【人妻】妻と他人のセックスを見ながら1【体験実話】

私はしがない会社員で、妻(32歳)と平凡に暮らしております。
妻も取り立てて「美人」であるとか、「芸能人のだれだれに似ている」とかいうこともない、十人並みの容姿です。
私も妻もお互い、三十路になってから出会い、結婚したのでそれなりにセックスの体験もありました。
妻は過去5人ほどの男性と身体を重ねていたようですし、私もそれほど多くないにしろ、それなりに女性と身体を
重ねていました。
「お互い、セックスはあっさりしたもの」と思い込んでいたのでしたが、ある事件をきっかけに私は、愛する妻が
「他人の性の対象」となっていることに強い性的興奮を覚える事に気が付いてしまいました。
今から1年ほど前の冬のことです。
私の弟で、大学生になったばかりの佑(ゆう)が、都内の大学に通うためのアパート探しの間だけ、私の家にやっ
かいになることとなり、約ひと月半ほど同居することとなったのでした。
弟がほしかった妻は、佑を「自分の弟」のように可愛がっていたため、この話に乗り気でしたが、私は妻とのセッ
クスが唯一の楽しみであったので、その邪魔をされるという思いからあまり乗り気ではありませんでした。
佑が家に来て2週間ほどしたころでしょうか。
家事、特に洗濯が私の主な仕事なのですが、妻が「洗濯物がきちんとたたまれてしまって無かったわよ!」といっ
てきたので、まぁそんなこともあるかと軽く受け流していたのでしたが、今までそのようなことを妻に指摘された

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月13日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】なくとも100回以上は部長に抱かれている【体験実話】

<>714名前:名無しさん@ピンキー[sage]投稿日:2007/12/21(金)18:42:09ID:hiL1nXbm<>
5コール目ぐらいでマキが出た。
「どうしたの、こんな時間に」声自体は普通。
「いや、ちょっと体調崩して会社休んでるんだけど、どうしても声が聞きたくなって」
僕も勤めて冷静にかつ若干弱々しくそう言って。話し始めた。

マキはちゃんと気遣いの言葉を掛けてくれるが、
「もう、寝てた方がいいよ」とか「あんまり話してると具合悪くなるよ」とか「すぐに病院行った方がいいよ」とか電話を早く切りたそう。
僕は電話から聞こえる僅かな物音も聞き漏らすまいと聞き耳を立てながら、必死で話を伸ばしていた。そのうち返事が段々遅くなり、
やがてマキが「ちょっと待って」と言ってしばらく無音。そして「ゴメン、後でこっちから掛けるね」と言ってプツリと電話は切れた。

どうしようも無い敗北感と絶望感。
それから1時間ぐらい経った頃、部長が一人で出てきて、車に乗ってそのまま行ってしまった。
見上げるとマキの部屋のカーテンは又開いていた。

体験実話集関連タグ

||||||

2014年6月13日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】彼氏は本当の私を知りません。【体験実話】

こんにちは、私は19才の大学生です。
今、同じ大学に彼氏がいます。
彼氏は同じ高校で、付き合って2年目です。
二人とも実家だから、あまりエッチはできません。
でも彼氏もそんなに言ってこないから、すごくたまにホテルとかに行きます。
そんな私は、彼氏には言えない事があります。
私が中学生の時に好きだった男の子がいて、中学2年の時に付き合いました。
付き合うって言っても、当時は一緒に帰るだけで、途中で何かタコ焼きとか食べたりするだけでした。
でも、その彼氏はちょっと不良だったから、たまに「家に来い」って誘われました。
私はもちろんバージンだったから、恐くていつも断っていました。
そんな感じで付き合っていると、修学旅行の夜に、彼氏の友達から部屋に呼び出されて、その友達の彼女達と一緒の部屋で集まりました。
ペアが4組でした。
そしたら、いきなり部屋を誰かが暗くして、それぞれの恋人どうしでイチャつきだしたんです!
私はバージンだったけど、あと2組はヤリまくっていて、あと1組は2回目でした。
私は空気的に断れなくなって、彼氏にまかせる感じになっちゃいました。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年6月12日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【寝取られ】元彼にのめりこむ妻【体験実話】

結構
鬱な話ですが、良ければ読んであげて下さい。

その年
俺の勤める会社が消滅しました。
倒産する寸前は休み無く働きましたが、もがき苦しむだけでした。
気付くと円形脱毛症にもなっていました。
段々と範囲が拡大し、やがて地肌を黒く塗るだけでは隠せなくなりました。

人と会うと
痩せた?
疲れてる?
気心の知れた奴には
年取ったねと言われる事もすっかり慣れました。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年6月10日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【修羅場】ビッチのお決まりの言い訳【体験実話】

<>382:恋人は名無しさん:2011/06/04(土)22:11:22.75ID:oa8+a+wX0<>
文才なくて長いですが…
俺男25歳社会人
彼子21歳俺男の彼女
山田さん20代? 彼子の同僚

