【近親相姦】近親相姦【体験実話】

 嘘みたいな本当の話ですが、私と妹は私が高2(16歳)妹高1(15歳)から私が21歳、妹20歳までほとんど毎日のようにセックスしていました。 妹が生理や何かで出来ない日もありましたがほとんど毎日です。

 計算すると年間30日しないとして336×5年間で1680回になります。その後回数が減っていきましたが、まぁ2000回はしたと思います。よく飽きずにしたものです。親に見つかりそうになったり、隣に住む引きこもりの男に見られたりしましたが(何回も)、せっせとセックスしました。

 そんな僕らですので高校時代はお互い恋人は作らずに兄弟でセックスばかりの毎日、しかし二人ともに大学、短大に行くようになるとしだいにセックスの回数も減り、他に好きな人が出来たりしてセックスする関係はなくなりました。

 やがて僕らも結婚して私はもう36歳妹は35歳になりお互い子供が2人いるパパママになりました。

 そんな僕らですがまたセックスする関係になりました。これは不倫というのでしょうか?

 親戚の葬式があり妹と二人で親族控え室にいた時です。お互い暇になり、どちらが誘うこともなく自然にキスしました。まるでいつもしているかのように自然な感じでした。

 いつ誰かか入ってくるかわからないので鍵を閉め、喪服は着たままで始めました。1回キスをすると二人とも昔のスイッチが入ったのかもう強烈なディープキスです。舌を絡め、お互いの性器をまさぐり相当いやらしいです。

 妹は必死に出る声を我慢します。アソコのビチャビチャした音が部屋に響きます。私が誰かかドア越しにこの音を聞いてるかもよと言うと、それ凄く興奮すると妹は言います。

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年12月28日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】私の今朝の夢【体験実話】

 先日私の田舎で葬式があって、二日ばかり実家に帰った。
 葬式が終わって実家でみんなで飲んでいた。 タバコでも吸おうと外に出ると、なんだか物置の裏あたりで(家は田舎なのでわりと大きい物置がある) ごとごとと物音がする。 ネコでもいたかと覗いてみると、妹と従兄弟がなにやら抱き合っている。
 私の妹は35歳で小学校の子供が2人いる。夫は私と同い年の38歳で夫婦仲もいいと思ったが。
 こっそり身を隠して見ていると、ふたりはキスをしたり抱き合ったりを繰り返している。 妹は喪服姿のままで、従兄弟はワイシャツに黒いズボン。 妹を後ろから抱きしめ自分の大きくなったペニスをお尻の辺りに押し付けている。両手を腰にあて、ちょうど立ちバックのような格好でグイグイと押し付けている。
 妹は手で口を押さえてハァハァと喘いでいる。後ろから胸を服の上から揉んでいる。 妹は男のペニスをズボンの上から摩り始めた。
 私はもう我慢できなくなり、自分のペニスをしごき始めた。もうギンギンに勃起している。
 妹はしゃがみこみ、男のペニスを取り出すとフェラし始めた。 私は何かアダルトビデオでも見ているかの錯覚に落ちた。
 肩までのショートカットの髪の毛が左右に揺れる。男は服の隙間に手を入れて胸を揉んでいる・・・・・ 
 
   
 
 私はここで夢から覚めた。チンポはもうはちきれんばかりに勃起していた。昨日妹の下着姿を見てしまったからだ。
 現に妹は葬式で昨日実家に夫婦で泊まりに来た。 妹が風呂に入るときに間違って脱衣所に入ってしまい妹の下着姿をばっちり見たからだ。 下着は上下黒ピンクのいやらしくも可愛い下着だった。 

 

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年12月27日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】思い出【体験実話】

