【近親相姦】嫁の妹 のぞき編【体験実話】

俺(38歳)、嫁(34歳)小柄のせいか20台に見える童顔
おっとりしていると言うか天然
子供は3人 10年前にマイホームを購入
結婚12年目
今でも、かなり仲良し(Hは週2回位)そんな我が家に、仕事の夏休みを利用して、嫁の妹Kちゃんと
彼氏のT君が、遊びに来たKちゃんは、家庭的でおとなしい嫁とは対照的に、元気で社交的な31歳
彼氏のT君は、おとなしい感じの長身イケメン 25歳T君の車から、荷物をおろすと
早速、全員で近所の海水浴場へ海では、子供の面倒を、KちゃんとT君が見てくれたので
俺は、若い女の子達の水着姿を眺めて、目と心の保養につとめた昼を過ぎて、混雑してきたので
食事をして家に帰ったシャワーを浴び、子供達は昼寝
大人達はお菓子をつまみに、ビールを飲むことになった2~3本飲んでいると、
朝早く出てきた事や、子供と
一緒に海水浴をした事などの
疲れでT君が、眠り始めてしまった余り、騒ぐのも悪いと思い
俺はKちゃん達が、持って来てくれた土産のダンボール箱を

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2018年1月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】お母さんのいない内に【体験実話】

俺には6つ下の小4の妹がいて俺と妹は仲良くいつも一緒に遊んだりお風呂に入っていた
ある日お母さんが買い物に行き俺と妹が留守番することになった
妹と最初にゲームをして遊んだりしていたが妹が弱く負けて機嫌が悪くなった
妹が「他のことしようよ」
俺は「なにしたい?」
と聞くと「何でも」
俺は考えて冗談で「じゃさぁ~俺のここしゃぶってくれない?」
「どんな味なの?」
「さぁしゃぶったらわかるかな」
「じゃあやってみる」
「エッマジで」
俺は「本当にいいのか?」
念には念を入れて確認した「いいよ」妹の返事は了解だった
俺は早速ズボンとパンツを脱いだ
「いつもお兄ちゃんのアソコ大きいね」

体験実話集関連タグ

||||||||||

2017年12月31日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉妹にやられました【体験実話】

小学4年の時、近所の伯母の家に届け物をしに行きました。
家には、小学6年の従姉妹のミキしかいませんでした。
すぐに帰るつもりでしたが、ミキがちょっと上がってと言うのでお邪魔しました。ミキの部屋に上がった時、ミキは機嫌が悪そうでした。
ミキは僕の短めのショート半ズボンから出た脚を見ながら
「半ズボンがむかつくよね、男のくせに細すぎ、毛もないし、私より綺麗なのがむかつく」というのです。
「ひがむなよ、デブ」と僕はミキをからかいました。
ミキは自分の脚にコンプレックスがあり、普段は脚を出す事はありません。
その日も長ズボンを履いていましたが、その長ズボンは、はちきれそうで僕よりかなり太い事は確かでした。
ミキは怒って
「自慢な訳、私をからかいたくて半ズボン
はいてんの、男が脚が綺麗でうれしい、それより体、貧弱なんじゃないのそんな脚してるし」
と言ってきました。
「確かに僕細いけど貧弱まではいかないよ」と返したら
「自覚した方がいいよ、させてあげる、私に腕相撲で負けたら貧弱クンだよ」と言われ勝負する事になりました。
ミキと僕の身長は同じくらいだったので、男の僕が負けることはないと思っていました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2017年12月29日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹とセックス体験談(春休み)【体験実話】

