【近親相姦】義姉との思わぬ展開が・・【体験実話】

私達は共働き夫婦です。子供も社会人になりそれぞれ家を出てマンションを借りての生活をしています。
日曜日が仕事の妻が私に実家の義姉のあるものを持って行ってほしいと頼まれ、別段用事のない私は10時過ぎ妻の実家に行った。前もって連絡しをしていた義姉とは久しぶりの再会だった。その義姉は3年ほど前離婚して実家に帰り一人暮らしをしていた。行くと昼前であり、義姉は昼食の用意をしてくれており、私の大好きなビールも冷やしてくれていた。その晩には仕事を終えると妻が車で迎えに来てくれることになっていたので、それまではのんびり出来ることになっていた。
妻と違い義姉はお酒も結構いけることは妻から聞いていた。私はランニングシャツに替えズボンというラフな格好で行っていました。義姉も50歳前とは云え、ジーンズにノースリ—ブのシャツを来ていた。義姉は妻とは違って胸も大きく、お尻も張っていて、義姉を初めて見たころは相当のボリュームのある体型であったことははっきり覚えている。
しゃがんだり、腰を突き出す格好の姿勢を取っている時は股上が浅いジーンズを穿いているせいで、お尻の割れ目の半分近く丸見えであった。尻フェチの私はそれが気になってチラチラと見ていた。シャツから浮き出る両方の乳首もぽつんと飛び出て50歳前の義姉ではあるが興奮させられていた。3本ぐらいビールを飲んだ私はリラックスしていたこともあり、あおむけに寝て
休んでいた。飲んでいる時はテーブルの向こうに座っていた義姉が気が付くと私の横に座っていた。
「健二さん、妹とは仲良くやっているの?わたしなんかもう離婚して3年、一人寂しく暮らしているけど、なにか欲求不満なことでもあるの?」と。私は「えっ?なんでですか?」と聞き返すと「今日、健二さんが来てから、なんども私のお尻や胸ばかり
舐めるように見ているから・・・・。こんな50歳前の私など見る価値もないのに・・・」と、妻と違いいつもはっきりものをいう義姉が言った。「気がついていたんですか?でも義姉さんの身体はすごくむっちりしていて健康な男だったら誰でも見てしまいますよ。」と。義姉は「お上手ね。こんなおばさんを捕まえて。でももし健二さんがいうことが当たっていたらこうして一人いることはないでしょう?離婚してからずっと男気のない生活なのよ。」「えっ、本当ですか?そんなもったいない。私だったらほっておきませんよ」と。義姉は私のすぐ横に寄って来て「もし、今の言葉が本心なら、寂しい私を抱いてくれる?」というや、覆いかぶさるようにキスをして来た。少し口元からビールの匂いが感じられた。舌まで入れてきた義姉さんの行動に私は完全にスイッチが入ってしまった。一度身体を離れ、急いで服を脱いだ。そばで義姉さんも同じように服を脱ぎ始めた。
お互い全裸になると私の手を取り隣の部屋に導いてくれた。どうやら義姉さんが寝ている部屋らしくセミベットが置かれていた。胸を揉み、乳首を吸い始めると義理姉さんは「ああ・・ひさしぶり・・・・もっと・・・気持ちよくして・・」と信じられない言葉が飛び出した。私は69体位になり義姉さんの両足を広げ股間に顔をうずめ恥ずかしい部分を舐め始めた。義姉さんはぱくりと私の勃起しているペニスを舐めてくれている。久しぶりのセックスにもう根元まで精液が来ている感じだったので急いで正常位になり一気に根元まで挿入すると義姉さんは両脚を高く上げ、これ以上ないというくらい卑猥なかっこうになった。
2人の身体がピストン運動でばちばちと音がして一層卑猥な状況を醸し出していた。そして射精してしまった。
終わって2人とも仰向けになって息を整えている間も義姉さんの手は私にペニスを握ってしごいていた。
興奮のためか私のペニスをまもなく勃起してきた。それを合図のように義姉さんは「今度はバックでして・・・」と四つん場になって私の方に大きなお尻を突き出して来た。お●●こもアナルも丸見えの状態。私は急いで義姉さんのお尻を両手で掴み
おもわぬ行動に出て見た。・・・それは義姉さんのアナルに舌をはわしたんです。最初はお尻を左右に振って嫌がっていたみたいだったけど、それでも執拗に舐め続けると、抵抗をやめ、むしろなめやすいようにより尻を付きだして来た。気をよくした私は両手でお尻を広げ、舌の先をアナルに突き出すようにした。一度も経験したことのないアナルへのペニスを挿入したくなり、手でペニスを握りアナルに当てた。腰を前に突き出すと少し中に入った焦がした。カリの部分をいれようとすると義姉さんは「痛い。入らないよ。ちょと待って・・・とベットのそばの鏡台の中からビンを取り出し私に渡した。見るとそれは乳液だった。私はたくさん手に取りだし、義姉さんのアナルが真っ白になるくらい塗りつけ、再度の挿入を試みた。義姉さんは「あわてないでゆっくり入れて・・・とより両脚を広げた。ゆっくりゆっくりと挿入した。そして・・とうとう根元まで入ってしまった。ものすごい締め付けになんともいえない興奮を覚えた。そしてぴすとん運動を始めた。それから2時間ほどして妻が迎えに来た。ふたりはまったくなにもなかったようにふるまった。翌日会社で仕事をしていると私の携帯に義姉さんから電話が入った。「昨日のこと、あれっきりにするの?それとも・・・又・・・してくれる?」とまるで恋人に囁くような声が聞こえてきた。私は意地悪く「義姉さんはどうしたいんですか?」と聞くと「意地悪ねえ・・・すっかり火をつけてしまって・・・妹だけでなく、私にも半分わけて・・・・ち●ぽを・・・」と。「判った。じゃあ、今度、機会を作っていく時までに、義姉さんの
あそこの毛が舐める時口に入ってやりにくいから・・つるつるに剃っておいてよ」というと、以外にも「いいわよ。あんなものいらないから、こどものようにツルツルにしておくから、思いきり舐めたり吸ったりしてよ。約束よ」と言って電話を切った。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年2月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】風呂で手こき【体験実話】