美恵子と言います。
今50歳代後半に入ってしまったバツ1の独身です。
サイズは157、65キロ、B89、W78、H92,のおデブちゃんです。好きそうな顔らしいです。
今は田舎の小学校の近くで食堂をしながら半分実家の農家を手伝っています。特に淫乱人生だったので恥ずかしくて人様の前には出せない事ばかりで気が狂いそうになる事があります。もう狂っているのかもしれません。
小さい時から従姉弟同士で中学から同じ田舎の学校に通う同級生の純ちゃんという頭のいい男の子がいたんです。
この子の叔母さんは田舎旅館の女将をしていて、この叔母さんから仕込まれて今の私があるんです。私が食堂を経営出来るのもこの叔母さんのお陰なんです。ややこしい事を書いてすいません。この関係の中で今までずっといやらしい淫乱人生を書いてきた通りです。
3人で一日中裸で暮らし楽しみぬいた事や、葬式で納戸に隠れてまんこした事や、葬式のトイレで喪服でされちゃった事や学校のPTAの会合の後役員の皆さんとアレしちゃった事や村長さんの政治方針で雄犬の相手をした事や女装教師の方とホームレスのお相手をした事や田んぼで数学の中学教師にされちゃった事や駅長さんにされちゃって大金頂いた事や最後に御爺さんとまでしてきました。
実はまだまだあるんです。そんな中の甘すっぱい事を書きます。これは旅館の叔母ちゃんから聞いた話なんですが、話は長くなりましたが、純ちゃんが国立の大学生の時山脈の山奥で新しい道路建設の為の初期測量のアルバイトを1ヶ月もした時の事なんです。アルバイトの中休みで帰ってきて叔母ちゃんの旅館に泊まった時なんです。叔母ちゃんは純ちゃんの事を優しくお世話したくていろいろかまってあげたそうなんです。
ある日叔母ちゃんはお風呂に入りなさいと言って純ちゃんを入れたそうなんです。もう純ちゃんがもう小学生ではないので一緒には入らず一人で入れたそうなんです。
そして暫く経ってお風呂のドアの外から「純ちゃんお湯加減はどう?」と聞くと返事がないのでドアのノブを開けると内鍵で開かないのでもう一度聞くと今度も返事がないので永い肉体労働で倒れているのかもしれないと思い心配になってドアの鍵を取りに行って急いで持ってきてノブに刺し込んでドアを開けると、純ちゃんが裸でブラジャーを付けて顔にパンティーをかぶって足を開いてこちらを向いて仁王立ちに立って青スジたったチンポを前後にしごいている真っ最中で、その瞬間大きなお風呂なので5ートル位もあるのにこちらに向かって水平にピユーと飛んできて叔母ちゃんに勢い良くぶつかってもまだしごいて2回位ドクドク出てるそうなんです。
叔母ちゃんびっくりしてとっさに洗濯機にブラと汚れたパンテイを入れた事を思い出したそうなんです。
そして汚れたパンテイの股布部分を口に入れてチュウチュウ吸ったのかと思うと、かわいそうになって「純ちゃーんごめんねー」と言って走って掛け寄りその場で服を全部脱いで素っ裸になって抱きしめてあげたそうなんです。純ちゃん泣きながら叔母ちゃんをすごい力で抱き締めてタイルの上に押し倒して叔母ちゃんのまんこを狂った様に吸い始めて今度はビン立ちのチンポを叔母ちゃんのまんこに勢い良く刺し込んで狂った様に出し入れをしたんだそうです。そして精液が入ってくるのが判るくらい又射精したんだそうです。
叔母ちゃん嬉しそうに生きていて一番感じた経験だったそうです。「死ぬまで忘れないわ良かったわー」と言って遠くを見つめるんです

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年10月25日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】母とお通夜に行く途中に【体験実話】

先日のGWに親戚で不幸があり、父は九州に単身赴任中の為、僕と母が代わりにお通夜の
お参りに行くことになりました。
親戚はクルマで1時間程の隣の県にあり、17歳で、免許のない僕は助手席です。
喪服を着た母はまたいつもと違った雰囲気で、母親フェチの僕も新たな魅力を知って
テンションは上がりっぱなしでした。
「お母さんの喪服姿 すごく似合ってるよ。」
「喪服姿が似合ってるって言われても、なんとなくうれしくないわね。」
「インナーは黒でしょ? あー見てみたいなー。 お母さんのパンスト越しに見える黒のパンティ」
「何いやらしい事言ってんの? ダメよ。 絶対見せないから。」
母は今年ちょうど40歳。 栗色のショートヘアに丸顔の童顔、大きなくりっとした瞳と笑うと
出来るえくぼが可愛い、僕の言うことは何でも聞いてくれる優しいお母さんです。
 
