【寝取られ】侵姦コンパ【体験実話】

「あぁっ、ぁんっ、ぁぁあぁぁあっ」
「マジでカワイイな、オマエ。反応もイイしよ。今年の新入生初めてのアタリだぜ」
「はぁっ、ぁあぁんっ、ぁはぁぁあっ」
――ナンダ、コレハ。
酩酊した脳が、突然の状況に明確な答えを弾き出せない。まるで電池の切れかけた電卓の様に、バラバラの思考が脳内に浮かんでは消える

聞こえて来る声。その持ち主は間違える筈もない、僕の彼女。今時の学生にしては珍しい黒髪ロングの、僕の彼女。一緒の大学を目指して
頑張って合格した、僕の彼女。今日も新歓コンパに一緒に参加した、僕の彼女。
周りの友人からも羨ましがられる清純派の――そうだ、僕の彼女だ。
「あーヤベ、きもちイイ」
「はぁぁあんっ、ダメっ、激しいですセンパイっ」
セン、パイ?
――おい。おかしいだろ?なんでセンパイ、いや、コイツは僕の彼女とセックスをしてるんだ!?おかしいだろ!!
レイプか?だとすれば、いや、だとしなくても絶対に許さない。センパイであっても関係ない。僕はコイツは許さない。コイツをボコボコ
に殴って、彼女を――

体験実話集関連タグ

||||

2014年6月18日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】初めてです。主人以外と【体験実話】

私35歳の普通の主婦です。主婦業11年で子供も2人います。主人は8歳年上ですが、優しく普通の夫婦だと思います。夜も主人ペースですが、頻繁な方だと思います。
そんな主婦ですが、この9月に浮気してしまいました。し始めてしまいました。最初は無理矢理な感じでしたが。
 相手の方は、家がとても近くで、下の娘が同じの幼稚園の子のパパ(ユウちゃん)です。ユウちゃんは、もう年少組のときからの知り合いで、もう2年、一緒に送り迎えをしてる仲なので、ほんとに気軽に話せる仲なのです。家族ぐるみの付き合いです。だから、ユウちゃんにされるとは、思いもよらなかった。ただ、私も容姿にはまだまだ自身ありで、ジムのプールでは、ちょっぴり優越感なくらいです。ユウちゃんは、1つ年下で背が高く細身な感じで、幼稚園ママのなかではイケメンパパで噂されてます。だから私もユウちゃんと仲の良いことも、優越感に浸っていたのは事実です。
ユウちゃんは、もう何度も幼稚園へ送った帰りに、うちで、お茶してました。当然、他のママさん友達も、一緒の時も多かったです。ただ、彼とは、とても気が合いました。ユウちゃん宅は、奥様が公務員で、彼は、旧家の花生産農家に婿に入ったそうです。今は、それほど大きくやらず、主に不動産収入だそうです。
 9月始めのその日も、幼稚園の送りの帰りに、いつも通り 「寄ってけば」て軽く誘い、いつも通り、うちのダイニングでアイスティーを前に、お喋りを聞いてもらってたと思います。その日、別に普段のTシャツにジーンズで、インナーも大した物でなく、逆に恥かしいぐらいのショーツでした。ユウちゃんは、キャミやスタンクトップや短パン姿も見てるのに、何でその日にって感じです。
 お喋りしながら、何かをしに椅子を立ち、テレビの前にきたときです。後ろから強い衝撃を受けました。それは地震でも起きたかと。それはユウちゃんが後ろから覆いかぶさってきたとは全く思わなかった。私は、何かあったか と誤解したぐらい、予知してない事でした。
状況を理解するのに、間があったと思います。「何、何・・・何!なに・・・」と私は声を出していたと思います。その口にユウちゃんの唇が押付けられて理解したと思います。顔を左右に振りながら、「何・何・何・・どうしたの?」って叫びながら。
ソファーに倒されながら、次にはカーペットの上に倒れていました。それでも、突然の事に「何・何・なに」と口にしてました。
ユウちゃんは、「好きです好きですアイさん」と連呼しながら、もうTシャツを捲り上げブラに手がありました。私も懸命に擦り起きようとしましたが、ビクともしません。ホントに一瞬でブラをズリ上げられ、白昼のリビングの明るさの下で、私の胸が半分あらわにされた。私は両手で胸を隠しながら「ダメダメ駄目!」と口にしていたと思います。スイッチが入ったユウちゃんは、ひるむことなく、両手で私の両腕を掴みました。私も必死であり、手は解けなかったので、ユウちゃんは、手を離しました。その時、私、暴力を振るわれる、顔を殴られる予感が頭を過ぎりました。
しかし、ユウちゃんは、「好きですアイさん」と顔を寄せてきたのです。それは、とても愛らしいスキンシップでした。私は「どうしたの?ユウちゃん」と口にしましたが、ユウちゃんは「好きです」と言いながら顔を摺り寄せてます。少し間があり、ユウちゃんも私も落ち着いた間を感じたと思います。
そして、私は起き上がろうとカーペットに手を着いたとき、彼の顔が私の胸へ移りました。強い刺激を感じました。ユウちゃんは私の胸をかぶりついてます。またユウちゃんにスイッチが入り、私の胸は完全に剥き出しに現れました。無我夢中で彼は、胸を口にしながら揉みくちゃにしてます。Tシャツは頭が抜けるところまで揚げられ、手は万歳の様な格好になり抵抗しにくくなってしまった。その為か手を袖から抜いてしまい私の上半身はブラが首のところにあるだけのレイプされている姿だったと思います。
私は「ダメ、やめて、やめて」と口にし、彼の頭を押し退けたりしていたと思います。足を折り曲げガードしていたと思います。さすがに必死な態度をとっていたと。ただ、私の頭の中は、意外に「どうしよう・どうなちゃうかな?」とユウちゃんより冷静に考えてる自分がいたと思います。口では「やめて!・駄目!」と言いながら、[しちゃうの?まずいでしょ・でも、彼なら・・いいかぁ?]なんて冷静にいる私がいたと思います。
           
