【寝取られ】嫁が入っていたサークルは、乱交サークルだった 【体験実話】

今日は、嫁が遠い親戚の法事で、実家に泊まりで行っているので、久しぶりの独身気分で浮かれていた。

俺は28歳で普通の会社員。嫁の里香は26歳で、結婚してまだ2年だ。
付き合い始めて半年ほどで結婚したので、まだまだラブラブだ。
里香は155cmで、50kgを切る体重なので、小柄で可愛らしい感じだ。美人とは言えないかもしれないが、リスみたいでなんか愛嬌がある。
いまだに学生に間違えられることも多い里香だが、胸だけは爆乳だ。
見た目の幼さと爆乳はギャップがあり、そこが俺の好きなところでもある。

まだ子供作りは始めていないが、そろそろ作りたいなと話しているこの頃だ。

とくに倦怠期でもなんでもないのだが、久々の一人はちょっとウキウキする。

とは言っても、会社もあるし、とくにしたいこともないのがホントのところだ。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年8月2日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】美帆の寝取られメモリー Part1【体験実話】

短大から私立幼稚園の先生に
そして「初めての露出と寝取られまで」

記憶の残っているうちに残しておこうと、パソコンに向かい始めた俺。
見つけた美帆に叱られると思ったが、以外にも協力的だった。
「特定できないように関係者や背景設定ぼかしてね。娘だっているんだから」
妻として相変わらず俺の欲望を満たしてくれる美帆はもう35歳。
十数年前の思い出から今現在までの二人の経験は7、8割実話だ。

一浪して入った大学3年の春、サークルの女子の先輩に紹介された美帆は
保育科のある短大の2年生だった。
中高一貫の女子高出身の箱入り娘。
完全にノックアウトの一目惚れだった。
大きな目が印象的な今風美人。
実家の俺の母親は、白石美帆にそっくりだと言うが。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月7日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】姉と私1992から【体験実話】

の続き

[6040]姉と私1992から投稿者:彬投稿日:2009/01/09(Fri)19:02

ひょんな事がきっかけで中学2年生(1987年)の時、当時高校2年生の姉に手で射精させてもらうようになりました。
そして翌年、姉との衝撃的な初体験。
高2の夏、当時の彼女のさゆりに振られた私。勢いで今まで言えなかった姉への心情を、好きだという気持を告白。
姉もそれに応えてくれました。美佳とちょっと浮気もしたりしたけどやっぱり姉が一番。
可愛いそしてぐちゃぐちゃドロドロになるまで感じてくれるエッチな綾子姉さんと離れられなくなっています。
今回は1992年 高校卒業時からの話になります。

なおこの話はレスがいっぱいになった 
姉と私1987から No. 4388  
姉と私1989から No. 5048 
姉と私1991から No5518

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【泣ける】10年前の俺すげぇぇぇぇwwwwwww【体験実話】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/18(日)04:58:15.06ID:F724ONsR0<>

10年後の1へ
十歳の頃、二十歳になった自分に。

元気 勇気 天気

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年6月16日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【浮気・不倫】★北の国から〜美樹と彼女と、時々、アネキ★【体験実話】

<>187:えっちな18禁さん:2006/12/21(木)07:46:33ID:8aw3v89OO<>
あまりエロい話じゃないんだけど俺が高校生の時の話
兄貴の結婚式に行ったら受付に女性が居た
第一印象は『凄く綺麗なお姉さん』って感じだった
でも話す話題や勇気など、当日の自分にはあるはずもなく
結婚式が終わると真っ直ぐ家に帰るだけだった

それから何ヶ月か経ち学校から帰ると
居間の方から数人の女性の楽しそうな声がした
兄貴の嫁の友達が遊びに来てるらしい
俺は彼女が遊びに来てたので、さっさと2階の自分の部屋に彼女を連れて行き、着替えた後
ジュースを取りに居間の方へ向かった

兄貴の嫁の友達は二人遊びに来ていて、一人は結婚式で見た
あの『お姉さん』だった

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月25日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】井の頭公園で野外エッチした人妻の告白【体験実話】

最近なぜか、無性に刺激的なエッチがしたくてたまらないエッチな人妻の美加で〜す^^

ノーマルなデートに飽きちゃって、ちょっとスリルがあって変わったことがしたいんですけど
美加って淫乱なんでしょうか・・・?