中学の頃から、母を性の対象として見るようになった僕は、母の汚れたパンティにいたずらしたり、
こっそりビデオを撮ってオナニーのオカズにしたりしていましたが、父が転勤になった去年の暮に 
父がいないのをいい事に、母の就寝中にいきなり入り込み、抵抗して暴れる母を無理やりレイプして

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】妻は父さんの部屋で【体験実話】

その日の昼休み。
俺は一度家に戻ることにした。
書類を家に忘れたからだ。たいした書類でなかった。
なにかの書類に付随した個人情報保護の同意書だ。
別に明日でも良かった。
しかし職場から家まで車で10分。
俺は取りに帰ることを選んだ。
家は実家である。
2年前のリストラに会い、帰ってきたのだ。
住人は俺と妻と5歳の息子、それに定年退職者の父さん。
父さん。
思えば子供のころから迷惑をかけっぱなしだった。
母は高校の時死んだ。
その後の2年間の浪人。
父さんにならって市役所を受けたが敗退。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月30日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】エロ雑誌モデルの妻【体験実話】

以前、テレビで美術モデルに素人、それも主婦がしていると言うのを見ました。
お金もあるんでしょうけど、裸を見せる事に自信があるんでしょうね。
そんな番組を見て、ふと昔の事を思い出したんです。
結婚して数年がたった頃なんです。
セックスがマンネリ化していても浮気する勇気も金も無い小心者の自分は、せいぜいエロ雑誌を見て想像を逞しくするだけでした。
そんなネタの一つにある雑誌に人妻ヌードを紹介しているコーナーがあって、こいのコーナーも目当ての一つでした。
えっと、隣の美人妻なんとか?だったか、そんな様な覚えがあります。
今でこそ、そんなモデルがいますが、本当に素人かも?と思わせるのに充分で、そこそこレベルの女性が脱いでいたんで好きだったんです。
買っても、用が済んだら、すぐ捨ててしまったりしていたんですが、ある号に妻に似た感じの女性が載っていたのがあって隠していたんです。
ある日、家に帰ると、隠しておいたその雑誌が机の上に乗っているじゃありませんか!
まぁ~その後は、想像の展開でした
妻曰く、S君(←自分のことです)が男だからこう言うのに興味があるのは判るけど、ちょっと許せないとか
やっぱり、女性は、夫が自分以外の女に性的興味を持つと嫌なんでしょうね。
しかし、幸だったのが、そのモデル女性が妻に似ていたからでした。
そんな言い訳を言うと、やがて機嫌が直り、このコーナーを見始めていました

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月13日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】嫁のハメ撮りDVDが見つかりました【体験実話】

先日、単身赴任中(隣県)の僕は、異動前の地元の取引先の訃報を連絡で頂き、急遽社命でそのお通夜に参加する事になりました。
葬儀は、現在の担当者が参列するとのことなので通夜だけの列席になります。午前に連絡があり、急遽向かったので 途中で妻に喪服の場所を聞こうと連絡をしますが留守電でした。
でも、パート中らしく留守電です。パート先にも電話しようと思ったのですが、まぁ家にいけばみつかるだろうと考え家に帰りました。
3年ほど前に、建ててスグ転勤になった為、ほとんど住んでない我が家。
週末はなるべく帰るようにしてますが片道3時間以上という道のりは自分を怠け者にしてくれます。
家に帰り、久々の我が家に戻ると私は、一生懸命喪服を探します。
通夜なので、それほど気にする必要もないのですが、お世話になった方なので、そうもいかず考えられる所を探しました。
そして寝室の大型のクローゼットの中で喪服を見つけました。さてネクタイと、数珠などの入ったケースはどこだろうと探してると、クローゼットの上の棚に、小箱を発見、化粧台の椅子にのぼり、探すとあっさり発見しました。
そこで・・・見たこともないDVDの束を見つけました。
なんだろ?うちにはパソコンはありますが妻は一切のメカオンチだし、ビデオカメラもテープなので必要ないはずです。
僕はてっきり自分が昔処分し忘れてたエロDVDなのかもと思ってしまい、とりあえず車から社用のノートPCを持ってきて再生する事にしました。DVDは全部で9枚ありました。
1枚目を再生。そこに写し出されたのは・・・・・
どこかのアパートなのでしょうか?カメラは家の風景、そして台所で料理する女の後姿・・・どっかで見たことが・・あるような・・・妻???え?俺?こんなビデオ撮ったか??カメラはその女性に接近していきます。
「また撮ってるの??」
「奥様っぽいねェ」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月22日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【近親相姦】妹【体験実話】