彼の手はジーンズのボタンに。「ダメ!やめて!」と強く叫んだと思います。もうその時はブラは横に落ちていました。ユウちゃんのスイッチが、また切れた感じで優しく胸を口で愛撫するだけに。そして「好きです好きです」の連呼。私は「どうしたの?何かあったの?」などと説得めいた言い方をしながら、ユウちゃんの愛撫を受けていました。「私も好きだけど、こんなのまずいでしょ」と訳の分からなく話してました。彼は「好きです・アイさん」と口しながら胸を愛撫してます。それがしばらく続いたと。当然、驚きの中でも、子宮は少しずつ感じ始めていたと思います。
また、ジーンズのボタンに手が掛かり、「ダメダメ!やめて!」て叫んだと。一瞬でボタンが外されチャックが下ろされ両脇から、グィッと、ジーンズが膝までおろされました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年6月17日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】妹の寝込みを襲って1【体験実話】

俺が高校生の時、妹Sはまだ小学5年の時だった。
俺はSが遊びに行ってる間に部屋に行きSの下着などを持って自分の部屋に戻りSのパンツでオナニーをし手Sのパンツに射精してしまいそのまま元に戻して知らないふりしてることにしました。
そしてSが帰ってきて自分の部屋に向かって行き俺はばれないことを願いました。しかしSが俺の部屋に来て「お兄ちゃん私のパンツ触ったり汚さなかった?」と聞いてきたときには焦り「お前が自分で汚したんじゃないのか」と言うと「私汚してないもん」と反論された。その夜俺は寝付けなかったそしてSの部屋に行くとSはぐっすり寝ていたよく見ると夏なので布団は着てなく服もちょっと捲れていて俺はSに近づきSの服を捲り乳首を指で摘んだりして触っていると動きはあるものの起きる気配がなく俺は大胆にもSの乳首を舌で舐め始めると体を動かす仕草があり流石に起きたかと思ったが起きることはなく次に俺はSのパジャマのズボンを下ろすと可愛いパンツを履いていた俺はパンツの上からマン筋をなぞってみたが反応はあり起きなかった。今度パンツの上から舐めまわすとさすがに起きてしまい「お兄ちゃん何やってるの?」俺はとっさに「だまれ 声を上げると気付かれるだろ」と言うとSのパンツを下ろしにかかるとSに抵抗されたがもちろん力は俺のほうが上で無理矢理下ろすことに成功してSのマンコを見たのはSが小学2年ぐらいの時以来でした。
Sは泣き出し「やめてよもう嫌」俺はSに「俺はお前が好きだからこんなことするんだよ」と言ってしまった。

