【浮気・不倫】娘とのSEX【体験実話】

娘は1×歳 最近SEXをするようになりました。
最近では、もう触るだけで濡れてくるので、娘のマンコにスムーズに挿入できます。
この事は、妻も承知しており、積極的に娘にSEXの予備知識を教えていました。
こうして家の中では、いつでも娘を抱くことができます。
先日も夫婦の寝室に娘を呼んで、3人でSEXをしました。
妻の前では、娘とする時にはコンドーム付けて、絶対妊娠をしない様に、今は偽装しています。
一方、妻には妊娠しない様にピルを飲ませ続けて、『やっぱり生は気持ちがいいよ!』と何回も逝ってもらいます。
しかし、もう数年したら長年の夢をを実行する予定です。
それは、娘に対して中出しを続けて、私の精で孕ませる事です。
もちろん、女の子が生まれるように願って、出精します。
もし上手くいけば、20年後には生まれてきた女の子(娘?孫?)も抱く事が出来るでしょう。
そして、この子も孕ます事が出来れば、親子3代に渡って自分の子を産ませる事が出来ます。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年7月19日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】先輩と彼女【体験実話】

先月末の金曜日、同じ課の打ち上げで偉く酔っぱらった女の先輩(26)を、
家が同じ方向の僕がタクシーで送った。
彼女のアパートの前で下ろして、僕はそのままタクシーで帰るつもりだったが、
あまりに酔い方がひどく、しかも先輩の部屋は階段を上って3階ということもあり、
仕方なく僕が料金を払い、おぶって上ることに。
担当が違うため普段あまり話す事がない人だったので、
いきなりおぶるのも…って気がする。

「じゃあ、おんぶしますからね」と背負うと、
普段、166センチ、60キロ近い体重の彼女を相手にしている僕にとって、
この先輩は身長が155センチちょっとぐらいと小柄なだけに、意外と軽い。
「多分40キロ台なんだろうな」なんて考えながら、
でもかなり汗だくになって階段を上った。
一段上ることに、先輩がずり落ちてくる。
たまに止まっては「よっこらしょ」と持ち上げなおすのだが、

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年7月18日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 3【体験実話】

彼女とセックスするたびにイヤラシイ乳輪とバカでかいクリトリスに興奮しまくっていたが、
付き合い始めて一年位の頃だろうか
私は彼女に更なるいやらしさを求めた。
もともと毛深い女性が好きだったので、恥ずかしさもあったが思い切って彼女に女性の体毛フェチだと告白した。
勿論、彼女は驚いていた。
彼女は嫌がっていたが何とか説得して、首から下全ての無駄毛処理をやめさせた。
毛の生える途中経過を見ずに完全に生え揃った姿を味わいたかった私は、
二ヶ月間禁欲をした。
その頃の彼女はセックスの快感を覚え、性欲も強くなっていたので、
毎晩のように誘って来たが、私は断り続けた。
そのうちになぜか私と彼女の間に主従関係が築き上げられていった。
私はオナニーをしていたが、彼女はオナニーもしたことないような女だったので、完全な禁欲生活。
欲求が溜まりに溜まった彼女は私が言うイヤラシイ命令に従う様になったのだ。
初めのうちは、ノーブラでデートしてみたり、
処理されていない腕毛や脚の毛を露出させて出掛けさせたりと。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年7月18日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【浮気・不倫】彼氏がいたって関係ない【体験実話】

