【近親相姦】妹&妹の友達の処女をいただいた話【体験実話】

657名前:懐かしい思い出[sage]投稿日:04/02/1004:27ID:???
もう数年前になるけど、妹が高一の頃あたりから学校帰りにしょっちゅうレズ友だちを
連れてきてて、結構あけっぴろげにキスしたり抱き合ったりしていた。
互いに共通することは、甘えんぼうなのと、ちょっと精神的にMっぽかったことかな。
二人とも中高女子高なせいかまるで男縁がなく、そのくせ耳年増で性に対する興味が
人一倍強かった。
レズプレイそのものは、けっして真性のそれじゃなくてソフトレズの延長のような
感じだったみたいだけど、二人ともすっごく根が明るくて、ちょっとしたことでも
「お兄ちゃん、聞いて聞いて!」と言って大騒ぎして報告に来ていた。たとえば
レズプレイでパンツが濡れてしまった時とか、また片方がクシャミしておしっこを
チビッた時など、「見て見て、この子ったらさぁ〜〜」と笑い転げながら相手のパンツを手に、
僕の部屋に駆け込んできたりしていた。

ともかく、底抜けに明るくて、可愛くて、仲の良い二人だった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年12月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹と従姉妹【体験実話】

<>887名前:幹園[]投稿日:2009/10/21(水)16:44:36ID:1pkI52S+0<>

○年前の話
俺が高2になった頃東京の郊外に住んでいたの母方の祖父が亡くなった。
葬式には久しぶりに母方のイトコが全員集合した。
母は5人きょうだいの末っ子だったのでイトコも大勢いてしかも年齢層も幅広い。
その当時、俺と妹(中3)を含めて10人いる従兄弟は上は30歳くらいから下は中2までいたはず。

葬式が終わった夜、奥座敷で男の従兄弟達で酒盛りになった(俺が男の中では最年少)。
真面目?な高校生だった俺は飲み慣れないビールを少し飲んだだけで一気に睡魔が襲ってきた。
従兄弟達に「高校生はもう寝ろw」と促されて別棟で今日のために掃除された古い家に行かされた。
そこは葬式のための寝室として使うように布団が敷いてあった。

<>888名前:幹園[]投稿日:2009/10/21(水)16:45:27ID:1pkI52S+0<>

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年12月1日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】下着女装フェチの弟と・・・2・クリスマス【体験実話】

下着女性フェチの弟と…の続き

456:名前:194の弟投稿日:2010/11/24(水)23:40
姉貴かなり機嫌が悪いっす。女の子のあの日だそうです。
俺も困ってます、いろいろと。
溜まっちゃってしょうがないので、メールで
「フェ○でお願いします」と頼んでみました。
「あんたは何してくれるの?」
「おっぱい揉んであげます」
「あたしが余計にストレス溜め込みそう。しばらくパンティでオ○ニーしてなさい」
取り付く島もない状態です。
446
まじめに高校生ですよ。別にませた文章書いているつもりもないです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年11月28日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉は家庭教師 コスプレ着せ替え人形【体験実話】

「もう〜、○○。どうしてこんなに簡単な問題解らないのぉ?」
姉はあきれ返った様に俺に言う。
「そんなこと言ったって、俺チンプンカンプンだよ」
俺は現在中学三年。今年受験だというのに偏差値40そこそこという状況。
このままではロクな高校へ行けない、と心配した両親が姉を家庭教師に抜擢した。
姉は高校二年、俺とは違い、成績優秀、県内の進学校へ進み、そこでもトップクラスだ。
その上運動神経もよく、ルックスもいけてる。
同じ姉弟で、どうしてこんなにデキが違うのだろう。
そんな姉に俺はずっとコンプレックスを感じていた。
「もうっ。いつまでボンヤリしてるの?
 早く、次の問題っ!」
「わ、わかったよ…」
と言ったものの、すぐに行き詰ってしまう。
「ねえ。○○ってさぁ、高校行ったら何やるとか、
 将来何になりたいとかっていう、そう、夢とかってあるの?」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月23日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妖艶な叔母と 【体験実話】

この話は私が中2の時、今からまだ10年にも満たない最近とは言えないが、昔とも
言えない時のことである。
私は早くに母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。
しかしその父も私が2年に進級する直前に事故で亡くなってしまった。

男2人の生活だったため、私はとりあえず同年代の人間よりは生活能力は高かったが、
問題も多かった。
金銭面に関しては、問題は無かったが、最悪の場合の頼れる人がいないことだった。

両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、母も妹がいたが連絡は取っていなっ
たらしい。
母の妹が唯一の親族だったが、見たことも無い人だったのでどうしようもない。

それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力を得て、私は何とか父の葬儀を済ませ
ることが出来た。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月19日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】この年末、従妹の祥子とW不倫【体験実話】

