【近親相姦】従姉の娘【体験実話】

去年の夏、従姉の娘が東京見学にウチに泊まりにきた。昔から良く懐いてたルカ。
TDLや遊園地、プールなど色々と疲れたけど見返りもあった。
夜は一緒に風呂です。昔から一緒に入ってたんだけど勃起したチンチン弄らせ
たりルカのマンを悪戯したりして遊びながら入浴してたんだけど、ルカも
JS6なので期待はしてなかったけどルカも楽しみにしてたみたい。
「あのね、クラスのマリちゃんがエッチしたんだって」
と勃起君を触りながら言い出した。
「こんな大きいの良く入るよねー」と言ってました。
「ルカも入れてみるか?」と驚いてましたが嫌がった様子はありません。
「まだJS6だよ~」『友達もエッチしたんだろ?』「痛いんでしょ?」
『最初はね』「んーどしようかな?」『俺とは嫌?』「ううん」
『ルカも入れようと思ってた?』エヘヘとルカも期待してたようです。
「でも、こんなデカイって思わなかった」『毎年みてるじゃん』
「うん、でもクラスの男子のは小さかったから」と恐ろしい事をあっさりと
言い出しました。聞けば大人しい男の子のを友達達と一緒に裸にしたそうです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2015年1月22日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】【近親相姦】妹レイプって本当にあるの? 【H告白体験談】【体験実話】

<>35:♀26:2011/12/31(土)03:57:58.61ID:Floj71P/O<>

年末の大掃除ついでに心のモヤも掃除。

JS時代、三つ上の兄貴にいたずらされてた。ま。JS時代だけじゃなかったけど。低学年の頃は一緒に毛布くるまってたら、胸触られたりパンツの中に手入れてきたりとか。最初は子供同士くすぐりあって遊んでいる延長線みたいな感じ。

結構ひょうきんな兄貴だったし、私も男の子に混じって遊ぶの好きな子で、兄ちゃんっ子だったから全然変なことされてるって気はなくて。むしろ遊んでもらってるって感じだった。

それがだんだんエスカレートしていった感じで、しばらくすると夜とか布団の中で裸にされていろいろ弄られるようになった。

エッチなことしてるというかイケナイことしてる、って雰囲気は子供心にも何となくわかってたけど、相変わらず兄貴はひょうきんで優しかったから、その当時はあんまり罪悪感ってのはなかった。

どっちかっていうと、親の化粧品使ってメイクごっこしたり、テレビのラブシーン見ちゃったりしてたから、逆に兄貴とのそういう行為は仲良しの女友達より一歩オトナの女に近づいてるって、ちょっとズレた優越感に浸ってた。書いてて思い返すとイタイ子だったなあと思うw

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2015年1月18日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】彼女が旅先で味わった超肉食絶倫4Pセックス 【体験実話】

俺は浮かれていたんだと思う。

中学高校と暗い青春時代を過ごしてきた俺は、大学入学前に心に決めていたんだ。これからの大学生活は絶対に楽しく充実したものにするんだと。

地元から離れてわざわざ遠くの大学を選んだのは、全てを1からスタートさせたかったから。

初めて住む街、初めての1人暮らし、ここには過去の俺を知っている人間はいない。全てが新しい。

過去を脱ぎ去って、生まれ変わりたかったんだ。

大学に入学して、俺は自ら周囲にいる人達に積極的に話し掛けた。

明るく振る舞って、早く大学の雰囲気に馴染もうとできる限りの努力をした。(出しゃばり過ぎて大学デビューだと思われないように、その辺りはコントロールしながら)

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2015年1月18日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】【続・続】従姉妹の姉ちゃんと【体験実話】

前編:【続】従姉妹の姉ちゃんと(;´Д`)l \ァ l \ァ(・・;)ウッ

<>197名前:結局従姉とは投稿日:04/07/1915:20ID:jDtOEGT1<>
M姉ちゃんとは初めてエッチした夏休みの間中ずっとエッチをして、その年の冬休みに伯父さんの家に行ったときにもエッチをしたけれど、俺とM姉ちゃんの関係はやっぱり従姉弟同士という感じのままでした。
エッチのときにすごくキスはするようになったし、俺はM姉ちゃんのことが相変わらず大好きだったけれど、M姉ちゃんは好きとかそういう言葉を口にすることはなかったんです。
中学2年の夏休みも、俺はすぐに伯父さんの家に行きました。M姉ちゃんと一緒にいる時間が増え、休みの早いうちからお世話になっているぶん少し伯父さんの手伝いを増やしたりして、田舎の友達と遊ぶ時間が減ったけれど、楽しい毎日でした。
M姉ちゃんとは一日に一回はエッチをしていました。M姉ちゃんはエッチは嫌いじゃなかったと思うけれど、わりと恥ずかしがりというか潔癖なところがあって、前の年の夏に神社でしたみたいな激しいことはしたがりませんでした。