妹が可愛いと思ってしまい、春休みの時にセックスしてしまった…(笑)
僕は今年で高校1年になり、ちょっとお盛んな時期です。
僕には中1とちょっと年の離れた妹がいる。ほんとに純粋で、エッチな知識を全く知らないような子です。普段は超元気でハイテンション。うちは父と母が離婚して、母と妹と僕の3人ぐらしで、母は仕事でだいたい夜遅いです。遊んで帰ってくることもあるので朝とかもあったりします。
そんな環境で僕は春休みの間、部活が無い日は妹の宿題を手伝ったりご飯を作ってあげていました。一緒にいる時間がとても長いです。妹の体や、可愛い顔立ちをみているとムラムラしてしまいました。すごくドキドキして、ちんこがもうやばいことになっていた。母もいないことだし、少しだけ…という気持ちで、妹を二階の僕の部屋に呼び出しエッチをしてもらうことにしました。フェラが僕は1番気になるプレイだったので妹にフェラしてもらうことにしました。妹に、
『ちんちん舐めてくれない?ちょっとでいいから!』
妹はフェラという行為を当然しらないと思うので、直でそう言いました。すると妹はちょっと嫌そうな顔をしました。予想はしていましたが、どうしてもして欲しかったのでしてくれたらなんでも言うことを聞いてあげると約束したら、あっさりしてもらえることになりました。
僕はベッドに座って、妹に膝立ちになってもらい咥えてもらうことになりました。ちんこを妹の口にあてがい、パクッと咥えてもらった。舌がまったく動いてなかったので、
『舌動かして…チュパチュパして欲しい』
妹はしっかりリクエストに答えてくれました。妹の不器用なフェラは正直最初の方は下手くそであんまり感じませんでしたが、僕が指示した通りにやらせていくとどんどん気持ち良くなっていきました。
『あー…すごく気持ちいい…』
僕は妹のツヤツヤの黒髪をギュッとつかんで妹の頭を前後に動かす。その光景がすごく興奮して、もうすぐで出そうになった時、
『今からおちんちんから液が出るから全部飲んでくれっ!』そういって思いっきり、腰と妹の頭をつかんで前後に動かし、僕は大量に妹の口に出した。気持ちよすぎでもうおかしくなりそうだった。妹はちゅぱちゅぱ音を立てて、俺のを飲んでいた。口を離して最初に妹は、
『すっごい苦いー…もう飲みたくない』
しかし、僕はこの気持ちよさを知ってから次の日からフェラを頼むようになった。毎回妹に嘘をついては中に出していた。決まって妹は洗面台にダッシュして吐き出していた。多くて1日に3、4回は口に大量に出していた。スマホで動画をとったりもした。
そして春休みも終わりそうな頃、妹の処女を奪ってしまった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【浮気・不倫】彼女との合コン【体験実話】

【スペック】
真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン
まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。
一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。
セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする
ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ
てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら
回数は日に3~4回することも珍しくなかった。彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし
なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって
いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。しかしながらその顔、性格から遊んでいるように見えてしまうところを
彼女自身も悩んでいた。現に俺も遊んでいそうなところに惹かれ、付き
合った当初はセックスの下手さにガッカリした。今ではそのギャップが
たまらないのだが。そんなある日、まなみが携帯を手にして
まなみ「なんか店の後輩ですごい男に飢えてる子いてね、その子の為
     に合コン開かなきゃいけなくなっちゃったんだよね。。。笑」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】妹に風俗料【体験実話】

10年前のことです。
9つ歳の離れた11歳の妹が、新聞を持って私の部屋に来ました。
親父が購読しているスポーツ新聞です。
「あの、これ・・・」
妹が広げたのは、風俗情報コーナーでした。
特に指差したのは、突撃体験ルポです。
マンガ形式で”都内の某有名ヘルスへ・・・出てきたのはカワイ子ちゃん・・・激しくフェラし・・・最後にドッピュン”といった感じの、よくあるやつです。
「兄ちゃんもこういうとこ行く?」と妹が聞きます。
性に関心がでてくる年頃で、我が家ではこういうことは比較的明け透けに対応していました。
「何度か行ったことがある」と正直に答えました。
「じゃあ、美樹が代わりにしてあげるから、お金をちょうだい」
私はロリコンではありませんでしたが、歳の離れた妹は大変可愛がってきました。
もちろん通常の範囲内でです。
しかしこのとき、妹の可愛らしい唇から放たれた魅惑的な提案に、私の理性は飛びました。
「こういうこと、したことあるのか?」

