【近親相姦】「ヤリマンセフレの巨乳姉を雑に犯して中出し−翌朝編ー」【体験実話】

この前も少し話した、元カノのヤリマンセフレ「優子」とそのおねーちゃんのお話です。
超ヤリマンのセフレの優子は「あびる○う」似のCカップの27才で彼氏持ち。
セフレのおねーちゃんは「井上○香」似の巨乳釣り鐘型のFカップで29才でマンネリぎみの彼氏持ち。
前回のお話は、セフレの家に無理矢理泊めてもらって、ノーブラ巨乳のおねーちゃんに勃起して、予定外に犯してしまった話でしたが、今回はその続きで、朝起きた時のお話です。
セフレの妹の優子に中出しをして、優子にバレない様に姉の宏子にトイレで中出しをした後、オレはすぐに寝てしまいました。
3時位に寝たのですが、6時には目が冷めてしまいました。
オレは起きたのですが、優子は真っ裸で寝ていて、宏子を見に行ったら、昨日の疲れでまだ寝ている様でした。
ですがオレは朝立ちのせいも有り、今すぐにどちらかを犯したい気分でした。
やはり昨日の巨乳が忘れられないので、隣の宏子の部屋に忍び込みました。
ベッドに潜り込んで、宏子の巨乳を揉みまくります。
宏子はまだ起きないので、タンクトップを巻くり上げ「ブルンッ、タプン」と飛び出た巨乳をしゃぶります。
寝起きの巨乳はいつもの5割増で柔らかくなっています。
宏子も起きたのか、「うはぁ、ハァハァ、いやあ、ハァハァ、んふっ」と感じて来ました。
乳首はコリコリにシコって来ました。
宏子:「ハァハァ、やばいよ、ハァハァ、優子いるでしょ?ねぇ、ハァハァ、聞こえちゃう、あ、あん、あ」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月6日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】社長が嫁との子供が欲しいらしい 【体験実話】

25名前:名無しさん@ピンキー投稿日:2012/04/01(日)18:59:43.09
会社の取引先のベンチャー企業の社長(43歳)と仲良くさせてもらってる。
社長はバツ1で娘が1人いるらしいけど元妻が会わせてくれないらしい。

居酒屋で飲んでる時、その社長がオレの嫁とデートしたいとか、子供を産んで欲しいとか言ってきた。
冗談だとは思うけれど、少なくともオレの嫁のことが好みらしい。
もしかして、オレが寝取られ好きなのを見破られているのか…

28名前:名無しさん@ピンキー投稿日:2012/04/02(月)01:24:08.47
俺なら喜んで嫁を差し出す。

29名前:名無しさん@ピンキー投稿日:2012/04/02(月)09:41:32.58
「どうぞ嫁のマンコの形が変わるまでヤリまくってください」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年11月6日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】理想の女性【体験実話】

僕には姉がいるんですが思春期の頃になると、僕から見ても姉は綺麗で歳が離れていて優しく、そんな姉を僕は女として見ていました。
姉を紹介させてもらうと歳は27歳で背は169ぐらいでムッチリ体型何だけど痩せてて胸が大きい。
僕は18で高校生、姉が住むマンションに居候してる。
僕は姉を女として見ている為毎日がドキドキ、おまけに姉は仕事から帰ってくると基本タンクトップにデニムの短パン姿でいるから、いつも襲いたくなるんだけど、我慢して部屋で抜いていた。
でも、これまで僕は、姉のエロイ姿を思い出したり、脱いだばかりの下着で欲求を満たしていたんだけど、それも物足りなくなっていき、今まで思わなかった姉とHしたいと思うようになっていった。
月に二回ぐらい僕は姉とたまにお風呂に入るのですがいつも恥ずかしくて姉の裸を見れないんだけど、髪の毛を洗っている時に少しだけ見ることができました。
そして僕は姉としたくなり普段自分からは言わないんですがその日は
「お、お姉ちゃん、今日さ、一緒にお風呂はいろう?」と恥ずかしかったから俯いて言ってた。
「**から珍しいね。いいよ、食器洗ってからいくから先入ってて」
僕は急いで服を脱ぎ浴槽に浸かって姉を待ってた。その間アソコはギンギン状態。
三分ぐらい浸かってたら、ガチャと風呂のドアが開く音が
「お待たせー」と何かご機嫌だった。やっぱり僕は姉の裸が見れず姉に背中向けた状態で湯に浸かり、姉はシャワーで体を流している様だった。
ツンツン突然背中をつっつかれ一瞬ビックリして姉の方を振り向くと姉は椅子に座り少し前かがみになっていて姉の胸が僕の顔の近くで少しだけプルプル揺れてた。
やっぱりお姉ちゃんの胸大きいなと思いアソコは益々すごい事に。
「やっと見てくれた、**いっつも背中向けるけど、恥ずかしいの?」