女の人ってみんなそうだと思うんだけど。

Hしてるとこを誰かに見らてるかも、なんて考えてるとアソコがジュワーっと濡れてきちゃうんです。実は昨日、PCMAX(ピーシーマックス)で知り合ったDさんと初めて野外エッチに挑戦してみたのw

旦那が夜勤の仕事をしてるし、アタシの夜遊びにも寛容な人なので
Dさんの仕事が終わってから、吉祥寺で待ち合わせました。

すでに2回ほど会ってエッチ済みなので、今回も居酒屋でテキトーに飲んでから
ラブホに行こうかということで、腕を組んでラブラブで歩いてました。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年4月24日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】従妹アキ、従姉紀子との・・・【体験実話】

<>50:えっちな18禁さん:2007/10/08(月)05:03:41ID:rVfm0PuL0<>
オレが中学生のときに
従姉と変な関係になったことはあった。
従妹とも変な関係になった。

期待させてしまうのもあれなので
先に書いておくと最後までやる事はなかった。
けど、書いてもいいか?
ダメならやめておく。

<>52:50:2007/10/08(月)14:34:27ID:rVfm0PuL0<>
おkネタっぽい話だが全部実話だ。つまらんかったら言ってくれ。

従姉妹の家にはオレは出入り自由で
よく泊まりに行っていた。鍵の隠し場所も教えてもらってたし。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月22日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【修羅場】駐車場に車を止め星を見ていたら、DQNがやって来て「ちょっとさー、降りてくんない?」と【体験実話】

<>955:おさかなくわえた名無しさん2013/05/11(土)17:07:28.94ID:NSnpF60X<>

俺の冷め話でも投下しようかな。だいぶ前の事だけど。
書いてたら長くなってしまいましたが。すんまそ。

俺は宇宙や天体の話が大好きで、近くの湖へと時々星を見に行くんだけど、
その日は良く晴れてたから、たまたま一人で23時頃フラッと湖に出掛けたんだよね。
一時間くらいボーッと星を眺めていたら、湖の駐車場に一台の黒いミニバンがゆっくり入って来た。
駐車場内をなめる様に走って、一度後ろを通り過ぎたと思ったらまたグルッと回って来て、
俺の車の真後ろに横付けした。
俺は駐車場の端っこに停めてたので、後ろに停められると前にも後ろにも行けず
身動きが取れなくなる。
しばらくして、ミニバンから金髪の男女が降りて来た。嫌な予感がして、ドアロック。

街灯の明かりで何となく顔が見えたけど、全然知らないやつ。

体験実話集関連タグ

||

2014年4月19日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【修羅場】浮気嫁と本命男【体験実話】

727名前:名無しさんといつまでも一緒投稿日:2006/08/03(木)08:40:380
この前嫁の友人が夜中の10時ごろに
突然やってきた
嫁は「ごめんちょっと2人で話するから」と
寝室へ行った。何かあったのかな?と思ってたけど
あんまり詮索するのも悪いかと思って
テレビ見ながらゲームしてた

11時ぐらいになってインターホンが鳴って
俺が出ようとすると嫁が慌てて「貴方はいいから・・・」と
自分が出ようとした。俺は「友達来てんだし俺が出るよ」といって
出たら嫁友人の旦那現われた。
「すいません圭子(嫁友人)来てませんか?」と聞かれ
ちょっと嫁のほう見るといないといってくれのゼスチャー
俺がいないと言おうとしたとき「来てますよね?ここに靴がありますし

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年4月15日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【寝取られ】情けない夫【体験実話】

