【近親相姦】最小限に【体験実話】

私26歳、主人28歳、子供1歳の夫婦です。
夫婦の話と言うよりも主人のお兄さんの話なんですが、先月から主人が単身
赴任でケニアに行きました。期間は1年なんですが、主人のお兄さんがその
話が会ってから我が家に頻繁に来るようになったんです。
お義兄さんは35歳、奥さんも子供もいて、車で10分くらいのところに住
んでいるんですが、今までは年に2,3回くらいしか来なかったのに、この
話があってから週に2回くらい来るんです。そして来るたびに私と子供のこ
とは心配しなくてもいいから、しっかり仕事をして来いと主人に言うんで
す。主人も頼んだよとお兄さんに頭を下げるんです。
そして、主人が3月の中ごろケニアに行ってからは週に3回、日曜日などは
昼から夕方まで我が家にいて、ビールを飲んだり子供と遊んだりしているん
です。そして時々私の体を舐めるように見ています。
そしてこの間、夜も10時を回ったころ、私が子供を寝かせお風呂に入って
いるときお義兄さんが来ていて、びっくりしました。
お義兄さんは我が家の鍵を持っているらしく、お酒も飲んでいて私に迫って

体験実話集関連タグ

|||

2014年2月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】若い男の子の厭らしい視線が私に…【体験実話】

今夜は主人の帰りが遅くなると聞いていたので、さっきまで家から少し離れたショッピングモールに行ってきました。
パートから帰りシャワーを浴び…黒いショーツを履き…ノーブラで黄色のキャミを着て…白いタイトミニを履き…裸足にサンダルという格好で出かけました。
近所の人に見られないようすばやく車に乗りショッピングモールに向かいました。駐車場に着き車から降りた瞬間から
”ああ…私…これから知らない男性達に視姦されるんだ…”
と勝手に思い込みドキドキし始めました。
ノーブラで体のラインが分かる格好で私は店内に入っていきます。
平日のせいか空いていました。歩いていても男性客をほとんど見ませんでした。でもすれ違う男性の視線は感じました(自意識過剰かな?)
エスカレーターに乗ればスカートを覗かれるかなと思い乗りますが…タイミングよく男性は乗ってきません、少し歩くとブティックに大学生風の若いカップルの姿が見えました。おまけに男の子は私の好みのタイプです。
”デート中のあの若い男の子に少しいじわるしちゃお…”
私はカップルに近づきました。
私は男の子の視界に入るように屈んだりして、胸元が見られるよう期待していました。
最初は男の子は彼女の手前、私をちらりと見ていただけでした。しかし彼女が試着室に入ったとたん、私の方に視線を向ける回数が増えてきました。
私は調子にのり商品を屈んで見るふりをして、彼の方にパンティラインの浮き出たお尻を突き出しました。彼の厭らしい視線を感じます。
”わあ…見てる見てる…若い男の子が私のお尻を…彼女とデート中なのに…”
私は変な快感を覚えました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年2月10日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【浮気・不倫】同棲中の彼がいるのに【体験実話】

同棲中の彼氏がいたのですが、浮気をしてHをしてしまいました。
 相手は社員のMさんです。
 彼氏と大ゲンカした私は「相談したい」と一緒に飲みに行き、たくさん飲まされて、勢いで酔っ払い彼の部屋で介抱されることに・・・
 Mさんは水を持ってくる、と水をくれてから急にディープキスしてきました。
 間接照明だけの薄暗い部屋のベットに押し倒されて、「だめ・・・ちょっ、・・ちょっと待ってください・・・わたしそんなつもりで部屋に来たんじゃ・・だ・・だめですよ・・・わたし同棲してる彼氏がいるんですから・・いやっ・・ホント・・だめ・・・ん・・・あ・・ん・・」
 服の上から乳首を触られて、ブラを外されピンと立った乳首を舐められるとお腹がビクッビクッとなるくらい感じてしまいました・・・。
「あっ・・・いやっ・・だめですよ・・・わたし乳首・・・固くなっちゃってる・・・」ジーパンを脱がされて。
「あっ下は・・いやっ・・だめですよ・・・シャワー浴びてないし臭いですよ・・・だめ・・はずかしい・・・」
 パンツの上から指で愛撫されてグチョグチョに・・・
「(同棲している)今の彼氏ともこういうことしてるんだろ・・・? 彼氏がいるのに俺とこんなことして・・・俺には見せちゃいけないんだろ・・・吉田はHだなあ・・・風呂に入ってないから、すごく女の匂いがするよ・・・吉田の愛液の匂いだ・・・こんな簡単に同棲してる彼氏以外の男に股開いちゃってスケベだな・・・ビロビロが開きっぱなしだな・・・興奮するよ・・・」
 気づいたらパンツを脱がされ、宮田さんはわたしのアソコに口をつけて、激しく舐め回されました・・・。
 わたし、見せちゃいけない相手に一番大事なところ見せちゃってる・・・彼氏以外の男性に・・・色、大きさ、厚さ・・・開き具合・・・濡れ方・・・味・・におい・・・知られちゃった・・・ごめんなさい・・・
 Mさんにクリを集中して舐められ、クリ吸いでイキました。
「Mさん、彼氏より上手っ、ああっっイッちゃううっ!!・・・もう少しでイクのっ! 吸って、クリ・・もっと吸って!! いいっ!! ああっ・・・!!!」
 カラダが小刻みに痙攣してわたしはイッしまいました・・・。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年2月8日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【人妻】一度だけ【体験実話】

