【恐怖】つきまとう女【体験実話】

二年前の夏。俺はバイクで北海道ツーリングに出かけた。
目的は北海道一周。日程は3日間。気ままな一人旅だ。
北海道は予想以上に何も無い。街から街まで100kmを越えるときもある。
その間、コンビニはおろか自販機すらない。

気楽に長距離ツーリングを楽しもうと思って来たが最後。
本当に長距離ツーリングが好きな人間以外には苦痛でしかない。
俺の旅のコンセプトは、なるべく金をかけないこと。
その為、旅館やホテルには一切泊まらず旅をする。

道中での悩みは、ガソリンスタンドが街にしかないことだ。
24時間営業なんて論外。大概のガソリンスタンドは、19:00には店を閉じる。
早いところだと、17:00に閉めていたところも在った。
俺のバイクは燃費が悪く、満タンで160kmしか走らない。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年4月9日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【泣ける】芸能人にまつわるなんか良い話 【体験実話】

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/09(火)00:36:24.56ID:Y9gYT3FbO
数年前の正月番組で、須磨海岸の海辺で相撲をやるといういかにも若手らしい企画をやっていた。
落ちたらもちろん冷たい海へ
そしてシャンプーハットの小出水は若手らしく勢いよく海へ落ちた。とテレビはここまで。
その舞台裏では大変な事になってた。小出水は震えが止まらず、顔は青ざめ、身体は完全に冷え切っていた。
海岸につくられた控え室にはスタッフ、芸人がたくさん集まっており、小出水が控え室に入った時、暖房器具の周りには芸人が集まり身体を温めていた。
小出水の異変に気づいたケンコバは「小出水が横になるスペースをつくれ!!!」と突然、叫び、自分に巻いてたタオルを小出水に掛け寝かした。しばらく意識は戻らなかったがケンコバのすばやい対応により意識が回復した。
意識が戻って目を開けたら目の前にサバンナの高橋が「良かった、生きてるわ」と泣いていたらしい。意識が戻ったとき、小出水はケンコバを探したが周りいなかった。
海辺でタバコを吸ってるケンコバへ小出水は歩み寄りケンコバに「ありがとうございました」と言い
コバヤシは「何のこと?俺はずっとナンパしてた」と嘘をついた。
小出水は、その時、その嘘が嬉しかったと話してた。

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/09(火)00:47:31.05ID:Y9gYT3FbO
中川家剛がパニック症候群で復帰できるかすら分からない状態になった時
礼二は「『中川家』の名前を残していれば、いつか兄が戻って来た時に居場所があって仕事しやすいだろう」とレポーターやナレーター等で活動を続けた

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年11月14日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【修羅場】人の形をした・・・ 【体験実話】

・理教Part2

965名前:神も仏も名無しさん投稿日:2007/10/10(水)18:53:22ID:0AASANiI
長文になるので、大変恐縮ですが、真面目に質問があります。

両親が昔から・理教を信仰していて、父の給料全額を教会へお供えしていました。
小さい頃から母のパート代だけで一家5人が生活していたので
本当に貧しくて、着替えも殆ど無く食事も教会から『分けて頂く』感じで
学校の給食で生き延びていたような、物凄く下等な生活をしてきました。
今で言う「ネグレスト」に近いです。

私自身は、・理教に興味は全く無かったけど
両親と教会の決定事項のように、・理高校へ入れられました。
(多分、金銭上のことでしょう)
大学は「・大宗教学科」以外は認めないと言われ

体験実話集関連タグ

||||||||||

2013年11月11日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【泣ける】oh! 宝塚 【体験実話】

102:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/14(水)02:54:33
家計費がザクザクなくなるので嫁を問い詰めたら、
実家の母と妹にたかられてると告白された。
文句をいいに行くと言ったら泣いて止める。
実家母は病弱で妹はメンヘラだからしかたないのだと。
以後の援助はきつく戒めて、半ば縁切り状態で数年
過ごしたんだが。
先日嫁実家の母が亡くなり、葬式にでたら、なんか
話が違うんだよ。
メンヘラのはずの妹は自営で人を何人も雇ってる
女社長だった。
母は病弱だったけど、妹に手厚い介護を受けて、
幸せに旅立ったらしい。

体験実話集関連タグ

||||||

2013年10月23日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【恐怖】【悪】 奈々子 【霊】 【体験実話】

899:◆lWKWoo9iYU:2009/06/11(木)10:34:08ID:T70ctGeH0
二年前の夏。俺はバイクで北海道ツーリングに出かけた。
目的は北海道一周。日程は3日間。気ままな一人旅だ。
北海道は予想以上に何も無い。街から街まで100kmを越えるときもある。
その間、コンビニはおろか、自販機すらない。
気楽に長距離ツーリングを楽しもうと思って来たが最後。
本当に長距離ツーリングが好きな人間以外には苦痛でしかない。
俺の旅のコンセプトはなるべく金をかけないこと。
その為、旅館やホテルには一切泊まらず、旅をする。
道中での悩みはガソリンスタンドが街にしかないことだ。24時間営業なんて論外。
大概のガソリンスタンドは19:00には店を閉じる。
早いところだと17:00に閉めていたところも在った。
俺のバイクは燃費が悪く、満タンで160kmしか走らない。
日程は3日間。夜も走らないと間に合わない。
だが、俺は頭の悪いことにガソリン携行缶を装備していなかった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2013年10月15日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【複数・乱交】俺と幼女だけの世界 【体験実話】

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/22(金)09:22:45.10ID:fEpotpdT0

幼女社長「んっ」

俺「・・・・・・」

幼女社長「んっ!」

俺「・・・・・・?」

幼女社長「ん!っていってるでしょ!コップがからになってるのわからないの?」

俺「あ、はい、すいません!ただいま!」

幼女社長「まったくまったくぅ」

体験実話集関連タグ

|||

2013年9月5日 | 体験実話集カテゴリー:複数・乱交の体験実話

このページの先頭へ