【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【体験実話】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。
そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。
夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。
しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。
夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。
夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。
発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、
私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。
ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。
売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。

給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。
しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に
私も同意見でした。
なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2015年4月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】旅行中に彼とH、翌日お見合い男性ともH 【体験実話】

4年以上付き合っていて結婚してくれない彼氏(A君)がいます。

私はもう30代後半になっていて1日でも早く結婚したいと思っているのに彼(年上)はマイペースで全くそぶりを見せません。
私が40歳になってしまう前に結婚したいと思っています、赤ちゃんを産むこともあきらめたくない(切実な願い)。

友達に相談したら、「彼に内緒で、結婚相談所とかに登録しておいて他の男性とお見合いをしたら。そのほうが真友ちゃんが幸せになれると思うよ。子供ほしいなら早い方が絶対いいよ」と言われて他の男性(Bさん)とお見合いをし、並行して付き合い始めました。

旅行に行くA君とは普段の時のHはなく、旅行の時だけHをします(いつも淡白)。
だから私は年に数回の旅行のたびに彼との距離を縮めようとがんばって奉仕しています。

この前の旅行は久々となる遠方に飛行機での国内旅行でした(お互い平日に有休をとり、土曜の昼前にそれぞれの家に帰る日程)。

その旅行の夜は、珍しく彼が積極的でびっくり。

A君の方が顔もカッコ良いので、結婚にも積極的になってくれたら最高なのに!

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2015年4月1日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【寝取られ】王者 【体験実話】

最近彼女の様子が何かおかしい。
僕には高校の時から付き合っている「さやか」という彼女がいるのだが、最近その彼女が全然僕と会ってくれない。
久々に会えると思っても、急に用事が入ったり、体調を崩してしまったりとかで、ここ数か月は本当に会えない日が続いている。
ちなみに僕も彼女も今年の春、大学に入学したばかりの大学1回生なのだが、残念ながら通っている大学が違う。
僕としては彼女と同じ大学に入りたかったのだが、向こうの親の方針で彼女は女子大へ行くことになり、それは不可能となってしまった。
しかし、お互いに大学には通いで、家もさほど遠くなかったこと、一番はお互いにラブラブだったこともあり、彼女と話し合った結果、もちろん大学に入っても恋人関係を続けていこうと言うことになった。
僕も彼女の行く大学が女子大だったこと、また彼女が本当にしっかりした性格だったこともあり、安心して今まで通りの関係を続けていけるだろうと何の気兼ねもなく思っていた。
また、彼女は誰にでも優しく、元気で、容姿も端麗で、僕からすれば本当に完璧な女性であった為、通う大学が違うからと言って、彼女を手放したくはなかった。
さやかは、顔もミタパンとかいうアナウンサーに似ており僕の好み中の好みで、本当に僕からすれば完璧の女性だった。
彼女とは高校の部活で知り合い、色々な苦難を乗り越え、切磋琢磨している内に自然と付き合うことになった。
彼女は男女いるうちの女子部長だった。もちろん僕は部長でなはい。男の部長は他の奴だ。
僕は特に運動神経が良いわけでもなく、しょっちゅう怪我をしてチームの足を引っ張ったりしていたのだが、そんな僕を毎回気にかけてくれたのがさやかだった。
僕は頼りなく、さやかは、おせっかいなぐらい責任感があり、今となっては情けないが、このお互いの特性の相性が良かったんだと思う。
彼女も僕と付き合ってくれた理由として、僕が危なっかしくて、ほっとけないし、過程はどうであれ接しているうちに僕が純粋で優しくていい人だとわかったから付き合ったと言ってくれた。
付き合えただけでも最高だったのだが、さやかの初めての人が僕だと知った日には本当に感極まって嬉しかった。

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年3月15日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】【短小10センチ】Fカップ巨乳のOLに逆ナンされホテルに連れ込むも粗末なチンコを笑われた 【体験実話】

