【複数・乱交】睡眠薬で眠らせた妻に夜這い      浮気編【体験実話】

妻に睡眠薬を飲ませ友人に抱かせてからと言うもの、私はあの興奮を忘れられずに、
友人に何度か妻を抱かせていました。
その影響なのか?最近妻のエッチ感度が上昇し、妻から誘って来る事が増えました。
パジャマを脱がせると既にアソコはダラダラに濡れているんです。
そんな話を友人にすると
「じゃ、睡眠薬なしでもイケるんじゃないか?」
「バレたらヤバいって・・・」
「案外知ってたりして!」
「そんな訳ないだろ!」
「今度!媚薬でも飲ませれば案外OKだったりして」
「媚薬って・・・お前持ってるのか?」
「この間、妻に試してみたら凄い効き目だったよ。お前も試してみるか?.」
「ん~」
週末になり、友人が家を訪れて来たんですが、手には媚薬を持っていたんです。
「これ差入です。」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 体験実話集カテゴリー:複数・乱交の体験実話

【近親相姦】「どうしてもおさまらないからちょっとお願いできない?」と妹に言われて【体験実話】

<>280名前:なまえを挿れて。[sage]投稿日:2009/05/26(火)22:38:45ID:p4Mneayd0<>
ここの報告を見てると、どのケースも相手に対する恋愛感情みたいなものが常にあるね。
俺の場合は全くそういうのがないからすごい違和感がある。
といっても嫌ってるとかじゃなくて、普段は完全に家族の一員としてしか見られない。

俺27歳・妹20歳なんだけど、普通家族の誰かが風呂上り薄着でうろついてたら
なんか気まずいから目を逸らしてしまうでしょ。妹とは寝てる関係だけど、普段は
やっぱり女の部分なんて目にしたくない。
タンクトップで乳首浮いてたり、ダボダボのTシャツで袖から乳首見えたりすると
「ちっ、そんな格好で家の中うろちょろすんなよ」と舌打ちしてしまう。

だからセックスに突入するときも、真っ暗な部屋でじゃないと始められない。
昼間するとか明るい部屋でするとか絶対無理。

体験実話集関連タグ

||||||

2015年1月6日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】え?もしかして俺の妹って、俺に興味あんの?【体験実話】

マジ、ついさっきの話。俺はドーテー高校生。妹も1歳下の高校生(恐らく処女?)。

俺が妹にムラムラしだしたのは中2の頃だろうか?
うちには脱衣所がなく、風呂とリビングが繋がってる。
風呂に入る時はリビングに下着が放り出してあるし、風呂上りなんかは素っ裸が丸見え。
・・・・・妹の胸は発育が早く、中1のくせに立派な胸をしていた。
美人でもスタイルが良くもなかったのだが、初めて生で見た女の体というのはやっぱり衝撃が強かった。
当時の俺は、巨乳グラビアアイドルなんか目じゃなかったと思う。

・・・・・・それから3年くらい経った、今。
いまだ彼女はおらず、いまだに妹にムラムラ来る。ただ、胸以外の興味はない。
乳首を見ながらオナニーをしたいという気持ちを抑えられなくなり、数ヶ月前ついに盗撮カメラを買ってしまった。
堂々と見るわけにもいかないだろうしな・・・・・

さっきも書いたが、脱衣所はうちにはない。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年1月3日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】過去話【体験実話】

昔の話ですが、妹が小6から高1まで、ほぼ毎日夜這いしてました。
そっとキスから始まり、次第にスポブラずらし乳首触ったり舐めたり、股開か
せ、パンツの横から○んコに指入れたりしていました。
小6で中指が根元まで入れられました。爆睡タイプで全然起きなかったです。
でも眠りが浅い時は、パジャマのボタンを外す途中やズボンのゴムに指を掛け
た位、または布団をめくっただけでも寝息のリズムが変わるんです。
そんな日は諦めて脱衣場で妹の脱ぎたてパンティの満カスを舐めるか亀裏に塗り
付け、シコシコ。
その頃から妹のパンティとブルマはいて寝、朝返すようになりました。穿いて寝
るとよく夢精してました。

初めて挿入したのは妹が中二の夏。部活の遠征の疲れからか乳首吸ってもびく
ともせず、簡単にパnツ下ろせられました。
足を開かせ満舐め、指も入れた後、震えながらチムポねじ込みました。しかし童
貞の限界、亀頭だけハマったとこでドクドク発射。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年11月2日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】小〜高にかけて妹への行為【体験実話】

俺には3つ下の妹がいて物心ついた頃から妹に悪戯するようになっていった。

思い出すとさんざん良い思いをしたなぁ〜と思ってしまう、デジカメがまだゴツかったあの頃あわよくば今のHDDを持ってタイムスリップしたい(笑)

最初は俺が小4の頃既に猿の如くオナニーに貪欲でまだ未精通。

妹とは普通に風呂に入って遊んだり仲良かった。

風呂上がりに妹が裸のまま児童雑誌を夢中で読んでるときに股の間が気になって見てみた。
小さい膣と肛門尖ったクリトリス、可愛らしい性器をじっくり観察してから数分後にお互いパジャマに着替えました。

寝るときは一緒で妹とじゃれあいようやく寝付いた後で服を脱がして悪戯します☆

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年10月26日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉と姉の友人の前で【体験実話】