俺男と彼子は彼子の就職を機に同棲を開始。
付き合って2年だけど、喧嘩も得になく、同棲を始めてもうまくやっていた。
彼子の入社した会社は社員同士仲が良く、得に女子は女子会と称して月に何度か飲み会を開いたり、休日でも遊びに行くほどだった。

<>383:382:2011/06/04(土)22:21:13.14ID:oa8+a+wX0<>
彼子は今日あったことを包み隠さず話す性格で、「今日会社の○○ちゃんと△△さんと××で遊んで来たよ」などと良く話し、俺は会ったことのない彼子の友達・同僚の名前や、その人の性格などを知っていた。
半年くらいたった頃、休日家でまったりしてると、彼子の携帯にメールが来た。

体験実話集関連タグ

||

2014年6月10日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【泣ける】仕事で大怪我をして車椅子になった【体験実話】

374:名無しさん@お腹いっぱい。2013/07/2407:17:08
初めて書き込みます。
少し長いです。昨夜の話です。

俺は自営業で、ちょっと特殊な仕事をしていた。
従業員も使っていたし、余裕もあったので
今の嫁と結婚する時は、専業主婦でもいいよ!と、嫁に言ったが
私も一緒に仕事がしたい!と言ってくれ
仕事に関しては、まったく素人だったが
嫁に合っていたらしく、嫁はメキメキと仕事が出来る様になった。
従業員達との関係も良いし、本当に皆、家族同然だった。

そんな中、俺が仕事で大怪我をした。
後遺症が残り、片足は完全に駄目で、もう片足は何とか感覚があるだけ。
なんとかリハビリをするものの、完全には元に戻らず

体験実話集関連タグ

||

2014年6月10日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【近親相姦】ねぇちゃん!出ちゃうよ!ラストアタック【体験実話】

前編:ねぇちゃん!出ちゃうよ!4

「行きたくない訳じゃないよ!」
「なんでよ!」
「だって仕事あるんだもん」
「じゃぁもういい!馬鹿サトシ!」 ガチャン!

いきなり週末に電話かかってきたと思ったらこんな会話。
なんという”我侭。気侭。そのまんま。”
土曜日から日曜日にかけて旅行に行くという話だったのだが
急遽予定が狂ってしまい、招待券がダメになりそうな予感。

しかし、ココは弟、がんばります…えぇ、わかってます…頑張り所が違うって事は…
「なんとかなったよ」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年6月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【修羅場】家族旅行でディズニーへ行ったが、嫁は同時に間男と会っていた。【体験実話】

【され夫】妻がシャアシャアと不倫しおった!17【破局】

833:離婚さんいらっしゃい2013/09/09(月)15:23:05.37

俺、やっと離婚成立、親権確保 
 GPSロガー使って、証拠見つけた
記念に書こうかな

          

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月10日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【寝取られ】強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた3【体験実話】

嫁の麗子が、部長と一泊で温泉に旅行に行って以来、ただでさえ男女逆転していたウチの家庭は、より逆転に拍車がかかっていた。

嫁に寝取られ性癖を見抜かれてしまったこともあり、麗子はそれを巧みに刺激して俺を興奮させてくれる。

今日も甲斐甲斐しく嫁のために夕食を作っていると、嫁が帰ってきた。
同じ社内で、どんどん出世していく嫁に対して、出世を諦めている俺は、毎日こんな風に嫁よりも早く帰って夕食や家事をする日々だ。

「ただいま。わぁ、良い匂い!あんたは本当に良い嫁だよねw」
「それほどでも、、 もう食べる? 先に風呂入る?」
「wwそれとも、わ・た・し は?w」
「えっ?良いのっ!?」
「ウソだよw じゃあ、食べよっかw」
「は、はーーい、、」
あれ以来、麗子はセックスをさせてくれない、、 
この自宅で、部長が嫁を抱くのを俺が覗く、、 そんなプレイをするのを嫁と約束している。それが終わるまではセックス禁止だそうだ、、

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月10日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】風呂に入ったことがきっかけで・1【体験実話】

当時、俺、大学4年生22歳。姉、就職一年目の23歳。
間違えなく、血は繋がっていない。
この時まで俺にとって姉は、姉として意識していた。
両親は自営業。
冬は暇になる職種で、毎年11〜3月にかけて海外旅行に行くことが多い。
予定が合えば一緒にいったこともあるが、この年は二人で1週間程の留守番だった。
中学くらいから微妙な距離を取り出した気がするが、姉との仲はいいほうだと思う。
エロ話はしないが、たまにお互いの恋愛話もしたし、お互いの部屋にマンガを読みに行ったりもする。
姉は明るいけど少し影がある人らしい。姉と同じクラスの先輩から聞いた。
家ではそんなことはない。普通に話すし、両親の前では明るく話す。
でも、その姿に多くの男がボッキしたと、姉と同じ高校へ行った友人から聞いた。
そうは言っても、俺は姉としか意識してないから、全く気にしたことなかった。
チア姿は、高校が違ったからチラッとしか見たことはない。
男兄弟しかいない友人から、姉をオカズにしたことないのかと言われて、
少し想像して激しく気分悪くなったことはある。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年6月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