【寝取られ】自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と4 【体験実話】

今日は、私と真希との結婚式でした。と言っても日付は変わっているので、厳密には昨日だったのですが、日が変わる前からもう何時間もセックスをしています。

でも、新婚初夜の今、妻を抱いているのは私ではなく、妻の元カレで黒人のギブソンです。そして私も、ギブソンにフェラをさせられたり、オナホのような扱いを受けていました。

そんな屈辱的な扱いを受けている中、私は怒りも嫌悪感もなく、あろう事か彼に奉仕することに喜びを感じていました。私自身が知らなかった私の秘めた性癖が、一気に開花してしまったようでした。

そして、ひとしきりギブソンに犯され中出しまでされた真希は、お色直しではないですが、今日着用したウェディングドレスに着替えました。

私と、永遠の愛を誓った時に着ていた神聖なドレスを着て、真希は元カレのギブソンの極太をお口で奉仕しています。もっとも、私と永遠の愛を誓った時ですら、真希の膣中には他人の精子が入っていました……。

確かに、真希は自由に誰とでもセックスをして良いと言うのが、私なんかと結婚してくれる条件でした。でも、まさか式直前や、新婚初夜にこんな事になるとは、夢にも思っていませんでした。

純白のウエディングドレスを着た真希は、本当に綺麗でした。でも真希は、その馬鹿げたほどの大きさの黒光りするペニスを、小さなお口に収めています。新婚初夜にこんな事になるなんて、悪い夢のようです。
『んっ、んっ! 大きい#9825; やっぱり、ギブちゃんのが一番だねw くわえてるだけで、妊娠しちゃいそう#9825;』

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2015年7月3日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】婚約者を御曹司に肉体改造された完 【体験実話】

僕には、学生時代にイジメの対象になり、イジメっ子の性のはけ口になった過去があった。僕は彼に雌としてしつけられ、身も心も雌になっていた。

でも、卒業を機にその甘い地獄から逃げ出し、普通に女性の恋人も出来た。そして、その恋人のさとみさんと、結婚することを意識するようになっていたある日、僕は新しい地獄に堕ちた。

#8212;#8212;僕は今、恋人のさとみさんに、正常位で責められている。さとみさんがはいている革のショーツには、直径6cmはあるペニスバンドが生えていて、その極太が僕のアナルに根元まで突き刺さり、容赦なくピストンをされている。

「ダメぇっ! おかしくなるっ! さとみさん、ダメっ! 死んじゃうっ! あぁっ! あぁーっ!!」
僕は、雌の声で叫ぶ。声帯も中須さんにいじられ、改造され、本当に女の子みたいな声になった。
僕は、もう見た目は完全な女の子だ。髪も肩よりも長く、ゆるふわなカールがかかった可愛らしい髪型だ。そして、整形手術によって、もともと女顔だった僕は、女の子そのものの顔になった。目もぱっちり二重で、アゴやエラなども、よりか弱い感じに見えるように削られた。

胸も豊胸手術をされて、Dカップはある。まだ日本では承認されていない素材を使った手術だそうで、見た目は豊胸丸わかりではなく、驚くほどナチュラルだ。
一度、胃腸炎を起こしてしまったときに、中須さんの病院で診察を受けたが、その医者に本当に驚かれた。医者の目で見ても、女の胸にしか見えなかったそうだ。

そして、全身を完全脱毛されて、睾丸まで摘出された。もう、家族にも会えない……そうあきらめている。でも、中須さんに抱かれると、そんな事はどうでも良くなってしまう……。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2015年2月12日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】兄の日焼け跡が…【体験実話】

兄、脱衣所で着替え中

妹「うわっ、あ…ごめん歯ブラシ取りに来ただけ」
兄「あっそ。早く行け」

妹「…!?  お兄ちゃん 後ろ…?」
兄「あ?」
妹「ねぇちゃんと後ろ向いてみて?」
兄「なんだよ、ほら」

妹「なんか…

体験実話集関連タグ

||||||

2015年1月29日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹「お兄ちゃんって女の子なの?」兄「えっ?」【体験実話】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火)20:40:31.38ID:cXkCN12WO<>
妹「お兄ちゃんって女の子なのって聞いてるんだよ」

兄「いや、何を言ってるんだお前は…」

<>4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火)20:44:04.50ID:cXkCN12WO<>
妹「だって普通『ちゃん』って付くのは女の子でしょ?」

妹「私だってみんなから『妹ちゃん』って呼ばれるし女友ちゃんの事もちゃん付けで呼んでるし」

妹「だからお兄ちゃんも『ちゃん』って付いてるんだから女の子なんでしょ?」

兄「いや、お前ちょっと落ち着け…」

体験実話集関連タグ

||

2015年1月21日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】急にいなくなってしまった妻が 【体験実話】