体験実話集関連タグ

||||||||||

2015年2月14日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】セックスフレンドと妹【体験実話】

俺には彼女とは言えないが、3つ年上のセックスフレンドがいる。
その彼女は、けっこう変わった性癖があり、20歳ぐらいまではレズだったらしいです
24歳ですごくかわいいというわけではないけどセックスは面白いです。だから俺に彼女ができても
その人だけはずっと身体の関係がきれません。
セックスはびっくりするほどのMです。痛いの大好きです。
その彼女は俺の妹とも仲がいいんです。
そんなある日その彼女が俺に「妹さんね。レズっけあるよ」って言い出したんです。
「まじかよ」って俺はいったんだけど、「たぶんまちがいないよ」っていうんです
「本当かなぁ。男の彼氏しかみたことないよ」っていうと
「彼氏なら男だけどね」って揚げ足をとられた。
「たぶん落とせる」というんです。
相手が男だったらそんなことはいわないんだけど、所詮女同士ってとこもあって
「落とせるもんならやってみるといい」と「わかった挑戦してみる」
俺は土日仕事で、妹は土日学校休みだし、その日を狙うといいといって俺の中では
半分信じて、半分疑ってました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月27日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹に犯されたわけで…【体験実話】

高校2年の妹は中学の時から遊び好きで、セックスもやりまくっているという感じでした。逆に僕は自分で言うのもなんですが、生真面目な小心者でセックスには縁がなく、18歳にして童貞でした。そんな対称的な二人ですが、兄妹仲は良いほうで、よく夜遅くまで一緒にテレビを見て話したりもしました。
ある日妹とテレビを見ていたのですが、その時妹の服装はノーブラにキャミソール、下はデニムの短パンという格好で、僕は目のやり場に困っていました。妹はそんな僕を見て「いいよ~別に見たって…」と言いましたが、その言葉に僕は一層照れてさらに意識してしまいました。
妹は僕の反応を楽しむように足を組んだり、体育座りしたり、「暑い暑い」と言ってキャミソールの紐をずらしたりしていました。しばらくして妹は僕の隣に座って来ました。僕が意識しないように移動してくれたんだと思ったのも束の間、妹はいきなり僕に寄りかかってきて、「ね、エッチする?」と聞いてきたのです。
僕は驚いて「なに言ってんだ」と言いましたが、妹は「いいじゃん別に」と言って僕のペニスに触ってきました。「おい、やめろって」と言いながらも、僕は全く抵抗せず、“やめて欲しくない”とさえ思っていました。妹は見透かすように笑い「大きくなってんじゃん」と言って、僕のジャージとパンツの中に手を入れてきました。
「ほら、脱いでよ」と妹に言われるまま僕は慌ててペニスを露出し、妹はキャミソールをまくっておっぱいをプルンと出してから、いきなりフェラチオを始めました。突然の展開で舞い上がってしまい、僕は妹にされるがままでした。
妹は立ち上がると、僕の目の前でチーッと短パンのチャックを下ろしました。妹はノーパンですぐに陰毛が見えました。妹はキスをしながら短パンを脱ぎ、僕に跨るとあそこにペニスを押し付けながら擦ってきました。
しばらくしてあそこがヌルヌルしてくると、妹は「兄貴、童貞?」と聞いてきて、僕は恥ずかしかったけれど正直に頷きました。妹は「中出しはダメだからね」と言うと、僕のペニスをチョイと摘んであそこに押し当ててクイックイッと腰を動かし、ツルンとペニスを入れてしまいました。
妹はさっきまで笑ってテレビを見ていたのが想像できないくらい、いやらしく巧みにクネクネと腰を動かしました。僕は夢中で妹の小ぶりなおっぱいを揉み、乳首を舐め回しました。妹も感じてきたのか「フゥ、フゥ…」と鼻息を荒くし、時折「ん…」と声を出していました。
僕が「出そうだよ…!」と言うと、妹は苦しそうな顔をしながら「ちょ、だめ…もうちょっと」と言って激しく腰を振りました。「やばいって!」と僕が切羽詰った声を出すと、ようやく妹は「んん、もう!」と怒った声を出し、立ち上がってペニスを抜くと、すぐにしゃがんでパクッとペニスを咥えました。
そのまま手でシコシコとペニスを扱き、僕は妹の口の中に射精させられてしまいました。「んっ、んぐ」とちょっと呻きながら、妹は精液を飲んでしまいました。ぐったりしている僕をよそ目に、妹はさっさと短パンを履いて何事もなかったかのようにソファに座ってテレビを見始めました。
僕がのろのろと服を着てからちょっとして妹はテレビを消して部屋を出て行こうとしました。出ていく途中、僕に後ろから抱きつき、「兄貴、今度ホテル行ってゆっくりやろうよ」と言ってチュッとキスしてきました。
なんか妹に犯されたような気分でしたが、あまり嫌な気分ではありませんでした。それから数日後、妹の言葉通りホテルに連れて行かれ、たっぷりセックスしました。妹が言うには、あの日僕にチラチラ見られてたので「興奮してムラムラしたから襲っちゃった」とのことです。ヤリマンなところはちょっと気に入らないけれど、結構かわいいし、身体もロリ入ってて好みだし、このまま関係が続けばいいな、と思っているわけで…。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2015年1月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】布団の中、妹と裸で【体験実話】