<>198名前:結局従姉とは投稿日:04/07/1915:21ID:jDtOEGT1<>
コンドームについては、前にも書いたようにとにかく厳しくて、つけなければ絶対にエッチはしようとしませんでした。
伯父さんの家に来るまでに読んだエロ本のまねをして、つけないでしたいと一度頼んだけれど、思い切り睨まれて駄目だと言われました。
平気で頭をひっぱたいてくる人だったし、嫌われたくなかったので、すぐあきらめました。
エッチはたいていM姉ちゃんの部屋で、伯父さんたちが午後の仕事に出ている間にしました。
西日が差し込む部屋の中で、二人とも汗にまみれて絡み合いました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2015年1月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹に犯されたわけで…【体験実話】

高校2年の妹は中学の時から遊び好きで、セックスもやりまくっているという感じでした。逆に僕は自分で言うのもなんですが、生真面目な小心者でセックスには縁がなく、18歳にして童貞でした。そんな対称的な二人ですが、兄妹仲は良いほうで、よく夜遅くまで一緒にテレビを見て話したりもしました。
ある日妹とテレビを見ていたのですが、その時妹の服装はノーブラにキャミソール、下はデニムの短パンという格好で、僕は目のやり場に困っていました。妹はそんな僕を見て「いいよ~別に見たって…」と言いましたが、その言葉に僕は一層照れてさらに意識してしまいました。
妹は僕の反応を楽しむように足を組んだり、体育座りしたり、「暑い暑い」と言ってキャミソールの紐をずらしたりしていました。しばらくして妹は僕の隣に座って来ました。僕が意識しないように移動してくれたんだと思ったのも束の間、妹はいきなり僕に寄りかかってきて、「ね、エッチする?」と聞いてきたのです。
僕は驚いて「なに言ってんだ」と言いましたが、妹は「いいじゃん別に」と言って僕のペニスに触ってきました。「おい、やめろって」と言いながらも、僕は全く抵抗せず、“やめて欲しくない”とさえ思っていました。妹は見透かすように笑い「大きくなってんじゃん」と言って、僕のジャージとパンツの中に手を入れてきました。
「ほら、脱いでよ」と妹に言われるまま僕は慌ててペニスを露出し、妹はキャミソールをまくっておっぱいをプルンと出してから、いきなりフェラチオを始めました。突然の展開で舞い上がってしまい、僕は妹にされるがままでした。
妹は立ち上がると、僕の目の前でチーッと短パンのチャックを下ろしました。妹はノーパンですぐに陰毛が見えました。妹はキスをしながら短パンを脱ぎ、僕に跨るとあそこにペニスを押し付けながら擦ってきました。
しばらくしてあそこがヌルヌルしてくると、妹は「兄貴、童貞?」と聞いてきて、僕は恥ずかしかったけれど正直に頷きました。妹は「中出しはダメだからね」と言うと、僕のペニスをチョイと摘んであそこに押し当ててクイックイッと腰を動かし、ツルンとペニスを入れてしまいました。
妹はさっきまで笑ってテレビを見ていたのが想像できないくらい、いやらしく巧みにクネクネと腰を動かしました。僕は夢中で妹の小ぶりなおっぱいを揉み、乳首を舐め回しました。妹も感じてきたのか「フゥ、フゥ…」と鼻息を荒くし、時折「ん…」と声を出していました。
僕が「出そうだよ…!」と言うと、妹は苦しそうな顔をしながら「ちょ、だめ…もうちょっと」と言って激しく腰を振りました。「やばいって!」と僕が切羽詰った声を出すと、ようやく妹は「んん、もう!」と怒った声を出し、立ち上がってペニスを抜くと、すぐにしゃがんでパクッとペニスを咥えました。
そのまま手でシコシコとペニスを扱き、僕は妹の口の中に射精させられてしまいました。「んっ、んぐ」とちょっと呻きながら、妹は精液を飲んでしまいました。ぐったりしている僕をよそ目に、妹はさっさと短パンを履いて何事もなかったかのようにソファに座ってテレビを見始めました。
僕がのろのろと服を着てからちょっとして妹はテレビを消して部屋を出て行こうとしました。出ていく途中、僕に後ろから抱きつき、「兄貴、今度ホテル行ってゆっくりやろうよ」と言ってチュッとキスしてきました。
なんか妹に犯されたような気分でしたが、あまり嫌な気分ではありませんでした。それから数日後、妹の言葉通りホテルに連れて行かれ、たっぷりセックスしました。妹が言うには、あの日僕にチラチラ見られてたので「興奮してムラムラしたから襲っちゃった」とのことです。ヤリマンなところはちょっと気に入らないけれど、結構かわいいし、身体もロリ入ってて好みだし、このまま関係が続けばいいな、と思っているわけで…。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2015年1月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉と暮らした日々を淡々と語る【体験実話】