1年ぐらい前の冬のはなしです。
いま社会人2年目で24歳の男です。

会社から資格をとるように言われ、休みの日は近所のスタバで昼から夕方ぐらいまで勉強していました。
そのスタバは駅の近くにあって、休日は学生や若い社会人が多く利用していました。

夕方5時ごろでしょうか、そろそろ帰って夕飯の仕度をしようと思い、店を出ました。
駅前の道を歩いていると、後ろから声を掛けられました。

「すいません、、ちょっといいですか?」

見ると、スタバで近くの席にいた女の子でした。
実はその子、スタバにいたときからちょっと気になってたんです。
というのも、、着ているニットの盛り上がり方がやばい!
ロリ顔で巨乳って反則だろ…

体験実話集関連タグ

|||||||||

2015年3月12日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】スワッピング体験談 実はエッチ大好きだった彼女のユイは先輩の巨根に何度もイカされまくる 【体験実話】

以前起こった衝撃的な出来事を書きます。
まずは人物紹介から。

俺(ユウキ) 24歳会社員。高身長だけどフツメン、モテない。

彼女(ユイ) 24歳で僕と同い年。清楚でロリっぽくて可愛い顔してます。学生時代に付き合い始めて3年目。
別の会社で働いています。身長は160センチないぐらい。すごく色白で、胸はDカップ。
正直、俺には不釣り合いなぐらい可愛い。

先輩(アツシ) 27歳、会社の先輩。幼い頃からサッカーしてたそうで細マッチョ。
同い年の奥さんとは付き合い始めて2年目。さわやかイケメンで昔からモテたそう。

先輩の彼女(マユミ) 27歳で同じ会社。筧美和子に似てる。もともと先輩とは同期で、部署は違いますが僕もよく知ってます。
背が高くて(167センチって言ってた)スタイル良い。Fカップの巨乳の持ち主。
イケメンの先輩と相応な綺麗な人。優しくてノリが良い。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2015年3月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】妹【体験実話】

去年の夏は死ぬほど暑かったのに避暑地らしい所へは何処へも行かなかった。

唯一、海へ泳ぎに行った位だった。

それも何が悲しいか、妹と二人で…それがまさか兄妹でセックスをする事になるとは思わなかった。

事の始まりは、5歳下の高校2年の妹が夏休みだと言うのに、家でゴロゴロとしていたので、「彼氏と遊びに行かないの?」なんて、さも彼氏が居ると前提な事を聞くと「残念ながら彼氏は居らんのですよ兄上…」と答えたので、「じゃあ友達と遊びに行かないの?」と聞くと「友達は皆、彼氏とお出掛けだよ…って、お兄ちゃん、私に何処か行ってて欲しいワケ?」と逆に突っこまれたので、「いや、そう言う訳じゃないけどさ…」と最後は何て言えば良いか分からずゴニョゴニョと誤魔化すと「じゃあ!お兄ちゃん何処か連れてってよ♪」と言いだして来た。

仕事が休みで特に出掛ける予定も無かったので、たまには兄妹水入らずって言うのも良いかな、なんて思い「何処か行きたい所あるのか?」と尋ねると「海!海行きたいっ!絶対!海がイイ!」と、やけに海にこだわった言い方をするので、「なんでそんなに海がイイんだ?」と聞くと「だって、夏休み明けに少しは日焼けしてないと皆と話合わないじゃん…」と言うが俺には理解出来なかった…

まあ、とにかく海に行く事に決まった。

で、何処の海が良いか…人が混みあっている海水浴場は正直行きたくなかった…と、ふと知り合いの別荘を思い出した。

それほど親しい訳じゃ無かったけど、何故か相手は俺の事を凄く良くしてくれて、何時だったか機会が有れば別荘に遊びに来てくれと言われていたのを思い出したのだった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年2月24日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】義妹と【体験実話】