妹が小3、俺が高2の時。妹と一緒に風呂に入って、妹の背中を流していたとき、
当時から俺は尻フェチだったもんだから(しかも妹は当時から尻だけは肉付き良かった)、
ついムラムラっときて、こう言った。
「おい、あ○み。ちょっと姿勢を低くしてくれんか?」
俺に背を向けたまま妹は無邪気に頷くと、手をついてやや前かがみになった。
すると、肉付きの良い尻が俺の前にプリンと露わになる。
俺は「じゃぁ、お尻も洗うからなっ」と言うと、既にビンビンのティムポを妹の泡だらけの尻に擦りつけました。
妹は「もう、えっちぃ!」とか言ってるが、実際何が自分の尻に擦りつけられてるかは分かっていない。
俺は次第に理性が失われ、妹の腕をつかんで上にのしかかると、
ティムポを激しく尻のワレメにそって擦りつけた。
なんつー快感。当時童貞だった俺にとって至高の快楽だったのは言うまでもない。
尻肉の弾力性、泡によって滑りの良くなった妹の尻は、まさに男を喜ばせる為だけに存在したように思えた。
妹は無邪気に「お兄ちゃん、お風呂から上がったらドンジャラしようねっ」とか言ってる(俺が激しく腰を振り過ぎてガクガクなってたが(w))が、
俺は「あ・・・あぁ・・ハァ・・(ジュプジュプ)・わか・・った・(ジュプジュプジュプ)・・ハァ・・・ハァ・・・!」と息も絶え絶え。
そのうち腰からジーンとした快感が登ってくるのを感じると、妹に

体験実話集関連タグ

||||||||

2015年1月18日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】私は姉と12歳離れてる【体験実話】

<>564:なまえを挿れて。:2012/04/23(月)08:08:00.17ID:yZPJBIZ90<>
私は姉と12歳離れてる。 両親が40過ぎの時に出来たから仕方ないけどね。
だから姉と言うより母って感じの姉。
姉は結婚して子供が一人(女の子)出来たけど離婚して実家へ戻って来た。
世間で言う出戻りってやつ。
私は結婚とか興味なかったし適当に彼女を作って実家から仕事に通ってたけど
両親も程なくしてから他界して姉と姪の三人暮らしになった。

