【近親相姦】合コン【体験実話】

先週の土曜日、会社の同僚に誘われて合コンに参加した。
相手の女の子達は某建設会社の受付嬢とのこと。
期待に胸を膨らませ、居酒屋へ。
待つこと数分、四人組の女性達が入って来た。
「こっちですよ〜!」
今回の合コンをセッティングした同僚が手を振る。
俺はさりげなく彼女達一人一人を物色し始めた。
と、そこにどう見ても毎日顔を合わせている女が一人…。
姉だ…。
(でも待てよ?姉は歯科助手で建設会社の受付嬢なんかじゃないぞ!?)
その後、男から自己紹介をした。
当然姉も俺に気付いていたが、場の雰囲気を壊さないよう黙っていた。
しかし、やる気満々で参加した合コンに、まさか姉が来るとは思わず、いつもの様にハジケられない俺…。
ところがいつの間にか男女交互の席順に変わった時には、端から見ると、俺と姉とがツーショット状態に…。
みんなに聞こえないように

体験実話集関連タグ

||||||

2014年11月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】妻 朋華 夫の知らない顔【体験実話】

私は45歳になる、世間ではお堅いと言われている職業についている。
妻の名は「朋華」という。43歳、身長は160センチ弱、子供は2人いる。
美人タイプではないが、他人には愛想がよく、妻はパートで歯科病院の受付をしているが、そのお客さんにも受けがいいという。たまに、男の客にあからさまに誘われることもあるという。少し男好きのするタイプである。
だが、家庭では、独裁者そのものだ。事あるごとに、私につらく当たり、私をなじる。
そんな時私は口答えもせず、じっと耐える。
一番上の子は、妻の離婚した前夫の子である。
結婚して15年といったところだ。さすがに「女」としては、まったく興味がない。
この妻のことで、先日、知り合いの男性のAから、知り合いといっても、妻の妹の亭主である。歳はわたしより、上であるが、このAからずいぶん昔…、私と妻が結婚する前のことだが、私には、普段の妻からは想像もつかない意外なことを聞かされた。
それは一緒に酒を飲んだとき、かなり、二人とも出来上がってきたときのことだ。
突然Aは「奥さん(朋華)元気?」
私「相変わらずだよ。なんで?」
A「奥さんから何か聞いた?」
私「いゃ、別に」
A「それならいいよ」と言い含み笑いをした。
私はすごく気になり「何だよ。話してくれよ。」

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年9月3日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【修羅場】DQNだらけのややこしい昔話【体験実話】

394名前:恋人は名無しさん

※DQNだらけのややこしい昔話です。長文面倒な方はすっ飛ばしてください。

登場人物

元彼:ジャイ男 20歳(ビジュアルも性格もまんまジャイアン) 実家自営土建屋の跡取り。
新しい彼氏:二宮 19歳(嵐の二宮似)レストランの厨房で修行中。
私:かおる 18歳 (顔も性格も杉田かおると言われるおっさん女) 歯科助手なりたて。
女友達1:ジャイ子 18歳 (ジャイ男と兄弟かと思うほど激似) 高校卒業後進路未定。
女友達2:ハナ 18歳(モデルのハナ似)高校卒業後、毒親から逃げてきて私の実家に居候。
—————————————–
高校を卒業してしばらく経った、とある日曜の昼間。
つきあい始めたばかりの彼、二宮の家でまったりしていたら、駐車場から車のクラクションと
「かおるいるんだろ!?出てこい!男もだ!!」という、元彼ジャイ男の怒号が聞こえてきた。

体験実話集関連タグ

|||

2014年5月28日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【泣ける】あなたは勃起できますか?ED 〜勃起障害〜【体験実話】

<>1臨床検査技師(愛知県) 投稿日:2010/08/30(月)21:20:22.57ID:jbtC4XBk0<>
成人男性の5人に1人がEDと自覚

 バイエル薬品が「ED(勃起障害)に関する現代人の意識調査」を実施いたしました(対象=20〜59歳の男女、方法=インターネットリサーチ、時期=09年12月7日〜8日、サンプル数=824)。

 男性全体に「あなたはご自身がEDだと思いますか?」と質問したところ、19・9%が「思う」と回答。年代別では20代が8・7%、30代が13・6%がEDを自覚してたそうです。

