【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 【体験実話】

結婚8年目、菜穂と智明の夫婦生活は2年前までは順調だった。

2人の子供に恵まれ、一戸建ての家もローンを組んで購入。

智明も、さぁこれからバリバリ働いていこうと意気込んでいた矢先の事だった。

2年前の猛烈な不況の煽りによって、智明が勤めていた会社が傾き始めたのだ。

それでも真面目な智明は必死に働いた。

家族のため、そして会社のためにも。

智明は、お金のためだけに働いていた訳じゃない。高い志を持って就職した会社だ。

上司も、社長も、若い頃からお世話になった人達ばかり。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2015年5月30日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】16歳JKの妹【体験実話】

<>1:名も無き被検体774号+2013/01/23(水)01:46:58.88ID:Pd92ORhR0<>
妹が妊娠したwwwwwwwwww
妹wwwまだ16歳wwww

<>3:名も無き被検体774号+2013/01/23(水)01:48:03.29ID:Pd92ORhR0<>
事のきっかけは2週間前wwww
家でにちゃんやってたら妹が突然リバースしたらしい。
階段をドタドタ降りてきた妹はそのまま洗面所でゲーゲーやってた。
きったねえなあと思ってたら洗面所から出てきた妹がすごい青い顔してた。

妹「なあ・・・女の子の日こぉへん」
私「は?」
妹「お母ちゃん呼んでや!!」

ギャンギャンワーワー泣き出した妹、とりあえず母を呼びに行く。

体験実話集関連タグ

||||

2015年1月1日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹が徐々に変わっていった話【体験実話】

<>4:名も無き被検体774号+[]:2012/10/10(水)20:45:37.95ID:34FsfU7H0<>
事の発端は両親の離婚だった。
離婚原因は母親の浮気。
度重なるホスト通いが貢ぎ行為に発展、
自分の金がなくなり、マイホーム予算に手を出す、
父にバレる、離婚…という流れ。
当時私が中1で妹は小5。

姉妹揃って父親側に付きたいと言ったが、
裁判所は私たちの親権を母親に渡した。

親権が母に渡った理由は、
・子供がまだ幼く女児である
・子供の健やかな成長には母親が必要
・養育費は父からの支払いで賄える

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年12月2日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】嫁が町内の運動会の後から様子がおかしい・ 【体験実話】

俺37歳、嫁35歳、長男7歳、次男4歳。

とある地方の中核都市で4人仲良く暮らしてた。
すぐ近所に、義母が1人暮らし。
嫁の両親は、嫁が学生の時に離婚、その後かなり苦労して、嫁と嫁弟を育てたらしい。
かなりの人格者で俺も尊敬してるし、何かの時に子供の面倒も見てくれるので頭があがらない。

俺の稼ぎは正直良くなかったが、嫁もパートで家計を助けてくれたので、贅沢さえしなければ、普通の生活には困らなかった。
何より、嫁仲間からは、「おしどり夫婦」と言われ、羨ましがられてた。

付き合ってから12年、結婚してから9年、ほとんど喧嘩らしい喧嘩をしたことが無い、ある種奇特な夫婦だった。
金以外は何でも有る、本当に幸せな家族だった。去年の町内会の運動会の日までは…。

去年、長男が小学校に入学した事で、秋の町内会の運動会に行く事になった。

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年11月3日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】私の借金の尻ぬぐいをする妻 【体験実話】

今、私の目の前で、嫁が目隠しをした状態でベッドの上に座っている。
32歳の嫁がセーラー服を着て、髪をツインテールにしている。

これが、二人のセックスでのプレイだったら良いのだけど、そうではない、、、

嫁の横には、バスローブを着た男が立っている。
男は、嫁の昔の知り合いだ。
40歳半ばくらいで、かなり大きな会社を経営している人物だそうだ。

「ほら、心美(ここみ)ちゃん、口開けてごらん」
男が優しい口調で、馴れ馴れしく嫁に言う。

目隠しされたままの嫁は、大きく口を開ける。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月30日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】妹が徐々に変わっていった【体験実話】

<>1:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水)20:41:41.10ID:34FsfU7H0<>
ちょっと胸糞悪い自分+妹語りスレ
書き溜めてないから遅くなる

<>2:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水)20:44:59.24ID:0M4OyjSbO<>
どう変わったの?

