【近親相姦】母親に恋したら、友人に寝取られた6【体験実話】

この前のポルチオを刺激するセックスを体験して、母の美佐恵は俺のチンポに狂ってしまった。

俺は、母と結ばれたことが本当に嬉しくて夢のようだったのだが、今の生活はさすがに乱れすぎているのではないかと思うほどだった。

母は、セックスのことしか考えていないような感じになってしまっていて、朝は母のフェラチオで起きるのが日課だった。
前の晩も2回も3回も母とセックスしているので、疲れ切っていてフェラをされても起きない時もある。

そんな時は、母に騎乗位をされた状態で目を覚ます。
この日も、揺れている感覚の中で目が覚めた。
すると、全裸の母が、俺の上で熱心に腰を振っている。
「あっ、おはよう、、、 コウちゃん、、、 先に頂いてるねっ!  んんっ! だめぇ、、、 コウちゃんのおちんぽ、凄すぎるからぁ、、、 あぁ、、」
「美佐ちゃん、昨日も何回もしたのに、まだ足りないの?」
俺があきれて言うと、

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年9月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】同僚の浮気相手【体験実話】

先月、会社の同僚(既婚者)が酒の席で、人妻さんのセフレができたと、や
たら嬉しそうに話していた。
年齢は42才、小柄だけど結構巨乳で尻もでかくて相性サイコー、なんて浮か
れまくってた。
勢いで、携帯で撮った写真を見せてもらった。
その場では黙っていたが、自分の嫁にやたらと似ていた。年齢も同じ。
「名前教えろよ」と悟られないように興味本位の雰囲気で聞いてみたら、賀
○子という名前。嫁と同じ。メアドだけじゃなく携帯電話の番号も教えても
らったと嬉しそうに携帯を見せるので画面を見ると、「○○(妻の旧姓)賀
○子」の文字。電話番号は妻の携帯番号。
一気に酔いもさめ、驚きすぎて表情が固まりました。
同僚は、俺の嫁ということで、嫁の顔を見たことはありません。
で、どんなことをしてるんだと思いつつ聞いてみると、精液を飲んだり、同
僚のアナルを舐めたり、中出しOKだったり、アナルセックスしてた
り・・・信じられませんでした。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年9月5日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】元妻が奴隷状態にされています 【体験実話】

別れた妻の現状です。

広めの和室?布団の上で横臥位で後ろから出し入れされてる
ガキはひょろいがアレはかなりデカい
ミキは乳またデカくなってる
垂れてなくパンパンに張り詰めて母乳噴き出してる
腹は妊娠5?6ヶ月くらい?
腹、乳、尻以外引き締まってる
筋肉みえるから摂生と運動してんだな
肌ツヤツヤの真っ白
髪は黒
わきの下舐められて絶叫しながら悶絶してる
顔は日本手拭いで隠してる
ガキ「ミキは俺のちんぽ好きなんだよな?」
ミキ「いぐぅから舐めないでわきやだあいぐぅいったから溶けてるからやめて」泣きじゃくりながら悶絶

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年9月5日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】エロい体の人妻ゲット 【体験実話】

32才人妻と土曜日に会った。写メは交換済みなのでルックス・体型は問題無さそうなのだが

昨日のメールで私のアソコ、ビラビラが大きいんだけど大丈夫?

と聞いてきた・・大丈夫だと返信したが、どんだけ大きいのだろうか。

見た目は清楚そうなんだけどな・・待ち合わせ場所へ車で向かうと、

ジーパンにダウンジャケの女。顔を確認すると写メ通りだったので声をかけた。

 実物は色白の清楚そうな感じでイメージ通り。例えると、永作博美みたいな感じか・・

しばらく車内で話をしていたが、「子供がいるからあまり時間がないの」という事で早速ラブホへ。

着くなりベロチューをしてきたのでフル勃起した俺はそのまま押し倒し服を脱がせた。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年9月4日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】姉妹【体験実話】

