【恐怖】【朝日新聞】「『ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実』日本語版出版…準強姦致死罪などに問われた受刑者は日本に帰化した在日韓国人。彼を生んだのは日本社会そのもの」 【体験実話】

<>1:パロスペシャル(愛媛県)@\(^o^)/:2015/06/12(金)00:15:24.69ID:jiFb4zqS0.net<>
ルーシー・ブラックマンさん事件「15年目の真実」とは

■著者に会いたい「黒い迷宮 ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実」
《リチャード・ロイド・パリーさん(46)》

2001年、英国人女性ルーシー・ブラックマンさんが遺体で見つかった事件。発覚当時から事件を
追い続けた英国人ジャーナリストが、手記をまとめた。当時は英インディペンデント紙の特派員。

「記事になる話」としか思わなかった。だが、世の関心が薄れても、次第に夢の中にまで事件が出てくるほど
入れ込んだ。イラク戦争の取材中も頭を離れることはなかった。「ただの犯罪の話ではない。
私がよく知る日本と英国という二つの社会が交わる物語だと思った」

初来日は16歳の時。クイズショーで優勝して得た日本旅行だった。ヨーロッパとは全く異質の文化に
魅了され、英国の大学卒業後、日本で暮らすように。事件が起きたのは、日本を「第二の家」と思い始めた

体験実話集関連タグ

||||||||||

2015年6月15日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び2 【体験実話】

麻由香は、夫に抱いてもらえない欲求不満を”大人のおもちゃ”という、はしたないまがい物の淫棒で解消した。それは、夫しか知らない麻由香にとって、セックスへの固定概念を覆されてしまうほどの衝撃的なものだった。

それがもたらすあまりの快感に、麻由香は夫への罪悪感を覚えるほどだった。そして、純真で貞操観念の強い麻由香は、そのまがい物の淫棒を包丁で輪切りにして処分した。

麻由香は、晴れ晴れとした表情で夕食の準備を始めていた。まがい物の淫棒とはいえ、それにより欲求不満をある程度解消された麻由香は、今まで何をクヨクヨ悩んでいたのだろう? と思うほどに気持ちがリフレッシュされていた。

(今日は、私の方から抱いてもらおう。私が襲っちゃえば良いんだわ)
麻由香は、そんな風にある意味で開き直るように考えることが出来るようになっていた。
(あんなはしたないおもちゃでも、役に立ったわね)
麻由香は、キッチンの隅に置かれたビニールを見て笑った。あの中には、無惨に輪切りにされたまがい物の淫棒が収っている。もし、誰かが袋を開けたら、一瞬猟奇事件か? と、勘違いするかもしれない。

麻由香は鼻歌を歌いながら、楽しそうに夕食の下ごしらえを終えると、着替えを始めた。
(もっと、浩介さんに興奮してもらわないと)

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年3月15日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】ロリ妻環奈と高校生の彼氏 完 【体験実話】

妻がイケメン高校生のタケル君とデートをする。それは、ちょとしたゲーム的な物だと思っていた。デートというものに対するただの好奇心で、すぐに終わるものだと思っていた。
デートといっても、公園とかせいぜいカフェにでも行く程度……そう思っていた僕の目の前で、環奈は大きな口を開けてタケル君の若いペニスを口に含もうとしている。

確かに、タケル君のものを口でするとか、口に出されたアレを飲むとか言っていたが、そんなのはただの煽り文句で、嫉妬して変な風に興奮する僕をからかって言った言葉だったはずだ。

それなのに、クローゼットの中に隠れる僕の目の前で、今まさにタケル君の立派なペニスを口にしようとしている。

僕の目の前には、ツインテールに、花柄のミニスカートとブラウスを着た、どう見ても未成年の環奈がいる。胸もぺったんこで、ブラのサイズもAAカップという、そんなサイズがあるんだ……と思うようなサイズだ。童顔で、アニメキャラみたいに可愛らしい顔立ちの環奈は、それでも実年齢27歳だ。アニメ声優の永遠の17歳というような無理無理な感じではなく、実際にどう見ても未成年という感じの環奈。

