【寝取られ】彼女に浮気されてトラウマが性癖に変わるまでの話【体験実話】

当時のスペック
俺 大学生
  21歳
  178cm 63kg
  高島彩と結婚したゆずの人にそっくり らしい
彼女 大学生
   21歳
   150後半 体重知らん
   細身 わりと美人
当時俺と彼女は別々のアパートで一人暮らしをしてた。
俺は普通のアパート。彼女は大学の近くにある学生専用アパートに住んでた。
お約束通り、というか俺は大学の近くにある彼女のアパートの利便性により毎日のように入り浸り、
半同棲のような状態になっていた。
彼女は決してヤリ万ではないし、人前で下ネタを言うような下品な女ではなかったが、
顔の良さと明るい性格で男女問わず友人が多かった。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2013年3月31日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【恐怖】ヨハネスブルグのガイドライン 【体験実話】

2:新テンプレバージョン:2005/04/06(水)21:58:05ID:P6bvY88d0
・軍人上がりの8人なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の20人に襲われた
・ユースから徒歩1分の路上で白人が頭から血を流して倒れていた
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると死体が転がっていた
・腕時計をした旅行者が襲撃され、目が覚めたら手首が切り落とされていた
・車で旅行者に突っ込んで倒れた、というか轢いた後から荷物とかを強奪する
・宿が強盗に襲撃され、女も「男も」全員レイプされた
・タクシーからショッピングセンターまでの10mの間に強盗に襲われた。
・バスに乗れば安全だろうと思ったら、バスの乗客が全員強盗だった
・女性の1/3がレイプ経験者。しかも処女交配がHIVを治すという都市伝説から「赤子ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行った旅行者が5分後血まみれで戻ってきた
・「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った旅行者が靴と服を盗まれ下着で戻ってきた
・最近流行っている犯罪は「石強盗」 石を手に持って旅行者に殴りかかるから
・中心駅から半径200mは強盗にあう確率が150%。一度襲われてまた教われる確率が50%の意味
・ヨハネスブルグにおける殺人事件による死亡者は1日平均120人、うち約20人が外国人旅行者。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2013年3月29日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【恐怖】えびすよしかず恐怖伝説 【体験実話】

1名前:名無しでいいとも!投稿日:2000/12/19(火)23:05
みうらじゅんとえびすよしかずの会話(実話)

みうら「うち、子供が生まれたよ。」
えびす「赤ん坊はですね、頭のてっぺんが柔らかい
    から、親指でギューと押すと中まで入りま
    すよ(笑)。」
みうら「・・・・・・」

あなたの知っている、えびすさんの恐い話を教えて
下さい。

2名前:名無しでいいとも!投稿日:2000/12/20(水)00:07

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年3月25日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【人妻】上司に無理やり【体験実話】