近所で評判の好青年の俺だが、
本当は超ロリだ。
でもなかなか、
低学年のS学と、セックスをする機会がない。今は手に入りにくいロリ系の裏物を何度も繰り返し見ながらオナニーの日々だ。我慢の限界に達したら、
夜な夜な街に繰り出し家出C学か高学年S学と援交してるが発育具合が満足には程遠い。どうすれば、少女の体を堪能出来るのか日々試行錯誤している。
だけど、
裏の顔を隠して、好青年を演じて
いるのは、理由がある。近所に棲む美少女達に近づく為だ。
1年越しにやっと親達も子供好きだと、警戒心も解けて、公園で談笑したり家やマンションに送り届けた。
すると、S学4年と3年生の姉妹が俺のアパートに遊びに来る様になった。その内、
両親は共稼ぎで母親は月水金曜が残業で19時帰宅だから姉妹は、母親が迎えに来るまでキャッキャッと無邪気にじゃれあい遊ぶ、たまに見え隠れする純白アニメ子供パンツに舌なめずりしていたが。
ある悪だくみを思い付いた。業とにジュウスを姉妹にかけて汚して、風呂に入れた。心の底で一緒に入ろうって誘えよって願ったら、妹が入ろうって誘った。
満願成就だね。
姉妹を並べて、
体を舐める様に、洗い流していたら、妹が股を開いてアソコを差し出した。?状態ってか、興奮で発狂しそうだった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】複雑【体験実話】

親友は36歳の独身。
そんな親友から、お願いしますと頭を下げられた。
実家の母がお見合いの写真を持って来るとの事
結婚する気のない親友は、その日だけでいいからと俺の妻に恋人のフリをして欲しいと。
その事を妻に話すと、何気に乗り気で面白そうと悪戯な顔をしてたのでOKした。
待ち合わせ当日、妻は普段着ないスカート姿 白のワンピースで、俺から見てもいい感じな見た目で出かけた。
帰って来たのが夜の10時を過ぎた頃で、その日は食事をしてドライブと観光後に料亭で夕食を食べて来たとの事です。
その後、3回も母親が来る度に恋人のフリをして出かけました。
妻的には、美味しい物を食べれて観光できるのが楽しくて、いつでも誘われたいと言ってました。
そして先週末、成り行きで熱海に一泊旅行に行ってしまったのです。
母親は、気を利かせて別部屋を用意してくれたとの事でしたが
別 の意味が違いました。
母親が別の部屋だったのです。
妻も親友も知らなかったとの事ですが、親友から電話が来て俺に詫びました。
俺は何故か変な興奮が生まれて、親友に言いました。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年9月4日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【近親相姦】義姉と私と姉【体験実話】

の続き

[9501]義姉と私と姉投稿者:彬投稿日:2010/02/01(Mon)19:34

後に私と義姉の優子は結婚する事になりますがそこまでにはエログロな紆余曲折がありました。
私は実姉夫妻の新婚旅行中に優子と肉体関係を持ちました。しかしそんな関係はほんの少しの期間だけの事、私が就職のために東京に移り住むと自然消滅。優子も携帯を買ったのでせっせと電話をしたのは私だけ。
まともな遠距離恋愛にもなりませんでした。結局、優子と密に連絡を取り合っていたのはひと月弱くらい、4月も末になるとせっかく買った私の携帯に彼女からの着信が入る事は無くなっていました。

少しビッチな優子はその当時勤めていた会社の同僚の娘達としょっちゅう合コンに出かけていたそうです。
GW直前の合コンで東京から長期出張中のイケメンIT関係ベンチャー企業役員のバツイチ男と知り合ってそのまま恋?に落ちたそうです。生でやりまくって即妊娠、いわゆる出来ちゃった結婚をしてしまいました。
(もっとも結婚「式」はやるやる言っているだけで結局執り行われませんでしたが)
実姉の綾子もその頃妊娠(どう計算しても私の子ではない)、97年初めに伯母にはひ孫がいきなり3人も出来る事となりました。ちなみに当時の私はというと特に誰と付き合うではなく何となく日々を消化していました。

優子と久しぶりに会ったのは恐怖の大王が降臨すると言われていた初夏のこと。
同じ都内にいたのにそれまで何故か会う事がありませんでした。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月1日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【浮気・不倫】人妻にすぐヤレるビッチ多すぎww 【体験実話】

