【近親相姦】妄想の中で妹と一線を超えてエロいことした【体験実話】

<>186:えっちな18禁さん[sage]:2013/06/16(日)02:11:08.24ID:ekdrL7Bv0<>
去年まで続いてた中学生の妹との話なんか読みたいやついないよな
まぁ、書いても所詮妄想だからな

でも、本当に大したことないんだよ、ってか全部妄想だしな。
それでもよければ読んでくれ。

始まりは数年前のことなんだけどさ、
俺……高校三年
妹(Y香)……中○生
と、少し歳は離れてるんだけど、仲は良かったんだ、というか今でも良いんだ。あ、もちろん妹は仮名ね。
俺たち兄妹の間には「お泊まり」という不思議な遊びがあって、毎週土曜か金曜の夜になると、妹が少ない小遣いの中からお菓子を買ってきて、
一晩中(だいたい一時か二時まで)俺の部屋にある漫画やらゲームやらで遊びまくるっていう事をやってたんだ。
で、寝る時は俺の布団で一緒に寝るんだけど、そろそろ胸も膨らみ始めた妹と一緒に寝るというのにちょっと抵抗が出てきたんだな、俺の方が。
妹が小学生の頃は「おやすみのチュー」とか、平気でしてたくせにな。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】嫁が僕に内緒でSNSをやっていた 【体験実話】

嫁の美咲とは、来月で結婚してやっと一年になる。結婚前に付き合っていた期間も、たかだか1年弱だったので、知り合ってからまだ2年くらいしか経っていないことになる。なので、まだ新婚気分が抜けていない感じで、仲良く楽しく毎日を過ごしている。

美咲とは、趣味(新撰組)が同じで、土方歳三資料館で偶然知り合った。といっても、この時は一言二言会話を交わした程度で、凄く可愛い子だなと思った程度だった。住む世界が違うというか、僕なんか相手にもされないと思ったのを良く覚えている。

それが、偶然京都に旅行に行った時、池田屋跡で再会して、凄く驚いた。さすがに、日野で会って、すぐにまた京都で再会したので、会話も盛り上がり、そのあと一緒に壬生寺などに行くことになった。

美咲も僕も、身の回りに新撰組マニアがいないこともあり、なおかつ、お互いに住んでいるのが中野と杉並という隣同士ということもあり、よく一緒にお茶をしたりするようになった。

でも、この期に及んでも、僕は趣味友として仲良くしてもらっているだけなので、勘違いするなと自分に言い聞かせていた。
後で聞いて驚いたが、日野で出会ったときに、美咲は運命的なものを感じてくれていたそうだ。

「なんで? 何を気に入ってくれたの?」
僕は美咲にそれを聞いて、驚いてそう聞き返したものだ。
『なんだろう? 一目見て、なんかビビッときたのかなw』
美咲は、はぐらかすように笑いながら言った。本当に、笑うと電車男の彼女にそっくりだ。あの話も、出来すぎな感じの話だったけど、僕と美咲の出会いから結婚に至るまでの話も、出来すぎな感じだったと思う。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月28日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】私の目の前で、嫁と部下が夫婦生活をした 改【体験実話】

私には、12歳も年下の嫁がいる。
嫁は38歳で、息子が二人もいるのだが、若々しくて美人だと思う。
夫のひいき目かもしれないが、仲間由紀恵によく似た雰囲気の嫁は、実際いまだに町でナンパをされることもあるそうだ。

二人の息子が家を出て、二人きりの生活に戻ると、夜の生活が飛躍的に増えた。
子供達と同居していた時は、母親の気持ちが強かったのが、同居しなくなったことで解き放たれ、女に戻ったようだ。
由紀恵の方から誘ってきてくれることが多く、男としてとても幸せで誇らしかったのだが、週に2度3度となると、中折れすることが多くなり、期待に応えられなくなっていた。

由紀恵は、セクシーな下着を着たり、大人のおもちゃを買ってきて、私に使わせてくれたり、とにかく工夫をしてくれた。

だが、歳には勝てず、中折れは避けられなくなっていた。
中折れしないように、早く動くとすぐにイッてしまうし、悪循環だった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年4月15日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】私の目の前で、嫁と部下が夫婦生活をした【体験実話】

私には、12歳も年下の嫁がいる。
嫁は38歳で、息子が二人もいるのだが、若々しくて美人だと思う。
夫のひいき目かもしれないが、仲間由紀恵によく似た雰囲気の嫁は、実際いまだに町でナンパをされることもあるそうだ。

二人の息子が家を出て、二人きりの生活に戻ると、夜の生活が飛躍的に増えた。
子供達と同居していた時は、母親の気持ちが強かったのが、同居しなくなったことで解き放たれ、女に戻ったようだ。
由紀恵の方から誘ってきてくれることが多く、男としてとても幸せで誇らしかったのだが、週に2度3度となると、中折れすることが多くなり、期待に応えられなくなっていた。

由紀恵は、セクシーな下着を着たり、大人のおもちゃを買ってきて、私に使わせてくれたり、とにかく工夫をしてくれた。

だが、歳には勝てず、中折れは避けられなくなっていた。
中折れしないように、早く動くとすぐにイッてしまうし、悪循環だった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年4月4日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】勇者の末裔 (2) 【体験実話】