 また、EDを自覚している男性に対し、「EDはあなたの自信にどう影響を及ぼしましたか?」と質問したところ、

「性生活に自信がなくなった」という回答が63・4%。
世代別に見ると30代男性では「仕事に対して自信がなくなった」(21・4%)、
40代男性では「女性とのコミュニケーションに自信がなくなった」(27・3%)

という回答が多かったそうです。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年5月14日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【恐怖】黒こげの乗用車【体験実話】

警官をしている友人数年前に体験した話。

そいつは高速道路交通警察隊に努めているんだけど、ある日他の課の課長から呼び出されたんだって。
内容を聞くと、一週間前にあった東北自動車道の事故の詳細を知りたいとのこと。
その事故ってのは、一家四人が乗った自動車が平日の深夜に
中央分離帯に激突して全員死亡した事故の事だったらしい。

事件のことを少し詳しく話すと、高速を走行していた長距離トラックから
××インターチェンジ付近で乗用車が燃えているって通報があって、
夜勤で待機していた友人が現場に直行したんだけど、友人が到着した時には
既に乗用車の中にいた人は全員黒こげになって死んでたんだって。

その後身元の特定と検死が行われて、歯の治療記録から死んだのは
東京西多摩地方に住んでいる家族だってのがわかった。
死んだのは加藤正さん(仮名)とその妻の恵美、長男の正一、長女の恵那の四人。

体験実話集関連タグ

|

2014年5月13日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【寝取られ】嫁がペニスバンドを隠していた【体験実話】

今日、ハンコを探していて、とんでもないものを見つけてしまった。
サイドボードの中の、細々としたものを入れるボックスの裏側に、隠すように置いてあった巾着袋。
何の気なしに中を見てみると、黒光りするペニスバンドだった、、、

嫁の志織は24歳で、まだ結婚して2年も経っていない。
嫁は今妊娠中だが、妊娠前はセックスは週に1〜2回はしていた。
そして今、安定期に入って、そろそろまたセックスをしようと思っていたところだ。
欲求不満だったのだろうか?

でも、普通のバイブじゃなくて、腰にベルトで装着するタイプの大人のオモチャだ。
相手がいる?浮気?
だが、浮気ならペニスバンドなんて必要ないはずだ、、、

もっと情報を得ようと、ペニスバンドをマジマジと見ると、ベルトの調整部分のくたびれ感が凄い。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年3月14日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】幼女の頃から知っていた友達の妹に誘惑された時の話をする【体験実話】

俺   22歳 今のところ学生今年の春入社(予定)
見た目 中の上って言われるからそれなりだと信じたい

Aの妹 18歳 今年就職
見た目 ガッキーをちょっと丸顔にして目もちょっと釣り目にした感じ
    ここでは新垣結衣から借り名だが結衣にしておく

A   22歳 俺の友人いい奴 整備士で嫁子供あり
見た目 ゴリラ

正月間近、大学の卒論も終え後はゆっくり正月を実家で過ごすつもりだった俺は卒論提出後の翌日の13時に6時間かけてバスに揺られ実家に帰ろうとしていた
その道中見知らぬ携帯番号から電話が掛かってきたが卒論のおかげで睡眠不足なのと6時間のバス移動のせいか全くその着信に気付くこともなくすっかり夢の中にいた
着信に気付いたのはバスが目的地に到着して迎えの車を弟に出してもらう為電話をかけようと携帯を出した時
身に覚えのない番号からの着歴、間違い電話かもしれないし本当に用事があればまた掛かかってくるし来た時に出ようと思った
その日は結局何もなく久しぶりにかあちゃんの飯ウマウマーとか実家の風呂やっぱ広ってなって寝た

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年2月24日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【複数・乱交】医学部ひゃっほい【体験実話】