俺が中2、姉が19の頃だったんだけど、当時の俺は「投稿写真」(厨房向けのアイドル誌、つーか厨房用エロ本)の「お便り卓球ペン」でオナニーっていうのが最高のおかずだったんですよ。
で、冬の寒い時期に、部屋のコタツでオナニーしてたら突然、姉が入ってきたんですよ。
とにかくダッシュでナニをしまい「投稿写真」を隠すことには成功して緊張しながらも平静を装ってたんです。
そしたら、姉ちゃんが俺の勉強机の椅子に座り込んで、
「あんた、今なにしとったの?」
と言いつつ、体をけってきたんです。蹴るというよりはつっつく感じなんだけどね。
とりあえず無視を決め込んでいたんですけど、
「母さんにはいわないから教えなさい」
と、やさしい命令口調で足でちょっかいかけてくるんです。
耐え切れなくなってとにかく追い出そうとおもい、そのままコタツで仰向けに寝たんです。「眠いから出てってくれ」という意思表示をする為に。
それでも姉ちゃんは、足で体を軽く踏みつけながら、
「何してたの?」
と、繰り返し聞いてきました。
そんな事を繰り返しているうちに、姉の足が俺のティンポに触れてしまったんです。
まずいことに俺の方はまだたったままだったので、姉のほうもそれをたしかめるように、今度はしっかりと踏みつけてきたんです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年10月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従妹へのいたづら 3【体験実話】

叔父の次女、E美に手を出したのは、彼女が工荷の夏のこと。
久々に連泊して遊びに行ったときであった。
結論から先に言えば、長女の時のように悪戯では終わらず、悪戯の最中にE美にバレてしまい、
事の成り行きで最後まで行ってしまった。一線を越えてしまい、冷や汗ものだったが、
スポーツで鍛えられた17歳の瑞々しい身体は、大変美味しかった。

初日の昼間、何年ぶりかに叔父の家族と共に川遊びをした。
このとき、従妹三姉妹は全員思い思いの水着を着ていたが、E美の水着姿は抜群に良かった。
服の上からは分からなかったが、バランスよく出るとこは出て、くびれるところはくびれていた。
背もけっこう高いので、全体的にスレンダーに見えたが、バレーで鍛えているだけあって、
ももとお尻はむっちりし、腰と足はよく引き締まっていた。
加えて、茶髪に染めた頭髪とヘアスタイルが本人によく似合っていて(当時はまだ少数派だった)
格好良かった。E美は長女Y美、三女N美とは顔の系統が違っていたが、
この時の三姉妹の中では抜群に美人に見えた。自分もいい加減、いい年だし、
もうこんな悪戯は止めようと思っていたのだが、この姿を見たら夜這いしてみたくなった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月6日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従妹へのいたづら 2【体験実話】

厨荷の頃から2年後の冬…。

恒一になるまで、自分自身の都合で叔父の家へ行く家族行事は欠席していたのだが、
ようやく都合がついて恒一の冬にチャンスが巡って来た。
実は夏にも行ったのだが、従妹がバレー部の合宿で行った日の夕方から不在だったため、
この時は何も出来なかった。

年始の挨拶で対面したとき、従妹は上は白のセーター、
下は黒いストッキングを履きその上に黒のミニスカートを着ていた。
白のセーターの上からも相変わらず胸が大きいのが見て取れた。
スポーツをやっているせいか、引き締まった足をしていて、太腿は太いのにふくらはぎはスラリとしていて、
足首はキュっと細くなっていた。かなりの美脚に見えた。
背は前より少し伸びたが、全体的には小柄な印象だった。顔も少し大人びていた。
内心どきどきしつつも、夜がくるのが楽しみになっていた。
叔父の家族はいつも親戚であるうちの家族より先に風呂を済ませる。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年10月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉が下着姿で寝てたから夜這いした話聞きたい?【体験実話】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土)00:32:21.81ID:7tv0N3V00<>

それとも俺が死に掛けた話100選(実際は3選もない)を聞く?

<>2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土)00:32:47.88ID:ORAieFCn0<>

全部書けばいいじゃない

<>6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土)00:34:33.99ID:7tv0N3V00<>

2
じゃあまず死にかけた話するね

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月19日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】母に夜這い・・深い後悔・・【体験実話】

5日前の夜。俺は人生で最大の過ちを犯してしまいました。
母は46歳。父とは3年前に離婚して、今は都内のマンションで
二人暮しです。
以前から母子相姦願望が強かった俺は、その日の深夜に酒の力を借りて
母の寝室へ・・。ブルーの薄いネグリジェに透けたベージュのパンティ・・。
ノーブラの柔らかそうな乳房を薄明かりに確認した時、そっと母の黒髪を
撫でました。静かな寝息をたてる母。速くなる俺の鼓動。
本当にそっと・・・そっと乳房に震える手を添えました。
どれくらい時間が経ったでしょう。両脚を開き気味に寝ている母のパンティの
クロッチ部分の脇から、ゆっくりと指を忍び込ませた瞬間「うっ!」と
母の口から喘ぎ声が漏れたのです。「だめよ・・」と囁く母。
しかし俺は止めれませんでした。声も出せない緊張感の中、母の大きな
クリトリスを・・ねっとりと濡れてきた膣を中指で・・。
気付いた時には二人とも全裸で貪りあうような激しいキスをしていました。
そして本能の赴くままに挿入・・激しいピストン・・。

体験実話集関連タグ

||||||

2014年9月17日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