綾子「いってらっしゃいあなた、蒼太」
祐介「あぁ行ってくるよ、最近また例の事件が頻発してるから気をつけてな」

蒼太「本当気をつけて、戸締まりはしっかりね」
綾子「うん、ありがと、気をつけるわ」

いつもの日常
今日も綾子は朝早く起きて朝食を作った後夫と息子を送りだす
その後家事を一通り終え時刻は昼になろうとしていた

綾子「ふぅー…ようやく落ち着けるわね、お昼でも食べようかな」
昼食を食べながらテレビをつける

アナウンサー「世界で起きている謎の怪事件は増加傾向にありまだまだ予断を許さない状況になっています」
綾子「また増えてるのね、心配だわ」

体験実話集関連タグ



2014年1月8日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【恐怖】( ^ω^) ブーンが赤い水を飲んじゃったかもSIRENね 【体験実話】

【登場人物紹介】

(^ω^)ブーン・・・(高ニ/超人進化型)
  勉強も運動もいまいちだが、明るく気の優しい少年。なぜか逃げ足だけは速い。
  誰とでも仲良しだが、ショボンが一番の友達。一応、本編の主人公。

(´・ω・)ショボン・・・(高ニ/頭脳高回転型)
  頭が良く、いつでも冷静に物事を判断しようとするグループのブレイン。控えめで、一歩下がった感じ。
  たまに顔AAがブーンと見分けにくくなるのが最近の悩み。

(‘A`)ドクオ・・・(高三/近距離パワー型)
  ぶっきらぼうでひねくれ者だが、行動力がありグループのリーダー的存在。生まれつき勘が鋭い。
  体が大きく力自慢で、素手でイノシシを倒した事があるとかないとか。ツンとは家が隣り同士。

ξ゚゚)ξツン・・・(高三/母性強化型)

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2013年12月6日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【泣ける】三沢光晴選手のご冥福をお祈りします 【体験実話】

三沢光晴(みさわみつはる、男性、1962年6月18日-2009年6月13日)は、日本のプロレスラー。本名は三澤光晴。北海道夕張市生まれ、埼玉県越谷市育ち。プロレスリング・ノア(以下ノア)代表取締役社長。あわせて2006年9月にグローバル・レスリング連盟初代会長に就任。2009年6月13日-広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)での試合中に、相手選手の技を受けた際に立ち上がることが出来ず、関係者や他選手らによる手当てを受けた後に心肺停止状態に陥り、病院へ救急搬送された[1]が、その後死亡が確認された。バックドロップにより頭部を強打して死亡に至ったとされる。

エピソード
中学卒業後の進路を担任教師(女性)にプロレスラーと言うと「ふざけるな」と激怒されたと言う。しかし三沢が真面目に考えてる事が解るとレスリングの名門である足利工業大学附属高等学校を勧められた。その他、単身で全日本プロレスに入門希望に訪れると偶々居合わせたジャンボ鶴田に「責めて高校を卒業してからにしなさい」と追い返されたエピソードもあり、かなり早い段階からプロレスラー志望だったと言う。レスリング部在籍時も「何でプロレスラーに成りたいのにこんな事(アマレス)しなけれな行けないんだ」と競技としてのレスリングは詰まらなかったと言う。本人談では「(アマレスを)続けてればオリンピック選手ぐらいには成った自身があるが詰まらないから早く止めたかった」と語っている。

中学時代は体操部でそれがタイガーマスクのベースに成ってる事は断言している。
体力的にはプロレス転向前から完成されており「プロってなんて(トレーニングが)楽なんだ。高校時代の方がもっときつかった」と語っている。元々体格にも恵まれていたが高校レスリング部時代は任されてる階級の為、減量が厳しくプロレスデビュー当時はJr.ヘビー級だった。逆に好きに食べれるプロレスは幸せだと語っている。
個人的な欲では動かず、地道な活動を身上としている。自団体だけでなく、常にプロレス界全体のことを考えて行動している為、筋を通して交渉してきた団体、選手には理解を示し、他団体の大きな興行がある時には、時として自ら出向き夢のビッグマッチを実現させている。また義理人情に熱く、困っている選手や団体に恩讐を越えて手を貸したりする場面も見られる。

ノアを立ち上げて全日本から分裂する際、既に契約のあった興行をキャンセルせずに出場した。曰く「要請がなくても出るつもりだった。全日本さんより、興行主の方に申し訳ないですから」

「理不尽大王」として活躍していた冬木弘道が突如三沢を標的にし、対戦を避ける三沢に対し、三沢を乗せたバスを走って追いかける、事務所までマラソンをする等のドラマを展開。三沢も、プライベートでは全日本時代から親友で、ノア旗揚げ時にも(社長レスラーの先輩として)助言を仰いだ冬木の熱意に応じて2002年4月7日にシングルマッチを行った。その翌日、病院の検査で冬木が大腸癌に侵されていた事が発覚。FMWが崩壊し、新団体WEWの旗揚げにも至っておらず基盤を持たない冬木の為に三沢はディファ有明の空いていた4月14日をすぐに確保し、ノア主導で冬木の引退記念興行を打った。そして、その収益の全てを冬木に贈ったそうである。後に三沢はこの事について「別に深い意味はないですよ。冬木さんは大切な友達だからですよ」と述べている。

2001年2月、当時ノア所属選手だった高山善廣が総合格闘技(PRIDE)に進出する際、高山が準備期間が欲しいため退団を申し入れた。この時三沢は「別に準備期間が欲しいならうちの所属でも構わない。その期間は欠場してもいい」「プロレスをまだ続けたいなら、いつでも帰ってきていいよ」と語り(高山が自書にて告白)相手を思いやる社長ぶりを見せた。その為高山も他団体に比べるとメインでの活躍が少ないにもかかわらず義理を重んじノアのリングに上がり続けたり、休養中もゲスト解説としてノアとの関係を良好に継続している。復帰戦をノアで行ったのも三沢の人柄によるところが大きかったと思われる。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2013年11月14日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

このページの先頭へ