【寝取られ】家に帰ると妻が襲われていた話【体験実話】

私の妻の裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。
○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため
私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。
結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、
私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。
あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。あれは1年前の3月26日だった。
3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、
私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。
買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。
仕方なく解除番号を押して5階に上がった。
玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。
不審に思った私は鍵を開けて、玄関に男物のスニーカーが
複数脱ぎ捨ててあるのを見て、ハッとした。
その時、奥の部屋の方から、「ムグゥ~」と言う、
くぐもったような女の声が聞こえてきた。「裕子、どうした。」思わず声のした方に駆け寄った私は、突然部屋の影から飛び出した人影に

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2017年12月23日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】私と妻の秘密【体験実話】

私は(杉村 良樹43歳)公務員で妻(香織 40歳)は教師をしています。
妻は女優の黒木 瞳さん似で清楚に見られ、出産を経験していない身体は30代前半のスタイルを維持しています。
しかし、私と妻には友人や世間に知られてはならない秘密があったのです。
妻は学生時代に一度だけのセックスしか経験がなく処女同然でしたが、私と結婚した7年間で性戯を教え込まれ厭らしいM女に成長しました。
今でも週に2回ほどは身体を重ねます。
週末には夜のドライブに出かけ公園や山道で全裸になった妻の写真を撮ったりします。
露出写真や縄で拘束された写真はアルバム数十冊にもなりました。
 妻の担任していたクラスの女子生徒が警察に補導される事件が起こりました。
女子生徒はツーショットダイヤルで年齢を偽ってサクラをしていたそうです。
しかも、援助交際もしていたようで、妻が担任として事情を聞いたのでした。
女子生徒から事情を聴取した夜にベットの中で話ししてくれました。
「驚いたわ・・・彼女の話しを聞いて・・・」
「ふ~ん。最近の中学生は凄いなぁ~」
「そうなの・・・ツーショットダイヤルで男性に誘われたら援助交際してたらしいの・・・」
「・・・ツーショットダイヤルって香織は経験あるの?」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】妹、小6で【体験実話】

私が高校2年生のときのことです。
9月下旬のあの日、平日で共働きの両親は当然仕事に出かけ、私も学校でしたが。
当時小学6年生だった妹の綾香は、運動会の振替休日ということで休みでした。
しかし、その日私は朝から調子が悪く、2時限が終わったところで早退しました。
あれは11時半ごろだったと思います。
自宅の近くまで来た時、わが家に見知らぬ男が入って行くのを見たのです。

20代後半から30代前半位、ジーンズと黒シャツ姿で
ガッチリした体型の男でした。
(もしかして泥棒か?!)
小走りで帰宅しようとした時、妹が自分の部屋の窓を開けました
私は「あ…」と妹の名を呼びかけましたが、妹は雨戸を閉め始めたのです。
(えっ?!)
私は急ぎ、玄関のドアを開けようとしたのですが、鍵が掛かっていました。
合い鍵でドアを開け、そっと中に入ると、玄関には男物のスニーカーが