妻のまりやが、ある日いきなりいなくなった。
結婚して6年過ぎ、子供も小学校に上がって幸せな毎日だと思っていた。それが、一枚の書き置きだけを残していなくなってしまった。

まりやは29歳の専業主婦で、170cmと長身だが、童顔というかちょっと眠たい顔をしている。モデルの西内まりやに似てると言われることがちょくちょくあって、本人も意識して同じような髪型にしたりしていた。
僕と知り合ったのは病院で、バイクで事故って入院した病院にいたのがナースのまりやだった。

背が高いので、普通のナース服がちょっとミニスカっぽくなっているのと、胸のところが凄く盛り上がっているのが強烈な第一印象だった。

ただ、見た目はマイルドで童顔なのに、中身は結構キツくて、入院しているおっさんや若い子達にセクハラっぽいことを言われると、汚物を見るような目で、
『奧さん(お母さん)に警告しときますね』
と言い、本当に実行する強気な女だった。

僕は生まれつきの弱気が功を奏し、変なことを言ったり、手を握ったりしない”良い患者”という地位を獲得した。
入院していた1ヶ月弱の間で、かなり親しくなって、雑談とかもよくしたが、番号の交換やメルアドの交換などは出来なかった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2015年1月16日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】下着女装フェチの弟と・・・2・クリスマス【体験実話】

下着女性フェチの弟と…の続き

456:名前:194の弟投稿日:2010/11/24(水)23:40
姉貴かなり機嫌が悪いっす。女の子のあの日だそうです。
俺も困ってます、いろいろと。
溜まっちゃってしょうがないので、メールで
「フェ○でお願いします」と頼んでみました。
「あんたは何してくれるの?」
「おっぱい揉んであげます」
「あたしが余計にストレス溜め込みそう。しばらくパンティでオ○ニーしてなさい」
取り付く島もない状態です。
446
まじめに高校生ですよ。別にませた文章書いているつもりもないです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年11月28日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】思い出【体験実話】

美恵子と言います。
今50歳代後半に入ってしまったバツ1の独身です。
サイズは157、65キロ、B89、W78、H92,のおデブちゃんです。好きそうな顔らしいです。
今は田舎の小学校の近くで食堂をしながら半分実家の農家を手伝っています。特に淫乱人生だったので恥ずかしくて人様の前には出せない事ばかりで気が狂いそうになる事があります。もう狂っているのかもしれません。
小さい時から従姉弟同士で中学から同じ田舎の学校に通う同級生の純ちゃんという頭のいい男の子がいたんです。
この子の叔母さんは田舎旅館の女将をしていて、この叔母さんから仕込まれて今の私があるんです。私が食堂を経営出来るのもこの叔母さんのお陰なんです。ややこしい事を書いてすいません。この関係の中で今までずっといやらしい淫乱人生を書いてきた通りです。
3人で一日中裸で暮らし楽しみぬいた事や、葬式で納戸に隠れてまんこした事や、葬式のトイレで喪服でされちゃった事や学校のPTAの会合の後役員の皆さんとアレしちゃった事や村長さんの政治方針で雄犬の相手をした事や女装教師の方とホームレスのお相手をした事や田んぼで数学の中学教師にされちゃった事や駅長さんにされちゃって大金頂いた事や最後に御爺さんとまでしてきました。
実はまだまだあるんです。そんな中の甘すっぱい事を書きます。これは旅館の叔母ちゃんから聞いた話なんですが、話は長くなりましたが、純ちゃんが国立の大学生の時山脈の山奥で新しい道路建設の為の初期測量のアルバイトを1ヶ月もした時の事なんです。アルバイトの中休みで帰ってきて叔母ちゃんの旅館に泊まった時なんです。叔母ちゃんは純ちゃんの事を優しくお世話したくていろいろかまってあげたそうなんです。
ある日叔母ちゃんはお風呂に入りなさいと言って純ちゃんを入れたそうなんです。もう純ちゃんがもう小学生ではないので一緒には入らず一人で入れたそうなんです。
そして暫く経ってお風呂のドアの外から「純ちゃんお湯加減はどう?」と聞くと返事がないのでドアのノブを開けると内鍵で開かないのでもう一度聞くと今度も返事がないので永い肉体労働で倒れているのかもしれないと思い心配になってドアの鍵を取りに行って急いで持ってきてノブに刺し込んでドアを開けると、純ちゃんが裸でブラジャーを付けて顔にパンティーをかぶって足を開いてこちらを向いて仁王立ちに立って青スジたったチンポを前後にしごいている真っ最中で、その瞬間大きなお風呂なので5ートル位もあるのにこちらに向かって水平にピユーと飛んできて叔母ちゃんに勢い良くぶつかってもまだしごいて2回位ドクドク出てるそうなんです。
叔母ちゃんびっくりしてとっさに洗濯機にブラと汚れたパンテイを入れた事を思い出したそうなんです。
そして汚れたパンテイの股布部分を口に入れてチュウチュウ吸ったのかと思うと、かわいそうになって「純ちゃーんごめんねー」と言って走って掛け寄りその場で服を全部脱いで素っ裸になって抱きしめてあげたそうなんです。純ちゃん泣きながら叔母ちゃんをすごい力で抱き締めてタイルの上に押し倒して叔母ちゃんのまんこを狂った様に吸い始めて今度はビン立ちのチンポを叔母ちゃんのまんこに勢い良く刺し込んで狂った様に出し入れをしたんだそうです。そして精液が入ってくるのが判るくらい又射精したんだそうです。
叔母ちゃん嬉しそうに生きていて一番感じた経験だったそうです。「死ぬまで忘れないわ良かったわー」と言って遠くを見つめるんです