俺は去年、中高一貫の男子校を経て現役で某国立医科歯科大学へ合格した。
格差時代の昨今医学部はモテテモテテしょうがないわけ。
加えて、俺は読モでよく撮影してて雑誌のってるし、街歩けばモデルのスカウトされまくるしね^^;マジ参るわ^^;;
親は開業医だしね・・・恵まれすぎだろ。。。
昨日は立教のViViの読モの子達と合コンのあとラブホ。
一昨日は上智の子と合コンで王様ゲームしてそのまま乱交〜。
ま、全部遊びだけどな。
医学部つーだけで金目当ての女ばっか寄ってきてよー
なかなか本気にはなれんよ^^;
お金なんて興味ない女の子いたら紹介して^^
ここだけの話、おまいらだけに教えといてやるが、
偏差値高い女の方がテクもいいぞ。飲み込みがいいんだよな、頭いい女は。
明日は茶水の子と合コンだぜー。
いいことあったらまたここで報告します^^
みんな盛り上がってこうー!

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年2月18日 | 体験実話集カテゴリー:複数・乱交の体験実話

【恐怖】なぜ女は恨みをいつまでも忘れないか【体験実話】

パートナーとケンカをするたび、昔のことをほじくり返されてネチネチ言われる。そんな思いをした男性は多いのではないでしょうか。

 なぜ女性は根に持つのか。それは、嫌な思いをした記憶を忘れては困るからです。「子を産み・育てる性」である女性は、基本的に自分と自分の子どもの身を守ることを第一に考えます。自分に与えられた危害を忘れてしまうと、また同じ人に嫌な思いをさせられるかもしれません。2度と同じ目にあわないために、嫌な記憶を脳に留めておくのです。

 女性の脳は、不快な思いを大脳皮質という部位で処理するようにできています。大脳皮質は、理性、知性、言語といった高度な脳活動を司っているところです。女性は大脳皮質でネガティブな感情を捉えると、その感情を言語化し、長期記憶として蓄えます。

 一方、男性は感情を脳の中心の扁桃体という器官で処理します。そこが司るのは短期記憶。だから、すぐに忘れてしまう。いうなれば、女性の脳は感情をどんどんため込むバケツで、男性の脳は感情を網目から素通りさせるザルです。そして、女性のバケツはいつか水があふれ出し、ひっくり返ります。そのときになって初めて男性はあわてふためくのですが、もう手遅れということも少なくありません。

 私の友人の1人で、妻が毎日「結婚後、知らない土地でさびしい思いをした」「育児を手伝ってくれなかった」などと昔のことを引きずり出して、自分を責めてくるといって困っている人がいました。私は「しゃべりたいだけ、しゃべらせなさい。そして、つらかったね、僕も悪かったと共感してあげなさい」とアドバイスしました。その人は、それから毎日、黙って妻の話を聞き続けたといいます。

 1カ月もすると「私も変わらないといけない」と妻が反省し始め、そしてある日「あなたがいないと私は生きていけない」と言ったそうです。相手の言葉を受け入れ、共感してあげる。これが女性との対話の第一歩です。

女性が昔のことを掘り返して責め立ててきたら、下手な反論は火に油。男性はそんな昔のことをあまり覚えていないので、ケンカをしても勝てません。「そういうこともあったね。申し訳なかった」と認めるしかないのです。

 女性のほうも、過去のことをいまさらどうしろとは思っていない。はっきり言うと、「言いたいだけ」。いまの怒りの気持ちをわかってほしいのです。

体験実話集関連タグ



2014年2月4日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【人妻】家出した人妻【体験実話】

俺が21歳の頃、ビルのメンテナンス管理会社に勤めていた、俺の担当ビルは、
歯科・眼科・旅行代理店と他に5社が入っている5階建ての総合ビルの管理業務でした。
9月末にある夜、帰る前のビル内点検で1階のトイレに居た家出女性を、俺のアパートに
連れていった時の話です。
その日は台風の影響でお昼ごろから雨が降っていました。
トイレから出てきた女性を見た瞬間声を失っていました。
髪はぼさぼさに近く、化粧もしていない様で、手には小さな紙袋を持って、
靴は汚れたスニカーを履いていました。
廊下まで出てきた女性は、ゆっくり俺の方を見ながら、
「すいません」
何か事情がありそうだと感じましたが、
『どこか悪いのですか?』
と聞いてみました。しかし女性は、
20〜30秒ほど沈黙が続きました。
『申し訳ありませんが、閉めますので』

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年1月25日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話
1 / 3123

このページの先頭へ