった。
ずばり言うと、性的な壁が無くなっちまった。モラルが無くなったというんだろうか。
何よりもこれは家族だから波長が合うのか、誰とやるよりも気持ちよかった訳で。
後はこれを上回るモノは無いって程の背徳感から来る興奮。
妹も俺の指と舌でイカされたことが何よりも恥ずかしく、気持ちよかったらしい。
あれからは気軽に?触ったり、触られたりのまさに馬鹿兄妹になった。
親が居ないときに限ってだけど、本番手前まではやったりしてて、彼女とは違う
ボリュームのある身体を堪能していた。こんな関係になると、妹の軽さがありがたいもんで
これが他人ならなおさらだろうと思っていた。
二人だけだったある晩、恒例の晩酌の後の家庭内ヘルスの日(親不在時のみなので頻繁ではない)。
親が旅行会社のチラシで申し込んだ一泊旅行でお出かけの為に、
今夜は!!みたいなテンションで昼間からすっかり燃えてた俺は、
夜食の時に妹にもガンガン飲ませながら既にその時点で立ってたw
途中かかってきた母親からの電話にも「ゆっくり楽しんできなよ」なんて言いつつ、

体験実話集関連タグ

|||||||||

2015年2月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】一日ペット - 2【体験実話】

バカな約束をしたと気づいた時には、もう手遅れ。当然まともに勉強もしなかった俺が勝てる訳も無く、仕方なく帰宅。すると葵がニコニコしてリビングにいた。「あ、帰ってきた。私も今帰ってきてゆっくりしてたとこ。」嘘つけ。何十分も前からここにいたくせに・・。と思っていると葵が「わかってるよね」と笑いながら言って来る。忘れてることを少し期待したが無理そうだ。「しょうがないから、言うこと聞いてやる。何がいいんだ?どっか遊びにでもいくのか?」と聞くと、「そんな訳ないでしょ?いいから私の部屋に来て。」と言われて何かと思い葵の部屋に入る。するといきなり紙袋を渡された。「なんだこれ。服か何かか?」 「いいからそれ着て来て。」訳もわからず、自室に入る。俺はてっきり葵が俺の服を買ってきてくれたと思った。中身を見るまでは・・・。

体験実話集関連タグ

||||

2015年1月29日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】セックスフレンドと妹【体験実話】

俺には彼女とは言えないが、3つ年上のセックスフレンドがいる。
その彼女は、けっこう変わった性癖があり、20歳ぐらいまではレズだったらしいです
24歳ですごくかわいいというわけではないけどセックスは面白いです。だから俺に彼女ができても
その人だけはずっと身体の関係がきれません。
セックスはびっくりするほどのMです。痛いの大好きです。
その彼女は俺の妹とも仲がいいんです。
そんなある日その彼女が俺に「妹さんね。レズっけあるよ」って言い出したんです。
「まじかよ」って俺はいったんだけど、「たぶんまちがいないよ」っていうんです
「本当かなぁ。男の彼氏しかみたことないよ」っていうと
「彼氏なら男だけどね」って揚げ足をとられた。
「たぶん落とせる」というんです。
相手が男だったらそんなことはいわないんだけど、所詮女同士ってとこもあって
「落とせるもんならやってみるといい」と「わかった挑戦してみる」
俺は土日仕事で、妹は土日学校休みだし、その日を狙うといいといって俺の中では
半分信じて、半分疑ってました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月27日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