体験実話集関連タグ

||||||

2014年11月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉妹ジュン【体験実話】

高校に合格し、のんびりと春休みを過ごしていた時の話(10年程前)。
昼下がり、家でゴロゴロしていると一本の電話が。
それは近所に住む従姉妹(春から中三)からだった。
写真を撮ってほしいのだが、カメラマンになってほしい、との事。
暇だったので、自転車で従姉妹(以下ジュンと仮称)の家まで走る。
ジュンは年子で同級生の姉ユミ(仮名)、そして両親の4人家族だが、
その日は一人で留守番だった。
聞けば叔父一家の新しく建てる家の完成が迫り、引っ越しも近い、
その前にこの家の記録を残しておきたい、との事。
ジュンは僕に普通のカメラでは無く、8ミリビデオカメラを手渡した。
クラスメイトから借りたらしい。
町営住宅の小さな建物なので家中を撮ってもすぐに終わり、
最後にジュン姉妹の部屋に入った。僕がその部屋に入るのはすごく久しぶりだった。
ジュンは何故かカーテンを閉め、部屋の灯りをつける。「しっかり撮ってね。」
そう言っておもむろにブラウスを脱ぎ始めた。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年11月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】着床【体験実話】

それは俺が中3の11月の中頃の事です。
エロ友から借りたエロビデオを見ていたときに、巨乳系の中の一本が近親物だった。
内容は巨乳の姉を犯す近親相姦物。それを見ていたら、中坊だった俺はフルボッキ!
おっぱい星人だった僕ですが、巨乳物より姉を犯す近親相姦物ばかり何度も見ました。
一週間後、中坊エロパワー全開の友達にビデオを返す時に「近親勃起もんだね」っと
言ったら「だろ〜」と、今度は近親物を5本!それも全部お姉物!
「一本特別なのが入っとるから」エロ友がニヤニヤしていた。
家に帰って早速部屋でビデオ鑑賞&オナニーターイム!
毎日2本のペースで水曜日にラベルの汚いビデオの順番。
スタートするとホームビデオのような画質の悪さ、でもどこかで見た廊下。
画面がゆっくり進むとエロ友の家なのが直ぐにわかった。
見覚えのあるドア!エロ友の姉貴の部屋のドアだ!
ドアが開くと、ベットでエロ友のお姉さんが寝ている。Tシャツだけで寝ている。
いきなりエロ友のニヤついた顔のアップ!お姉さんのエロを撮ったビデオのようだ。
エロ友が姉貴のタオルケットをゆっくりはがしていく。Tシャツ越しにノーブラがわかる。

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年11月3日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉が風俗嬢をしていた…【体験実話】

ホテルヘルス(風俗)のHPで姉の裸を見てしまった…。

今年のGWにオレは京都にいる友人のところに泊まりで遊びに行った。
翌日、大阪の風俗に遊びに行くことになったので、事前にパソコンのHPで情報集めしてる時に発見。

顔は化粧のためか若干いつもと違ったが姉にそっくりだ。

姉は私立女子中学・高校に通っていて、その当時男がいる雰囲気ではなかった。

大学は地元では無く1浪した後大阪の大学に進学していて現在は1人暮らしの21歳。
姉のおっぱいってこんなだったんだと興奮とは少し違う変な感情がわいた。
小学生の低学年の頃は一緒に風呂に入ってたけど覚えていない。

「可愛いルックス、オットリとした性格な女の子はベットの上でもMなんです」
とHPで姉が紹介されている。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年11月3日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹にセックスの指導をしてあげた結果 【体験実話】