<>1:名無しのVIPPERがお送りします:2012/12/2009:28ID:YuJpAKvL0<>

基本自宅警備員の俺が外に飛び出した話ww

スレを開いたのも何かの縁と、最後までお付き合い下さい。

スレ立てちゃったんでとりあえず書いていく。

<>4:名無しのVIPPERがお送りします:2012/12/2009:47ID:6NxnqfX90<>

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月31日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【人妻】台風が接近中に・・・【体験実話】

 数年前の夕方、台風が接近しつつある時に停電になってパソコンが使えない上に当時は携帯も持っていなかったのでやることがなくて妻とHをやりまくって何度も中出し。
 3ヵ月後、妻の体調がおかしいので病院へ連れて行くと「おめでとうございます。妊娠3ヵ月です」と言われて俺と妻は「もしかしてあの時の・・・」と思った。
 子供が生まれる日、産婦人科には同じ予定日の妊婦が集まっている時に「もしかして台風で停電になった時に・・・」となり、ほとんどが停電の間にHをしていることが分かった。
 俺の子供には同級生が多く、誕生日が同じ友達が多くいるらしい。

体験実話集関連タグ

||||

2014年8月31日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【近親相姦】赤い眼【体験実話】

赤い眼
第1章
彬は平凡な高校生だった。小学生の時に母をなくしてはいたが、父、大学生の姉、そして中学生の双子の弟と妹といっしょに比較的幸せに暮らしていた。2年前から付き合っている彼女のもいた。彼女の名前はさやかといった。まだ体の関係はないが、すごく仲の良い心の通じ合える彼女だった。
そう、思っていた。
その日の放課後、彬はさやかとデートをしていた。夜の塾までの空いてる短い時間に、二人はよくこうやってデートをしていた。ウインドウショッピングをしたり、喫茶店に入ってたわいもないをしたりと、初々しいデートだった。
そのとき、さやかの携帯にメールが入った。さやかは何気なく携帯を開き、メールを見る。一瞬、さやかの顔がひきつったように見えた。が、次の瞬間にはいつもの朗らかなさやかの顔に戻っていた。
「ごっめーん、お母さんに買い物頼まれてるの忘れてた。催促のメールきちゃった」
顔の前で両手を合わせ、片目を瞑り、小さな舌を出しながらさやかが謝る。彬は少し違和感を感じながらも
「なんだよー、仕方がないなぁ」
とか言って、いつもの調子でおどけてみせた。今日に限らず、さやかは何度かデート中に携帯で呼び出されてどこかへ行ってしまうことがあった。どうせその後はすぐ塾の時間だし、たいていは親からの呼び出しだと聞いていたのでさほど気にもとめていなかったのだが。
しかし彬はそんな不安を言葉にはもちろん、顔にも出さなかった。仮に単なる誤解だったら、それを追及することでこの穏やかな関係が崩れてしまうかもしれない。まだ何の証拠もないし、自分の不安をさやかに押し付けるようなことをしてはいけない。そう思い、自分の気持ちを心の奥底にしまった。
さやかは手を振って帰っていった。彬は少し早いが、塾へと向かう道を歩き始めた。しかし一人になると、さきほど押し込めたはずの不安が膨らみ始めてしまった。まさか浮気してるとは思わない。でも・・・・・・。
そんなことを考え始めると、不安と苛立ちで体が熱くなってくるような気がした。皮膚がビリビリと震えるような不快な感覚。それが嫉妬の感覚だと、彬ははじめて自覚した。とても塾に行くような気分ではなかった。かといってさやかに問いただすこともできない。彬は悶々としながら、しばらく街を歩き、とりあえず今日は塾をサボって家へ帰ることにした。
家に着くとあたりはすっかり暗くなっていた。本来ならまだ塾にいる時間だ。突然家に帰ってきたら、家族はどんな顔をするのだろうか。父親は怒るかもしれない。でもそんなこともどうでもよかった。とりあえず自分の部屋に帰って横になりたかった。
玄関のドアを開ける。と、そこに不思議なものがあった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月30日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