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年10月25日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉との思い出【体験実話】

 私の下着好きは小学校の6年生の時に姉に姉の下着を無理矢理着せられたことに始まります。
当時、姉は中学2年生で茶目っ気たっぷりの開けっぴろげな性格でしたので、
「男の子が女の子の下着を着けるとどうなのか」を知りたがっていました。
その実験台に私はされてしまったのです。
学校から帰ってから姉貴の部屋に連れ込まれ、着ているものをすべて剥ぎ取られました。
そして姉貴は自分のタンスからパンティー、ブラジャー、スリップを取り出して
「これを着な」と言ったのです。
喧嘩では姉貴にはかなわなかった私は姉の命ずるままに姉の下着達を着けました。
サイズ的には小柄な私には多少大きかったのですが、
それなりの着こなしを姉がしてくれましたので、ジャストフィットでした。
当時、ようやくオナニーを覚え始めた私には、
姉の下着を着たことで愚息が膨張してしまった原因が分かりませんでした。
そのときは、ただ愚息が膨張し、なぜか気持ちがよくなったということだけでした。
そのときの思い出で、未だに忘れられないのが、スリップの感触がことのほか気持ちよかったことです。
特にブラジャーやパンティーと擦れてスリップ独特の衣擦れが心地よかったことです。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年10月18日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【浮気・不倫】消えた女房と送られてきたDVD 【体験実話】

妻のまりやが、ある日いきなりいなくなった。
結婚して6年過ぎ、子供も小学校に上がって幸せな毎日だと思っていた。それが、一枚の書き置きだけを残していなくなってしまった。

まりやは29歳の専業主婦で、170cmと長身だが、童顔というかちょっと眠たい顔をしている。モデルの西内まりやに似てると言われることがちょくちょくあって、本人も意識して同じような髪型にしたりしていた。
僕と知り合ったのは病院で、バイクで事故って入院した病院にいたのがナースのまりやだった。

背が高いので、普通のナース服がちょっとミニスカっぽくなっているのと、胸のところが凄く盛り上がっているのが強烈な第一印象だった。

ただ、見た目はマイルドで童顔なのに、中身は結構キツくて、入院しているおっさんや若い子達にセクハラっぽいことを言われると、汚物を見るような目で、
『奧さん(お母さん)に警告しときますね』
と言い、本当に実行する強気な女だった。

僕は生まれつきの弱気が功を奏し、変なことを言ったり、手を握ったりしない”良い患者”という地位を獲得した。
入院していた1ヶ月弱の間で、かなり親しくなって、雑談とかもよくしたが、番号の交換やメルアドの交換などは出来なかった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月28日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】息子を【体験実話】

もう普通の夫婦では、無かった主人が単身赴任して一年が過ぎました。
主人は、赴任先で好き勝手してるみたいでお盆も正月も帰ってきませんでした。
息子と二人での生活も普通に過ごしていたと思ったのですが
息子も中学になりたまに私の下着でオナニーしているのは、しってました。
私もセフレが出来て楽しんでましたから
それが平日 息子も朝学校に出掛けたあとセフレが暇が出来たから合おうと連絡が
ありホテルに入ろうとしたらセフレの携帯が鳴り急用が出来て会社に戻ったので私
も家に帰ると玄関の鍵が開いていて息子の靴が有りました。
声を掛けたのですが返事が無ないので
調子でも悪いのかと思い急いで2階の息子の部屋に行きましたが居ません。
部屋から出ると私の寝室から声がかすかに聞こえたので戸を開けると息子が女装し
て私のバイブをアナルに入れてオナっていました。
私は、力が抜けてしまい座り込んで仕舞いました。
私に気付かず息子は、オナニーを続けてます。
呆然と見ていると私が我慢出来ずオナニーしてる真似をしてました。

体験実話集関連タグ

|||||

2014年9月20日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