26歳の会社員です。私は,結婚していて夫がいます。でも,いつも,男の人たちは,私が結婚していることを知っていて誘おうとします。「人妻」というのは,一つのブランドなのですか?男の人たちは,若い子が好きだと思っていましたが,「人妻」というのは後腐れなく遊べるという,そんな気楽さの対象なのですか?
私は,上司に犯されました。部長は,私が結婚しているのを知っていて,私に関係を迫り,犯したのです。
私は,仕事で新しいプランを提出することになっていました。自分が中心になるのは初めてで不安だらけだったときに,その隙をつかれたのです。わらにもすがる思いだった私は,「相談に乗る」という声に,疑いもなく出かけ,そして犯されてしまいました。最初は,きちんと仕事の話をしていたのです。でも,部長は必要以上に私の身体に触れだんだん妙な動きをするようになりました。そのイヤらしい動きに,私が堪えきれなくなって立ち上がってお茶をいれようとしたとき,私は後ろから抱きすくめられていました。
私は悲鳴を上げました。でも,抵抗しようにも腕も動かせず,身体をねじろうと暴れてみても部長の腕に私の身体はしっかりと抱きしめられていました。そして部長は,「仕事,上手くいきたいんだろ。絶対上手くいくようにしてやるぞ」と言ったのです。
「俺の力がいるな。この書類を完璧にして,口添えしてやってもいいんだぞ」私は,その言葉の意味を理解したとき,一瞬迷ってしまったのです。どうしよう・・・こんなのいやっ・・でも・・・私は,本気で抵抗することが出来なくなっていました。見透かしたように,部長は私の耳を舐め始めました。手は服の中に入ってきて,ブラの上から胸を揉み始めました。
気持ち悪い・・・私は総毛立つ思いでした。ひたすら嫌悪感に堪えるのに懸命でした。部長の手が,身体中を這い回りました。首の周り,胸,脚・・・その間,部長の舌は私の耳や首をなぶり続け,私はジットリと汗ばんでいました。服を脱がされ,ブラのカップを剥かれました。とうとう露出させられた私の乳首。あぁ・・・見られてしまった・・そうショックになったのもつかの間,部長の口に乳首を含まれていました。口の中で,乳首の先にチロチロと舌が這い回るのが分かりました。
「んんぅっ!いやっ,いやっ!」叫んで,部長の顔を両手で引き剥がそうとしましたが,私の背中にまで手を回して,強く抱きしめられてしまうと,どうしようもありません。抱きしめられて,胸を舐められるがままになるしかありませんでした。私は・・・乳首がとても弱いのです。自分が弱いと分かっているところを,長い時間愛撫され続けるのは,この場合とても残酷でした。私は,濡れてきていました。左右の胸に,代わる代わる舌が巻き付いてきます。舌が乳首の周辺を這い回り,頂上の部分を突つかれ,唇で吸われると,アソコがジーンとしてくるのです。今まで,夫で覚えた性感が恨めしくなりました。
舌に乳首を転がされると,身体がピクンと反応してしまいます。身体に刺激を受けて,Hな気分が少しずつ,無理矢理高められていくのです。「あっあっ,ああぁっ」いつの間にか,イヤらしい声が出ていました。部長の手が,スカートの中に入ってきて,指をショーツの上からアソコに押しつけました。「いやっ!やめてっ!」身体をひねって抵抗しようとしましたが,指は簡単にアソコの溝の部分を探りつけ,グネグネと動いてきました。ヌチュッという音がしました。
「濡れているぞ。ユミ。そんなにイイのか」勝ち誇ったように私の顔をのぞき込んで,更にアソコをなぶってきます。ショーツの中に手が入ってきました。一瞬,私は身震いしました。ゾクゾクッとしたものが,身体に伝わってきたのです。
あぁっ・・だめっ・・感じてしまうっ・・身体をこわばらせて,感じないように頑張るのですが,部長の指はそんな私をあざ笑うかのように感じるポイントをソフトに探り,刺激してくるのです。私の,アソコの肉をかき分けて指は動き,かきまぜ,出し入れし,小刻みに震わせ,私の性感をいとも簡単に呼び起こして,更に高みに押しやるのです。私の頑張りも,もう限界でした。私は,部長の肩を掴み,握りしめ,悶えていました。「あっ,あっ,あっ」淫らに声が漏れるのも,我慢できなくなっていました。
部長は,私からショーツを抜き去りました。「ほーら,これがユミのアソコだ」そう言って部長は,私の脚を大きく広げ,アソコにむしゃぶりついてきました。唇が強く押しつけられ,温かい舌が私の部分を割って入って来るのを感じました。何という快感。強く脚を固定され,激しく舌が私の身体の中を掻き回します。
「ああぁぁぁーっ,あ,あぁぁっ」私は,かん高く自分でも恥ずかしくなるくらいの声で喘いでいました。どんどんHな声になっていくのが止められませんでした。部長の舌は敏感な部分をも探り当て,そこを押しつぶし,吸い付き,私は気も狂わんばかりの声を出していました。
もう,いきそう・・・いきそう・・・いってしまう!!そう思う間もなく,私はあっという間にイッてしまいました。でも,部長はやめてくれません。私の身体を徹底して探るように,奥へ奥へと舌を伸ばして入れ込んで,中を動き回り,やはり舌を激しく出し入れするのです。
今イッたばかりというのに,私のアソコはすっかり変になっていました。私はすぐに,部長から与えられる快感の波に飲み込まれてしまっていました。頭を振り,身体を,腰をくねらせ,淫らに声を出してヨガっていました。抵抗などとうに忘れていました。舐められれば舐められるだけ,私のアソコは際限がないかのように濡れていくのです。「いいぞ。ユミ。お前の反応は最高だ」部長に恥ずかしくなることを言われ,ピチャピチャと音を立てて吸いたてられ,そうして,また強烈な感覚が襲ってきて,叫びながらイッてしまいました。
30分から1時間ほどもクンニされ続けたと思います。何度,部長の舌でイカされたかわかりません。頭はボーッとして,何も考えられず,放心状態でした。ただ,身体が時折,ピクッ,ピクッと痙攣するのを感じていました。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2013年3月20日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【泣ける】【鬱】犯された彼女 【体験実話】

142えっちな21禁さんsageNew!04/04/0300:24ID:OyO7MgiD
実話で少し暗いけど
心に余裕ができたんでちょっと俺も書いていい?