<>1:名も無き被検体774号+:2011/10/21(金)22:40:00.10ID:TSFSWWVI0<>
初スレ立てだから拙い部分もあるけど許してな#160;
最近の自分語りスレのように#160;
虐待やら貧乏生活やら過酷な人生ではないし、山もないオチもないだらだらとした話になるから、暇つぶしに読んでくれ。#160;

<>2:いちじ◆.RK0SmlnEImq:2011/10/21(金)22:43:47.25ID:TSFSWWVI0<>
スペック#160;
都合上、仮のフルネームつけとく#160;

俺山下一次現在17才高2#160;
従姉山下みよ現在28歳事務員#160;

幼心がついた時から、俺は従姉と二人で暮らしてた#160;
とりあえず、俺の記憶を辿って書いていく#160;

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年1月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】気まずい【体験実話】

友人が終電無くなったということで俺の家に泊めることになったときの話。
俺としたことが鍵を無くしてしまっている。チャイムを鳴らすが聞こえていないようなので家に居るはずの中三の妹に電話をかける。
俺「すまん家の鍵が見つからない。開けてくれ」
妹「うん。ちょっと待っててね」
ちょっと待ってて、という言葉に引っかかったが言いつけ通り待つ。5分程待つと音が鳴り、扉が開いた。
妹「おかえりー…………あっ!」
妹はどうやら風呂上りのようで、ユルユルのキャミ一枚に下は子供っぽい綿パンツのみである。友人は背が高いので背の低い妹の胸元から乳首は見えてしまったと思う。
妹「ごっごめんなさい!」と逃げ出してしまった。

その朝、友人が帰ったあと妹はバツの悪そうな顔をしてこう言った。
妹「友達来るなら来るって言ってよばかあ!」
俺「いや風呂入ってるなんて思ってなかったしなぁ」
妹「…もう私のいるときにあの人呼ばないでね…目合ったりすると恥ずかしいし…」
敢えて妹には言わなかったが友人は中学生対象のロリコンである。あいつは妹の胸を見て何を思ったのか…。別に知りたくはない

体験実話集関連タグ

||

2015年1月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹の友達と【体験実話】

<>798:なまえを挿れて。:2008/04/11(金)12:05:52ID:h6D69fqo0<>
妹の友達との出来事

大学生の時、正月に友人二人と俺の家で飲み会をしてた。
TV見て他愛もない話をしていた時に妹が友人と一緒に帰ってきた。
妹の友人は妹と同じ部活の娘で何度もうちに来てるし家も近く。
妹と友人は高3。彼女たちはどこかの宴会に行った帰りだと話してた。

俺はコタツに入って皆がゲームをしてるの後ろから見てたら
下半身に違和感があった。履いているジャージをまさぐる手がある。
妹と友人は3人でゲームをしてる。その瞬間、その手はコタツにもぐり
こんだ妹の友人のA美だとわかった。A美は背も小さいしそんなにかわいくは
ないが結構胸が大きく幼児体系に近い体で胸だけはすごいことを
知っていた。
A美は俺が履いていたジャージの上から俺のアソコを触りそれが

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2015年1月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間 【体験実話】

僕は高校2年生で、エスカレーターで大学も行けるので、気楽に毎日遊んでいる。
家も、そこそこ裕福で、本当になにも不満がない毎日だ。ただ、少し奥手なので、彼女はまだいない。
でも、趣味のクライミングやビリヤードをしてる方が、女の子とデートするよりも楽しいと思うので、焦ったりはしていない。

そして夏休みの今、恒例行事の家族旅行に来ている。母の弟の家族と合同で、軽井沢のロッジを借りて1週間も過ごす。
テニスをしたり、サイクリングをしたり、川で遊んだりで、けっこう楽しいイベントだ。
いつもは、僕の弟も行くのだけど、今回はゴルフ部の合宿があるみたいで、僕と両親だけだ。
母の弟家族は、一人娘の愛花ちゃんと3人だ。愛花ちゃんは、6年のはずだ。ほぼ一年ぶりなので、きっと凄く成長していると思う。

昔から一緒に遊んでいるので、従姉妹と言うよりも、兄弟みたいな感覚だ。会うのが楽しみだ。

そして、現地集合で合流すると、やっぱり愛花ちゃんは凄く成長していた。5年から6年への一年は、ビックリするくらい変化があった。

髪も伸びて、背も伸びて、愛花ちゃんが急に大人になった感じがして、少しドギマギした。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2015年1月1日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 8 【体験実話】

60

自ら秘裂の柔肉を開き挿入を待つ果歩。

早く入れてと言わんばかりに、膣口からは涎が垂れていた。

富田 「ハァ・・・いくぞ・・・」

富田は屈曲位の体勢で、腰を前に進めた。

粘液で淫らに濡れ光る肉棒は、一段と激しく勃起していたが、もはや挿入に手間どることはなかった。

グチュゥ・・・・

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年12月31日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

このページの先頭へ