俺が大学の頃、よくコンパやってました。
その中の一つで都内の専門に通う女の子5人とちょっとHな飲み会があり、世田谷区に一人暮らしのA(仮)という子が一人でとばしてました。
顔は中の上くらい、田舎から出てきたばっかりのようで、とても頑張ってるのが伺えました。
頑張って飲んじゃったもんだから、王様ゲームとかでも常に的にされ、友達も飽きれている様子。
気が付くと友人Sが手まんをばれないよーにやってました。
それに気が付いた俺とTとYは二次会をやらない方向に持っていき、その子を送るよと車に乗せました。
Sは手マンで満足していたようでバイバーイと普通に帰っていき、
俺らはAちゃんのマンションについた。
部屋に入って気が付いたが、壁にコルクのボードが立ててあり、彼氏との写真がたくさん貼ってあった。
「お前、彼氏いるんだー。」とTが聞くと、元気よく「うん!」と答えたので、「彼氏いるのにコンパとか行っちゃうんだー。」と聞くと「言わなきゃばれないから大丈夫だよ。」と後ろめたさも感じさせない様子。
まあ、さっき手マンされてたくらいだし、男3人部屋に入れるくらいだからそういう答えも当然なんだけどね。
酒を買って戻ってみると部屋が薄暗くなっている。
そしてTとAちゃんがベッドに腰掛けていた。
会話が少ない・・・。
何かあったはずだ!

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年7月18日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】母娘【体験実話】

「康さん、やっと一緒に暮らせるのね。」
「美佐、長かったけどやっと夫婦になれたんだよ。」
康と美佐はお互いバツいちであったが康が出入りする会社の事務員として働いていた美佐にアプローチしたのだった。
美佐には20になる娘のめぐみがいたが人なつっこい性格の康に嫌悪感も抱かず、母親の結婚に賛成してくれた。
 「これからはお父さんって呼ばなきゃね!」
めぐみは愛くるしい笑顔で康を見つめる。
栗毛色の髪が光り、母である美佐に負けない健康美にあふれたしなやかな身体が印象的だ。
 (これから楽しみだな…)
人を和ませる笑顔の裏に陵辱の一面があることをそのとき母娘は知る由もなかった。
「さあ、お祝いに乾杯しましょう!」
美佐が二人をダイニングに招きワインを注ぐ。
「じゃあ、三人の新しい人生に乾杯!」
康はにこやかに二人のグラスを合わせる。これまでの苦労話やめぐみの幼少時代の話に花が咲き。
三人はみんな顔を赤く染め、気がつくと23時を回っていた。
「ん?めぐみは明日学校だろ?そろそろお開きにしようか。」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月18日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】妻が【体験実話】

祐美子と結婚して7年になります。35才になる彼女が最近近くに住む学生と浮気をしていたのです。
出張が早く終わり家に帰ると玄関を出て行く若い男とすれ違い、部屋に入ってみると祐美子は下着姿で布団を片付けていました。
私を見た祐美子は驚いた顔をして何も言えずに私の方を見ています。私が問いただすと祐美子はただ「ごめんなさい・・」と言うだけでした。
祐美子の話によると学生とは3ヶ月前からこうして家や学生のアパートで会っていました。
学生とのセックスは祐美子にとって刺激的で断ることができず関係を続けていたらしいのです。
男には生で入れられ何回もいかされた後、顔や口に出されていたようです。
学生のアパートでのときは、彼以外の学生にも抱かれることもあり学生達の性処理用の女にされていました。
その夜、いやがる祐美子を抱きながら「そんなに他の男としたいのなら、
俺の目の前で他の男と嫌と言うほどさせてやる」と言うと、祐美子は私の目をじっと見つめて「それであなたの気が済むなら・・」、
私はその時、はじめて祐美子が他の男に犯されている姿を見てみたいと思いました。
祐美子が他の男にされていることを想像した私はいつもより早くいってしまい、祐美子もまた同じようにいってしまいました。
次の日私会社を早退し学生の部屋を訪ね、いままで通り妻との関係を許す代わりに妻には内緒で私にその様子を見せることを約束させました。
早速学生はいつものメンバー5人を部屋に集め由美子を呼び出しました。私は隣の部屋に隠れて待っていると祐美子がやって来ました
。祐美子は部屋に入ると学生達の前で自分から服を脱ぎ始め下着だけになるとそこに正座し両手は腰の後ろに回して目を閉じました
。今まで学生達にそうするように言われていたのでしょう。

