【近親相姦】妹分とヤった話【体験実話】

俺には妹・・・というか、妹分がいる。家が二軒隣の向かいで、年が一つ違い、おまけにお互い一人っ子だったもんで、子供の頃から兄妹のように育った。(以下、「妹分」と書くのがめんどいので「妹」)
小学校はもちろん、中学・高校の間も一緒に通学していた。俺は中学受験をして校区外の中高一貫校(男子校)に行ったが、そうしたら妹も中学受験をすると言い出し、相当な努力の末、最寄り駅が同じ女子校(地域トップの進学校。だが、近いためか部活や委員会で俺の通ってた学校と交流があった)に合格した。よくやったよ、と思うが、そのおかげで(?)一緒に通学することになったのだった。
普段は強気に振る舞っているくせに、俺にはなついていて、甘えていた。まさに本当の兄妹みたいだった・・・というか、本当の兄妹でもそこまでしないぞ、といった状況で、俺はよく同級生にからかわれていた。
それが嫌な時期もあるもんで、俺は高校生のときにはその女子校の同級生(妹の同じ部活の先輩だった)と付き合っていた。妹のことも理解してくれたので長続きしたが、大学進学のときに別れた。

大学進学では、俺は京都の大学へ、妹は東京へ、それぞれ現役で進学した。大学も同じところを選んでくるかな、と思っていただけに意外だった。なぜ?と聞いてみたら「やりたいことがある大学がそこしかなかったから」と真っ当な答えで、「だいぶん兄離れしてきたのかな」と正直安心していた。
それでも妹が一年生の間は時々長期の休みや週末を使っては京都に来ていたから、あんまり兄離れしてはいなかったのかもしれない。二年生になると、妹にも人生初の彼氏ができたこともあって、さすがに来る回数が減った。

俺が大学三年の春休み。
<スペック>
俺(悠人・仮名) 21 理系大学生 フツメンややイケメンより メガネ 彼女有り
妹(陽子・仮名) 20 文系大学生 小柄、ロリ 顔は普通 彼氏有り

突然、妹が俺のところに長期滞在してもいいかと言ってきたが、彼女の手前いいよとは言えない。そこで、京都に来るのではなくレンタカーを借りて一緒にいろいろと旅することにした。彼女があんまり妹のことを理解してくれなかったせいでもあるが、とりあえず彼女には「実家に帰る」と言っておくことにして、妹と四泊五日で旅に出た。京都でレンタカーを借りると見つかるリスクがあるので、新大阪で妹と合流してからレンタカーを借りた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年4月18日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【恐怖】ロリコン男【体験実話】

<>841:恋人は名無しさん:2007/10/01(月)00:24:44ID:NibIAvS10<>
本スレのロリコンで思い出した。

知人のロリコン男が数年前、逮捕されました。
ロリっぽいとは思っていたけれど、まさか本当に幼女に手を出すとは誰も思っておらず
周囲は腰を抜かさんばかりに驚きました。
逮捕された男は30代前半の未婚、当時は女子高校生と交際していたのです。
「女子高校生と交際していたら逮捕…?」
ちょっと信じられませんでした。
三十路男が女子高校生と交際ってのはアレだけれど、とりあえず結婚できる年齢には達しているし
それだけで逮捕されるなんて、なんか変だと思ったからです。

彼女の同級生に無理矢理手を出していたんじゃないだろうか?
いや、売春させていたとか、高校生を買春していたのかな?
色々とエスパーした私たちですが、真実を聞いて呆然。

体験実話集関連タグ

||

2014年4月18日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【近親相姦】小4妹【体験実話】

俺は3年程前から少女が好きになってしまった。
ロリコンといわれるやつだ。
小さな子に性的興奮を覚えるなんて最低だと思っていたのに・・・。
特に興奮するのが小学4年から小学6年までの少女。
なぜだか知らないがその辺りの少女の事を考えると
下半身が疼いてしょうがない。
街などですれ違うたび、いやらしい目で見てしまう。