布団の中、妹と裸で
子供のころ歳の離れた妹のお願いやおねだりは何でも聞いていたので、妹に凄く慕われていた。
兄妹仲が良いというより、妹がやたら俺に懐いていたという感じ。
もちろん俺も色々とつきまとってくる妹にまんざらでも無く、
親のおつかいなんかでも二人そろって買い物に行ったりしてたので近所でも評判の兄妹だった。
妹も小学生になり、俺も中学校へ上がり、俺は思春期に突入し性に目覚め、
父親が持っていたエロ本やAVをこっそり拝借する内にオナニーを覚えた。
射精の快感を覚えてからというものは、トイレや自室、はたまた下校中など
しばらく一人になる時間さえあれば、ちんこを扱いては射精の快感を味わっていた。
ある時、妹の部屋で遊んでいるときにふざけて妹にちんこを触らせて、
そのまま勃起したちんこをしごかせてからというもの、他人にしごいてもらう快感に溺てしまい、
性のことにまったく知識も抵抗もない妹をオナニーに利用するようになるまでそんなに時間はかからなかった。
家には常に他の家族が居るので週に1~2回、学校が早く終わる水曜日や土曜日は
「内緒の遊び」と称して服を着たまま抱き合ったり、舌を舐めあうキスをしたり
チンコを扱いてもらったり咥えてもらったりとオナニーを手伝ってもらうようになった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月3日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹に最初で最後の口内射精【体験実話】

エロ本やエロ漫画の影響でフェラに強い興味を持った中一の時、
たまにHないたずらをしていた妹に舐めてもらえないかと画策した。
風呂上がりの脱衣所で駄目もとで初めて「ちんこを咥えて」とお願いしてみたら
そういう知識がまったく無いからか、戸惑うことなく咥えてくれた。
その時は噛まれたり歯が当たったりと気持ちいいというより痛かったのだが、
噛んじゃ駄目と教えたり、ちんこを口に入れたまま腰を動かしたりしてるうちに
その行為に完全にハマっしまった。
妹の口の中で舌が亀頭に絡むその感触。
なにより大好きな妹の唇を押しのけて
自分のちんこの先が口の中に入っているという光景そのものに…
お手伝いや遊びなんかでも、お願いすれば何でも言う事を聞いてくれる妹だったので、
それをいいことにチャンスがあれば舐めてもらっていた。
もちろんお父さんお母さんには内緒だよと強く念を押してから。
その日も家族が不在で家には妹と二人っきり。月に何度かあるフェラチャンス。
事前に洗面台でちんこを石鹸でしっかりと洗い流し、準備万端。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月20日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話
1 / 1112345...10...最後 »

このページの先頭へ