一昨日、妻の実家は両親が旅行中で妹しかいないので雪かきを手伝いに呼び
出され妻は仕事だったので俺ひとりで行くことになった。妹は21歳のOLでか
なりの美形だ。二人で雪かきを始め大体片付いたところで妹はお茶の支度を
するため一足早く家に入った。俺も全て終わらせ家に入りそのままトイレに
向かった。妻の実家は大用と小用が分かれていてまず鼻をかもうと大用のド
アを開けた。すると妹がなんとうんこをしていた。しかも下痢気味でビチビ
チ音を立てて出ている最中だった。和式なので後ろから丸見えだ。妹は驚き
のあまり声を失い俺も一言「ごめん」と謝り慌てドアを閉めた。とりあえず
居間に行き妹がトイレから出るのを待ちその後、俺も用を済ませた。居間に
戻り妹に「ちゃんと鍵閉めなきゃだめじゃん」と少し照れながら言うと妹は
「ノックぐらいしてよ。めちゃ恥ずかしいよぉ」と俺の胸に顔をうずめた。
俺が妹の頭を抱くと妹は体を密着させてきた。胸があたる。俺のちんこが
徐々に立ち始めた。妹はすぐ気づき俺の顔を見上げた。俺は焦り「ごめん、
そんなつもりじゃぁ」と言い訳すると「じゃあなんで?どおして元気になる
の?」と言い返され困った俺はそのまま妹を抱き寄せてキスしてしまった。

体験実話集関連タグ

||||||||

2015年2月21日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】東京の女子大に進学した彼女 【体験実話】

<>923:えっちな18禁さん:2011/05/30(月)08:46:28.95ID:36F+rl0W0<>

中学から付き合い始めた彼女は推薦で都内の女子大に行き
俺は一浪して地方旧帝目指してたんだけど

一年位は、ほぼ毎日連絡取り合って帰省の度に会ったりしてたけど
半年位で寝取られました(尋ねて行ったら同棲してた彼氏が出てきた)。

まぁ勉強は手に付かないわホント落ち込んだわ実際。

今、お互いUターン就職して、何度か同窓会とかで顔を合わせてるけど
元彼女はまだ結婚してない。

<>925:えっちな18禁さん:2011/05/30(月)10:38:45.22ID:bBCpgiZq0<>

体験実話集関連タグ

||||||

2015年2月18日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】俺と従姉妹と友達と【体験実話】

大学2年の夏休み、帰省せずにバイトしていた。
当時の俺は京王線沿いのワンルームに一人暮らし。
ある日、母から電話があり
「○ちゃん(従妹 当時中3)が友達と一緒に5日間ほど東京に遊びに行くって言うんだけど、
二人面倒みてあげてよ」と。
俺「5日もかよ!ガキンチョの相手なんかめんどくせーよ」
母「そう言わずに、ちょっとお金送っとくから」
当初は本当にお守なんか面倒だった。

当日、新宿駅まで迎えに行く。
人ごみの中、○○を探していると
「☆兄!」

日焼けしたショートカットの垢抜けないが可愛い少女…、○○だった。
○○と会うのは二年半ぶり。最後に合ったのは○○がまだ小学生のときだった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹とダンジョン攻略2【体験実話】

の続き

特定されるのも困るので妄想と思ってくれ。

のぼせてきたのだろうか…
ドクンドクンと自分の血流を感じるようになった。
(そろのろ出ないと湯あたりしそうだな・・・)
湯船に浸かりながらボーッと妹が髪を洗うのを見ていた。
俺「おーい、俺そろそろ出るわ。」
妹は俺に背を向けており、振り返らず答えた。
妹「え、もうちょっと居てよ。」
俺「ダメ、そろそろ出ないと湯あたりしそう。」
妹「え〜、ちょっと待って!」
手早く泡を流し、タオルを頭に巻いた。
妹「じゃ、出よっか。」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2015年2月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