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年6月17日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】ピアノ講師にネット公開調教をされた、俺の小さな嫁レナ3【体験実話】

アメリカ旅行で知り合ったレナちゃんと、旅先で結ばれて、帰国後も付き合うことになった。
年の差や、レナちゃんの幼さなど、問題は多かったけど、ラブラブで良いカップルだと自負していた。

それが、ある動画サイトで、レナがピアノ講師のおっさんに公開調教されていることを知ってしまった。
初めは無理矢理だったのが、動画が新しくなるにつれて、レナも積極的に楽しんでいることまで知ってしまった、、、

おっさんへの復讐や制裁を考えているが、喧嘩すらしたことがないヘタレの俺に、何が出来るのだろう?

この前確認したアナルをやられた動画から、まだ何本かファイルがあるのだけど、もう我慢できずに震える手で一番新しい動画を再生した。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年6月17日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】母を眠らせて【体験実話】

今から5年前位の話です
僕は中学2年で母が40歳の時で 当時母は父と離婚の話を進めていて美容師の母は仕事でも家庭でも休む事が出来ずに頑張っている時でした
母は身長があって中肉で背中の真ん中位まで髪が長く美容師なので何時も綺麗にしていて街に出かけると周りのおじさんの視線が少し自慢でした 悪友には「お前のかあちゃんのパンツ見せろよ!」ってよくせがまれたりしてました
父は営業職で家を空ける時が多く母は「なかなか離婚の話が進まなくやんなっちゃう!」っと夕飯時に言っていました
ある日母の帰りが遅く23時位になっても帰らないので母の携帯に電話をしようか迷っていると ピンポン! っと玄関のチャイムが鳴りドアを開けると帽子をかぶったおじさんが立っていました よく見るとタクシーの運転手さんで「すみません!お客さんがここが家だと言っているんですが泥酔していてご家族の方か確認していただけますか?」っと言ってきたので車の中を見てみると母が後ろの席で窓に頭をもたれて寝ていました 「母に間違いないです」「申し訳ないが降ろすの手伝っていただけますか?」運転手と2人で泥酔している母を何とか玄関まで入れて料金を母のバックから財布だして支払い運転手さんに話を聞くと「繁華街で会社の同僚らしき人たちに酔いつぶれているからよろしく!」と家の当たりまで来て何とか母をおこしやっとここにたどり着いたとのことでした ドアを閉めて母を見ると薄いブルーのワンピースに肌色のストッキングを穿いた太ももが人の字みたいに横たわって見えて長い髪も顔にかかって真っ赤染まった頬だけ見えて僕は母と言うより肉の塊に見えてドキ!っとしました
「そんな所に寝てると風邪ひくよ!」「おきなよ!」っと話しかけても身体をゆざぶっても反応が無いので何とかリビングに引きずり込みソファーに寝かせました ソファーで寝ている母を上から眺めると女性にしてはデカイよな。。。友達の母親は太っていたりチビで歳相応に見えるのに母はとても40歳には見えないな。。。 今まで友達におまえの母親は美人だとかパンツ見せろとか言われてもピンとこなかったけど女として見てみると。。。「ねえねえ腹へったよ夕飯作らないならコンビニ行くよ!」っとわざと強めに母を揺さぶってみましたが「うん~」っと気持ち悪げに喘ぐだけでおきるようすが。。。前に友達が「おまえのかあちゃんいい匂いがするんだろうな~」って言われたの思い出して。。。母を調べる事にしました!
ソファーの前のテーブルをカーペットと一緒に引っ張り母の横たわる所にスペースを作り母の横に座り もう一度母を揺さぶりおきない事を確認してから母をしみじみ診始めました 肌色のストッキングを穿いた脚は針で刺せばパン!っという音で破裂するする位パンパンで寝ているからかなり太く診え脛は逆に骨っぽく見えて顔を近づけて診ると少し産毛がみえて脛にはもう少し濃い毛が数本生えていて「母も毛が脚に生えてるんだ!」っと当たり前だけどドキドキしました 手のひらで脚をそっと撫でると熱い位の体温と柔らかさに初めての女性の質感に僕の股間に血が集まり始めてもうそれだけで射精感が込み上げてきました ワンピースを少しづつたくし上げ太ももを全て露わにして今度は匂いを嗅いでみました つま先に鼻を近づけ嗅いでみると納豆みたいなすえた臭いにおもわず咽てしまいました 周りに綺麗だと言われる母もおやじの足みたいな臭いがする事にワクワクして今度は鼻の穴に親指が入る位近づけ臭いをかいでみるとここに寝ている母がやらしい身体をした女にしか見えなくなりました
気が付くとストッキングに唾液が滲み出る位母の脚を舐めまわしていました 足の指、脛、太もも。。。大胆になって行く自分が不思議で気づかれても酔って寝たから着替えたんだ!っと言い訳をすれば大丈夫だろうと思ってました
ワンピースを脱がそうと母の背中のファスナーを下し始めた時に玄関に音がして?父が帰ってきた!慌てて近くにあったひざ掛けを母に掛けて母から距離を取ってテレビの電源を入れて父を迎え入れました 「なんか酔いつぶれて寝てるんだ」っと父を誤魔化し後はよろしくと父に言って自分の部屋に行きました。。。
部屋で自慰をしながら後悔しました「もっと早く母の全てを診れば良かった。。。あんな酔って帰って来る事はめったに無いし!」
もう母の身体を悪戯しないと我慢できないと射精しなが強く思いました
翌日学校で友人に昨夜の出来事を話してみたら「オレに良い考えがあるから今日お前の家に遊びに行くよ!」っと言われました
続きはまた!