体験実話集関連タグ

||||

2014年7月18日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 2【体験実話】

私と妻は出会い8年前
現在 私が36歳 妻が34歳
結婚して3年。
私と付き合うまで妻は男性経験がなかったそうだ。
彼氏が出来たことがない子が居るから会うだけ会ってみてと女友達の紹介で出会った。
初めて会った時、美人だしスタイルもいいし、明るく性格も良さそうだし、
付き合ったことがないなんて信じられなかった。
デートを重ね、そろそろかなって雰囲気になった時に彼女から結婚して欲しいと言われた。
まだセックスもしてないが、私も結婚するならこの人かなと思っては居たものの驚いた。
付き合って二ヶ月、まだキスしかしてないのにもう結婚の話⁈
笑いながら彼女に言った。
聞く自分のカラダにコンプレックスがあり、結婚する相手じゃないて見せたくないというのだ。
どんなコンプレックスか聞くのも野暮だと思い、
将来の結婚を約束した。
その晩自宅に彼女が泊まることになり、彼女の裸を見ることになった。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年7月18日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】彼女とはオンラインゲームで出会った【体験実話】

かなりヘタレな内容ですが、いちおう寝取られです。
今年の3月から4月にかけての話です。
書くことで楽になりたいという思いで書く。
まず自分の基本スペックから話す。
都内の大学、理系の学部3年(3月の時点では2年)。
顔は、えなりかずきをもう少しシャキッとした感じを想像してもらえばいいが、
要するに見るからに真面目なキャラで通っている(´・ω・`)
出会いもなく、これまで付き合ったことなし。
オタ趣味とかはないが、
最近はオンラインゲームを少しやっていた。
彼女とはそのゲームで出会った。
ぐいぐい引っ張ってく性格で、最初ネカマかと思った。
ゲームの中で僕は、彼女に振り回されるなかで、次第に仲良くなった。
呼吸がぴったりあっていた。
彼女は僕がゲームにログインするのを待って、一緒にゲームの中を旅するようになった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月17日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 1【体験実話】

私の妻は恥ずかしいカラダをしている。
神様のいたずらとしか思えない。
服を着ている時は非の打ち所がない完璧なスタイル。
少し古いがキョンキョン似の色白で身長168と背が高く、Fカップの巨乳の持ち主だ。
しかし服を脱がすと印象がガラリと変わり、
いささかグロささえ感じてしまう。
かたちが良くツンと上を向いた白い胸には似つかわしくない直径7センチもある乳輪。
出産経験もないのに黒くてブツブツしている。
性器に至っては、縦にも長い大きく黒いびらびら。
人差し指の先ほどあるクリトリス。
そして全身毛深い。
私は毛深い女性フェチなので、処理を禁止している。
黒ぐろと伸びた腋毛、
全身に濃いめの産毛がビッシリ生えていて、色白なので良く目立つ。
乳輪に渦巻くように乳毛が生え、へそから陰部 アナル周りからお尻のほっぺたにまで汚らしく生い茂っている。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年7月17日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】裏彼氏【体験実話】

寝取られ経験の中で、一番心が痛かったうちの1つを。
高校・大学と同級生だった梨紗という子がいる。
高校時代はクラスが同じで、大学も同じ学部・学科で、仲もすごく良かった。
付き合ってはいなかったけれど、よく一緒に出かけたし、電話もいつもしていた。
「ちょっとおなか出てきちゃったかも。」
「どれどれ…ああ、この肉がおっぱいに行けばなあ。」
「うるさいなぁもうー!」
「やっぱあれか、俺が揉んで大きくしてやらないとダメか。」
「もー!変態がいるよぉー!」
こんな、くっだらない話もよくした。顔も仕草も声もかわいい梨紗が大好きだった。
誕生日には、「大好きな梨紗でいてね。今度デートしてね。」
なんていうカードを添えてプレゼントもしていた。
学校で渡したから、梨紗の友達にも思いっきり見られたけれど、
「あんた相変わらず思いっきり愛されてるよね。」ぐらいで済んでしまうような間柄だった。
梨紗にとっては俺は「裏彼氏」のようなものだった。というか、お互いにそう言っていた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年7月16日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

このページの先頭へ