それが今、僕たち夫婦の寝室で、大きく口を開けて他人棒をくわえようとしている。
あぁ、やめてくれ……そう思う僕の目の前で、タケル君のペニスをくわえた環奈。それを見た瞬間、僕は目を閉じてしまった。夢なら醒めてくれ……そんな気持ちで目を開けたが、環奈はリズミカルに頭を振り、フェラチオをしていた……。

自分の愛する妻が、他の男のモノをフェラチオするのをみて、僕は思考停止してしまった。止めに飛び出ることも出来ず、ただ見続ける僕。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2015年3月6日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【恐怖】法医学研究室第一標本室 【体験実話】

私は現在、ある地方大学医学部に在籍している者ですが、オカルトではありませんが、医学部にはいろいろと不気味な場所が存在します。
そのなかの一つ、「法医学研究室第一標本室」のお話です。

私の住む地方には検視監制度がなく、いわゆる異状死体は全て大学の法医学教室に搬送され、司法ないしは行政解剖が行われます。
それはそれは様々な異状死体が運び込まれてくるわけで、中には練磨の法医学教室のメンバーでさえ目を覆いたくなるような無惨なものもあります。

これらの異状死体は証拠写真を撮影された後解剖され、遺族のもとに返されるわけですが、まれに、遺族からも引取りを拒否されたり、法医学・解剖学・病理学上、大変興味深い異状死体が搬入されることがあります。

このような医学上珍重な(そして大変グロテスクな)標本の多くが収容されているのが「法医学教室第一標本室」、通称「穴倉」です。

874名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:03/07/2320:55
「穴倉」は地階の教室を数個ぶち抜いた非常に広い部屋です。
しかし広いには広いのですが、地階であるせいか、はたまた建物が非常に古いせいか、隅々まで照明がいきわたっておらず、昼間でも電気をフルにつけていないと足元がおぼつかないほどです。

しかし私自身を含め「穴倉」に始めてやってきた人間は、電気がついたとたん、非常に驚いてしまいます。

体験実話集関連タグ

|||

2014年9月5日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【恐怖】誰かの復讐の物語 前編【体験実話】

 

【箱】と呼ばれる建物に幽閉された七人の男女。
首には謎の首輪。
脱出するためにはそれぞれの機械に記された【枷】と呼ばれる条件をクリアするしかない。

—————————–

各プレイヤーの【枷】について

 【悪】
「特に無し」
自分の機械を他の機械に偽装できる。首輪はしているだけで作動することはないし、いつでも外すことが出来る。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年4月15日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【近親相姦】夜中にエロゲをしていた兄が(前編)【体験実話】

<>522名前:名無しさん@初回限定投稿日:02/03/1100:58ID:oxXrUT+m<>
私は、ここの1さんじゃないんですけど、今度大学2年になる兄のことで、相談したいことがあります。

実は先週のことですが、夜中に、眠れなくてボーとしていると、兄が部屋から出てくる気配がしたので、トイレに行くついでに、「夜中にごそごそうるさいよ!」って冗談で文句言ってやろうと思って、部屋のドアを開けると、そこに、上半身はパジャマ、下半身はパンツ1枚を、膝まで下げて驚いている兄が立っていました。
兄のあそこは、凄い状態になっていて、私は一瞬息を呑んだあと、「キャー」と悲鳴をあげました。

兄は慌てて「まってくれ、違うんだ…」と言うようなことをいっていましたが、1階の寝室から、母が異常な事態を察して、2階に上がってきて、すぐに状況を理解したようでした。
母は、兄の名を叫び「K、なにをしたの、ちょっときなさい」と、1階の父を呼びながら、兄を兄の部屋へと引っ張っていきました。