そうそして、気がつけば俺の妹も小学4年生になっていた。
妹になんの感情も抱いていなかったのに、小学4年なんだときずいたとき。
意識するようになってしまった。
何気ない日常のいつもの風景。家の中だと安心してスカートから丸見えのパンツ。
横目で妹の股間を凝視する。
縦に食い込んだ割れ目が興奮を一気に上昇させる。
きずかれないようにズボンの上からおちんちんをさする。

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年4月17日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【修羅場】「ヤッたけど、イってないからヤッてない!!即ち浮気じゃない!!」【体験実話】

<>7471New!2007/11/18(日)04:30:44ID:mBckZ+Xd0<>
今日彼氏と別れてカップル板を卒業になったので記念投下。
その彼氏との話はまー彼の普通の浮気ですがww
私の過去最大の修羅場をひとつ。

私19歳(当時大学生)
彼19歳(同じ大学・学科)
浮気子15歳(高校1年生)
友男19歳(彼の地元友達)

大学で彼と知り合ったのは入学してからすぐ。
入学したてで友達作りに奔走していた時期。
仲良くなった友達と8人ぐらいで校舎の入り口から出ようとすると、
そこを男の子の集団で地べたに座りながら談笑しているDQN達。
「うざっ」と思いながら通りすがったその集団。

体験実話集関連タグ

|||||

2014年4月17日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【恐怖】誰かの復讐の物語 中編【体験実話】

【箱】と呼ばれる建物に幽閉された七人の男女。
首には謎の首輪。
脱出するためにはそれぞれの機械に記された【枷】と呼ばれる条件をクリアするしかない。

—————————–
誰かの復讐の物語 前編の続きです
未読の方は先にコチラ()をどうぞ
—————————–
各プレイヤーの【枷】について

 【悪】
「特に無し」
自分の機械を他の機械に偽装できる。首輪はしているだけで作動することはないし、いつでも外すことが出来る。

 【偽善】

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年4月16日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【近親相姦】友達の妹と生中出しした【体験実話】

俺が中3の頃、受験勉強する気になれない夏休みに友達のユウスケの家に遊びに行った。
夏休みに限らず毎日のようにお邪魔して、俺の家に来るのはたまにで専らユウスケの家で遊んでいた。

理由はユウスケのは結構裕福な家庭でマンション住まいだが他にお金を使っていた(車とかブランド品)
それに「最新のゲームで気になるものはとりあえず買う」という贅沢な暮らしをしているからこそ、よくお邪魔していたのだ。

で、その3年の夏休みの日に親には勉強会と嘘をついて今日も家に遊びに行った。
ピンポーンピンポーン
俺は挨拶なしに玄関扉を開ける
2回連続が俺の合図。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年4月15日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】久々に再会した妹【体験実話】

俺(21)は現在
母親と、知的障害者の弟(17)と、
それから、俺とは八つも歳の離れた中1の妹(13)と実家暮らしをしている。

父親はどうしたっていうと…

俺の家庭は昔、
両親が離婚して親権争いがあったんよ。

んで、やっぱり親権争いをめぐる裁判ってのは、母親が有利らしい。
で、当時7歳の弟と、当時3歳だった妹の親権は母親のもんになった。

けど、当時11歳だった俺はお父さんっ子だったから、
調査員みたいな人に「お父さんと暮らしたい」って言ったわけ。
で、その結果、俺の親権は父親のもんになった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月14日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】寝とられ?【体験実話】

昔あった寝取られ?に近い体験です。

自分:21歳、大学3年生、塾講師のバイト、身長169cm
麻美:17歳、高2、小柄151cmのロリ系
先輩講師:23歳、医学生、身長185cm

当時、英語を担当していた麻美から告白を受けて1年ほど付き合っており、キス~エッチまで全て自分が初めての相手でした。
麻美は、講師飲みの際のありきたりな話題「塾内で誰がかわいいと思うか?」等の時に結構名前が挙がっており、それを聞く度に「その子、実は俺と付き合ってるんですよ」と少し優越感に浸っている自分がいました。

そんな最中、塾終りに3人の講師仲間で飲みに行った時のこと。
先輩講師の人が俄かに信じがたいことを話し始めました…。

先輩「程よく酔ってきたところで、爆弾投入しようか?(笑)」
僕ら「爆弾?…ですか?」
先輩「言っておくけど、お前らにだけしか話さない…というより話せないから他の人には絶対内緒だぞ!」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年4月14日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】姉ちゃんとやったー!【体験実話】

