【浮気・不倫】居酒屋の奥さん【体験実話】

少しジャンル違いかなと思うんだが
大きな心で許してくれ。

汚ねぇ田舎の居酒屋。今だったら許されない程に皆飲んで
車で帰ってた。その当時学生で田舎学校の為
寮生活も退屈になり、地元バイトでその居酒屋でバイトしてた。

学校の友達も飲みに来てくれたし、店主も少し売り上げが
上がるって喜んでた。店の女将さんはまだ若くて当時の俺よりも
5歳上位のお姉さん気質の綺麗な人妻。

そんな女将と店主夫婦は仲良くてイチャイチャ系の話や
出会った頃の若々しい話等をよく俺にしてくれて
「早く結婚しろよー」なんて笑いながら客のはけた店で
3人で飲んだりしていた。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2014年4月5日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】温泉旅行でパートナー交換【体験実話】

<>473名前:えっちな18禁さん投稿日:2012/03/22(木)15:54:09.65ID:Fvyqgl/Y0<>

他の皆様のとは少し毛色が違うかもしれないけど今年の冬に友達と遊んだ話を投下してみます。

まず概要。
俺には最初は仕事関係で知り合って親友と呼べる位に良く遊ぶようになった友達がいる。
俺A,友達Bとするけど、Bとは大人になってから友達になったにしては凄く子供の頃のような友人関係になった。
Bは俺より年下だけど趣味が合うっていうか中学生同士の男友達みたいな雰囲気になれる奴だった。
外見は俺:(ハゲを隠す為の短髪で)ガチムチ B:嵐にでもいそうな感じの先の細い爽やかイケメン
バカっぽいことを同じノリでやれる奴で、例えばどこかに遊びに行った時にビルとかにいる受付のお姉さんを見かけて
「左から3番目だろ。」
「一番右じゃないっすか。」
「ええ〜マジかよ。」
とか別にナンパする訳でもなくそんな馬鹿話をして
「おい受付のお姉さんこっち見てるって。」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月5日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【修羅場】彼女が襲われた・・・悔しいから復讐した話をする【体験実話】

彼女が襲われた・・・悔しいから復讐した話をする

<>1:名も無きひじき:2012/02/22(水)14:45:33.01ID:WtL4iOJq0<>

10年以上前の話。
特定はされないと思うけど、知り合いネラーいるからばれたらいやなので少しだけ時効系はずらします。
ようやく復讐がおわって整理できたので書く。

<>2:名も無きひじき:2012/02/22(水)14:45:49.14ID:WtL4iOJq0<>

当時のスペック
俺 男 25歳
彼女 女 23歳

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年4月5日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【浮気・不倫】知り合った美人妻にこっそり中出し【体験実話】

現在、妻子持ちです。

独身時代の中出し体験を報告します。

当時、よく《暇女アポ掲示板》でセックスしまくっていた。

この日も昼から暇女アポ掲示板に投稿後、好みのタイプと体型を条件に登録し、女性のメールを待っていた。

当時は会員数も多かったので、投稿すると30分ぐらいでアポが決まる事が多かった。

地元の某喫茶店で待つ事30分。

目のクリっとした、とても可愛くスタイルのいい女性が登場。

ちょっとお洒落なワンピースに網模様のストックングで美脚。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年4月4日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【寝取られ】私の目の前で、嫁と部下が夫婦生活をした【体験実話】

私には、12歳も年下の嫁がいる。
嫁は38歳で、息子が二人もいるのだが、若々しくて美人だと思う。
夫のひいき目かもしれないが、仲間由紀恵によく似た雰囲気の嫁は、実際いまだに町でナンパをされることもあるそうだ。

二人の息子が家を出て、二人きりの生活に戻ると、夜の生活が飛躍的に増えた。
子供達と同居していた時は、母親の気持ちが強かったのが、同居しなくなったことで解き放たれ、女に戻ったようだ。
由紀恵の方から誘ってきてくれることが多く、男としてとても幸せで誇らしかったのだが、週に2度3度となると、中折れすることが多くなり、期待に応えられなくなっていた。

由紀恵は、セクシーな下着を着たり、大人のおもちゃを買ってきて、私に使わせてくれたり、とにかく工夫をしてくれた。

だが、歳には勝てず、中折れは避けられなくなっていた。
中折れしないように、早く動くとすぐにイッてしまうし、悪循環だった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年4月4日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】結婚を意識したMの彼女は他の男(複数あり)とヤリまくっていた【体験実話】