私もなんとなく、兄の部屋について行くと、兄は、部屋の前で、「待って、ちょっと待って、」と部屋に入られることを必死に拒んでいましたが、父が、がらりと開けると、そこには、パソコン画面にHな、ゲームの画面が映っていました。
両親と、兄は向かい合って、父が、「何があったのかいってみなさい、…」と話し合っていました。
私は何気に、兄のパソコンを覗くと、女の子が虐待されているような雰囲気で、
「痛い、お兄ちゃん…」というよう文字が映し出されていました。
スピーカのボリュームを上げて、マウスをクリックすると、
女の子が叩かれていて「痛い、お兄ちゃん…」そんな場面が繰り返されていました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年2月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【恐怖】猫を虐待する人間は、エスカレートして次は人間を標的にすると、よくこの知恵袋で… 【体験実話】

猫を虐待する人間は、エスカレートして次は人間を標的にすると、よくこの知恵袋で…nyaminatorさん

猫を虐待する人間は、エスカレートして次は人間を標的にすると、よくこの知恵袋で聞きますが、

酒鬼薔薇以外に、猫虐待→殺人へと発展した事件って何かあるのですか?
あったら、具体的に事件を挙げて教えてください。

  

ベストアンサーに選ばれた回答nononane3さん

猫に限らず、小動物を虐待した人間が猟奇殺人を犯す例は確かにありますが、
それは犯罪史に残るような特異なレアケースです。
むしろ、猫を異常に可愛がりすぎる猫愛誤者の方が、圧倒的に危険です。
なにせ野良猫のために平気で人を殺傷するのですから。

体験実話集関連タグ

||

2013年11月24日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【恐怖】猫愛誤は、異常者 【体験実話】

【猫愛誤は、異常者】
現在、法の不備により、猫公害の被害者が頼れるのは己のみという状況です。
餌やり等の言い分を真に受け、泣き寝入りをしてしまったら、当然ながら事態は悪化するだけです。被害者が苦しみ、生活が破壊されても、猫愛誤者は何とも思いません。
むしろ、「被害だと思うお前が悪い」だの、「可愛い猫を嫌うのは酷薄な人間」などと非難します。
愛玩動物に対する考え方は人それぞれですが、
●現実に大きな被害が出ていること。
●動物愛誤者がのさばり、横暴を振りかざしていること。それで殺人事件まで起きたこと。
を考えれば、被害解決のために猫を駆除するのは、被害者の当然の自衛手段です。
猫愛誤は人間より猫を最優先して考える異常者です。
自分たちの行動が他人へ損害を与え、苦しめることであっても反省も改善もありません。
よって猫愛誤が近くにいて、捕獲器も難しいようなら、猫駆除などをキーワードに2chの生き物苦手、害虫害獣板、園芸板あたりをググれば、解決法はみつかるでしょう。

——————————————————————————–

住民「ちゃんとクソの世話もしろよ」 ※

体験実話集関連タグ



2013年11月24日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【修羅場】ストーカー 【体験実話】

712:恋人は名無しさん:2001/08/17(金)00:21
かなり前の話(25年位。。)私の母親の話なんですけど、
良いですか?昔のストーカーの話です。

私の母が、私の父と婚約を発表したのが今から25年前です。
母が22歳、父が26歳でした。当時の母は、今の皇后陛下の
若い頃にとてもよく似ていて、すごくもてていました。
(写真を見ましたが、本当に似ていました)

母は今でも父が勤めている会社の事務員で、父とは社以内恋愛
でした。婚約を発表した後、次から次へと「あいつと結婚するなら、
俺と結婚して」とプロポーズが相次いだそうです。

その中に、以前から母に手紙を送ったり、プレゼントを贈ったり
していたAさんと言う人がいました。当然、母は断ったのですが、

体験実話集関連タグ

|||

2013年3月20日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

このページの先頭へ