去年の夏、主人と上手くいかなくて、他の男性を探し、メールをしていました。
その中で、一人、比較的家が近くて4歳年上の男性と親密になりました。
主人に対する不満や、イヤなことを彼にぶつけて、彼はいつもそんな私をメールで慰めてくれました。
私を女に戻すような言葉もいっぱいいってくれたし、主人との間のことでヤケになっていた私。
その彼と出会い、10日ほどで会う約束をしました。実は、主人以外のモノを入れたことがなかったので、罪悪感に襲われながらも期待
でいっぱいで、彼に会いに行きました。
彼に会ったとき、少しガッカリしました。私、面食いなんですけど…
ちょっとへちゃむくれな顔つきで、唇が物凄い分厚くて、タコ?っていうくらいの口でした。
でも…それが後々私を今までにない快楽に導いてくれました。
「やっぱりやめる」と言おうと思いましたが、彼が手を握ってきたので、それだけで感じた私は
声を抑えるだけで精一杯でした。・・・もう逃げられないな・・・・と諦め、彼とホテルに入りました。
部屋に入り、ソファに座り、初めてのことにドキドキと少し緊張していた私に、彼がいきなり
私の左胸を押さえ、「心臓どきどきしている…?」といい、「少し…」と答えた私。
彼は、私を力いっぱい抱きしめました。185cmある彼はとても力強く、息苦しくて顔を
上に向けるだけで精一杯でした。その時に彼を見上げ、彼が私を見つめたので、思わず

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年2月8日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【浮気・不倫】薄明かりの中で【体験実話】

深夜2時頃でしょうか、太腿の内側を舌で愛撫します
子どもも小学生になって夫との関係もままなりません
ましてや、寝室は和室で鍵がありません
新婚のころは舅姑のことが気になって、十分な快感が得られないまま眠りについていました
言い換えれば、結婚してから何年も本エクスタシーというものを感じることなく今に至りました
どうしても、セックスは深夜になってしまうのです
川の字で2人の子どもも寝ているものですから、大きな声は出せません
快感でこぼれそうになる声を押し殺していました。
執拗に太腿の内側から、恥ずかしい部分に舌を這わせてきます
もう、私のあそこはびしょびしょです。おもらししそうなくらいに感じていました
そして、生き物のように舐めあげてくる舌の動きに耐えられなくて、「パパもっと~」と声をあげました
無意識のうちに夫の頭を両手でつかんで、股間に押し付けていました
私の意識は飛んでしまって、歯がカチカチなっているのが自分でもかりました
夫の両手は私の乳首をこりこりといじっています
「あ~、早く、早く頂戴~」

体験実話集関連タグ

||||||

2014年2月8日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】彼らを許せない【体験実話】

敬の裏切られました
私は今年30才になる小学生の母親です。
敬は、この夏、ちょっと異常な体験で知り合いになった私の彼で、高校3年生。
私は、子供会の役員をしています。
まずは、敬とのきっかけをお話しします。
私の子供会は、毎年キャンプに出かけるのですが、
役員のお母さん方の負担を軽くしたいこともあって、
近くの高校生のボランティアグループに協力を御願いしています。
今年の初めの総会で、はじめて役員になった私に、連続で役員をなさっている美由
紀(仮名)さんは、意味ありげに言いました
「辛いこともあるけど、良いこともあるわ・・特に夏のキャンプはね・・」
その時は、たいして気にもとめなかったのですが、
今年8月のキャンプ初日の晩・・子供達を寝かしつけて、
バンガローに戻ると美由紀さんと
もう一人の役員のお母さんとボランティアの高校生4人が、反省会と称して酒盛り

体験実話集関連タグ

||||||

2014年2月8日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】義理の父と台所で見せ合い【体験実話】

旦那に嫁いでから5年がたちました。
旦那は子作りのためだけのSEXしかしてくれません。
そこで「もっと気持ちイイHしようよ」と言うと、
「やだよ。そんなにしたけりゃ、親父にしてもらえ!」
とキツク言われたため、私はそのまま不貞寝をしました。
しかし、悶々とする中で寝付けるわけもなく、台所でバイブ片手にオナニーしていると、
そこに義父が現れました。
 一瞬心臓が止まりそうになるほど驚いたが、義父の股間が大きく膨れ上がっているのを目の当たりにして
我を取り戻した。
 私は先程の旦那の言葉と、大きく反り返っている義父のチンポを見て少しばかりの悪戯心がはたらき
オナニーを続行しました。義父が良く見えるように、股を広げ、少し大げさ気味に見せびらかしました。
もう一方の手で乳房を弄び、誘惑する視線で義父をなめまわしていると、義父はパジャマのズボンを下げ、
私の目の前に来ると、大きくなったインポを一生懸命しごいていました。
 私たちは少しずつ上りつめていき、義父がイクと私の体にドロッとした精液をかけてきました。
普段はかけられることもなく、膣内に出されて終わりだったが、義父は溜まっていたのか大量にかけて来ました。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年2月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【浮気・不倫】やっと女の悦びを…【体験実話】