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年6月16日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】妻の噂話をするバイトの男たち 続き【体験実話】

妻は目の前に出された巨根を自分からくわえこんで「おっきのが好き」と信じられないことを言ったみたいだった。僕は若者の言葉を信じたくなかったが、どうしても嘘を言ってるようには思えなかった。
というより今まで自分が抱いていた妻のセックス嫌いが嘘ではないか?という疑念が確信に変わっていた気がしました。
「それで○○さん興奮し始めてガンガン首ふってじゃぶりだしたんすよー、すげー「ジュボッ、ジュボッ」とか音出して。俺のデカいから半分もはいんないんすけど、それでも喉奥まで自分で突っ込んでくんすよー。あれ相当なM女っすよ。」
「え、そ、そうなんだ・・・すごいね・・・(M女って・・・)」
「で、俺も入れちゃおうかなって思ったんすけど、めんどくさかったからそのまま口の中に出しましたよー。すげー出ちゃったんすけど、あいつ勝手に飲み込みましたよー。マジでスケベな女っすねー、つーか人妻ってみんなエロいっすからねー。」
「え、飲んだ?す、すごいね・・・(俺のは一度も飲んだことないのに・・・)」
「そうっすねー、その後も全部吸い出すみたいにずっと掃除してましたよー。相当精子好きっすね」
「そ、掃除?あ、そうなんだ・・・」
「そーなんすよー、それが一昨日の話で、今日も午前中隙みて一発抜かせましたよ」
「え?抜かせた?」
「ええ、そっす、午前中の休憩の前に従業員トイレの掃除してたんすよ、そしたら○○が休憩だよって声かけてきたんで、思わず個室に連れ込んでチ○ポ出して「しゃぶって」っつたら「ちょっと、ダメだよ」とかいってましたけど、先っぽつっこんだらまた勝手に首ふりだしてジュボジュボしゃぶってくれましたー、いい便所女みつけましたー、このバイト最高!」
「す、すごいねー・・・(こいつ人の嫁を便所女って・・・)」
「で、しばらくしゃぶらせてたんすけど、誰か人が入ってきたから中断してたらマ○コいじりたくなっちゃって、○○を便座に座らせてスカートめくってまんぐり返ししてパンツ横にずらしてやったらマ○コビッチャビチャ。すげーんだもんマジで。濃いめのマ○ゲが濡れちゃってビラビラに絡まっちゃてるぐらいヌルヌルしてんすよー」
「そりゃ大袈裟じゃないの・・・(あいつはそんな濡れやすい体質じゃないはずだ・・・)」
「いやいや、全然大袈裟じゃないっすよー、マジでパンツ生地が水分吸収できなくなって表地まで染みでてんすよ?変態っすよあの女」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年6月16日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ3【体験実話】