143えっちな21禁さん返事がないので書きます。New!04/04/0300:29ID:OyO7MgiD
もう2年も昔の話だけど、今でも大きな傷になっている。
このスレの住民の期待に添えるような彼女が望んで・・・って話じゃなくて
所謂、『レイプ』って奴だった。

144えっちな21禁さんsageNew!04/04/0300:29ID:OyO7MgiD

高校生だった俺らは
あとちょっとで大学受験って事で勉強の為にも学校以外で会わない事にしてた。
「じゃあね、また明日学校で。」
「うん。」

体験実話集関連タグ

|||

2013年3月15日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【寝取られ】友達の前でバレないようにするセックスって興奮するらしいぞ【体験実話】

241 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/12/03(木) 19:42:37 ID:WabpAkhB
かなり年下の彼女の同級の友達。彼女の両親は仕事場に寝泊まりする事が多く、時々彼女の自宅に泊まってた。ある日、彼女が「今夜のデートに友達も連れて行っていい?」と聞いてきた。散々やりまくり、デートだからっていちゃいちゃする事もなかったから承諾した。未成年の彼女と友達に飯を食わせ、バーに行き大人の雰囲気を味わわせてやった。彼女にしてみたら彼氏のいない友達に対して見栄を張ったんだろうから気まぐれで合わせてやっただけなんだが。流れで彼女の自宅に戻りしゃべっていたが友達が寝始めた。ふとイタズラ心から灯りを落とし彼女を抱き寄せ愛撫。「ダメぇ友達が起きちゃう…」「大丈夫、おまえが声を出さなきゃいいだけさ」

242 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/12/03(木) 20:07:13 ID:WabpAkhB
大抵のプレイはやってきた彼女だが、そばに彼女の友達が寝ている状況…なかなか興奮する。背後から抱きすくめ脇の下から手を伸ばしミニスカの中に。「おい、もう濡れてるじゃないか」更にクリをいじり倒しビチャビチャに濡らした。彼女を前のめりに押し倒しパンツを下ろし一気に挿入。1m先には友達が寝て…いない。腰がモジモジ動いてやがるw途端に彼女に対して興味が失せた。いつも通り奥まで突きながらクリをいじると彼女は連続で逝った。彼女は逝くと熟睡するから部屋の角のソファへ抱き上げ寝かしつけた。30分位して彼女が寝たのを確認、彼女の友達のそばに座った。

243 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/12/03(木) 20:16:13 ID:WabpAkhB
まだ逝っていない俺は下半身丸出し。明らかにたぬき寝入りの友達に手を伸ばす。いきなりスカートの中へ手を。パンツが透けるくらい濡れてやがるwパンツをずらしマンコをいじる。相変わらず寝た振り、ならば…パンツを下ろし真っ赤なクリにむしゃぶりついた。「あっ、いや、やめ…」俺はクンニを止めキスした。「静かに。彼女が起きちまう」友達は小さく頷いた。再度キスしながらギンギンに勃起したチンポをあてがい一気に挿入した。「声出すなよ」

244 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/12/04(金) 12:42:02 ID:lcFPbAqp
さて続きを�C

245 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/12/04(金) 13:17:20 ID:Gc5kwH8i
�C

体験実話集関連タグ

|||||||||

2013年3月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】萌え妹日記 【体験実話】

288名前:えっちな21禁さん投稿日:03/11/1416:33ID:drU8qWIm
昨日脱衣所にやたらにカラフルなブラジャーと百均で売ってるようなT字カミソリが放置してあった。
上の妹(13)だろうと思って届けにいったら、ブラは下の妹(9)のだと言われた。
最近の小学生って……_| ̄|○

届けに行ったついでにからかったら、オパーイ見せてくれた。
俺「お前さー、そんなぺったんこなのに、ブラする必要あんのかよー」
妹「うっさいなー!ちゃんとあるよっ。」
俺「(´,_ゝ`)プッあんまり早くからブラすると、貧乳になるぞ」
妹「うそっ!?」
俺「(´,_ゝ`)プッ 第一、人に見せれるぐらいもないのに…マセてんなぁ」
妹「あ、あるもんっ」
 ばっ
俺「(゚Д゚)ポカーン」
妹「きゃっ!出てけっヘンタイっ!」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年3月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】久々に再会した妹(中1)とセ◯クスした【体験実話】

俺(21)は現在
母親と、知的障害者の弟(17)と、
それから、俺とは八つも歳の離れた中1の妹(13)と実家暮らしをしている。
父親はどうしたっていうと…
俺の家庭は昔、
両親が離婚して親権争いがあったんよ。
んで、やっぱり親権争いをめぐる裁判ってのは、母親が有利らしい。
で、当時7歳の弟と、当時3歳だった妹の親権は母親のもんになった。
けど、当時11歳だった俺はお父さんっ子だったから、
調査員みたいな人に「お父さんと暮らしたい」って言ったわけ。
で、その結果、俺の親権は父親のもんになった。
(母親は敏腕弁護士雇って、必死に俺の親権主張してたけど、やっぱり子供本人の意志が尊重されたようだな…)
で、そっから俺と弟と妹はそれぞれの親のもと、別々で暮らすことんなった。
両親はホント仲が悪かったから、
離婚してからも、俺に弟と妹に会わせる機会を与えてくれなかった……

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2013年2月26日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話
86 / 86« 先頭...102030...8283848586

このページの先頭へ