<>304:304:2008/01/12(土)23:21:18ID:WEX6iGmY0<>
「り、離婚?・・?バカか、おまえ。」
俺はバーミヤンの回鍋肉を堪能しながら、祥子(しょうこ・二つ年上のいとこ)に言ったんだよ。
少し酒も入っていたからか?周りの客の視線が痛かった。
祥子はそれを気にしながら、俺の右手を触ってきた。俺は左利きだから、空いている右手を触ってきた。
どうやら旦那が会社の女と不倫しているらしい。
俺は旦那を怒りたかった。羨ましいぞ、という感情も含めて。
祥子は結婚前まで、あるチラシのモデルをしていて、
実は俺、そのチラシでいろいろお世話になっていた。
たぶん祥子も知っているはず。
で、メシを食い終わって午後10時過ぎ、祥子の軽自動車でウラトコバイパスを所沢方面へ。
途中から旧道へ。

<>307:304:2008/01/13(日)18:57:44ID:Ppkuzy4D0<>
旧道へ入ってから、しばらく走るとラブホ。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2014年11月17日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉との話・・・その五【体験実話】

231名前:作者◆qHqxyyRmmk投稿日:02/12/1023:55

移民氏・K1氏・めでたし番外編

「ただいま。ふう・・・なんか疲れたな」
帰宅した俺に返事が来ない。
麻美がソファーで眠っていた。
寝るつもりもなかったのだろう。
Vaioも出しっぱなしだ。
「ね、風邪ひくから起きれ?」
麻美の眼がぼんやりと開いた。
「あ・・・・お帰り・・・寝ちゃったかぁ・・・うんと!」
眠気を飛ばすように猫のような伸びをした。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月17日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】幼馴染みにフェラの練習させてと言われた5 【体験実話】

僕は、とうとう涼子が先輩とセックスするところまで見てしまった。見たといっても、直接ではないが、アレは逆に直接見るより堪えた。

でも、希望がわいた。涼子は、僕のことを好きだと思っている。それに確信が持てた。それ以上に、先輩がクズだということも確信した。

その翌日から、僕は先輩の後をつけるようになった。尾行すれば絶対にボロを出すと思ったからだ。

と言っても、学校帰りに制服のまま尾行したところでバレバレなので、こっそりと着替えを学校に持ち込むようになった。

そして、学校が終わると速攻で公園のトイレで着替え、正門が見えるところで隠れて先輩を待つようになった。

でも、実際にやってみた尾行は、ドラマみたいに簡単ではなかった。いつ出てくるかもわからない相手を待つのは、本当に気が抜けなくて疲れた。実際、初日は先輩を見つけることすら出来なかった。そもそも、その日は学校に来ていなかったのかもしれないし、他の人に紛れて出ていったのかもしれない。もしかしたら、裏から帰ったかもしれないし、とにかく徒労に終わった。

たけど、あきらめずに毎日繰り返した。次の日は先輩の後をつけることは出来たが、男友達3人とファストフード店に入り、長い時間出てこなかった。待つのがこんなにもしんどいとは、夢にも思っていなかった。
何よりも、ただ待つだけなら本でも読んでいればいいと思うけど、ずっと出入り口から目を離せないのが辛い。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月6日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】社長が嫁との子供が欲しいらしい 【体験実話】

25名前:名無しさん@ピンキー投稿日:2012/04/01(日)18:59:43.09
会社の取引先のベンチャー企業の社長(43歳)と仲良くさせてもらってる。
社長はバツ1で娘が1人いるらしいけど元妻が会わせてくれないらしい。

居酒屋で飲んでる時、その社長がオレの嫁とデートしたいとか、子供を産んで欲しいとか言ってきた。
冗談だとは思うけれど、少なくともオレの嫁のことが好みらしい。
もしかして、オレが寝取られ好きなのを見破られているのか…

28名前:名無しさん@ピンキー投稿日:2012/04/02(月)01:24:08.47
俺なら喜んで嫁を差し出す。

29名前:名無しさん@ピンキー投稿日:2012/04/02(月)09:41:32.58
「どうぞ嫁のマンコの形が変わるまでヤリまくってください」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年11月6日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】可愛い年下の彼女がおっさんに公開調教されてた 【体験実話】

レナちゃんの家庭教師を始めてからというもの、安心してセックスが出来るようになった。

それまでは、漫画喫茶やビルの屋上なんかでこそこそやっていたが、今ではレナちゃんの部屋で愛し合えるようになっていた。
ただ、外でのセックス、、、それも、人が近くにいるような状況でのセックスに慣れてしまったレナちゃんには、普通に部屋で愛し合うのは刺激が足りない部分もあるようだ。

レナちゃんは、基本的にはまじめで一途な可愛い女の子なのだが、セックスに関しての好奇心が強すぎるところがある。
学校にノーパンで行ったり、ローターを入れたまま授業を受けたり、習い事のピアノの教室にもノーブラで乳首を浮かせて行ったりするようになっていた。
ピアノ教室は、男の先生だと聞いているので、やり過ぎだと注意はしているのだが、スリルがたまらないようだ、、、

今日も家庭教師の日なので、かなり早めにレナちゃんの家に行った。
いつものように、家にはレナちゃんしかいなく、ミニスカートで可愛らしいレナちゃんが出迎えてくれた。
「遅いよ!タッくん、もうレナのこと飽きたの?」
少しむくれて言うレナちゃん。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月25日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

このページの先頭へ