体験実話集関連タグ

||||||||||

2015年1月2日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉と妹と弟 2【体験実話】

姉貴が 敬太早く帰って 美紀と雄太を頼むわよ 早めに帰るからね うん(ヤッター)心で叫んだ
急いで 帰り美紀と雄太を遊びに行かせたいが S4の美紀はブラコンで 俺から離れない
いつも俺を姉貴に 取られているから ここぞとばかりくっついて来る 早くしないと姉貴が何時帰るかドキドキだ
時間は過ぎていく 返せとせっつく友達に 明日ビデオ返すと 約束している 
意を決した俺は 美紀みたいビデオ あるんだけど 美紀も見るぅ~ 当然言ってくる
でも エッチなビデオだよ えぇ~でも見るぅ 時間的余裕が無い 誰にも言うなよ 約束して 再生
美紀は固まった それはそうだよな 裏だしね でも 俺は興奮してきた リアルな万個が マジかよ
姉貴の風呂をぞいて見た時 黒▼だったし それがばれて 束縛を受ける事になったんだけど
結構グロイけど 興奮でペニが ビンビン オナりたいが 出来ない 美紀がいるからね くそ
フェラシーンの時 美紀が突然 お兄ちゃんもチンチン 舐めてほしいの? えっ まぁ それはそうだけど
じゃあ 美紀が舐めてあげる はぁ バカ何言ったんだ それは違う女の子に頼むよ
ダメぇ美紀じゃなきゃ ダメ ズボンを下げようとする 意外な展開だ 美紀は近所で評判の可愛い子ちゃんだ
やぐっちゃんに 似ている ラッキー 早速ズボンを下げた 仮性のペニはビンビンだ 剥けている 
いつものチンチンじゃないねってペロペロ 敏感な亀頭ビクビクしている 美紀ビデオ見たいにして
うん 小さな口にほうばり 舌をレロレロ あぁぁぁ たちまち射精感 腰を引いたが 間に合わず美紀に顔射 美紀は精子を

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月25日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】兄妹の夏の体験【体験実話】

俺は中1まで、本気で水泳をしてた。自由形で県大会優勝もした実力者だ。でも辞めた。理由は簡単、日本人では自由形は世界には、通用しないって気づいたんだ。そんな2年の夏休みに、母方の田舎に妹と遊びにいった。初めての遊べる夏休みに、ワクワクして、妹の綾に、
俺→どんな所だ。
綾→自然が有るよ。
俺→そんなの、何処だって有るだろ。
綾→ん〜ン、大自然かな。
俺→ド田舎って事か?。
綾→うん。
駅に着くと、伯父さんが迎えにきてた。(母さんの兄だ)。車の中で、
なぁ〜んもないとこだでなっって、言ってたけど、マジで、左右を見渡しても、山をバックに田園風景だけだ。
婆ちゃんが、夏お決まりのスイカを、冷して待っていた。明日は湖に行くってさ、
伯母さんが自慢気に話す。心の中で、辞めたのに水泳かよって叫んだ。
田舎だけ有って、風呂は銭湯みたいだ。でも兄妹で入れって、妹ももう小5だぞ、綾が嫌がると思いきや、こんな田舎に、興奮気味で、了解しちゃったよ。
2年ぶりの綾の体は、違ってた。
胸もでかくはないが膨らみ、乳首はピンクで小さい。陸上部だから、体は締まってる。毛は薄いな。
マジマジと綾を見いってると、

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】堕ちていく、私、【体験実話】

私は小学5年生で、義父に処女を奪われました。でも、世間で言われる性的虐待って感じではなかった。
義父は、とても優しかったし、姦通も無理せずに、徐々に慣らしてくれた。母が他界して頼れるのが義父だけって状況下だったけど、私は毎日、義父の帰宅を心待にして、玄関でご奉仕フェラが、日課だった。
あの夜までは、
ある夜、いつも通りに、玄関でご奉仕フェラ。そして、お尻を突きだしフリフリして、おねだりすると、
(マジかよ)って声が、中年2人が、私と義父の結合部分を凝視して、鼻息を荒げてる。何が何だか?な私を2人は、義父から引き離した。
ヌポッて音をたてて引き離され。
輪姦されました。この2人に、義父は麻雀の借金が、あったんです。
義父の為なら、
これくらいと、まだ愛情があった。でも、義父は鬼畜だった。毎晩、客を取らされました中3までに、中絶を2回しました。
はやくから、
家を出る決心をしていたので、学校で、先生相手に、援交して稼ぎ。中学卒業と共に、上京しました。16の女の子には、冷たい街だった。
ウリしか仕事が無くて、でも状況は違う、自由の為の対価だし、私は、童顔だから、
パイパンにして、中1って誤魔化せば、客には困らなかった。18になってプーの彼氏が出来て、彼氏名義で部屋を借りて、住所を確保して、専門学校に通い。
就職した。二十代は、5〜6人の彼氏ができたけど、
不の連鎖かな、

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月15日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】やられた【体験実話】