きっかけは実にありきたりで些細な事だったと思います。

僕が小学4年生で妹が小学3年生の3学期末のことです。
両親が念願の一戸建てを購入して僕達は住み慣れた街から少し離れた街の
新興住宅地に引越し別の学校へ転校しました。

新興住宅地というだけあって当時周りは建設予定の空き地と田園が混在し
僕達の家以外に新築の家がまばらに立ち並ぶ寂しい場所でした。

最初は転校に不安だった僕も真新しい自宅から通う毎日にも直ぐに慣れて
2年に一回のクラス替えのタイミングで5年生になれた僕は
クラスにも上手く溶け込んでいく事ができました。

毎日楽しい学校生活を送っていた僕でしたが一つ不満もありました。
当時新興住宅地に住んでいるのは同学年では殆どおらず

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年6月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従妹と【体験実話】

昨日19歳の従妹と体験しました。
昨日は祖父の一周忌だったのですが、坊さんのお経が一通り終わり参列者全員で近所の料亭に移動して会食をしました。
俺の席の隣が従妹だったのですが、最初は未成年と言うこともあってウーロン茶を飲んでいたのだけど、俺が「ビール飲む?もうすぐ20だからいいだろ」と勧めると「少しだけなら飲んでみようかな」と言ったのでコップに注いででやった。
半分ぐらい飲みほして「苦いけど飲めない感じではない」と言うのでさらに注いでやった、ちびちびと飲んではいたがあまり気が進まない様子だったのでこれ以上飲ませるのも悪いと思ったのでそれ以上注ぐのはやめていた。
しばらくして酒癖が悪い伯父さんが俺達の方にビール瓶を持ってきて来て、「お、××ちゃん酒飲めるようになったんだ、じゃあついでやる」と半強制的にグラスを空けさせた、「飲みっぷりいいね、もう一杯いこうか」と悪乗りしてた、いくらなんでもヤバイと思ったので
俺が「未成年にそんなに飲ますなよ、俺が変わりに飲むから」と助け船を出してやった、結局会食が終わる頃には俺も従妹もほどよく出来上がってた。
親戚一同はそこでお開きしおのおの帰って行ったのだが、従妹と叔母さん(俺の母の妹にあたる)は俺の家に来た、従妹は母親である叔母さんと車で来ていたのだが、叔母さんもコップに半分ぐらいビールを飲んだらしくそのままでは飲酒運転になるので夜まで家で休むことになった。
家では母と叔母さんが話しこんでいて一緒にいてもつまらないので、俺と従妹は俺の部屋でDVDでも見ようと言うことになった。部屋に入り再生させるDVDを物色してると「映画はいいから話をしようよ」と言ってきたのでDVDはやめて音楽を鳴らした。
昔一緒に遊んだこととか楽しそうに話すのだが、結構酔っているらしく話しながら寝転んだりしてた、法事だったので黒いツーピースの喪服を着ていたのだけど、スカートがタイトではなく少し短いプリーツタイプだったのでめくれて黒いパンストを穿いた太ももまであらわになった、俺は従妹の黒いパンストに包まれた脚に完全にそそられて勃起してた。
その様子を察知したのか「今スカートの中見たでしょ、エッチ」と従妹が俺のかをを見ながら笑って言う「わざとじゃねーよ、お前がそんなところに寝転がるから見えただけだろ、酔ったとはいえ男の部屋でスカートのまま寝転がるなんて無防備すぎるんだよ、そんなことやってると襲うぞ」とからかってやった。
マジで冗談でからかったつもりなのだが、従妹は「へぇー襲いたいんだ、襲ってもいいよ」と冗談とも本気とも取れる感じで返して来た、「お前酔ってるだろ、酔って何言ってるかわかってないだろ」とたしなめようとしたが、「だって好きだから・・・好きな人になら襲われてもいい」、俺「だって俺とおまえは従妹同士だぜ」、従妹「従妹だと好きになったらダメなの?」さっきまでの酔った感じの従妹ではなく目は真剣そのものだった、直感的に従妹は本気で俺が好きなんだと感じた。
突然の従妹からの告白に俺の頭の中はパニックになった、そのパニック状態を追い打ちするように従妹は俺に抱きついてキスしてきた、従妹の柔らかい体の感触といい匂いで頭がクラクラしてた、俺だって従妹が嫌いではない、それどころか従妹じゃなかったらアタックしたいと前々から思ってたほどだ、もう限界だった。
俺は腹を決めて正直に言った「実は俺も前からお前のことが好きだった、でも従妹同士だしお前の気持ちも知らなかったから自分で感情を抑えてた、好きだ」そういいながら強く抱きしめ返した。
長いディープキスをした、そして「後悔しないよな、酔った勢いじゃないよな」と確認するようにい時に聞いた「もう酔ってないよ、どうなっても後悔しない」その返事を聞きながら俺達は普段俺の寝ているシングルベッドに移動した。
そこでも長いキスをした、キスしながら彼女の上着を脱がせブラウスも剥いだ、ブラジャーを外すと大きいとは言えないが形の良い胸が現れた、胸に手をやって軽くもんだ、従妹が「アッ」と声を出した、可愛い声だと思った。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年4月22日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】私と妹【体験実話】