俺には3歳離れた妹がいる。

俺と妹は小さい頃は比較的仲が良く、どこかに遊びに行くときは大体連れていっていたし、妹も楽しそうに付いてきていた。それはお互い小学生になっても続いたが、高学年にもなると同級生から「いつまで妹とひっついてんだ」とからかわれ、俺から自然と距離を取っていった。妹も俺が離れたがっているのを察したのか、しつこくは絡んでこなくなった。そのままおれは中学高校と進学し、妹も時期に中学生になった。すると妹は今までお互い無口だったのに、急に俺に、というか家族に悪態をつくようになった。まぁ中学生といえば無意味に親に反抗したくなる時期でもあるので、俺は逆に「妹もここまで大きくなったのか」と、成長を噛み締めていた。当然、妹との距離がもっと開くものだと思っていたのだが、妹の反抗期は短く中3になる頃には収まっていたのである。それどころか態度がかなり柔和になり、昔のように俺とまた遊ぶようになったのだ。

そして俺が大学に、妹が高校に入学したときにちょっとしたきっかけが生まれた。
夜、俺が部屋で課題をしてるときに妹が部屋に入ってきて「相談がある」と言ってきた。かなり改まった感じだったので一体何を言われるのかと覚悟をしたが、内容としては入学した直後から通学の電車で痴漢にあっていて、何とかしたいが恥ずかしくて誰にも相談できないから困っている、というものだった。やや肩透かしをくらった俺だったが、その痴漢の話を聞いて思わず妹のことを性的な目で見てしまったのである。妹は素朴系で良く言えば清楚、悪く言えば地味な感じの女だ。ただかなりの巨乳の持ち主である。俺の記憶が正しければ小学校高学年くらいから膨らみ始めていた。どれくらいかと言えば、まず高校一年生には似つかわしくないし、当時俺が付き合っていた大学の彼女よりも遥かに大きかった。痴漢に狙われやすい理由もおそらくこれだろう。妹の相談には適当なアドバイスをして、部屋から追い出したが俺はかなり複雑な気分になってしまった(痴漢は女性専用車両に乗ったら解決したらしい。初めからそうしろ)。
その日をきっかけに妹とは下ネタもよく話すようになり、俺の初体験や妹が痴漢にどんなことされたのかとかも話した。個人的に一番興奮した話は、電車で人の乗降が激しい駅に着いたとき急に後ろから乳を鷲掴みされて2.3回揉まれて逃げられたって話だった(笑)。

そして俺が大学2年生、妹が高校2年生の6月に事件は起きた。

俺が部屋でゲームしてると妹が部屋に入ってきて、「お願いがある」とかなり真面目な顔で言われた。何を言われるのかと思い、妹の言葉を待っていたら何も言わない。何かを恥じらっているようだった。「すごく変なこと言うけど、笑わないで聞いてくれる?」と言い、ゲームを中断された俺は少しイライラしながら「笑わないからはよ言え」と促した。妹は意を決したような顔になり「私に、セックスの練習をさせて欲しい」と大真面目な顔で俺に言ってきた。
…当時の俺を表現するとしたら、「開いた口が塞がらない」という言葉がぴったりだろう。何を口走っとるんだこの女は、と脳内はかなりパニックだったが、とりあえず落ち着いて事情を聞いてみた。妹の事情を要約すると「人生で生まれて初めて彼氏が出来た。しかもその彼氏はかなりのイケメンで、噂によれば経験豊富らしい。だからテクニックがないと満足させてあげられない。でも練習なんてどうすればいいかわからない。そうだ!お兄ちゃんは今までに何人かの女の人と付き合ってる!なのでお兄ちゃん、練習台になって♪」ということだった。謎理論である。何故その発想に至ったのか小一時間ほど問い詰めたい。
もちろん普通の兄ならバカ野郎!と一喝して部屋から追い出すのが理想なのだろう。しかし俺には一回でいいから妹の胸を揉んでみたい、という願望があった。というのも、今まで俺が付き合ってきた女性(3人)は全員漏れなくちっぱいだったのだ。別におっぱい星人というわけではないのだがやはり巨乳は漢のロマンなので、そんな願望が心の片隅にあったのだ。
というわけで、心の中では返事が決まりきっているのに、悩んだ末渋々OKというフリをした。ただし、本番はなしという条件をつけた。妹も最初からそこまで行く気はなかったらしい。
というわけで早速、と思ったが下に親はいるし次の日は1限だったのでその日は何もしなかった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年10月30日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【浮気・不倫】隣の部屋から奧さんのあえぎ声が聞こえてきた改 【体験実話】