<人物>
俺当時23歳、現在27歳。
元彼女…ここではAとします。当時23歳。
身長160cmくらい。体系・普通、胸C。
顔・白石ひより激似。(別れてからこのAV嬢知ったんだが本人かと思った。声まで一緒。)
髪型・肩に少し掛かるくらいのストレ−ト。黒髪。
まずは馴れ初めから。
Aと知り合ったのは12月初めキャバクラで。友人数人と行ったんだがラスト1タイムで俺につき意気投合、見た目は全然ケバく無く色白美人でかなり天然系で天然好きな俺としては
ど真ん中ストライクで即行メルアド交換してその日は帰った。それから何度か連絡取り合ったが営業行為は全く無く、気取ったところも無くておしとやかな凄く感じの良い子。
店にも出会いの一回のみでそれから行っていない。
本人曰くそこで働いてる友人に1週間だけ手伝いに来てと言われ、前の昼の仕事をやめたばかりだったので
繋ぎのバイト感覚で始めてそのままなんとなく働いてるだけだから売り上げなんかはどうでもいいとのこと。
当たりくじ引いたぜ、とその時は思った…
出会ってから1週間で居酒屋に飲みに行った。Aの普段着は黒のVニットに黒デニム、スウェード調のパンプスでクールな感じのお洒落さんって印象。
飲み始めたら酒が弱いらしくカクテル1杯でほろ酔い状態、しかもVニットの胸元からピンク色のセクシー系ブラと透き通るような白い肌、Cカップの胸の谷間が見えて天然キャラとのギャップに

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年4月3日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】2年前の9月のある夜【体験実話】

あの忌まわしい事件から2年が経とうとしている。
ちょうど9月の半ばだったか夜の8時過ぎに高校生の子供からクラブ活動が遅くなったのと小雨が降ってきたので学校まで迎えに来てほしいと電話があった。
俺はビールを数本飲んでたので妻が迎えに出かけた。
「またそんな格好で出ていくのか。」
と言った記憶がある。
妻はちょっと出かける程度の時は面倒だからとブラを着けずに出かける。
冬は上着を引っ掛けるからいいが今の時季だとそのまんまTシャツとかで出かけるので乳首がポツッと目立つ。
たしかEかFカップの巨乳なのだが垂れてきてるので少し低い位置にポツポツッと出ている。
「すぐに帰るし車から降りないから大丈夫よ。」
そう言い残して出かけた。
妻は40歳で顔は良いほうだと思うが少し小太りな体型だ。
(まぁこんなおばさんの垂れたおっぱいや黒い乳首なんて誰も見たくないやろ)とそのままソファーから見送った。
半時間ほど経った頃だったか子供からまだ来ないと電話があった。
自宅から子供のいる高校まで15分か20分もあれば十分に着くはずだ。
その時、嫌な予感がした。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年4月3日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】元トラック運転手妻の過去【体験実話】

 数年前子供ができるまで長距離トラックの運転手をしていた私の妻は本当にHが好きで帰ってくると
必ずと言っていいほど毎度しました。
そんなある日、夜中に突然携帯に電話がかかってきました。
何事かと思い、見てみると妻からでした。電話に出ると電話の向こう側から
「あ〜ん、あなたぁ〜ご、ごめんなさぁん・・・・いんぅ」
どこか猫なで声だけど、確かに妻の声が聞こえました。
「どうした!なにがあったんだ!」
私が懸命に聞いても「あ〜ん」だととか「もう、だめ〜」と言う声しか聞こえません。
一旦電話の向こうが静かになったかと思うと、聞いたことがない男の声が聞こえてきました。
「どうもすいません。旦那さんですか?」
「は、はい」
「今、奥さんちょっと酔っ払ってるんですよ〜。私たちのチ〇ポに」
思いもかけない単語が耳に入ってきた。
とても信じられませんでした。
「はぁ?」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2014年4月3日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】中学生に寝取られた_10【体験実話】

 ドアの開閉する音に、朱美は浅い眠りを覚まされた。邦夫が洗面器とタオル、ミネラルウォーターを手に立っている。
「……あ、ごめんなさい。いつの間にか寝ちゃったわ」
 朱美たちは睦み合ったまま寝てしまったのだ。すでに日付は変わり、カーテン越しにも日の出が近いことがわかる。
 洗面器を置いた邦夫は、Tシャツとトランクスを脱ぎながらぼそりと言った。
「雄太が九回で、康二が十一回だ」
「え?」
「あいつらがいった回数だよ。で、あんたは七、八回ってとこか? 演技でなきゃな」
「か、数えてたの?」
「ああ、ずっと見てた。結局、成功しなかったな」
「ええ、三人同時は難しいわ……」
「それとそうと、ザーメン臭いぞ。さっさと洗えよ」
 邦夫は面倒臭そうに言って、いすに腰かけた。
「え? あ、ありがとう……」
 朱美はベッドから降りて、荒淫の跡も生々しい体を拭き清め始めた。濡れタオルで腕や脚を拭うふりをしながら、こっそり膣や直腸に指を入れて、中にこびりついた精液を掻き出す。
「く、邦夫くん。どうして四人一緒にこだわるの?」

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年4月2日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【泣ける】ドラクエで薬草持ってる敵いるだろ?【体験実話】

<>1名前:愛のVIP戦士投稿日:2007/02/08(木)19:05:16.93ID:L8h20YvI0<>
もしかしてあいつら怪我した息子のところに急いで持っていってるんじゃね?

<>4名前:愛のVIP戦士投稿日:2007/02/08(木)19:05:49.79ID:KWiQBIKi0<>
!!!!!!!!!!!!

<>5名前:愛のVIP戦士投稿日:2007/02/08(木)19:05:55.74ID:4mX28jr80<>
感動的ストーリー

<>6名前:愛のVIP戦士投稿日:2007/02/08(木)19:07:03.28ID:HsHIpi4bO<>
1の想像力の豊かさに乾杯。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年4月2日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

このページの先頭へ