私が妻をなんかへんだと思うようになったのは、携帯電話を買ってからだった。ある
時、妻の携帯をバックから持ち出し留守電を確認した。するとその夜妻を飲みに誘
う子供の担任教師からのメッセージが入っていた。私は知らない振りをしてバック
に携帯をもどした。早めにその日帰宅してみると、妻が出かけるところだった。な
んとロングコートに隠された服装は白いタイトミニだった。確かこのミニはパンテ
ィーラインがくっきりと浮かび、まして色までわかるやつだ。私の心の中で何かが
湧き上がったが、そんな様子を見せないで送り出した。やけに長く感じられる夜だ
った。妻が帰宅したのは午前3時、私はそんな妻にコートを脱いでみろと言ったと
ころなかなか応じない。当然だった、後ろ向きにさせた妻の白いタイトミニにはく
っきりと黒いパンティーラインが浮き彫りになっていた。そして妻を問い詰めたと
ころその教師に「子供のことをよく面倒見てやるから貴女を抱かせろ」と言われた
とのことだった。私はその教師に子供だけでなく、妻の面倒まで見てもらったらし
い。どういう奴なんだと聞くとその教師は体育教師でいい体をしているとのことだ
ったが、自分からパンティーが見えるような格好で出かけたんだからどうやら妻も
最初からその教師に抱かれたかったんだろう。いろいろなやり取りの後で妻もその

体験実話集関連タグ

||||||

2014年8月7日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】教職の現場で【体験実話】

 妻は中学校の教員をしています。お見合いで結婚したのが妻が27歳の時。顔は人並みですがスタイルが良く、何よりも穏やかでまじめそうだったので決めました。
 子供にも恵まれて幸せに暮らしていたのですが、昨年、妻が独身だった時に同僚だった人と私がたまたま同じ職場になりました。その人から、あの頃同僚の教師と何かあったようだという話を聞きました。その時は、流して聞いたのですが、何となく気になっていました。悪趣味かと思ったんですが、さりげなく職員録を調べ、たぶんこの人だろうという名前を確認し、セックスの最中についつい我慢できなくて聞いてしまいました。妻は一瞬固まって「バレちゃったね。」とだけ言いました。
 数日後、「 あなたにもう嘘はつきたくないから。」と、あるウエブサイト名を告げました。当時悩んでいた妻は女性主体のこのサイトに書き込みをし、いろんな人からアドバイスをもらっていたようです。そこにはその男性とのなれそめから何からすべて書いてありました。以下は抜粋です。
『最初の晩、確かに私にも隙があったのかもしれません。彼が一人で来たとわかった時点で部屋に入れなければ・・・。その晩の事が私にとっての初めての体験でした。このことについて特別な感慨はありません。
 それよりも痛さと最後に私のおなかの上に出された彼の液体がとてつもなくショックで、汚されたような気がして泣いてしまったのです。
 その後で二人は裸で抱き合ったまま話をしました。「おまえは前の彼女に似たところがある。好きだ。仕事以外の時間をおまえと過ごしたいんだ。」と告げる彼の言葉にすがろうとする私の気持ち。一方ではいけないことだと思う理性がまぜこぜになった時でした。
 ・・・ところが話をしながらも彼は胸や背中そしてあそこを微妙にさわりながら巧みに私を高めてきます。私が何か反問しようとするとキスで口を塞がれ、何にも考えられなくなって・・・2度目のセックスが始まっていました。やっぱり痛いだけでしたが彼の存在を私に刻みつけるのには十分な出来事でした。
 その晩の3時頃彼は自分のアパートに帰りました。
 次の日学校で部活動をしながら「これは早めに切らなくては・・。」と心に決めて強い気持ちで部屋に帰りました。夕方の5時頃ドアがノックされました。彼でした。鍵を開けずに帰ってもらうはずでした。でも「話だけだから。」という彼の言葉に、嘘だとわかっていながらドアをあけてしまったのです。
 玄関先で抱きしめられ壁に押しつけられて激しいキスをされ耳元で「好きだ。」と言われたときには、もうスカートは足下に落ちて彼の手は直に私に触れていました。
 私は身体を堅くして「だめよ・・。」とつぶやくだけでした。抱え上げられて寝室に・・。
裸にされた私の身体を、彼の唇というか舌がなぞります。唇から首筋へ胸にそして・・・私あそこを舐められたのは初めてでした。「汚いからやめて。」と強く拒みましたが「いいから静かに!」と一喝され後はなされるがままでした。
 触れるか触れないかぐらいで上下に動き続ける彼の舌。なんだかとってももどかしくなって・・・と思った瞬間前の部分に舌先がザラリとやって来て、すごく大きな声が出ました。後はもう夢中でなんか声を出してて、ふっと楽になったら彼が「今、いけたね。」って。
 大きく広げた足と、なんかすごい格好の自分に気がついてとっても恥ずかしかったことを覚えています。それから彼が入ってきて。痛いんだけどなんか昨日よりとっても優しい感じがしました。
 次の日は3学期の始業式。結構遅く帰ったのですがアパートの前に彼の車が止まっていて。・・