 嘘みたいな本当の話ですが、私と妹は私が高2(16歳)妹高1(15歳)から私が21歳、妹20歳までほとんど毎日のようにセックスしていました。 妹が生理や何かで出来ない日もありましたがほとんど毎日です。
 計算すると年間30日しないとして336×5年間で1680回になります。その後回数が減っていきましたが、まぁ2000回はしたと思います。よく飽きずにしたものです。親に見つかりそうになったり、隣に住む引きこもりの男に見られたりしましたが(何回も)、せっせとセックスしました。
 そんな僕らですので高校時代はお互い恋人は作らずに兄弟でセックスばかりの毎日、しかし二人ともに大学、短大に行くようになるとしだいにセックスの回数も減り、他に好きな人が出来たりしてセックスする関係はなくなりました。
 やがて僕らも結婚して私はもう36歳妹は35歳になりお互い子供が2人いるパパママになりました。
 そんな僕らですがまたセックスする関係になりました。これは不倫というのでしょうか?
 親戚の葬式があり妹と二人で親族控え室にいた時です。お互い暇になり、どちらが誘うこともなく自然にキスしました。まるでいつもしているかのように自然な感じでした。
 いつ誰かか入ってくるかわからないので鍵を閉め、喪服は着たままで始めました。1回キスをすると二人とも昔のスイッチが入ったのかもう強烈なディープキスです。舌を絡め、お互いの性器をまさぐり相当いやらしいです。
 妹は必死に出る声を我慢します。アソコのビチャビチャした音が部屋に響きます。私が誰かかドア越しにこの音を聞いてるかもよと言うと、それ凄く興奮すると妹は言います。
 黒ストッキングとパンティを少しだけ下にずらしテーブルに上半身をつかせ後ろから挿入。ズンズンと突きまくり、妹は激しく大興奮。
 「ああん・・・・いい・・すごくいい・・きもちいい・・・・ついて・・・もっとついて・・・・・」
 15年ぶりくらいのセックスです。妹はもう35歳ですが、まだまだ非常に可愛く身体細く、スケベさにいっそう磨きがかかりいい感じの人妻です。
 テーブルに仰向けに寝かせ足を持ち上げ挿入。ゴムを持っていなかったので生で入れていました。さすがに中出しはまずいので、外に出しますが妹に顔にかけていいと聞くと、髪の毛につけないでねと言うのでじゃあ口に出すよと言うと、うんいいよと言ってきた。
 私はいきそうになり、妹に
 「ねえ・・いくよ・・いい・・」
 「うん・・いいよ・・いってぇ・・・きてぇ・・おくちにだしていいよ・・・」

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年3月24日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話
1 / 41234

このページの先頭へ