ある日の夕食時に姉と色々と話しをしてると姉が結婚しないのか? って聞いて
くるから、私は ん〜・・・何かピンと来るモノがなくて結婚は考えてないんだよね。
って言いながら姉ちゃんは再婚しないの? って聞くと、もう結婚はしないって
答えて来た。
その晩に姉が娘を風呂に入れてる時に呼ばれたから行ってみると、髪を洗ってるから
娘を出して欲しいって頼まれた。
そのとき姉の裸を見て、姉ちゃんの体って豊満だなぁ〜・・・って初めて意識した。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2014年12月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹の部屋に忍び込んで【体験実話】

ウチの妹、高1で結構可愛いんだが、胸が無い。ちょっと狂暴。
んで、代わりに尻の肉付きが非常に良い。
で、俺が尻フェチだったりする。はい。天国です。
暇があればムニムニっと揉んでいきます。
時々殴られるが、やめられないんだな、これが。
昨日は妹は黒のスパッツを履いていたが、かなり感触が良かった。
ガンバレットをやらせて、集中してる時に揉みまくった。
妹は左手で俺を殴ろうとするが、ゲームから目が離せないので全然当たらない。
ジーンズの時とかとは比べ物にならないほど柔らかい感触。最高だった。
次に良かったのは、パジャマ。
ふざけて「おりゃっ」とか言いながら妹をうつ伏せに押し倒し、
パジャマごしに尻を両手で鷲掴みして感触を楽しんだ。・・薄布ごしの尻はマジで柔らかかった。
妹は「やめろーーっ(笑)!!」ってふざけてるんだけど、俺はハァハァ言ってました(爆)
昨年、妹がうつ伏せで寝ている時に、部屋に忍び込んでパジャマのズボンをずらした。
そして、パンティをずらして、その柔らかいお尻を生で両手で揉みまくりました。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年12月2日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】東日本大震災で、姉貴を【体験実話】

投稿者:弟投稿日:2011/07/27(Wed)14:17
僕には4つ違いの〇子と言う姉貴がいます。
東日本大震災が起きて少し経った3月下旬に姉貴と被災地にボランティアに行った時の話です。
ボランティア活動が終わり花巻のホテルに着くと被災地に入っている報道、業者の人達で一杯で、やっと一部屋なんとかしてもらい姉貴と二人で同じ部屋に寝る事になりました
セミダブルのベッドは二人で寝るには狭く、お互いに背中を向けたまま寝る事に。
姉貴は長時間に及ぶ活動で疲れたのか直ぐに微かな寝息をたてはじめました、大震災が起きなければこんなチャンスは無く、すでに僕の股間は張り裂けそうに勃起していました。
そして寝息を伺いながら寝返りをうつ振りをして薄い浴衣越しに姉貴のお尻に軽く触れてみます。
無反応。。
無反応に僕は大胆になりました。
ドキドキしながら姉貴のお尻をそっとなぞりヒップラインを確認します。尻フェチの僕には最高の瞬間です。
そのまま手をヒップラインからパンティラインへ、、パンティの形状を確認。
どうやら下着は紐のビキニみたいでした。
薄い浴衣の下は、パンティのみで直接姉貴の肌の感触が伝わってきます。
次に僕は薄い浴衣の裾を持って慎重に捲りあげ、背後から手をそっとパンティの中に滑り込ませます。
姉貴は脚をくの字に曲げてお尻を僕の方に突き出すような無防備な格好で寝ています。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月27日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】妻がこうなるとは…..。【体験実話】

「それでは、ご主人出かけます。泊まりになるかは、後ほど。」
そう言われて妻を、西本さんに貸し出しました。
妻:由梨絵45才160cm 50kg スレンダー体型。
西本さん:58才177cm 痩せ型 筋肉質。
二人が、乗った白い乗用車を不思議な気持ちで見送りました。
西本さんは、私達夫婦が、自営する店のお客様でありまた、西本さんの仕事が、
保険関係ということで日頃から、親しくさせてもらってました。
とはいえこのようになるとは、想像にもしてなかったです。
二人を送り出し仕事をしながらも、複雑な気持ちですごしました。
夕飯の材料を近くのスーパーで買い、自宅に戻る時携帯が、鳴りました。
西本「ご主人ですか。西本です」歯切れの良い声が聞こえました。
私「どうも....」
西本「今、奥さんと食事をしています。出来れば今晩は泊まりで御願いします。」
私「うちのは何といってるのですか?」
西本「ええ、了解していただきました。奥さんとかわります。」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月6日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【近親相姦】続・いとこ同士のセクス【体験実話】