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年7月27日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・8【体験実話】

直樹と岡本君とで妻の誕生日を祝った翌週に〇〇商事の木下君から「飲みに行きませんか」とのお誘いがあった。
勿論、妻を貸し出す件である。
写真の女性は私の妻だと告白する決心はついていたのでOKしました。
私は愛に了解を得るため連絡ととりました。
「愛、木下君から電話があったよ。今晩、飲みに行くから・・・木下君との貸し出しプレイを打ち合わせてくる」
「あなたにお任せします。私はあなたの望む女になるわ。」
「じゃ、少し遅くなるから・・・」
私は電話を切りながら、私には妻の不安な気持ちが伝わってきます。
今まで、私と一緒に複数プレイなどは経験してきましたが、妻一人で他の男に抱かれるのは初めてです。
今まで知らなかった快感を知る事によって、淫乱な女になっていくことを期待して木下君に会いに行きました。
酒の席は居酒屋ですが個室を予約してくれていて秘密の話しをするのには好都合です。
小一時間ほど仕事の話などしましたが木下君が鞄からUSBメモリーを出して
「ここに妻の記録が入ってます、家で確認して下さい。社長が信頼してる友達がたに見てもらって結構です。私達には子供がいません、妻は仕事もしてませんのでいつでも貸し出しできますよ。社長の彼女さんとプレイする前に友達と楽しまれますか?ビデオさえ撮っていただけたら私も楽しめますから・・・」
「いや、連絡を取ってみないとわからないなぁ?それより、木下君。君に話さないといけない事があるんだ。」
「社長なんでしょう?話しって・・・」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月23日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】妻の初体験の相手【体験実話】

40代後半の妻の初体験の相手は、部活の顧問だ。
高身長の妻は、バレーボールをしていたのだが、その顧問に処女を捧げた。
顧問はブルマが大好きな男で、セックスの都度、妻に体操着とブルマを下着無しで
着る事を強要したそうだ。
そんな妻も献身的に好きな顧問の言うことを聞いていたそうだ。
特にお気に入りは、普段の体育の時間に着る体操着上下で、白い半そで体操着に紺のブルマ
と白いソックスがセックス時のユニホームとなっていたみたいだ。
挿入するときもブルマの脇からペニスを差込み、「ハアハア」と興奮しながら腰を動かして
妻の中に射精したようだ。
もちろん、避妊はしていたのであろうが、今聞いてもショッキングな内容だ。
そんな話を聞いた後に妻の高校時代の体育祭の写真を眺めてみると興奮もひとしおだ。
ブルマ姿で友人二、三人とピースサインをしている妻を見て、俺もこの頃の妻と同じ様に
セックスしてみたくなる。
紺のブルマからすらりと伸びる均質的な両脚を思いのままに舐めしゃぶってみるのもいい
だろうし、ブルマに勃起をこすり付けるのも最高だろう。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年6月24日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話
1 / 41234

このページの先頭へ