俺は高校3年で、今日は振り替えで学校が休みという事もあって、ずっと部屋にこもってモンハンをやり続けていた。
両親とも仕事でいないので、ひたすらゲームをし続けていた。

没頭するために、イヤホンをつけてやり続けていたが、ちょっと疲れて休憩しようとイヤホンを外した。
すると、俺がもたれかかっている壁の後ろから、なんか声みたいなモノが聞こえてきた、、、

俺の部屋は、マンションの隣の部屋と隣り合っているので、お隣さんの声だと思った。
お隣は、小学生くらいの子供がいる30過ぎくらいの夫婦が住んでいて、とても感じが良い。
子供も愛嬌があって、顔が合うと挨拶をしてくるし、旦那さんも優しそうなイケメンだ。

そして奧さんは、子供の歳から考えると、たぶん30歳は過ぎているはずだけど、かなり若く見える。
ちょっとおっとりしたような感じの童顔で、年上の人妻さんにこう言うのも変かも知れないが、可愛らしい人だ。
そのくせメチャメチャ胸が大きくて、外で挨拶されると、思わず目のやり場に困るくらいだ。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年10月29日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】従弟の意地悪【体験実話】

私には同い年の従弟がいます。私たち親戚は正月になるとみんな私の家に来ます。その日の夜、大人たちは酒を飲んで酔っ払っていてもうとっくに寝ています。ほかの従弟もまだ小さいので寝ています。二人だけ寝てない人がいます。私とその従弟です。従弟は同い年の男の子で高3です。いとこといっても私たちに血はつながっていません。私たちは並んでテレビを見ました。そしたら従弟がこっちにおいでと言ってきたのです。そして私を持ち上げ自分の上に乗せたのです。ちょうど従弟のちんこが私のおまんこにあたっているため、あはん、と声を出してしまいました。そしたら従弟は「美菜って意外とエロい」(美菜っていうのは私です)とくすくす笑っていました。そのまま私を下にしてティープキスをしました。ティープキスをしながら私の服を脱がせました。そのあと私のおっぱいをもみ、「美菜のおっぱいって巨乳でやわらかい」といいもみもみ。そのあと自分のちんこを出し私の口に入れてフェラさせました。従弟は私の口の中で射精しました。そのあと私のに濡れているおまんこをなめて「美菜のおいしいな」といい私の中に自分のちんこを入れました。そして私はこの一晩で従弟に15回いかされました。従弟は帰る時、私の耳元で来年もよろしくといい出て行きました。

体験実話集関連タグ

||||||

2014年10月24日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】許されない恋�【体験実話】

姉を自分の物にしようと計画を立て姉が家にいるのを見計らい計画を実行した。
計画というのが彼女をうちに呼んで彼女とのセックスを見せ付け姉を動揺させる為だ。少なからず姉は俺を男として見ているのは言動や態度で何となく解っていた。
そこで姉に彼女とのセックスを見せ付け姉の反応を確かめようと言う事にした。
彼女をうちに呼びまず自室にあげた。姉は隣の部屋にいる為声は響くはずだ。さっそく彼女の服を脱がし全裸にさせた。
ねぇ・・・今日お姉さんいないの?
いないよ・・・だからそこのドア開けたままなんだよと自分の部屋は開けたままの状態
あっ・・・そうなんだ。なら大丈夫だね
彼女をベットに押し倒し大きく柔らかな胸を揉んでいくと段々息が荒くなってきた為、香織をドアから背中が見える側にし俺はドアから正面を向ける。
自分のズボンのチャックを下ろし彼女の中にあてがっていく。
今日は早いね・・・我慢できないの?
うん・・・香織と早く一つになりたくて
ふふっ・・・そっか・・・いっぱい気持ち良くなってね
うんありがと・・・じゃあ入れるね
うん・・・あっ・・あっくんんっ・・・奥あたってる・・・
奥まで達すると姉に聞こえる様に激しく腰を打ち付けた

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年10月22日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