私は43歳、妻は40歳、二人とも真面目な性格で、妻は今時珍しいぐらい超がつくほど真面目、曲がったことが嫌いな性格です。その影響か、今年高校2年になる息子も妻に似たのか、高校に入学するまで私達の言葉を文句言わず従ってきたのでした。
 それが、高校に進学した頃から息子の様子がどこか変なのを私達は、去年の夏休みに気がついたのでした。確かに、勉強も昔以上にするし、夜遊びもしない、親に反抗しない子供です。
 ただ問題なのは息子の友人K君です。いつも成績は学年の5番以上に位置している秀才で、この地方では有名な市会議員の息子さんと聞けば響きはいいが、彼の振る舞いは妻も私も気に入らなかったのです。顔はハンサムなのだが、とにかく行儀が悪いのです。目上の者にも馴れ馴れしく話しかけるし、靴を脱いだら脱ぎっぱなし、本を読んだらかたずけもしない、お菓子を食べて、ぽろぽろこぼしても気にしない、校則違反ぎりぎりのぱさぱさの薄い茶髪。女の子との付き合いも派手で、良くないうわさもたまに耳にしたものです。
 私と妻は、何度か付き合うのは止めるように注意しました。息子は正直に頷いて「わかった」と言ってくれたのでひとまず安心しました。
しかし、息子はどうやら私が仕事に出かけている時に、K君を家に招いているらしいのです。妻も何度もそれとはなしにK君に注意したらしいが、はぐらかされて聞き入れてくれないらしいのです。
ちょうどその頃は、会社も忙しく夜遅くなるのが当たり前だったので、昼間の様子を把握する事が難しかった状態でした。そして、3ヶ月ほどたったころです。日曜日に外出することが徐々に多くなっていった妻が、去年のクリスマス・イヴに珍しく外泊したのです。
 すぐに帰ってくるからと言って。だが、妻は夜中の12時頃帰ってきたのです。いつもなら家族三人で祝うのが当たり前となっていた。時計を見ながら注意すると、妻はどこか慌てた様子だが、どこか嬉しそうな潤んだ瞳であることに気がついたのです。しかも、その手には綺麗に包装された小さな箱を握り締めていました。
 妻に問いただすと、昼間友人と買い物をして、友人の家に買った物を取りに言ったらしい。ついつい話こんでしまって遅くなった事を謝った。私も仕方がないのでその場は許しました。
 その日を境に、妻の口からK君の話も出なくなり、息子に関してはひとまず安心しました。だが、今年のバレンタイン・デ−に私は、台所でまるで女子高生のように楽しそうにチョコレ−トを作っている妻を見て、自分に贈るものだと思い、見てみぬ振りをしていました。しかし、予想に反して妻から貰ったのはいつものス−パ−で売っている安いチョコだったのです。
 いやな予感がしました。そしてその時、私は確信しました。妻は浮気をしていると・・・・もしや・・・
 私は会社を早退し、家の近くにある空き地に身を潜めて、何日か監視した。すると、もう家に来ないはずのK君が、堂々とした態度で、玄関の呼び鈴を鳴らしたのです。どうやらまた学校をサボったのだろうと思いました。だが、それより驚いたのは妻の態度だったのです。ドアを開けると、嬉しそうにK君の手を引き、ドアを締めるとき彼に抱きつき、辺りを気にすることなくキスをしたようなのです。
 そして、K君が妻の腰に手をまわしていたようなのです。私はあまりのショックその場から逃げたくなりました。だが、ふと我に帰った。不思議な興奮状態でもありました。
 もちろん、あんな若造に妻を寝取られてただ見ているのは自分のプライドが許さないと言う怒りもあったのですが。何故か、私は気づかれない様に静かに家に入ると、なんと、2階の私達の寝室から喘ぎ声のようなものが聞こえてきたではありませんか。
私は二人に気づかれないように階段を上って、そっと少し開けっぱなしになっている寝室の中を覗きこんで見ました。
そこには自分の息子と同じ年齢の少年にしがみつく妻の姿があった。私は興奮しました。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年4月14日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話
1 / 41234

このページの先頭へ