俺が台湾に、仕事で1年も行くことになったのがきっかけで、嫁の奈々を他人に寝取らせて、それをビデオに撮影してもらい、クラウドストレージにアップしてもらうという、とんでもない事を始めてしまった。

きっかけは、エロサイトを見て影響を受けたことだったのだが、実際にやるまでには葛藤があった。

だけど、もう2度試したそのプレイは、どちらも恐ろしく刺激的だった。
そして、今まで以上に嫁のことを愛おしく、大切に思うようになっていた。

この前の5人との連続プレイは、さすがに嫁を傷つけてしまったと思い、深く反省していて、とりあえず次のプレイには取りかからずにいた。

嫁とは毎日ビデオチャットで色々と話をしたが、寝取られプレイのことは、何となく言いづらくて一切話さなかった。

そして、嫁が台湾に遊びに来る日がとうとう来た。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月16日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【恐怖】韓国の高級ホテルで大やけど!台湾の人気司会者、訴え棄却に怒り噴出―台湾【体験実話】

【親日vs反日】韓国の高級ホテルで大やけど!台湾の人気司会者、訴え棄却に怒り噴出―台湾

<>1:アルゼンチンバックブリーカー(茸):2013/09/03(火)19:43:52.19ID:4bxv927D0<>

2013年9月2日、台湾の人気司会者・郭子乾(グオ・ツーチエン)が、昨年に宿泊した韓国の高級ホテルで負ったやけどについて、ホテルと現地裁判所に対し怒りの声を上げている。東森新聞網が伝えた。

バラエティ番組の軽妙なトークが人気の郭子乾は、昨年1月に韓国・ソウルの某外資系ホテルに宿泊。
この時、部屋に備えてあったポットでお湯を沸かして持ち上げたところ、底の部分が急に脱落して太ももに熱湯を浴びた。
すぐに市内の救急病院に運ばれたが、ホテル側の不快な対応に怒りを覚え、翌日には台湾へ戻り、ホテルに損害賠償を求めて韓国の裁判所に訴え出ていた。

しかし、韓国の裁判所がこのほど出した答えは「訴えを棄却する」というもの。
送られてきた判決文には、全ては彼が故意に起こした騒動であり、「ホテルの名誉を傷つけるためのねつ造」と記されていた。
これに激怒した郭子乾は、フェイスブックの自身のページでやけどの生々しい写真を公開。「ポットは間違いなくホテルのものだ。誰が好んで自分の足に沸騰したお湯をかける?」と怒りの声を上げた。
裁判にかけた1年半の時間についても、「努力は完全に無駄になった。体の傷より心に受けた傷が深い」と話している。

体験実話集関連タグ

||||||

2014年6月15日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【寝取られ】妻の性(修正版)【体験実話】

妻の性1
ほぼ実話1/16(水)02:31:44No.20080116023144削除
私も妻も34歳です。
妻は173cmのスレンダーな肉体に、きつい印象の顔立ちです。
美人なことは間違いないと思います。可愛いというのとは違うと思います。
私は165cm特に取り柄のない男です。
唯一の取り柄がこの妻を持っていることぐらいです。

大学の同級生で付き合い始めて卒業後に結婚しました。
子供は欲しいのですが、まだいません。
妻は2年前まで仕事を続けていたのですが、人間関係など面倒なことも多く、私の収入だけでもそれほど困ることもないので辞めてしまいました。
というのは、妻の実家が地元で不動産やパチンコなど手広い商売をしているため、かなり裕福で、何かと援助をして貰っているからです。
今私たち夫婦が住んでいるマンションも実家の義父名義のものなのです。
このような事情もあって、妻には何となく強く出られないと言うところもあります。
例えば、離婚などということになっても私が追い出されるだけの話です。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月15日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】女子大生 果歩 4 【体験実話】

31

山井 「よ〜し!それじゃ練習には俺の使っていいからさ!」

山井はそう言って立ち上がりズボンのベルトに手を掛けようとする。

果歩 「ちょ、ちょっと!待ってください!・・・あの・・・。」

山井 「おいおい、そんなに引かないでよ果歩ちゃん。」

急な展開に果歩のアルコールの回った頭は混乱するばかりだった。

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん何事も経験よ、大丈夫、やり方は私が教えてあげるから・・・。」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2014年6月15日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

このページの先頭へ