<>548名前:130◆REqI9JYv16[sage]投稿日:2008/08/05(火)12:46:27ID:y1tW+RLl0<>
前回お話したのがいつの事だったか、記憶も曖昧になるほどの期間を置いて、再びお目汚しと参りましょう。

今回は比較的最近の話で、時期は6月の中ごろ。
あーまた一つ年食ったなぁ、などと黄昏ている所にいとこからこちらに来るとの連絡が入りました。
最後に顔を合せたのは年明けの…4ヶ月くらいのご無沙汰ですね。
気持ちの緩む時間ができる事に少し喜びを覚えていました。

で、そこから数日して問題の当日です。
仕事もまぁまぁ落ち着いて片付けられ早めの帰宅を許された私は、いそいそとお泊りセット(焼酎グラス、麦、芋、ししゃも、そしていとこからの要請でPS2その他)を持って祖父母の家に向かうのでした。

<>549名前:130◆REqI9JYv16[sage]投稿日:2008/08/05(火)12:46:51ID:y1tW+RLl0<>
居間へ続く戸を開けると、出迎えるのはいつもの顔+1。
既にパジャマ姿でだらけた様子のいとこ殿が迎えてくれた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月3日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】露出癖のある妻【体験実話】

私の妻(加奈:27歳)は露出癖がある事が分かった。
結婚2年を迎えた私達に子供はまだいない。
大企業の受付窓口で働く妻は、常に人の目に曝され緊張の毎日だそうだ。
そんな妻が露出癖がある事が分かったのは、1年前だった。
付き合っていた当時から、Mっ気がある事は薄々気づいていたが、露出癖が
ある事は分からなかった。
ある日の夜、妻を抱こうと考えていた私に妻は思わぬ事を言いだしたのだ。妻:今日、外でしてみない!
私:外って・・・
妻:どこでもいいの?車とか?公園?
私:見られたらどうするんだ?
妻:ちょっと離れた所に行こう?予想外の展開に戸惑いながら、車を走らせ人気の無い公園で車を止めた。
あらかじめ遣り易い様に着替えていた私達は、公園のベンチで初めての野外SEXを楽しんだ。
初めて見る妻の乱れ方に驚いたが、私も気分が上々!妻の体を堪能した。
それからと言うもの、何かと外で性行為は続いたんですが、妻の行動はエスカレートし、人気が
ある方が興奮すると言い出したのだ。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年5月27日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】視姦された愛妻【体験実話】

私30歳、妻28歳の子持ち夫婦です。
少し前の夏のことです。
子供を実家に預け妻と二人で午後から海水浴場へ出かけました。
平日ということもあり夕方になると人気もまばらになり、
私たち夫婦も荷物を預けている海の家へ戻りシャワーを浴びに更衣室に入りました。
トタン板で囲まれた粗末なつくりのシャワールームには5つのシャワーが横並びに
設置されており、同じくトタン板で間仕切りがされています。
左から2つ目と3つ目のシャワーは2人の先客が使用中のようでカーテンがかかっており
私は右端のシャワーを使用することにしました。
先客たちは私の存在に気づいていないかもしれません。
しばらくすると
「あっ、来た!!」と先客たちのささやく声が聞こえてきました。
「人妻風やな!!」ともう一人の先客が小声で答えました。
もしや女性用のシャワールームが覗けているのか?人妻風ってうちの嫁さんの事か?
気になって観察すると女性用のシャワールームとの間仕切りのトタン板に釘で開けたような

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年3月31日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【近親相姦】嫁の妹 【体験実話】

俺は結婚している。
32歳。
4歳年上の嫁で、
現在妊娠中。

秋に生まれる予定です。

それはさておき、
嫁には2歳年下の妹がいる。
(俺にとっては2歳年上 義理の妹だが、面倒なので以下「妹」と呼称する)

こいつも結婚してて、
子供が2人いる。

休みの日はしょっちゅう家に子供を連れて

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2013年11月19日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話
1 / 212

このページの先頭へ