結婚して3年、主人とは32回しかセックスしてません。
昼間は暇なので、1年ほど前から事務のパートを始めました。
半年前に大学生のアルバイトが入ってきて一緒に仕事をするようになりました。
彼はとても可愛くて、素直ないい子なんですが、私に気があるような感じでした。
そして、この3ヶ月、毎日のようにデートに誘われました。
「何で私ばかり誘うの?私、人妻だよ。もっと若い子が幾らでもいるでしょ」
彼を窘めると、彼は事故で亡くなった姉に私がそっくりだと告白しました。
その話を聞いて、私は断ってばかりでは悪いと思って、彼の誘いを受けました。
そして、二人で夜逢って食事しました。
「ねぇ、お姉さんて、どんな人だったの?」
「和美さんと何もかも瓜二つです。僕、和美さんのことをもっと知りたいんです」
「そんなに似てたの? そんなに私のこと知りたい? なんだか恥かしいわ・・・」
「それじゃぁ、僕の部屋でもっと和美さんのことを教えてくれませんか」
「遅くならなければ、いいわ」
彼の住まいは新築のワンルームマンションで、ご両親が借りてくれたそうです。

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年2月7日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】貸し店舗の社長に【体験実話】

自宅の一階で商売をしていましたが、不況で店が続かず、店舗を貸し出し、主人は勤めに出るようになり、私もパートで働いていますが、その貸した店舗を事務所として使ってる社長さんと関係が出来てしまいました。
建築関係の仕事らしいですが、従業員の事務所や倉庫等は別にあり、社長室…というか、客の為の応接室や金庫等を置いての経理事務の為に借りたようで、普段は無人か社長しかいません。
元々は自宅と店舗を併用してましたから、内部階段もあるのですが、貸し出す際に扉と鍵を付けて封鎖しましたが、今はその扉を開けて社長さんが二階に上がってきて私を抱きに来ています。
きっかけは、最初の家賃を持ってきてくれた時でした。
契約時に前家賃を貰っていたので、最初の家賃は二ヶ月後でした。
その時は当然外を廻って訪ねてきて、玄関先もなんだから入って貰って、お茶を出し、話をしてました。
羽振りが良いのは不動産屋さんからも聞いていましたが、ちょっとした話の端々にも感じられました。
ふがいない旦那と比べて羨ましい位の逞しさと頼りがいを感じました。
男としての魅力もあり、つい長話をした揚句に、私の不安から出る愚痴や相談話になり、男と女の関係になるのが呆気ない位でした。
翌日から下の事務所から電話が掛かり、階段の鍵を開け、上がってくる社長に抱かれる日々が続き、主人がいない昼間は常に鍵を開けておくようになりました。
社長さんは好きな時に上がってきて、私を好きなように抱いていきます。
私はパートの日数を減らし、その分を社長さんがカバーしてくれて、私がパート勤めを完全に辞める日も近いです。
社長さんから、下の事務所で働かないかと言われています。
電話番みたいなものですが、実際には必要のない事務員です。
事務所に常駐してる必要さえないと言われてます。

体験実話集関連タグ

||

2014年2月7日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】結婚前【体験実話】

旦那には経験数3人と言ってるんですけど。。結婚前、式の段取りで旦那とケンカになった時親友H子と飲みにいきました。
バーで飲んでるとイケメンの学生2人組に声を掛けられ4人で飲みました。いつもよりお酒のすすんだ私は
気分が悪くなり、帰宅H子とは帰りの駅が逆方向なので男の子達に一人一人駅まで送ってもらう事になり
「ちょっと休んで行こっか?」と言われラブホテル街に。。。「結婚前の人に何もしないから」と部屋に
背中を擦ってもらい、しばらく経った頃でしょうか?部屋のTELが鳴りました。彼がでて「・・・忘れ・・取りに・・」
と話していたと思います。するとドアが開いてもう一人の彼が入って来ました。「ちゃんと送ってきたし。それより大丈夫?」
と言って今度は2人で擦ってきました。今度は服の中から。。。私の人生で唯一の3P経験です。
最初は2人とも、服の上から擦ってたんです・・
そしたら1人がシャツの中から擦りだして・・
その時私本当に気持ち悪かったんで何も言わなかったんです。
そしたらもう1人も中に手を入れてきたんで
「ちょっと・・!」って自分では怒った感じで言ったんですけど
「まぁまぁーこっちのが効くから大丈夫」とか言われて。
しばらくしたら「少し窮屈だからボタン1個外すよ」って、ポンッて外されて、
えっ?って感じで胸元見たらそのボタンは上から3番目位ので・・

体験実話集関連タグ

||||||

2014年2月5日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

このページの先頭へ