<>7:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水)20:55:29.14ID:34FsfU7H0<>
2
それはまあのちのち

<>3:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水)20:45:28.26ID:GaGFouAQ0<>

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【恐怖】法医学研究室第一標本室 【体験実話】

私は現在、ある地方大学医学部に在籍している者ですが、オカルトではありませんが、医学部にはいろいろと不気味な場所が存在します。
そのなかの一つ、「法医学研究室第一標本室」のお話です。

私の住む地方には検視監制度がなく、いわゆる異状死体は全て大学の法医学教室に搬送され、司法ないしは行政解剖が行われます。
それはそれは様々な異状死体が運び込まれてくるわけで、中には練磨の法医学教室のメンバーでさえ目を覆いたくなるような無惨なものもあります。

これらの異状死体は証拠写真を撮影された後解剖され、遺族のもとに返されるわけですが、まれに、遺族からも引取りを拒否されたり、法医学・解剖学・病理学上、大変興味深い異状死体が搬入されることがあります。

このような医学上珍重な(そして大変グロテスクな)標本の多くが収容されているのが「法医学教室第一標本室」、通称「穴倉」です。

874名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:03/07/2320:55
「穴倉」は地階の教室を数個ぶち抜いた非常に広い部屋です。
しかし広いには広いのですが、地階であるせいか、はたまた建物が非常に古いせいか、隅々まで照明がいきわたっておらず、昼間でも電気をフルにつけていないと足元がおぼつかないほどです。

しかし私自身を含め「穴倉」に始めてやってきた人間は、電気がついたとたん、非常に驚いてしまいます。

体験実話集関連タグ

|||

2014年9月5日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【寝取られ】最悪な交渉 2 【体験実話】

結局、私は
いてもたってもいられなくなり、仕事を早めに切り上げて
我が家に急ぎました。

友里が家にいることを信じて、ひたすら我を忘れて走りました

やっとのことで
なんとか夕方頃には家まで戻ってくることができましたが

いざ自分の家のドアの前に立つと

ここまで必死に走ってきたこと
最悪の結果が待っているかも知れないということなど
いろんな不安が混ざり合い、

体験実話集関連タグ

||

2014年8月2日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】年賀状がきっかけで・・・【体験実話】

正月はテレビ番組もどこも似通った内容でほとほと退屈になる。
妻と二人コタツに入りながらみかんをつまみ、酒を飲みつつ、届けられた年賀状の束に目をやる。
おおよそ、百通ほどの束を自分宛と妻宛に分けてみるが、ほぼ五分五分で、今年は勝ったの負けたのと
つまらぬ勝負にも決着が付かないような緩い昼下がりだった。
何気なく妻宛の年賀状を見ているうちに何のコメントも無い家族たちの写った年賀状が目に入った。
「なにこれ?ノーコメント?」、そう言いながら妻にその年賀状を差し出した。
一瞬ではあったが、妻がなんとも表現しがたい表情になったので、気になってしまい、聞いてみた。
「あなた、聞いて気分悪くしない?」とほろ酔い気味の妻が、やや艶っぽい笑みを浮かべたので直感的に
「関係」の有った男だなと感ずいた。
「結婚して10年以上だぜ、いまさら過去の男の事を聞いても腹は立てないよ。」
「じゃあ、話すね・・・」
やはり、妻の大学時代の彼氏だった。
「彼氏ってことは、当然セックスしたんだろ?」
「当然よ、お互いセックスに興味大有りの頃だったから。」
「何年くらい付き合ったの?」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月2日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】近所のハゲ親父に妻を寝取られてた【体験実話】

1年半ちょっと前、平日の夜でしたが、帰宅後にソファーでライターを見つけました。
疲れた体をドサッと降ろすと、腰の所にある窪みに硬い物体があったんです。
何だこれ?と思い引っ張り出すと、見覚えの無いジッポライターが出てきました。
俺は煙草を吸いますが、自分のライターぐらい記憶してます。
「これ誰の?」と妻に尋ねました。
誰かが昼間に来て忘れていったんだろうなって軽く考えていたから。
妻は「あぁぁーあっ、水野さんかな?!」と近所の奥さん仲間の名前を言ってました。
その時は「あぁ~そうなんだ、ここ置いとくから」と何も考えていませんでした。

それから2~3ヵ月ほどした頃だったと思います。
仕事の都合で19時頃に帰宅した日がありました。
普段は早くても21時頃にならないと帰れません。
早く帰る事は途中でメールしていたので、いつも通りに帰宅しました。
リビングに入った瞬間、微かな煙草のニオイを感じました。
「誰か煙草吸ってたんか?」妻は俺に煙草は外か換気扇の下で、といつも言います。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月17日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