ついに、やりました!
うちの姉ちゃんは、OLで23歳。
俺は高校で17歳です。
姉ちゃんは背が150センチくらいのロリ系。
1年くらい前から、姉ちゃんと一回Hしたいなと思い始めて、親には内緒でたまに姉ちゃんの部屋に行っては、表向きは勉強を教わるという風にして、
姉ちゃんに一回経験させて!とお願いしつづけていたんです。
俺自身も、多分結局OKもらえないだろうなと思っていたんだけど、この前突然、俺の部屋に来て、1回だけならいいわよ、ってOKが出ました。
多分、会社でいやな事があったのか?彼氏とけんかしたのか?らしいけど、ラッキーでした。
日曜日の朝から、親には買い物に行くと言って二人別々に家を出て、駅前で待ち合わせして、ちょっと歩いた先のホテルに行きました。
俺は、部屋では結構どきどきして何からしていいのか?おろおろしていたんだけど、姉ちゃんが優しくリードしてくれました。
俺が先にシャワーを浴びてベッドで待っていると、姉貴がシャワーを浴びてバスタオル一枚で戻ってきます。
電気は消す事。キスはしない事。俺から攻めない事、などを条件にまずは、姉貴の手こきで、大きくなってゴムを装着されて、、、真っ暗の部屋の中、姉貴が上に乗って挿入しました。
俺は一回目はあっという間にいってしまい、姉ちゃんに
「もー!」
って言われ

体験実話集関連タグ

||||||

2014年4月14日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】妻と若い男の情事(歳の差16歳)【体験実話】

自分はいわゆる「妻に他人棒」という欲望が数年前から湧き上がってきていて、昨年の1回だけですが一応成功しました。
凛太郎(仮名・21)という男の子がいて、彼は私たち夫婦が住む某市内の簿記専門学校に通うために、2年ほどに隣県から来て一人暮らししています。
市が定期的に開催する市民交流の場で、1年半ほど前に私たちと知り合い、それからはそこでよく出会うようになりました。
妻(37)は短大生時代に取得した簿記1級を活かし今でもOLをしていますが、凛太郎が簿記合格を目指しているということで、たまに夕食を兼ねて自宅に呼んでは簿記の問題を解いて教えたりもしていました。
凛太郎も解らない箇所があれば直ぐに電話してくるようになりました。
解らなければ学校で講師に聞けば?そのために学校に通ってるんじゃないの?なんて思ったりもしましたが、凛太郎もまんざら妻に会いたかったのだと思います。
妻は妻で、自分に頼ってくる今風の可愛いカッコいい凛太郎がとってもお気に入りでした。
「そんな先生の教え方じゃダメよ、あたしに聞いてね!!」なんてよく言ってましたので。
その甲斐あってか、まずは2級に合格しました。
ある日、凛太郎が、「お世話になってるし、合格もしたのでお二人にお礼がしたいです。」と言ってきたので、自分はこれを利用出来るかも!!とすぐに考えました。
自分は、妻に内緒で、先に男同士でお祝いだと凛太郎を誘い居酒屋へ行き、彼を結構酔わせて胸の内を聞き出すと、案の定、妻が気になって仕方ない、結婚するなら奥さんみたいな女性がいいです、などと勝手に熱く語り始めました。
「妻みたいな女性か・・・。例えばだけど、シテみたいとか思ったことある?」と聞くと、照れながら「奥さんとですか!?う~ん、無いと言ったらウソになりますけど…少し思いましたよ、だって美人だし大人の女性の色気があるから…アハッ」と誘導尋問に段々と引っ掛かってきました。
そこでズバリ、「口説いてみる?もし嫁がOKしたら一晩限りということで。」と切り出し、「奥さんに叱られそうだし、嫌われそうだけど…、好きって言われて嫌な女性はいないですかね!!」と無理やり言わせました。
そして、あらかじめ紙にメモっておいた手順をバッグから出して凛太郎に見せました。
◎お礼したいと2人を食事に誘うが、自分は直前に出張で行けなくなる。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月11日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

このページの先頭へ